宇多田ヒカル 「大空で抱きしめて」の元ネタ。ビートルズから丸パクリ。

標準

FMで聴いて1分くらいですぐこれパクリだと思いました。

最初は、これプライマルスクリームのスクリーマデリカ

の世界だと思い、時間の経過と共に、同じ時代の
キャンディフリップの名作、ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー

を宇多田が聴いてる姿が脳内に投影され、
その後、ビートルズの原曲が脳内に流れて来ました。

これ宇多田しか聴いたことない人は
宇多田すげーなーってなると思うんですが、
この楽曲世界は他人が作り出した世界です。残念ながら。

宇多田はなんにも新しいものを創り出していません。

ちなみに、
ビートルズの原曲、ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァーを

クラブ系にアレンジしたのがキャンディーフリップのカバーバージョンです。

宇多田は、なにも記載せず、金も払わず、
曲のクレジットに自分の名前だけを記載して
完全なオリジナルとして
発表してまるごとあぶく銭を頂戴した。

こいつ悪いですね。

これを機にレベルが高い本物を聴いて
しっかりと人生の糧にして下さい。

あとアルバムの1曲目のこれも似ているんで、

スクリーマデリカがよほど刺さったんでしょうねw

私は当時レーベル買いていうか、バンドのメンバー買い
していたので、マンチェスター系の一種的な感じで
12インチシングルでリアルタイムで購入しました。

ちなみに世間的にはスクリーマデリカはすごい評価されて
るんですが、メンバーのボビーはスーサイド(これ重要)、
ストーンズやストゥージス
に影響を受けてジーザス&メリーチェインに加入し
マンデーズやローゼズのマンチェスタームーヴメント
に巻き込まれ、と同時にJ&MCのフォロワーが
ノイズを強調してシューゲイザーに発展、
ミキサー卓でエフェクターを駆使して
レゲエの構造を主体に音を出し入れしながら
空間を作り出すダブに発展していた時、

脱退してクラブで遊びまくっていたボビーが
それらを全てまとめて最高に気持ちよい
現在の自分の音響空間を記録することに成功
したのがスクリーマデリカで、
そういう観点から、楽曲と言うこと以外の要素で
歴史的な価値も考慮されて評価されている
んだと思います。

ちなみに、この作品の録音機材の設定は
アナログの時代だったので、まったく同じ音響は
再現不可能なんじゃないかと思います。

いまはアプリケーションで記録しておけば再現できますけどね。

宇多田さん、スクリーマデリカはあなたが思うより
数億倍も有名で洋楽ファンは気づいていても言わないだけだと思うので、
どこかで言った方が楽になれると思いますよw

広告

G1 CLIMAX 2018の対オカダ戦で確信した。ジェイホワイトを観て懐かしい感覚を覚えたのは昔似たような選手がいたから。

標準

前日の記者会見で客に媚びを売るつもりは一切ないと言い放つ。

自分さえ良ければどう思われてもいい。

勝利後のリング上でのマイクで客の反応を一切無視して
自分の言いたいことだけを言って帰る。

相手に相当な反則で骨折させたのに、自分が数秒の反則を受けた
だけで文句をタラタラ愚痴る。

色々特徴を書きましたが、特に客を全て敵に回して反則をしたり
挑発するようなコメントを言う、この辺で気づきました。

ジェイホワイトは

現代風にアレンジされた
ザ・シークの進化版

だと言うことに。。

多少違いはあって、シークの時代は猪木や馬場がヒールを
お願いしていたところもあったんですが、
ジェイホワイトの場合は多分自分から望んで
やっているところが違いますね。

ブッチャーとかタイガージェットシンと言わずに
なぜシークだと思ったのか。

それは、ほとんど似ているのですが、
ブッチャーとシンは特に客に牙を剥く
ことはなかったけど、シークは日本人が大嫌い
でジェイホワイトと同じで常に敵に回していた
からシークが近いと思いました。

3B juniorの勇気のシルエットの元ネタ。

標準

これは確信した理由があって、空間を引っ張っている

エレキギターの音色とイントロやサビでかもしだしている

空間の雰囲気がまんまレモンの勇気なんですよね。

多分秋元康みたいに「サイズのレモンの勇気ふうにお願いします」て感じに
オーダーしたんじゃないかと思います。
 

 https://dailymotion.com/video/x613oxi

ロッカジャポニカ「最the高」ニュージャックスイングを舐めるなよ。

標準

ジャネットジャクソンのcontrolに端を発した
ジャム&ルイスによる16分音符の5と9、13と17の間隔を
狭めて極端に揺れる感覚を得ることに成功した
R&Bの進化形。

私は当時レコード屋に勤務していてほとんどの
楽曲を聴いていましたが、ニュージャックスイング
とは?という問いに一言で答えられるのは
この楽曲しかないと考えています。

他に腐るほどリリースされていましたが、
大金をはたいて音色、音響、イコライジング、残響、音圧、
全てを文字通りコントロールして制作された
トラックはこれに尽きると思います。

最近、DA PUNPのUSAに端を発したAVEXが成り上がるきっかけにも
なった80年代後半のサウンドが再評価されていますが、
良いものと悪いものがあるので、
初めて体験するひとは、安易に作られたまがいものに
満足せず、本物をきちんと体験して
自分の人生の糧にして欲しいと思います。

今回取り上げた「最the高」は大変質が悪いので
ジャネットジャクソンのcontrolだけでも聞いて
自分をレベルアップして欲しいと思いますね。

一回聞けばよほどの無感覚なひとじゃないかぎり
はっきりと違いを体感できると思います。

もし興味を持たれたらリズムネイションだけお勧めします。

2018.07.17
追記:

最初はJBを基本にしたリズム主体の骨太な感じで、
徐々に遊びが入れられて聴きやすくなってますよね。

あとサウンド的にはrhythmnationが
ニュージャックスイングの完成系のような気がしますね。

当時は12インチを買った時controlのインパクトが
強かったんですが、いま振り返ると
controlやnastyはまだそんなにスイング感がなく、
残響処理的にも甘いところがあった感じですが、
rhythmnation1がとびぬけてる感じですね。
これで完成したっぽい。

水曜日のダウンタウン廃盤企画。鉄塔システムのAV

標準

鉄塔の鉄の檻に入り、だれかを自分のところに呼び出したら
入れ替わりに出れるシステム。

コンプライアンスの問題でお蔵入りになってしまったんですが、
アダルトビデオ業界にも結構インパクトを与えたようで、
前衛的な集団のHHHグループより同じ内容のAVがリリース
されました。

鉄塔システムAV

だれかを呼び出すまで中出しされるという鬼畜の所業企画w

しかし、地上波の場合はいろいろ取りだたされますが、
AV業界だと全く一般社会からのリアクションが無いので、
まあそれも寂しいかなっていうw

モーニング娘。’18の平田祥一郎のAre you happy?と大久保薫のA gonnaの似てるようで全く異なる作風の違いについて。

標準

一時の大久保頼みだった時代から抜け出してなんとか
平田さんも大久保さんの技術に追いつくことに成功して
平田大久保の2トップ体制に戻った2018年。

これ何も楽曲に詳しくない人はどちらも同じだと
感じると思うんですが、大久保さんと平田さんの
聞かせたいポイントというのが全く異なるので
それを考えながら聞くとコンサートとかで突然
新曲を発表した時とかにもすぐわかるように
なって通っぽくなれるので知っておくといいと
思いますよ。

今のモーニング娘。のフォーメーションダンス
形式の快進撃が始まったのは
メンバーも言ってますがone two threeから
だと言われています。

私も矢口のスキャンダルで離れてから戻ってきた
きっかけはこの楽曲でした。

この楽曲が発表された2012年当時私は
ももクロさんに没頭していました。

NARASAKIさんに勃起しまくりで
放心状態の毎日でしたw

そんな時、大久保薫という人の存在を
知ることになります。

モーニング娘。にはキーとなる編曲家がいて、
ダンスマン、鈴木俊介、平田祥一郎、そして大久保薫です。

これはつんくさんのイメージを額面通りに
できる人を選んだ結果この人たちに
自然と落ち着いたんじゃないかと思います。

ダンスマンさんは自分の声で録音した掛け声の入れ方と
往年のソウルのパクリだというところから
わかります。

鈴木さんは音にはあまり個性がないので
わかりません。

平田さんは電子音中心ですが、様々な楽器の音をバランスよく
配置して音の抜き差しを頻繁に行って
製作します。
ハロプロは歌謡曲でアイドルということを
きちんと把握してそれから逸脱しない
ようになるべく丸くまとめます。

そして大久保さん。

この人は全く平田さんのようなことは考えずにwww、、

電子音の基礎的なノコギリ波で作られた
ブリブリの基礎的な電子音の音圧をとにかく
聴かせたい人で、
これで基本トラックを構成して、
平田さんはハイハットの音をきちんと定石通りに
ビートを維持するために刻む感じで入れようと努力するんですが、
大久保さんは特にハイハットを入れようとはせず、
ブリブリノイズベースがとにかく気持ちよく
聞こえるようにするのでそれに邪魔な場合は
一切他の音色を入れようとしないです。

また、自分の昔の楽曲の一部を切り取って
新曲にくっつけるという荒技を平然と
やりますw

またサビという概念が曖昧で、
イントロサビという考え方ではなく、
パートABCを全く異なるコードやパワーで作って
それを入れ替えることで飽きさせないように
全体をまとめていきます。

あと他の人たちのような掛け声とかは極力入れません。

入れる場合はつんくさんの絶対的な要請
があった時しか入れません。

以前の繰り返しですがイントロの後トーンを落として
最後に爆発させるという構成が得意です。

高島推しから中野郁海推しに移行して数年経過したが生誕公演以外は当選しないのはなぜか。

標準

AKB48の劇場公演の当選確率は推し設定歴と比例するのはみなさん
お分かりだと思います。

私は2014年から2016年くらいまでは可能な限り
選ばずに毎日のようにエントリーしていました。

その時の当選確率は3ヶ月に1回。

これはほとんど安定していました。

で一通り色々観たので毎日なんでも観たいという
童貞っぽさが抜けて2016年後半からは推しの出演
している公演だけをエントリーするようになりました。

ちなみに高島が抜けて中野という逸材を見つけた
ので推しチームはチーム4からチーム8に変更し、
推しメンはAKBでは中野一択でAKBGでは指原推しです。

高島の時も生誕祭は当選していました。

中野も変更した2016年から生誕祭に当選しました。

通常公演は当選しませんでした。

でいつかはと考えて2年経過しようとしていますが、
結局チーム8は中野生誕祭以外は当選しません。

また最近中野はチームKにも出るようになったので
エントリーしましたが見事に落選しておりますね。

て感じで報告を終わります。

なぜ当選しないのか。

チーム8は48都道府県に1名ずつメンバーがいるので、
日本全国に推しがいます。

その人たちが数少ない秋葉原AKB劇場の公演に応募するので
AKBでもっとも当選確率が低いのは当然だという気がしますね。

またなぜ生誕祭は当選するのか。

これはあくまでAKB劇場は秋葉原なので
東京が優先されるからじゃないかと思いますね。

でも中野で言えばですよ、
鳥取でのイベントがほとんどで、そのイベントは
小規模ですぐ近くで楽しめるし、
それには東京のひとは行かず鳥取のファンは楽しみ放題
なので、たまの劇場公演くらいは東京の人に
優先権が与えられても良いんじゃないかという
気がするんですよね。

ゴッドタン「この若手知ってんのか」企画と佐久間宣行と曇天三男坊とパーパーと。

標準

この企画、1回目は三四郎を選び抜き結構強烈にデビュー、2回目は忘れるほど面白くないコンビ、3回目の2016年に曇天三男坊、2017年は誰でも知ってるゆにばーすが跳ねた。

2018年は誰でも知ってる宮下草薙が出た。

昨年のお笑いハーベスト大賞で佐久間さんはパーパーを選び抜いた。

だからパーパーでもおかしくなかったはずだが、宮下草薙。

でも少し考えると理解できた。

パーパーはすでに単独ライブを行い、メディアにも多々出演するように
なっているので、企画の意図にそぐわないので避けたんでしょうね。

2016年の時、曇天三男坊ことどんちゃんは児島さんに馬鹿にされて
事務所の先輩の小宮さんのように生意気キャラで出演して
おぎやはぎとひとりさんにバキバキに鼻っ柱を折られて
終演した。

小宮さんと同じ感じで盛り上がったので、ゴッドタン側も
小宮さん同様の盛り上がりを期待していたんだが、
私が考えるに、2016年は三四郎、売り出し中のパーパー、
再ブレイク中の出川、スキャンダル真っ最中の狩野英孝ちゃんと、
マセキの芸人が渋滞していることもあって事務所も営業も
あまりプッシュしなかったこともあって一切
他の番組の出演機会を得られなかった。

2017年、ゆにばーすの川瀬さんが盛り上がっていた。

しかし、佐久間さんは自分らが確信して売り出した
どんちゃんを見切ることができなくて最後の美味しいところで
ぶっこんだ。

この時は一切MC陣はいじることなく、どんちゃんの個の力で
跳ねた。

そして2018年。

前半を見る分では、一切面白くなかった。

期待を裏切られたので2016年と2017年の
どんちゃんを見返して期待で高まっていた
心の鼓動をなんとか収めて自分を納得させた。

ここで思いました。

結局、この若手知ってんのか企画で、2016年以降
どんちゃん以外記憶にの残ってないっていう現実。

冒頭で児島さんがディスるので面白くない芸人という
色眼鏡が入ってしまうので滑ってるイメージが
植えつけられてしまうんですが、
よーく後日に考えると、繰り返し見たくなるほど
曇天三男坊さんは魅力に溢れていて、
性格も面白いということに気づく。

佐久間さんの本心はパーパーが一推し、
2推しが曇天三男坊さんじゃないかという
気がしますね。

しかし、三四郎を含めて全てマセキ芸能社だというのが
面白いですよね。

なんかマセキ芸能社って人間的な魅力が溢れる人が
多いですよね。

曇天さんも出演するきっかけとして必ず
ネタというものは必要になるので、
川瀬さんがいうようにネタを磨き続け
ないとチャンスを得られる機会が減って
しまい、出川さんのようにゲストのみ
の不安定な生き方になってしまうので
みなさんがせっかく推してくれているうちに
チャンスを捕まえてほしいですね。

現在のチャンスを逃すと、次盛り上がるのは
いつになるのやらわかりませんから
ネタを早急に確立させるのがどんちゃんの
現時点における最優先事項だと思います。

だれも説明しないので本当のEXITについて説明します。

標準

EXITのりんたろーさんはベイビーギャングのネタを書く方の人でしたが、
相方の遊びすぎによるスキャンダルによって解散を余儀なくされました。

ベイビーギャングはデビュー間もなくから評価が高くて
すぐテレビでひっぱりだこになりましたが、
北見のスキャンダルばかりがとりだたされて
りんたろー氏の漫才の内容の評価は
後回しになってしまっていた感がありました。

北見が無免許運転で逮捕されると解散を余儀なくされ、
しばらく音沙汰がなくなり、ベイビーギャングファンは
心配していました。

そして2018年にEXITという平成の渋谷系チャラ男漫才コンビ
が突如として頭角を現すようになります。

ベイビーギャングファンはりんたろーさんだとすぐ個性的なルックス
からわかりますが、テレビのMC達は止められているのかなんなのか、
誰一人として元ベイビーギャングの実力者だという
ことは説明しないままで歯がゆさだけが募るばかりなので、
説明することにしました。

ゴッドタンで新人と紹介されましたが、一度売れかけて
フジテレビの片岡飛鳥のレールに乗りかけたグループの
頭脳のりんたろー氏のコンビなので、
まあ光り輝くのは当然なんですよね。

だからしっかりとしている芸風、
安定したネタ運びなども当たり前なんですw

ベイビーギャング時代は本当の悪なのかどうか、
あまりにもはやく疾風のごとく駆け抜けていったので
あやふやになっていた感がありましたが、
EXITを見る限りでは芯の通った骨太な芸人さんだ
ったようで安心しました。

みなさんも応援よろしくお願いします。