ヤフーオークションの発送方法が著しく変化していることについて。

標準

ヤフオクの出品物を発送する方法ですが、
ここ十数年は大きなものは「はこBoon!」、
小さなものはゆうメール、レターパック、
で安定していました。

しかし、今年「はこBoon!」が中止になった
とたん、めまぐるしくシステムが入れ替わる
事態になりました。

まあ配達は変わらないんですが、
配達に至るまでのルーチンが
変化したんですよね。

はこBoon!はヤフオクの情報を転送して
いちいち自分で記入せずに、店頭で
伝票を貼るだけで済むようにして、
さらに、従量制にしたことで、
大きなものを安く利用できるように
なりました。

で、郵便局がそれに追従して、
まずamazonの返品システムで
顧客情報を共有して利用者が
記入せずとも印刷された伝票を
発行できるようになりました。

現在。

まず落札者が情報を開示すると同時に、
出品者情報を自動的に開示するようになりました。

そして、フリマとオークション形式を別に
選択可能になりました。

発送方法についての変更点については、
まず送料の計算は自動的になりました。
発送方法や送料の表示も自分で出品欄に記載しなくとも
システムのテンプレートでわかるように
なりました。

また、発送方法については私は集荷可能と
不可能なものに大別されると思います。

また翌日配達に対応して、
ヤフオク向けに価格を安く設定
されているものになると、

ヤフネコ宅急便
ゆうパック(おてがる版)

となります。

まあ薄っぺらいもの用は星の数ほど
あるので無視します。

この2つは微妙な差があります。

ヤフネコ宅急便(営業所、コンビニ)

※ヤフネコ!パックの料金はシステム利用料として出品者に対し請求されます。
請求金額はシステムご利用明細で確認できます。
※ファミリーマート、サークルK・サンクス、ヤマト運輸の営業所でのお支払いはできません。
※受け付けが完了すると、落札者への発送連絡が自動で行われます。
※コンビニをご利用の場合、発送連絡が行われるまでにお時間をいただくことがあります。

ゆうパック(おてがる版)(営業所、コンビニ)

※「ゆうパック(おてがる版)」および「ゆうパケット(おてがる版)」の配送料金は
システム利用料として出品者に対し請求されます。
請求金額はシステムご利用明細で確認できます。
※ローソン、郵便局でのお支払いはできません。
※受け付けが完了すると、落札者への発送連絡が自動で行われます。

この請求金額が自動引き落としになることと、
発送連絡を自動で行うところが以前と変わったところですね。

ちなみにこの2つは集荷は対応していないので、
大きい荷物は従来のゆうパックとヤマト宅急便になります。

料金がヤマトが907円から、ゆうパックが690円からになり、
120サイズくらいから価格が変わらなくなってきますが、
概ねやはりゆうパックのほうが安いですね。

だから首都圏の人はゆうパック一択じゃないかと思いますね。

ということで、

システム変更での大きな変化は

双方の情報連絡でコピぺになってたところが
自動になったこと、

配送の情報がヤフオクのシステムに組み込まれて
自動的に準備するようになったことで
会員がオークションのやりとりに集中できるようになったこと。

ヤマトがはこBoonに対抗した
ヤフオク向けのシステムを作り上げてきたこと。

この辺りが今回久しぶりに利用してわかった点ですかね。

あと最後に、、

この

ヤフネコ宅急便
ゆうパック(おてがる版)

この利用方法で2次元バーコードうんぬんていう
ところが出てくると思うんですが、、
これを発送時に機械に読み取らせて伝票を自動的に
発行させて貼るだけっていう、

これ読み取らない場合がありまして、、

今回初めて利用したんですが、いきなり
機械が無反応で、局員さんがやっても無理でしたんですよ。

そうすると、局員さんが2次元バーコードの簡易端末ではなく、
郵便局の端末に手動で追跡番号と認証番号を入力してプリントアウトさせて、
数分かけて発送することになったんですよね。

だから、一応そこらへんだけご注意下さいっていうところですかね。。

以前より便利になったんだか、不便になったんだか、、
いまいちまだわからないですねw

広告

小倉優子激似AV女優。やってる時が特に似てますね。。

標準

広瀬うみさん。

以前、夢眠ねむさんの激似で紹介したんですが、
ふとやってる時の顔をじっと観ていたら小倉優子
に置き換えられたんですよね。

HUNT-224
「パンツの上からだったらオチ○チン挿していいよ」「えっ本当に挿れていいの?」「パンツの上からだよ!」彼女もいないし友達もいないし童貞だしいじめにも遭うから学校も休みがち!!そんなボクを心配した超かわいい幼馴染がボクの家にやってきた!

より。

広瀬うみ1

広瀬うみ2

広瀬うみ3

恵比寿マスカッツ横丁 佐々木敦規、秋元康に負けられないマッコイ斎藤氏、みひろ復帰、Rioを総監督で配役し、舞浜アンフィシアターという最終目標に向けて全力で挑みます。

標準

みひろ氏のコメント

「当時尖っていて、不真面目なみひろは当然演出のマッコイ氏に
叱られてばかりでした。だから正式に卒業するべく、
特別生徒として再入学することになりました。」

活動期間は公表では2年ですが、実質は休みがちになった
期間をきちんと計算すると、1年5か月しかいませんでした。

2008年に入ったもののマッコイ氏と喧嘩ばかりしはじめ、
他の仕事も動き始めたのでやめる方向になる。

2008年といえば、AKBがデフスターからキングに移籍して
大声ダイアモンドで軌道に乗り始め、
指原氏がデビュー、川上アキラがももクロを
任されることになった時代。

マッコイ氏もみなさんのおかげでした繋がりの
秋元康がAKBをやり始めて軌道に乗り始めているのを
横目に、当時は負けられない戦いだったので
その熱さは相当なものだったと思います。

ちなみにその後みなおかの演出のライバル佐々木敦規
氏がももクロ担当になるのが2010年の終わりでした。

話を戻します。

みひろはそんな自分の実力を証明するべく、
演技に異常なほど力を注いだ結果、
志村けんさんに拾ってもらったり、ゴッドタンでは
佐久間プロデューサーに気に入られたり、
と次第にマスカッツが無くとも生活ができる
ような環境が整ってきました。

またかすみ果穂が約1年後に入るが、
かすみのトーク力を武器にみひろや
希志あいのはその番組を基本として
スピンアウト番組もCSチャンネルでレギュラー番組
を持って順調だったので、
ファンとしては特にマスカッツに出て
いなくとも問題が無いような感じでした。

そして私の見解ですが、無修正流出動画が出回って
すぐ、メーカーを信頼できなくなり、みひろや麻美ゆま
などの被害者はAVを引退していきました。

そして、第二期マスカッツ放送開始当初、
初期メン乱入企画がありましてその時
みひろも来てマッコイにクビにされましたと言いました。

私はマッコイ氏はそんなことする人ではないと
わかっているのでそれは嘘だと思っていました。

で、今回、新たに私は当時尖っていてマッコイ氏と
喧嘩ばかりしていた、収録も後半は休んでばかりでした、
マスカッツと真面目に向き合って仕事に
打ち込んでいなかったと告白したことで、
結局、マッコイ氏がクビにしたわけじゃなく、
みひろが辞めるべくして辞めた
ということが明らかになりました。

結婚後、ゴッドタンの仕事以外、
一切のレギュラーの仕事を辞めた
みひろですが、今回の復活で活動継続
がわかったので、楽しみになってきました。

かすみ果穂も引退を発表しましたが、
また落ち着いたら活動を開始
して欲しいですね。

ちなみに活動というのはもう演技がうまくなりすぎて
勃起しないAVじゃなく、普通のタレントとして
の活動ですからお間違いなく。

あとPTAとして、実質のAKBで言うところの
総合監督としてRio氏が加わりました。

Rioは第二世代になってテレビ初出演で、
マッコイさんやオークラさんがよほど
強くオファーしたんだなと、そして、
その情熱にRioさんも断り切れなかった
んだなと感じました。

と思っていたら、
オークラさんの名前がスタッフロールから
無くなっていました。

20171005マスカットからオークラさん抜けた

まあ第二期マスカットでも途中から
マッコイさんが参加させたんで、
レギュラー的な仕事がひと段落ついたら
入ってくるんじゃないかと思います。

そして麻美ゆまと蒼井さんがサポート役で
出演していたのは、多分、今回のオファー
はこの2人を経由して連絡してもらったから
なんじゃないかと思いますね。

Rioさんは山口百恵タイプだと思うので
この2人がいないと連絡もできなかったんじゃ
ないかという気がします。

でRio氏も自信過剰ではない控えめな
人だと思うので、サポート役で麻美と蒼井が
いれば出ると条件を出したんじゃないか
という気がします。

蒼井さんてコミュニケーション能力が高いので
スタッフもまずは蒼井さんに連絡する
って感じなんじゃないかって気がします。

前回、ひさしぶりって大久保さんが言っていたので、
初代のだれかとは思っていましたが、
Rioは一切イメージに無かったですね。
もう一生復帰は無いと思っていました。
みひろさんも結婚してからは見なかったので
同様に思っていました。

です。ラビッツの部長が、3年で武道館に行けなければ
活動停止と言われていたから一度解散して、グループ名を
変えれば活動できるから変えたといっていましたが、

こういうプロジェクトって一定の期間の達成目標
っていうのがあってそれを達成できなければ
活動停止するのが決まりみたいですが、
マスカッツも今回みひろとRioという看板を
持ってきたことでマジに切羽詰まっているんだなと
マスカッツチームが必死になっている様を感じました。

これですね、、

第二期マスカッツは当初結構夏目が安定して
落ちを決めてくれていたんですが、どんぐり番長
対決でマジでスタッフはそのパワーを取り戻そうと
したけど失敗したことで、どうやらマジで
夏目はパワーが落ちてしまったことが判明
したので、それを補えるパワーのある
メンバーを検討した結果みひろとRioになった
気がしてます。

初期の夏目は凄かったですもんね。。
彼氏の存在でタレントパワーがこれほど落ちるとは
思ってもみませんでしたよね。。

て感じで、、

まあリキッドルームは1000人。

3倍呼べば達成できるので、まずは楽曲や振り付け、
衣装のブラッシュアップ、
握手とかも必要なんじゃないかって気がしますね。

あとユニットを増やす。

でも、一番必要なのは全力度だと思います。

ももクロ、AKBの劇場、でんぱ組、ハロプロ、
成功したグループ全てに備わっているものが
全力度ですね。

番組最後にRioさんが同じことを言っていた
ので期待できる気がしますね。

芸人がキングオブコントやM-1等のお笑いのコンテストの審査員をやることの矛盾感とベストなコントの評価方法の考察。

標準

誰一人、自分たちのネタを客席から観た人はいないということ。

さまぁ~ずであって、さまぁ~ずではない。
バナナマンであってバナナマンではない。
ダウンタウンであって、ダウンタウンではない。

さまぁ~ずのコントを観たスタッフが素晴らしいと感じたので
審査員として呼んだが、その素晴らしいコントをさまぁ~ず
本人は観たことが無いっていう落とし穴。

スタッフはさまぁ~ずのコントのレベルを審査の基準にして
採点して欲しいから呼んだが、、

さまぁ~ず本人はその基準が実はわかっていないっていう。

だって観たことないんだから。

観たことないから、比較もできるわけがない。

だから、審査員は結局芸人ではないほうがいいと思いますね。

ちなみにざっくりですが、お願いランキングという番組の
お笑い勝ち抜き企画は視聴者投票なんですが、
現時点ではこれがベストなんじゃないかと思います。
私はこれだと推しが負けても一切文句はなく、仕方ないかと
思える方法ですね。

ちなみに、コントを芸人が審査するという考え方は
俳優自身が審査するアメリカのアカデミー賞を
パクっていると思うんですが、これも落とし穴があって、

アカデミー賞は映画ですから俳優自身も自分の仕事を
観れるので、なんら問題は無いわけです。

お笑いは舞台芸なので無理です。

もし芸人が審査する方式を採用するなら、
舞台でネタを披露せず、
事前に収録したネタを映像を観て審査するなら問題は無いと思います。

以前にも言いましたが、アートの面白さとは、
作品の評価は第三者が評価するもので、
アーチスト本人の評価は関係が無いということです。

本人が嫌いな作品でも高評価な作品、
大好きな作品でも低評価な作品があるのが
あたりまえなんです。

また本人の出来不出来と評価は無関係。比例しません。
よくできてもつまらないときもあるし、
よくできなくても面白いときもあります。

また、タレントや周りを取り囲む勢力のパワーとも無関係。
それらが逆に威圧感としてマイナスに作用することもあります。

美空ひばりの作品より自分の子供の作品のほうが感動したり、

フランクシナトラの作品より、シドビシャスのほうが感動したり、

手塚治虫より蛭子能収のほうが感動したり、、

芸術だからこそです。

コントの作り方も

サンドウイッチマンのようにマクロレベルでボケを組み込んでも、
舞台に出ないで映像ですましても、
舞台に出てずっと立っているだけでも、
しゃべらずに動きで表現しても、

面白ければそれでよし。

チャップリンから始まり、キートン、てんぷくトリオ、
深見千三郎と一連の浅草コメディ、
クレイジーキャッツ、ドリフターズ、
Mr.ビーン、モンティパイソングループ、
やすしきよし、コントレオナルド、
コント55号、B21スペシャル、
とんねるず、ひょうきん族のタケちゃんマン、
カックラキン大放送、
ネプチューン、キリングセンス、
ごっつええ感じ、松本人志、
ウッチャンナンチャン、
シティボーイズ、シソンヌ、
パーパー、

いろいろこれまで魂にぶち込まれてきましたが、

人間が全員各自で評価すればそれでいいのではないでしょうか。

漫才はルールがあるが、コントは自由。

私はそう思います。。。

予想通り、ももクロやエビ中が抜けたT-SPOOK2017にAKS系がラインナップ。

標準

tspook2017ske

乃木坂とSKEですね。

乃木坂はパレードは不参加みたいですね。

このイベントの趣旨は、ハロウインの仮装すれば
入場や参加できることからもライブよりコスプレだと
思いますが、それをやってくれないのに出演できる
乃木坂は出てくれるだけでいいってことでしょうかw

ももクロもエビ中も企画意図をきちんと額面通り
受け止めて、気合入れてやってたんだけど、、

特別待遇もいいとこだなw

ちなみにこの雰囲気だとチーム8が来そうですがいかがなもんでしょう。

乃木坂がエビ中、SKEがももクロの置き換えみたいな感じですかね。

T-SPOOK2017にももクロが出ないとなると、誰が出演するのか。。調べたら面白いことがわかってきました。

キングオブコント2017を技術ではなく未来性と将来性、オリジナリティだけで冷静に分析します。

標準

決勝進出者

・にゃんこスター(フリー)
・GAG少年楽団(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・アンガールズ(ワタナベエンターテインメント)
・わらふぢなるお(サンミュージックプロダクション)
・ゾフィー(フリー)
・パーパー(マセキ芸能社)
・ジャングルポケット(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・さらば青春の光(ザ・森東)
・アキナ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・かまいたち(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

コメント

・にゃんこスター
コントでも何でもないただの薄っぺらいオリエンタルラジオ

・GAG少年楽団
枯れた確実に80点取れるコント

・アンガールズ
感度を視聴者に寄せて平均化しすぎ。田中が本気ではなかった。

・わらふぢなるお
同じセンスのグループが他にいくらでもいる。ジグザグジギーとか

・ゾフィー

・パーパー
初期のアンガールズや解散後のバカリズムのような客にすり寄らない、
逮捕されたり、トラブルをおこしたりするために人間が
普段表面化せず隠しているイヤらしい汚い部分を、
芝居で独自のアルゴリズムで表現して客の目の前に提示し、
深層心理に訴えかけていやらしいニヤリとした
笑いを生むストロングスタイルのコント。

・ジャングルポケット
方程式の関数を入れ替えているだけ

・さらば青春の光
地下の泥臭さを太陽に晒す役割の人がいないのでおしい。
シソンヌの長谷川さんのような。

・アキナ
枯れた確実に80点取れるコント

・かまいたち
方程式の関数を入れ替えているだけ

よしもとはジャングルポケット、ネルソンズ、かまいたち、アキナ、と同じにしか見えない。。
台本のグループ名伏せたらどれがどのグループかわからないと思う。

他のグループがブレイクに必要なポイント

さらば青春の光は惜しいんですよね。プロデューサーでも作家でもいいから
太陽に晒してくれる人がいれば認知されると思うんですよね。
技術はあるのに営業がいない、企画者がいない町工場って感じ。

アンガールズはM-1のハライチの岩井さんのように得点を無視して
これが出来たら今死んでも悔いはないと思えるような、
ドロドロした濃いセンスを全てぶちこんだネタを全力で
白日の下にさらして欲しかった。

そしてパーパーですが、、

番組内でハーベスト大賞ハーベスト大賞といっていましたが
その番組スタッフが伝えたいことが額面通り伝わっていないと感じた
ので改めてここで説明させていただきます。

これはテレビ業界向けの品評会のような大会で、
キングオブコントとは真逆でテレビのプロデューサー
が審査員として参加しております。
ちなみに2017年は

放送作家:

元祖爆笑王、青木祐馬、小野寺雅之、金井夏生、林田普一、ヒロハラノブヒコ

テレビプロデューサー:

フジテレビから中嶋優一氏(ほとんどのフジテレビバラエティ。現在のフジテレビごり押しP。)
日本テレビから中村博行氏(AKB関連、おしゃれ、24時間、笑点、生ダラ、笑ってこらえて等)
テレビ東京から佐久間宣行氏(ゴッドタン、ウレロ、キングちゃん、TVチャンピオン等)
テレビ朝日から藤井智久氏(くりぃむ深夜系、マツコ有吉系、日曜芸人、シルシル、たけしの超常現象等)
TBSテレビから合田隆信氏(学校へ行こう、音楽の日、ガチンコ、タレント名鑑、マツコ、体育会等)

ハーベスト大賞2017審査員

という、ひょうきん族でディレクターという存在を知り、
とんねるずよりプロデューサーや作家というものを
知るようになった、バラエティ総合芸術世代
には勃起してもしきれないほどのメンツが揃って
審査したんです。

ちなみに、藤井さんなんか初めて顔を拝見して
イカせていただきましたw

そこでダントツではないが、笑いの感覚の新しさ
が見いだされて勝ち抜いたのがパーパーでした。

ダウンタウン松本、さまぁ~ず、バナナマンといった、お笑い現場の最前線から遠ざかった3組が最低点、

前述の最先端バラエティ現場監督が最高点、を出したパーパー。

もうどちらが正当で実益のある評価かわかりますよね。

これからは芸人さんは仕事が欲しいなら、
キングオブコントではなく
ハーベスト大賞に全力で挑みましょう。

新垣里沙さんがコンサートの後譜久村さんと話したら、すごく悩んでいたと。

標準

アプカミで過去のモーニング娘。のメンバーが当時の話を
する企画をやってるんですが、そこで余談として新垣さんが
コンサートに行った時、譜久村リーダーと話をしたと。

でいろいろ話す中で、

まあ一人で全メンバーのことを思って抱え込んで
いる気がしたので、サブリーダーの生田さんにも
相談して一人で悩まないようにしたほうがいいよって
話をしたって言っていました。

私は昨年の譜久村さんのバースデーイベントで
星の羊たちをやっている譜久村さんをみて
悩んでるんだなって感じていたので、
まさにそれが当たった感じです。

ほんと、私も指原氏みたいにもっと自分以外の
人を信用して、一人でやろうと思わないほうがいいと思います
ね。

指原氏なんか平気で秋元さんに相談してます。
譜久村さんもつんくさんに相談してみては。
喜んで相談に乗ると思いますよ。

譜久村さんは以前ファンとメンバーの理想のモーニング娘。
のイメージはきっと同じだと言いました。

だったら相談してください。

新日本プロレスの内藤哲也選手が、
言わなければ何も伝わらないと
自分から言うことにしたら
周りが動くようになって
うまく行くようになったと言ってました。

譜久村さんもきちんと言葉に出して
周りに相談してみてください。

きっと周りが動き出すと思います。

応援しております。

2017.09.29 アプカミ 道重さゆみと田中れいなのモーニング娘。現場参加の現状を告白

標準

道重さゆみは卒業後初めて訪れたのが最近。

田中れいなは毎回訪れている。

さゆは仕事をしてなくて山口にいたので行けないのと
自制の意味もあると思いますね。

田中れいなは卒業しても現役でアーチスト活動を
やっているので行っても特に普通ですね。

2017.09.28 勇者ああああ ラブレターズ溜口氏、テレ東深夜枠の問題点を一言でぶっちゃける。

標準

テレビゲームをやって負けたら墨汁の池に
私服の衣装をドボンする準備をADがしている。

すると酒井がADにニヤケながら
「間違えんなよ!」

溜口
「コノヤローーww
おまえふざけんなよw」

酒井が押すなよのトーンで
「ま・ち・が・え・た・ら・さ・い・あ・く・だ・か・ら・な!w」

溜口
「もうだめだってw

シオプロはやるんだって!!!」

平子
「までもこのギャラで結局買えるんでしょ??ってのがみんなわかるからねw

新しい服を。。。」

溜口
「買えねーんだよ!!
この番組に申し訳ねーけど。。」

「テレ東の深夜、割に合わねーんだよwww」

 

明らかにゴッドタンのことですねwwwww

sniper ghost warrior 3でわかった、ベセスダとUBiのステルス攻撃のイメージの違い

標準

ベセスダのfallout3というゲームで中国軍ステルスアーマーというのがあって、
光が乱反射することによって姿が見えなくなるアーマーなんですが、
これで身を隠して暗殺するとダメージが倍増するので、
ヘッドショットで強い敵でも一撃で倒せるのが気持ち良い
んですよね。

ただステルスアーマーは立って、音が出る射撃をすると
見つかります。
座ってスニークで刀やサイレンサー付けて撃つのが
必須となります。

fallout4ではなくなって、カメレオンなんとかっていう
パーツに変わってそれを装着する感じです。

だからそれをまた楽しみたいと思って、
ステルス攻撃ができるFPSってことでsniper ghost warrior
を狙っていたんですが、実際にプレイ映像を確認すると、
いちいち弾が発射するとズームアップして弾の軌道を
コマ送りで捉えるのでこれがストレスが溜まるんですよね。。

fallout3は特に何も特殊な処理はなく、普通の射撃と
同じように扱われるのでサクサク進むんですが、
これは予想外でした。

前回まではここまでオーバーじゃなかったんですけどね。

で、ベセスダのヘッドショットといえば、ウルフェンシュタイン
も遠距離ショットが楽しめるんですが、
こちらもサクサク進んでくれるんですよね。

UBIといえば有吉さんもやっているfarcryがありますが、
こちらも遠距離ショットがありますが、
弾丸数が少ないのと見つかりやすくて外すと
そう攻撃を食らうので実用的じゃないんですよね。

あとステルスはメタルギアですが、
TPSでキャラが邪魔で、パラシュートで敵を
飛ばすシステムがもうわけわかんなくて、
入り込めずにダメでしたね。

結局、いろいろ2017年後半のFPSステルス系ゲームをチェックしていましたが、
上記のようにステルスに対しての考え方の違い、
日本語訳がないのは全部除外、
get evenは撃たなすぎ、
バイオハザードは箱庭にプレイヤーを詰め込み自由度がなさすぎ、
とかいろいろあって、、

結局ウルフェンシュタインだけになりましたw

まあ今回のウルフェンはDLCがあるそうなので、
前のやつよりは長く楽しめそうです。