カテゴリー別アーカイブ: YMO

80年代のYMOに匹敵する前衛音楽作品。2016.04.27でんぱ組.inc「GOGO DEMPA」

標準

私や電気グルーヴの二人の時代はガキの頃に流行っていて
気持ちよかったからっていう軽い気持ちでYMOを聴き始め、

それからというもの、テレビで流れる音楽にはまったく
興味を示さず、自然と自分しか知らないような音楽ばかり
聴きあさるようになり、自然と付き合う人も限られるように
なってきて、

後になって、それがとんでもないアンダーグラウンドへの
導線だったということに気付いたという経緯があったんですが、

2016.04.27発表のセカンドアルバム「GOGO DEMPA」を聴き、

今のでんぱ組.incの作品にもそれが当てはまるような
気がしました。

特徴的だったのは、デジタルからアナログにシフトしていますね。

それも、すごいのが、打ちこみでしかできないような
楽曲を生演奏で挑戦しているところですね。

ももクロチームの武部聡志さんのダウンタウンももクロバンド
のように、打ちこみの録音の構成をほとんどダイレクトに
生演奏で実現させる方向で考えているところがすごいですね。

まあ生演奏が絶対良いということはなく悪い部分もあり、
打ちこみより余計な熱が出てきて一生懸命感が邪魔になるんですが、
でんぱ組チームはそちらを取ったっていうことでしょうね。

いやあ、まあ冒頭から素晴らしいんですが、現代の最前衛作品、
「破!to the Future」 を最後ではなく
頭に持ってくるこの前しか向かない考え方、

シングル曲をもったいぶらず前半に並べて
一通り盛り上げた後、中盤におつかれサマーで
文字通り休憩、、

そこからはシングル曲発表後にアルバムの為に
新しく録音したまだ未発表の楽曲をずらっと
並べて私たちはこれからこれで行くから
付いてきてくれというような雰囲気で
数曲推し進めていき、

でんぱとしては初となるような正統派、、いや、
少しひねってきてるなw
バラード曲、ももクロの「キミノアト」を彷彿させるタイトルの
「キボウノウタ」で〆て実質終了と。

これとかももクロを普通の流行曲として聴いて育った小学生から、
どんな奇天烈なアーチストが生まれてくることになるのか。。

10年後が楽しみになる、

そんなアルバムでした。

追伸:

ちなみに田村歩美さんはエビ中の作品では
良いものが無かったんですが、でんぱと
創る時は全て素晴らしい作品に仕上がりますね。

NARASAKIさんがももクロの時に最大限のパワーが
出るのと似ている気がします。
他のアニメの曲とかは平凡な作品になりますからね。

まあ多分宮本さんとの相性がいいんでしょうね。
サッカーでいう監督と選手の関係に似ている気がします。

田村さんもでんぱとの相性は良いけど他はダメですね。。
まあそういうことだからエビ中は中途半端なんでしょうね。
個別に作品だけ聴いてピンポイントで採用しているから
まあ作家も心を込められないですよね。
NARASAKIさんはずっと一緒にやってるから熱いものが
創れるし、田村さんもしかりですね。

CORNELIUS コーネリアス Constellations Of Music 進歩よりあえて後退を選んだ凡作。攻殻機動隊OSTも同様ですね。

標準

CORNELIUSの歴史として初期はフリッパーズを引きずった感じ。

でStock Hausen & Walkmanにひどく衝撃を受け、
SoundToolsを入手して試行錯誤の内、一つの
昇華作品としてPOINTを生み出した。

その後2015年まではPOINTを彼の方程式として固定させ、
それを利用した中身はなにも変わらない、方程式の
変数にいろんな音を入れ替えただけの楽曲を生み出すにとどまっている。

また音が変わるだけならまだしも、作品ごとに熱量が上がってしまい、
その熱を表現するのに旧来の音数を増やしたり音符を増やす
ような状況に陥ってしまったりしてしまい、旧来の方式
を避けて音数を削ぎ落した結果見事な未来的な音空間を創造することに成功
したのに、POINT拠点にどんどん音空間の雰囲気が
旧来のありきたりのものに後退してきてしまっている。

POINT以降の変化としては、YMOに参加することになった
ことで、独自の音空間が魅力だったコーネリアスだが、
坂本龍一や細野晴臣、YMO、等、旧来の物に引きずられるような感じに
なってきてしまっている。

そして最新作の
Constellations Of Music。

これはアルバムに一曲は必ず入っているマーチンデニー系
の音楽に焦点を当て、さらに発展させてスティールパン
まで拡大解釈し、進化はあきらめてPOINT以前の
位置まで戻り、あまり試行錯誤せずに自分の
やりたいことを最重要視し、横幅を広げた作品だと思います。

唯一Constellations Of Musicと攻殻機動隊OST
で彼の作品に興味を失いそうになる瞬間があったんですが、
それは小山田氏の最強の武器であった自分の声で
唄うことを辞めてしまったことです。

なにかあったんでしょうか。
理由はわかりませんがどうか自分の声で唄う
ことを辞めないでください。
貴方の声は大変魅力的です。
勿体ないです。

ちなみに私は今回貴方が唄っていないことが途中で
わかってから全ての唄入り楽曲は飛ばして聴きました。
貴方のトラックは特殊だから貴方が唄わないと全然威力を
発揮できないのですよ。
額面通りのパワーを発揮できないんですよ。
わかってますか?
よろしくお願いしますよ。

という訳で、

結局私が彼に求めているものはデビュー当初から未来と
感動、これですので、今回は感じることができなかった
のでスルーすることにしました。

次回作期待しています。

しかし、坂本龍一も意欲作が
1978年の千のナイフから(26歳)
1986年の未来派野郎(34歳)
までの7枚で8年でしたから、
1994年THE FIRST QUESTION AWARDから
2001年POINT、大目に見て2007年Sensuous
までの5枚で13年がんばったんでよしとしても
いい気もしますけどね。

あとはいろいろ気にしないで好きなものを
つくればいいんじゃないかと思います。

私は買わないですが金はあるので売れても売れなくても
いいんじゃないでしょうかね。

ももクロの走れ!、アイドリングのCheering You、共にYMOのパクリですね。

標準

以前こういう記事を書きました。

ももクロさん 走れ! の源流を求めて3 ymoのyou’ve got to help your self

そして今回アイドリングの解散と共に推している楽曲の
cheering youを聴いて、最初のシューっていうバックの効果音
が印象的なので

はっとして聴いてみるとやはり
走れ

と同じ構造の楽曲でした。
ってことは、YMOの

以心電信 you’ve got to help yourself

のパクリってことになりますね。

ですが事実としては走れがYMOの
shadows on the ground

のイントロと以心電信をくっつけたパクリで、
cheering youは走れのパクリってことだと思いますね。

元ネタはあるものの走れはよくまとめあげたと思います。

もうこれYMOが訴えれば勝てるくらいの
レベルで似ているんですが、
そんなことやっても仕方ない、
プラスに考えてリスペクトしてくれて
ありがとう的なことで訴えないんだと
思いますね。

あとミリオン超えるようなヒット曲でもないですしね。

AKBGがシングルでやったら怒るかもしれないですね。

ももクロの高城さん無事一日で復活されました!電気治療ビリビリ感電でしょうかね。それよりラゾーナ川崎イベントのバックのポスターがすごい!今度はYMOだよ。

標準

昨日のラゾーナ川崎のフリーライブは高木さんがお戻りになられて5人で行ったようで安心しました。

サンタさんもご披露されたようでなによりです。

12.3のzeppは楽しみですね。

良かった良かった!!

有安「ペンライトいらねーだろ!!!」

と言ったか言わないかはあなた次第wwwwwwwww

しかし、これ僕以外見過ごしていると思うんですが、後ろのポスターちゅうか垂れ幕。。。。。。

そうです!YMOの増殖ですね!

いやいやもう次から次へと世代ギャグ満載ですよ。。

もうおなか一杯wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww