カテゴリー別アーカイブ: NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS

今年のフジロック2015はノエルギャラガー、Rideが出るということで、シューゲイザーの歴史についてそこらへんのことをひとつ。

標準

ギャラガー兄弟はマンチェスターの出身ですが、
イギリスは文化的に成熟していて、普通の職人さんのような
感じでミュージシャンという仕事に従事しております。

で90年代といえばマンチェスターブームでしたが、その
中心にいたstone rosesやinspiral carpetsのローディ
として下積みしていたのがギャラガー兄弟でした。

でギャラガー兄弟の憧れはstone rosesは当然ですが、
新たな潮流だったMy Bloody valentineを初めとした
Creation Recordsのミュージシャン達でした。

で最初にjesus and marychainが頭角を現し、
My Bloody valentine、そして、後々共に
働くことになるandy bellが在籍していたRide、
LUSH、といった面々が出てきます。
(すいませんLUSHは4ADでした。)

これらはひたすらフィードバックされたギターノイズ
で自分たちの存在をけし、下を向きながら
かき鳴らす、シューゲイザーと記者に命名される
音楽を武器にしていました。

で次から次に新曲を聴きたいファンは数か月待てない
ので似たようなバンドを探して次々に新しい曲を
聴きまくりました。

その次点として出てきたのが我らがNARASAKIさんが
大好きなSWERVEDRIVERでした。

しかし当時はシューゲイザーは簡単でばかでもできる
音楽とさげすまされていたので、面々はその音楽から
意識的に離れる動きをしていったんですが、結局
それが仇となり、バンドの多くは解散してしまいました。

でそんなCreationに救世主として現れたのが
OASISでした。
当初はOASISもその流れをくんだバンドとして
捉えられていましたが、あまりにビートルズを賞賛
するコメントばかりしていたのでその影響もあって
ロックとノイズがバランスよく融合された
感じにとらえられて一般的な層にも受け入れられる結果
となって大成功したんじゃないかと思います。

ただリアムはポップでリズムが激しいのを好みますが、
ノエルはゆったりめのグルーブが好みなので、
ビートルズはリアムで、シューゲイザー系はノエル
の方が好きなんじゃないかと思います。

OASISはAndy Bellを誘ったりして再結成を
うながしながらその時を待つかのように援助していました。

とまあこんな感じでした。

そして2015年、そのOASISの兄貴ことノエルとRideが
日本で共演することになったんですね。
これそれぞれ別の枠ですが、多分ゲストでノエルが
招き入れるような気がするんですがどうなんでしょうかね。

で今Rideを初めとしたシューゲイザーを聴き返して
現在もその流れは受け継がれているのか検証しはじめた
んですが、その有効な方法が見つかったんで
これを書こうと思いました。

ボブディランのように詩が魅力的だったり、
ビートルズのようにメロディラインが魅力的
な場合は作詞作曲者をキーにして探していけば
同じラインの作品が見つかるんですが、
シューゲイザーの場合は作詞作曲より
サウンドエンジニアリングがキーポイントなので、
エンジニアを基点にして探すと現在までの
流れや知らなかった新しいバンドなんかを
探せると思いますね。

でこのサウンドについては
アランモルダーAlan Moulderというエンジニアがキーポイント
なんで、彼を基点に探すといろんなことが見えてきます。

wikipediaよりdiscogsのほうが良い結果が得られます。

まだ研究前ですが現時点でわかる範囲内で言いますと、
discogで出てくるEurhythmicsのsavageというのが当時ヒットチャートで
流行していたんですが、

このサウンドがまんま今聴くと結果的に
シューゲイザーだったんではっとしました。

でこの世代の人が影響受けたところだとsuicideです。

因みにsuicideの前はsilverapplesが近いです。

これ信じられないことに1970年の作品ですよ。1970年。。
2015年の作品と言ってもわからないくらいの作品です。
こちらが代表作です。

あと能の音楽なんかも近いと思いますね。ひゅ~~~っていう例のあれですね。

話を戻しまして、、

当時は単なるヒット曲程度に捉えていたんですが、
これが幾多の変遷を経て現在のNARASAKIさんになるとは予想もしませんでした。。

きちんと長きに渡り人気があるシューゲイザーは
やはり人間が本能的に求めているサウンド
なんだと思いますので、自信をもって誰でもできるとか言われても
好きならめげずにやり続けて欲しいと思いますね。

広告

2015.04.15-16 心のこもった素晴らしいライブでした。ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ 日本武道館

標準

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
のライブに参戦。

マンチェスターサウンドはnew orderのブラザーフッドで初体験し、
それからありとあらゆるものを体験してきましたが、
現場に行くのは初で、これもももクロさんに出会わなかったら
行くことはなかったでしょうね。。

ここの地域は基本的に細かいことにこだわらない音のパワーに任せた
空間を揺らしまくるような音楽が持ち味ですね。

1階の東、最後列でおなじみのJ列だけど
大音量で細かい細工がしていない音の波
で音の鳴っている場所を揺らしまくるような
どこでも気持ち良くなれるようなタフな音楽
なので大丈夫でしょう。

最近、AKBの劇場外の公演はマンネリ気味で鮮度が落ちてきていて
不感症気味に陥ってスルーしているので、
武道館はモーニング娘。とでんぱ組と洋楽が多いですね。

ももクロはあきらめてますよw

追記:

武道館の半分を潰して、屋根の多い武道館では最悪な
天井スピーカーを潰して正面にスピーカーをセッティングしてあるので
一番奥のJ列でも楽しめました。

満員にする力があるアーチストで武道館の半分を潰す設計は初めてみましたよ。

20150415武道館noel

やたらに座席を増やす、人を詰め込むももクロに
見せてやりたいですね。

ノエルの前に川上アキラと佐々木敦規を正座させて
説教させてやりたいですw

おかげでどの席でもメンバーのことがよく観え
て観客との一体感も素晴らしかった気がします。

アンコールの拍手なんかやばかったです。

2015.04.07-15 ノエル・ギャラガー ニューアルバム発売して来日してライブが決定!NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS 2015 JAPANTOUR

標準

NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS
2015 JAPANTOUR

2014.11.08 先行受付開始

http://l-tike.com/concert/noelgallagher/

ニューアルバムは2015年2月25日発売。

こう見えてまだマンチェスター・サウンドを生で浴びた経験がない
んで、ぜひ一度死ぬ前に、縦ノリのリアムのではなく、兄貴の
マンチェスター直系の横乗りのデュープなグルーヴを
是非ともカラダに刻みつけておきたいところなんですよね。

名古屋はZeppなのがすごいですよね。

まあ武道館も東京ドームとかの競技場関係のスタジアム
に比べたら素晴らしい場所ですけどね。