カテゴリー別アーカイブ: BOOWY

2017.05.12 RGさんの単独公演であるあるの新しい法則を勉強しました。

標準

レイザーラモンRGルミネtheよしもと単独公演

2017.05.12 あるある 言っちゃうね。 言いたかった7年 言えなかった7年

RGさんの単独は楽曲の許可申請がいるのでDVD化しているものは
全て許可を得ていると言っていました。

で今回もXをやった際、その許可申請しているとき、
YOSHIKIさんは真っ先に許可を出してくれたと
感慨深くなっていたRGさんがいました。

進行は客が挙手してRGさんが当てて、
その人があるあるのお題を言って、
それをRGさんが具現化して、
最後に色紙にその具現化したあるあるを書いて
プレゼントするという流れです。

あるあるは毎回流れが違うのですが、今回は
最初に洋楽のバンドのメンバー名を言った人が
いてその楽曲であるあるをつくる流れになったので
それが30分程度続きました。

普通はメンバー名といえばボーカルが有名
なんですが、RGさんがベースマンなこともあり、
客がベースの人を言うと空気がシーンとなった
んですが、その空気を読んでRGさんが客の前であるあるを
歌い、こういう空気の時は目の前でやると
大丈夫だということを学びましたと満足気
になって終わりました。

でそこからはいつものボウイとか布袋とか
Xとか、いつもの感じになりました。

あと今回のRGさんは一味違っていて、
クイーンでもどこでもやる曲じゃなくて、
アルバムの曲とかをわざと単独だということもあり、
客を信頼して確信犯的にやって凄かったです。

でも今回あいだあいだに、結構最小公倍数
的な名前を出すのが続いたんですがその時RG
さんが挑戦的なことを言ってそれが刺さりました。

それは

「どんなお題でも全然OKですよ。
これはどうだ的な挑戦的なお題でも大丈夫ですからね。

どんどん言ってください。

ただし知らないお題があったらお客さんに
言ってもらうかもしれませんからよろしくお願いしますw

これ、冗談だと思っていたんですが、
モンハンというお題が出て、
RGさんは今どきのゲームをやらないので
RGさんが客席にマイクを向けて
知ってる人いたら言ってください
としきりに言ってもレスがないので、
お題の提案者の座席に向かって
その人に言ってもらうという
出来事があって面白かったです。

また最後は結構スリリングな感じで、

お題を4個くらい言ってもらって、
バラード調の楽曲でそれを1曲に見事に
組み込んで全てのあるあるを具現化
する挑戦を2回やって、幕を閉じました。

ちなみに途中、バービーボーイズっていうお題
が提案されたんですが、
RGさんいわく、鬼奴さんがいないので
出来ないと言ってました。

ここら辺、現場に来る人は注意して下さいね。

RGさん単体で完結する楽曲を提案しましょう。

RGさんはベースマンは結構知ってる感じです。
あとレスラーを知ってますね。
あとはバスケですかね。

私はこのまえRGさんがライブで共演した

ので猛毒って言おうと
していたんですが、勇気が無くてやめましたw

バカ社長とかねw

ベースマンだから松井常松っていうと大喜び
するんですよねRGさんw

広告

2012紅白でももクロさんの場面で再発見。。

標準

嵐の二宮さんが親が子を見守るように腕組んで
熱いまなざしで次に来る自分達の後継者
はこのこたちなのかあって言わんばかりに
ももクロの5人を見守っていたのを再発見しました。

image

しかしよく考えてみるとサラバって布袋さんの曲なので
実質初めて紅白でboowyが間接的に出演した
っていうことなんですよね。

結構感慨深いシーンだった気がします。。

BOOWYは初期の1982-1984あたりのライブがベストと言うが、ももクロさんも数十年後そうなりそうな気がして仕方ない。

標準

ニコニコ動画のboowyのレアライブ音源、今のうち
落としておいたほうがいいです。

BOOWYの1982年から1984年くらいのライブを聴いて

これ30年前のものとは思えない。

演奏は正確で凶暴で熱くて躍動的で叙情的で、

人間は温かくて人懐こくて、

実は真逆だったBOOWYのイメージ

BOOWYはそのイメージから凶暴で暴力的でと思っている人が
大半だと思うが、実は真逆で、そんな人たちが大嫌いな
人たちだということを、30年たって初めて
知りました。

畑の真ん中の学校で全力で演奏したり、
女の子が前にいるから押さないで、
嘘を並べてBOOWYをたたいてる記者連中が
いるがあなたたちは違うよね!と言ったり、

もうほんと自己嫌悪ですよ。

ファンのことを一番に考えていた

ファンの席が減るからと言って、
一切有名人だからといって優遇することはなく、
自力で来させたり。

ももクロさんも見習って欲しいなあ。

昔は厳しかったんだけど、
最近は有名人は優遇ばっかだもんなあ。

なんかももクロチームも有名になってきて
勘違いし始めてるのかなあ。。

ももクロさんの後世に語り継がれるライブは?

ちなみにももクロさんは2010年後半から
2012年3月までのzeppクラスのライブが
ベストですね。

なんか刀を鋳造する時の
真っ赤にして高温で鍛錬している
時期っていうんですかね。

これは今回のBOOWYの件を加味すると、
もう一生変わることがない気がしますね。

ただそれは音楽メインのライブの話で、
役者やバラエティタレントとしての
ももクロさんのそういう時期はこれから
到来するので楽しみにしていましょう(^^)

ノースリーブスのキリギリス人のサビはBOOWYのcloudy heartのパクりです。

標準

ノースリーブス 『キリギリス人』
1:00からサビです。

BOOWY「Cloudy Heart」
1:32からサビです。

<br /><a href=”http://www.dailymotion.com/video/x1z4ce_boowy-cloudy-heart_music&#8221; target=”_blank”>BO&Oslash;WY &quot;cloudy heart&quot;</a> <i>投稿者 <a href=”http://www.dailymotion.com/orz-yakiniku-orz&#8221; target=”_blank”>orz-yakiniku-orz</a></i>

しかしひとが創り上げたものを
こうも簡単にパクるとはね、、。

芸術家として恥ずかしくないんだろうか。

ももいろクローバーZ おめでとう!布袋寅泰全面プロデュース新曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」完成記念、布袋寅泰作品ベスト4紹介

標準

ももいろクローバーZ 新曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」(11月21日発売)

10月13日スタートの北川景子主演ドラマ『悪夢ちゃん』
(毎週土曜 後9:00~ 日本テレビ系)の主題歌に起用

布袋寅泰 作曲編曲

まず、

宮本監督が自分の監督下(スターチャイルド)以外の人材を採用したことに
最大級の賛辞を送りたいと思います。

また、細かい指示はあったと思いますが、
作曲、編曲まで全て布袋さんに任せたこともすばらしいと思います。

作詞はももクロチームはこだわりがある
ので自前で用意したようですね。
LOST CHILDの岩里祐穂さんみたいです。

あと音楽的には典型的なHOTEIサウンドですが、
間に数小節変化を加えたりして、多少無理やり
マンネリ化を感じさせないような技を入れています。

BPMやリズム隊の重さはピンキージョーンズ
と似ています。しかしそれは
布袋さんとNARASAKIさんはバックグラウンドが
似ている部分があるのでわかります。

メインのリフのメタリックなギターはリズム隊と
溶け込み強烈なグルーヴを生み出すように
こだわっていじってありますね。
音だけでもう気持ち良いです。
なんなら最初の2小節を永遠にループしただけでも
有に数時間聴いてられます。
ただ転調が多い気がします。
もっと素直に構成した方が良かったと思います。

余談ですが、会場推しの時、Z女戦争はめんどくさい曲
なんで、急に腕を下げてしまって、あまりペンライトを
振ったり振りコピする人はいませんでした。
宮本さんはいろいろごちゃごちゃ構成するのが好きな
タイプなんで、そろそろこれ以上の暴走は控えて欲しい
ですねえ。

やるだけやって結果出なかったんだからもういいだろう。

な宮本さん。

ファンに愛されてないよ。いじりすぎた曲は全部ね。

以前から

私はここでももクロさんとboowyと吉川関連を取り上げていたんですが、

2012.02 記述記事
BOOWYとももクロ、ももクロはサラリーマンを肯定し、BOOWYは否定する。しかし同じ空気を感じて仕方ないのはパンクの影響を多大に受けているところだと感じた。

最近BOOWYのBOXのブックレットを読むと、ももクロと共通点が多々あるのに驚いた。

このブックレットを読んでいると理由はわからないが
涙が流れてくるのはなんなんだろうか。

極貧生活でどさまわりをしていたけど、
ひとたびライブをやるとどんなバンドにも
負けない魅力を出していた、駆け出し時代
のBOOWYと、現在までのももクロの生き方がダブる
点に目をつけ、そんな布袋さんならば
ももクロさんを生かす作品をお願いできる
んじゃないかと思いオファーしたんじゃないかと
思います。

そして、
布袋さんと宮本さんや川上さん等が昔の布袋さん
の話とももクロさんの現在までの話で盛り上がり、
感動して、快く引き受けたんじゃないかと思います。

なんか無関係だとは思えなくなってきました。

自分の音楽に対する真摯な気持ちが伝わっている
とわかっただけで、ほんとにここで続けてきて良かった
と思います。

しかし、

手放しで喜ぶわけにはまいりません。
それは、boowyとコンプレックス、ソロのファースト
GUITARHYTHM以降の最近の布袋さんは、何回か
ヒットは飛ばすものの、作品の先進性が落ちてきている
からです。

最近、ロンドンに拠点を移すことになり、心機一転
した後の作品ですから、期待したいと思います。

宮本監督は

同じ年齢層なんで、私とセンスが似ているのかも
知れないですね。

前山田楽曲は最近聴く方が慣れてきて、
一番のウリだった先進性が落ちてきたことも
あり、もっといろんなセンスを混ぜて行って欲しいと
感じているところなのに、本人はタレント活動に精を出す
等、ももクロチームとは真逆で、あまり音楽活動に対する
危機感が感じられないので、宮本監督にはこれからは
より厳しく前山田さんに対峙していって欲しいと思います。

しかし、
注目度が上がってもそれを受け止める器がないと溢れて
しまいますが、ももクロさんにはこれまで着々と地下で育ててきた
大きな器がありますので、全て吸収して器にどんどんごちそうを
盛り上げていき、どんどん蜂を誘い出していって欲しいと思います。

紅白も楽しみになってまいりました。

記念に

布袋さんのベスト4の作品をご紹介させて
いただきます。

布袋寅泰「GUITARHYTHM」より
10. 「GUITARHYTHM」 ハービー山口、Lenny Zakatek 布袋寅泰 布袋寅泰 5:24

COMPLEX「COMPLEX」より
05  「2人のAnother Twilight」

10. 「RAMBLING MAN」

BOØWY「BOØWY」
10 CLOUDY HEART


究極はBOØWYの初期のこのライブ
3分あたりからヘッドホンで大きめて聴いてみて下さい。
すごすぎて涙出てきます。

布袋さんの

●リスナーに向けて
僕の参加は賛否両論あると思いますが、最高の仕上がりになったと自負していますので、
どうか皆さんでこの奇妙なコラボレーションを楽しんでいただきたい、と思います。

こういうコメントを出来るくらいに前山田も成長して欲しいよ。

BOOWYとももクロ、ももクロはサラリーマンを肯定し、BOOWYは否定する。しかし同じ空気を感じて仕方ないのはパンクの影響を多大に受けているところだと感じた。

標準

BOOWYはスタジオで多くのレコーディングをこなしてきた。
また初期は資金不足で、自らデモテープを売っていたともいう。

ブログや誰かの書き残しを読んでいると、私は壮大なBOOWY
という名の宇宙に迷い込んでしまったようだ。
BOOWY関係は星の数ほどの未発表音源、未発表映像、バージョン違いのもの、
隠し撮り、隠し録音等があるという。

しかし、検索したが残念ながら今現在はダウンロードできる場所は
見つからなかった。

で面白かったのは結局youtubeにほとんどあったということだw

で結論として、未発表曲はパッとしないから未発表だったということだ。
いまいちパッとしないものばかりだった。

ただライブ音源は素晴らしいものばかりで、BOOWYがライブ
バンドだということを見せつけられた気がした。

このBOOWY初期未発表ライブの

2曲目から3曲目がすごい。

布袋の神経はコンピューターの如くギターの
音圧、音程、間隔、余韻を完璧にコントロールしている。。。

あと冒頭はCLASHやSEX PISTOLSを匂わせる音で、途中は誰にもまねができない
BOOWYの音、最後の締めはPISTOLSのナーウというジョンライドンのパクリで終わる。

FUCK OFF (TEENAGE EMOTION)からLONDONGAMEって流れの曲ですが、
まず布袋のノリで速度がまばらなのと、
エフェクトがかかってるのがほとんどなので一見普通の曲なんですが、
このバージョンみたいにエフェクト薄めで速度が速いと
布袋さんの技術が全て裸でこちらに伝わってきて
全く違う楽曲に聴こえてしまうから不思議です。。

このエフェクト薄めバージョン聴くと、ミュージシャン仲間
でもこの曲の信奉者が多いっていうのも頷けます。

ももクロもハイエースでどさ回りを行い、自分たちでチケット
を売りさばき、グッズを売り衣装代に注ぎ込み、ライブで
地道に人気をここまで集めてきた。

やはりパンクの影響が大きいのと、
下積み時代の過ごし方が似ているということが、

ももクロとBOOWYに同じ匂いを感じる最大の理由だと感じました。

ゴッドタンの風間カメラマンのtwitter垢のフォローリストにboowyのドラム高橋まこと氏の名前が。

標準

マジ歌でみごとなドラム演奏を披露している風間カメラマン、

ドラミングを高橋まことさんに教わっていたんですね。。

いやいやびっくりしました。