カテゴリー別アーカイブ: 石野卓球

いやー、今日初めて知った石野卓球の最悪な性格。

標準

2019.4.17
3月に入れた人生初の「電の字タトゥー」も客にアピール。メインフロアは禁煙なのだが、石野は煙草をくゆらせ、缶ビールを飲み、リラックスした様子でプレイしていたという。

https://smart-flash.jp/showbiz/68035

禁煙の場所で煙草吸うような人だったんですね。

 

わたしは周りに迷惑かけるのでやめたんですが、
結構がっかりです。

 

瀧のスキャンダルで冷静を装ってますがなんか
実際は顔が真っ赤になっているようですねww

 

それがこの行動に全て表現されちゃってる気がします。

 

ダブとかチルアウト系ならわからなくもないが、

脳みそをフリーズさせてテクノを惰性でトラックを選曲して繋ぐようになってしまったら、、

遂に電気グルーヴもここで終わりかな。

 

結局タトゥーもこれもマスゴミへ顔を真っ赤にした後の喧嘩慣れしてないいじめられっこがやりすぎて相手を殺しちゃうようなこととおんなじじゃないですかw

 

なんかだっさいわ。

電気グルーヴ存続、そして過去最高の電気グルーヴに発展させていくための卓球さんへのコアヲタよりの提言。

標準

まず、猛毒の16文がリリースされた当時から親交が急激に深まったバカ社長率いる
殺害塩化ビニールに移籍。

ちなみに私もこの時電気のANNでこれを聴いて、いや聴かされてwからバカ社長との長い付き合いが始まりました。

卓球さんはソニーの音源とは別に自主流通で裏音源をリリースしたりしているが、
これで、今までの裏が表に180度変わることで、これまで
ソニーには隠れておこなっていたことを、
会社のメンバーが全員納得した上で行うことが可能になる。

また、卓球さんの技術を殺害塩化に取り入れることで、
殺害塩化が表で張り合えるくらいの技術力も装備することで、
くだらないことを最新スペックの装備でぶち込むことが可能になって、
世界中の人たちの日常生活がより楽しくなる。

これおもろいのがですね、、

まあ例えば、、YMOの場合を例にすると、
いろいろやりたいことやって、とくになんいもトラブルがない場合、
年齢とともに、大人しい音楽に納まっていく
じゃないですか。

電気グルーヴもたぶん、このままなにもなかったら
同じように終焉を迎えていたと思うんですよ。

坂本龍一がピアノに帰化してつまんなくなったのと同様、
電気も最近アシッドとかの焼き直しを感じる場面が
出てきてなんか気持ち悪くなっていたんですよね。

そして、その先に待っているのは

ファンだけが付いてきて、なにも実験性も先進性も
ない楽曲を傷をなめあって褒めあっていい作品だと
でっちあげて電気を褒め殺し状態にして
まさにコカイン常用状態にして安楽死させていくっていうね。

しかし、幸か不幸か、瀧さんがその進行に
ストップをかけてくれた。

電気グルーヴの本当の幸せについて、
真剣に考える時間を与えてくれた。

結成当初の電気はもっと俺みたいに身を削って
面白いことをつくる集団だったんじゃないのかって。

ただのソニーのテクノや電子音楽の
綺麗な宣伝担当じゃなかったはずだと。

それに気づけば、やりようによっては、ソニー所属時よりも、過去最高の
電気グルーヴとしての活動内容が展開される可能性を十分に秘めている。

ピンチをチャンスに変える可能性は十分に秘めている。

ちなみに、役者の場合は芸名が使用停止になる可能性があるが、
芸術においては電気グルーヴという名称の使用停止は
無いと過去の歴史から断言できるので、
安心していいと思います。

最後に自分で脳内で石野卓球になった気持ちで
これからの実行イメージをしていたら、

バカ社長はたぶん、石野に一つだけ移籍についての
条件を提示してくると思われます。

それは

「畳」

という楽曲の使用許可という条件ですね。

まあ「ピエール」でもいいでしょう。

これを猛毒名義でリリースできるようにしてくれたら
移籍を気持ちよくOKっていうねw

ジャイアント馬場の16文、
勝新太郎の座頭市

に次ぐ猛毒最大の楽曲になると思うと
ワクワクしてきます。

そしてリリースしたらまず、当然売り切れになります。

自己流通版ですからね。
海外で製造して逆輸入したCDなのでおいそれとは
量産できません。

しかし、今はネット配信があります。

でもバカ社長の意向から今の状況を考えると
配信は興味なく、ジャケットとメディアの
表現する総合芸術という考え方なので、
売り切れなのは変わらないと思います。

メディアで当然取り上げられます。

そして自主流通版なので、youtubeにも上がります。

結局、宣伝材料として作用することになります。

メディアが調べると、いろいろわかってきます。。

殺害塩化ビニールという会社や、
社長の奇天烈さw、
所属アーチストの危なさw、

そして、メディアが初めて知るそこと電グルの繋がりの深さ。

相乗効果で、方向性は抜きで有名になることは確かです。

で、ライブを開催する場合、
殺害塩化は基本単独より合同ライブが多いので、
多分そこでもメディアによる急激な表と裏の激しい混ざりあいが
発生します。

電気目的でホームページを見ても、綺麗な電気の新規ファンは
衝撃をうけます。

ライブは西中央線沿線のライブハウスになっていくと思います。

CDは通販のみか、タワーあたりに少し置かれる程度だと思います。

ライブのチケットは直接予約です。この辺は
まあいまは安い業者があるので問題ないです。

殺害塩化所属メンバーと電気のコラボが増えていくと思います。

作詞、作曲、編曲、ミックス、様々なコラボ
で混ざり合っていくと思います。

逆に電気つながりで、いままでなにも接点がなかった
人たちと殺害塩化が新たに繋がるような場面も増えていくと思います。

電気の縛り抜きで殺害塩化のライブで演奏したりうたったり、
もうすごい世界が展開されていきます。。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

あ、勝手にコカインでいかれてる脳みそで
映像をフラッシュバックさせてしまい
申し訳ありませんw

でも、最初は自分でネタのつもりで考えて
いたんですが、いろいろ考えているうちに
マジでありなんじゃないかっていう
繋がりになってしまって驚きました。。

 

信じるか信じないかは卓球さん次第です。

セックスピストルズの件から考えれば、ドラッグに集団的作用は必ずしも作用しない。

標準

世界レベルのドラッグについてのスキャンダルで最も有名なのが、
セックスピストルズのシドビシャスとナンシーの件。

ピストルズの追っかけだったヘロイン常習者のナンシーが
ピストルズに近づき、メンバーに煙たがられて、
ジョンライドンがあの女には近づくなとグループ内で
警鐘をならし、結局最後に捕まってしまったシドが
ヘロイン中毒になり死亡してしまった事件。

そうなんですよ。

昔からまあ気持ち悪い人は気持ち悪い
んですよ。

ピストルズについては
シド以外はドラッグは
大嫌いだったんですよね。

まあ酒やたばこは抜きにしてですね。

あなたの家族でも、昔は職場のデスクに灰皿が
常備されていて、タバコは当たり前だった
とか言いますが、嫌いな親族のひとも
いたでしょう。

私の親父もそうでした。

男兄弟が全員吸っていましたが、
親父は嫌いで吸いませんでした。

それと同じなんですよ。

嫌いな人は嫌いなんです。

だから、まあ他の件もあると思いますが、
卓球さんはワイドショーが嘘ばっかだ
ということを言ったんでしょうね。

ピエール瀧コカイン騒動で浮き彫りになった、コカインも敵わない石野卓球の凄さ。

標準

単純に、

 

瀧がコカインを使用しないとついていけなかった
電気グルーヴのあらゆる面においてのセンスってやつを、

 

石野卓球はなにも使用せずに作り出していた
わけですから、

 

本当に凄いと思いますよね。

 

この人に限っては、

薬を使用したら

 

逆に普通のものしか
作れなくなってしまうんじゃないか

 

と思いますww

 

石野が普通のことしか言わなくなったら
ドラッグを疑いましょうw

ピエール瀧は20代のころからドラッグを使っていたってことは、結局、電気グルーヴは、

標準

石野卓球だったってことだよね。

 

コカインは自分を現実以上の人間だと思わせる効果があるらしいからね。

 

で、ピエール瀧はその石野の才能についていくのに必死だったっていうね。

ウエストランドと電気グルーヴについて。

標準

最近ていうか、少し前から電気グルーヴの石野卓球さんとの
絡みが取りざたされているウエストランドですが、

ネットラジオで本人たちは学生時代も特に聴いてこなかった
と言っていました。

ただ、電気を使ったグルーヴを奏でる
すごい人たちだというのはわかっていたという。

私たちにとってのYMOみたいな感じだったんでしょうかね。

社会に迎合せずに、流行曲を受け付けない身体
で生まれてきたマニアックな人類の暇つぶしの為に、
自殺しないようにだれもやらない面白いことを
やって生きる糧にしている人たちっていうねw

で、なぜ今回、タイトルにあるような内容を書くことにしたのか
というと、全く関係性が無かったわけじゃないからです。

ウエストランドの第一回単独ライブ。

私は2016年6月25日(土)26(日)2日連続で行きました。

そこで、気になったことがありました。

そうです。

2日目の漫才のブリッジのBGMが電気グルーヴだったんです。。

しかしこれはウエストランドではなく、
専属の作家さんの趣味だったようで、

ネットラジオでもテクノ系の楽曲を流していることから、
卓球さんがウエストランドに直々にOPテーマを
作って欲しいとお願いされた時、
その流れから、自分がやっちゃって作家さんが
楽しく選曲しているBGM入れに
迷惑がかかったら悪いなあと感じて、
直々に電話して説得してOPテーマを
制作したとウエストランドが言っておりました。

作家さんがテクノの精神をウエストランドに入れ始め、
それを卓球さんが聴いてさらに2人に親しみを感じるようになり、
逆にウエストランドが電グルのライブに初めて行くことで、
テクノのすばらしさを心の底からしみ込ませるかたちになり、

って感じで相乗効果で親しくなっていったような気がしますね。

秋元康がスーパーバイザーの『サニー/32』という映画から見える秋元さんの強みと弱みについて。

標準

『サニー/32』のチケットが発売されるってことで、
チケットぴあから連絡がきたので調べたら、
ピエール瀧、リリーフランキー、音尾琢真っていう
名前がまず先に飛び込んできて、なんだこりゃ
と思ってさらに視界を拡げると、秋元康、北原里英
ということで。

サニー

さらに見ていくと、石野卓球さんにどっかの飲食店で
電気への参加を志願した牛尾さんという、VOXXX発表後に2人になって、
その後に参加することになった現電気グルーヴの
人で、ポジショニング的にはイメージを具現化する卓球さんの
周りのコンピューターへのアプリケーションの
相談やインストールやMA的な部分を監督する
、YMOで言う松武さんのようなマニピュレーター
的な人が音楽を担当しているっていうので
驚きました。

ちなみに、ライブではこの人が卓にいるので
卓球さんは自由に出たり下がったりできてるんです。

砂原さんもそうでしたね。

ただ、ソロになると、この電気の3番目のメンバーは
結構毛色が違う作品をつくるんですよね。
だからサントラが楽しみです。

話がそれました。。

秋元さんは作詞家ですよね。

私はいつも楽曲派っていってますが、
逆に作曲や編曲家です。

つんくさんは作詞作曲。

なにが言いたいのかというと、

私は文字より音が好きなので、
音楽を聴いている時あまり詩を
覚えてないし、当然、曲のタイトル
もあまり気にしてないんですよね。

しかし、秋元さんは作詞家じゃないですか。

そうです。

私と逆で、音より文字を記憶していて、
音なんて聞き流していると思うんですよね。

また私は極論言うと、モーニング娘。では大久保
さん、ももクロではNARASAKIさん、がいれば
作詞は誰でもあまり関係ないんですが、

秋元さんに置き換えると、
詩はこだわりがあるが逆に音は誰でもいい
んじゃないかと思うんですよね。

だからAKBGの曲はステレオタイプなありきたりな
マンネリで陳腐なものになってしまっているんですが、
秋元さんは作詞には真摯に取り組んでイメージ通りの
ものが表現できている自負があるので、
満足しているんだと思います。

で音楽を聴くときでも詩は覚えているけど
音はあまり覚えてないみたいなねw
だからだれだっていいっていう。

という下知識を備えてから、今回の『サニー/32』
のスーパーバイザー的な仕事の、まだ福田雄一等の
最前線と言われている人たちにひけをとらない、
世の中に驚きを与える、未知のものを提示する、
未来を開拓するという意味での、衰えを知らない
センスのクオリティの高さについて考えると、

本当に音についての才能とセンスがざっくり抜け落ちている
ことがかわいそうでかわいそうで仕方がないですよね。

完璧な人間なんて絶対いないと言われますが、
なにかが出ればなにかが抜けるわけですよね。

ちなみにつんくさんは音の才能を備えていますが、
秋元さんと違って楽曲全ての監督が可能な場合は、
現場に近いレベルの楽曲、コンサート演出など
の仕事で手一杯になって、

秋元さんのように
もっと楽曲やメンバー、それをまとめるチーム、
グループ、地方拠点、日本拠点、世界拠点と
いうようなレベルでの監督は絶対無理
でしょうから、、

そうすると、秋元さん的には音の能力が
抜けていたからこそAKBGというプロジェクトや
タレントのプロデュースという才能が
開花したと言えるんじゃないかと思うんですよね。

完璧だとひとりでやろうとするが、
完璧じゃないからいろんな人たちに任せるように
なった。

企業買収みたいな方法で短期間に拡大していった。
ただ多文化組織になるため、楽曲単体は非常に
冷めたものになってしまうっていうね。

ハロプロは現場重視なので、非常に楽曲が濃密なんですよね。

だから、楽曲派の私がハロプロに流れるのは必然であり、
AKBに楽曲以外のサプライズを求めるのも当然なんです。

という訳で、

秋元さんの強みと弱みがお分かりいただけたかと思います。

それを裏付けるものとして、
楽曲の総合的なレベルを重視して活動しているハロプロ
を卒業した人は普通にそのまま延長線上で活動している人が多いですが、
AKBG出身者でAKBGの文化を継承して音楽活動している
人はゼロだという事実も取り上げておきましょう。

『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』について冷静にプロジェクトごと解説します。

標準

電気グルーヴ、近年10年間の傑作集をリリース!

2017/7/26 Release
『DENKI GROOVE DECADE 2008~2017』
試聴用ダイジェスト動画

Mixed by DJ TASAKA

■収録曲
1. Fallin’ Down(Video Edit)
2. Upside Down(Single Mix)
3. Slow Motion
4. モノノケダンス(Single Version)
5. Baby’s On Fire(Video Edit)
6. Fake It!
7. Shameful(Live@ZeppTokyo2017)
8. 完璧に無くして(Alternate Version)
9. Missing Beatz(Album Version)
10. 少年ヤング(Album Version)
11. トロピカル・ラヴ(Video Edit)
12. Foxx
13. KNGN
14. シュチェチン

元電気のDJ TASAKAの繋いだベスト盤ですかね。

以前石野が言っていたんですが、レコード会社から、決まった
シングルやアルバムのリリースペースに沿って
出すように言われているので、本当に出したい時はいいんですが、
まだ無理だよって時もあるのでそういう時はベスト盤
とかで逃げるっていう話なんですよね。

で今回のTROPICAL LOVEは

11th 2009年8月19日 20 6位
12th 2013年2月27日 人間と動物 12位
13th 2017年3月1日 TROPICAL LOVE 7位

とあるように前作から4年経過しているわけです。

会社としては多分毎年出して欲しいんだと思います。

だから本体とインストルメンタル版と今回のベスト盤の3種類を
出すことになったんじゃないかと思います。

Best 2011年4月6日 電気グルーヴのゴールデンヒッツ
〜Due To Contract 27位
Mini 2014年10月29日 25
selection 2015年12月23日 DENKI GROOVE THE MOVIE? -THE MUSIC SELECTION-
Instrumental Album 2017年7月18日 TROPICAL LOVE LIGHTS
Best 2017年7月26日 DENKI GROOVE DECADE 2008~2017

こんな感じで、上記と組み合わせるとうまく間があかないようにリリースされているのが
わかりますよねw

あまりにも近年の電気はベスト盤多すぎますもんね。

YMOの末期と同じ感じです。

で例えば、KRAFTWERKも最新作の時過去のアルバムを全てリマスタリングして出しなおした
んですが、それもこういう経緯だと思うのと、
あとは、KRAFTWERKの場合は世界規模で売れるので、それで回収できると
思うんですが、電気の場合はそこまで売れるわけではないので
そうすると隙間商売でそれを埋めることになるんだと思います。

もしそれを拒否する場合はスチャダラパーのように移籍となるけど
電気は活動できればなにやってもよいよ的な感じで受け入れているんじゃ
ないかと思います。

ちなみに2011年に出たベスト盤は砂原リマスタリングでしたが
特に変わっていなかったので、リマスタリングの部分については
あまり期待しない方が良いと思います。

また2016年に出たLUSHというバンドのベスト盤の時は
リマスタリングしたものよりオリジナル版のほうが
音質が良いってこともあったので、
リマスタリングって言葉に騙されないようにしましょう。

ということで結局特に未発表曲もないですし、特徴としては単に電気の曲を
繋いだだけのアルバムって感じですので、
スルーか友人に借りる程度でいいとおもいます。

この金額でアルバムのハイレゾ版を購入したほうがよっぽど
幸せになれると思います。

2017年2月。電気グルーヴ界隈に新たな動きが。PVとアルバム発売。

標準

ニューアルバム発売と、ハリウッドザコシショウのPVを制作したようです。

ちなみにザコシショウは電気のファンで、ソニーなのでまあスムーズにいったと思います。

ゴキブリ男というタイトルで、まんま電気ワールドですねw

しかし大音量でも小音量でもヘッドホンでもラジカセでも聴いているだけで
気持ちよい、全ての音域がまとまっている電気クオリティで素晴らしいですね。

歌詞とかより音が凄いです。簡素なのにきめこまかくつくり込まれている。。

サウンドイメージはannaとか

モノノケダンスに近いかな。

 

また新アルバムは

トロピカルラヴというタイトルで

CD1枚の通常版、CDとライブDVDの限定版、CDとグッズと全ての映像コンテンツ
のダウンロードコードが入ったものの3パターンと、LPで発売されるみたいですね。

1.通常盤
CD 1枚
¥2,913+税/KSCL-2876

2.初回生産限定盤
CD+DVD(「お母さん、僕たち映画になったよ。」2016/3/9 Zepp Tokyo/副音声付き)/デジパック仕様
¥3,600+税/KSCL-2874~2875

3.完全生産限定盤
CD+映像コード+マグネット/レンチキュラーBOX仕様
¥4,600+税/KSCL-2871~2873

※映像コードでは、DVDと同内容(副音声付き)のライブ映像に加え、
エクスクルーシブの映像コンテンツを1年間限定でスマホやPC、タブレットなどで試聴することが出来ます。
また、発売後に新たに映像コンテンツをアップロードする予定です。

3.はビデオゲームのシーズンパスみたいな感じですね。
全てのDLCの権利が付属しているという。

ちなみに、

最近、私は追加料金でCDに付属する映像っていうのにあまり興味がわかなくなって
きてまして、理由は、一回見たら塩漬けになるのが確実なので、
そうするとその為に1000円近く払うのがバカバカしくなってきたっていうね。

PVの場合は画質が良くてまとめてある後日発売されるPV集か、
スカパーからHD画質の奴を持ってきた方がいいっていう理由。

ちなみにライブの場合、

この前のたこ虹もそうでしたが、DVD付けてやるからこんだけ
金追加しろって上から目線でニヤ付いて言われている感じを
強く感じるので、それだったらいらねーやっていうねw

あと後日映像だけでどうせリマスタリングして再リリースするんだろっていうね。

そして最も強い理由は、新しいアルバムは新しい楽曲が入っているのに
ライブ映像は過去のものだっていうことですよね。

あと同じ金額で初回限定だけDVDが付くなら良いですよ。
でも追加料金ってなるとイラネっていうね。

ちなみにAMAZONはCD+DVDと通常盤が同じ価格といういつもの感じですが、

%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%82%be%e3%83%b3tropicallove%e9%9b%bb%e6%b0%97

ヤフーショッピングだときちんと通常版の方が安くなっているので、

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0tropicallove%e9%9b%bb%e6%b0%97cddvd

%e3%83%a4%e3%83%95%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0tropicallove%e9%9b%bb%e6%b0%97cd

買うならこっちで買おうと思います。

電気はこういうのにノーって言えるようなポジションだと思うんだけど

実際はそうでもないみたいですね。。

しかしもっとよく考えると、卓球さんは最近ハイレゾに本気になったので

ハイレゾが出るまで待とうと思います。

なんやそれww

2016.06.19 ゴッドタン 石野卓球さんの話

標準

劇団ひとりさんが若いころ、単独ライブの時に、終演後に楽屋に
石野卓球さんが訪れた時の話をしていて、

「あんときは嬉しかったねえ。。」

ってしみじみと話していました。

やはりアラフォー世代の、大きなものに巻かれずに自分の感性にまかせて生きている
侍のような人達にとっては素晴らしい成功者として電気グルーヴの二人は素晴らしいひとたちなんでしょうね。

ゴッドタンの3人はあまり真剣な話をしない人たちなんで結構
グッときちゃいましたね。。