カテゴリー別アーカイブ: ハマオカモト HAMA OKAMOTO

2017.07.04四弦組合がおすすめの気になるベーシスト

標準

ソロやRIZEで活躍するKenKen、ドルヲタのハマオカモト、ベースマスター亀田誠治が
ベースという楽器の普及のため立ち上げた四弦組合。

ベースの日の11月11日に全員でイベントを行う他、
ここでKenKenの企画力が冴えわたって毎回盛り上がって続いている
のが魁ミュージックの四弦組合というベースを使った企画で
盛り上がるコーナー。

特徴としては下北ゲームアニメのkenken。
ドルヲタのハマオカモト。
研究者でスポーツマンの亀田誠治。

今まであまりベーシストに重きを置く企画が雑誌やテレビで
無かったのでいろいろ新鮮なんですよね。

質疑応答や、ベースを担いで散歩するべー散歩、
ベースに関するニュース、等で構成されているんですが、
今回はおすすめのベーシストという内容が、
ベタじゃなくてこんな人もいるんだって感じで
ツボを突かれて面白かったので取り上げました。

KenKen

ArtOfficial ラルフバレンシア

ハマオカモト

関ジャニ∞ 丸山隆平

ハマさんが基本を教えてきっかけを与えたらそれを膨らませて成長してしまったと。

亀田誠治

サンダーキャット

この人はスイサイダルテンデンシーズ、フライングロータスでの方が有名です。

これと基本中の基本でKenKenの憧れのレッドホットチリペッパーズのfleaは必聴。

そしてJB、スライ他を基礎とするファンク系のベーシストはわかりやすく感動します。

あと角度を変えて打ち込みのシンセベースがすごいっていう意味では
ハロプロのアレンジャー大久保薫さんやももクロのNARASAKIがすごいです。

これ前記のレッチリの後に続けて聴いてるとNARASAKIさん2分9秒あたりから
途中レッチリパクってますよねw

あとはスチャダラパーのシンコの構築するベースラインも密かにおすすめです。

広告

2014.08.09 カルチュラサークル 完璧。日置祐貴氏が仕上がった今、もう片岡飛鳥も中嶋もかがりもいらねーだろ。

標準

カルチュラサークル

構成
オークラ
藤谷弥生
はせがわ仏具店

出演
でんぱ組
ハマ・オカモト

うしろシティ
ベイビーギャング
ラブレターズ
ニューヨーク


 

フジテレビの新人お笑い芸人の発掘システム、
新しい波の最新版、ロケットライブという番組
が日置氏の事実上のメジャーデビュー番組で、

そこから選抜した芸人で構成した番組が
バチバチエレキテる
でした。

この時既にでんぱ組をテーマ曲に採用したり、
上記の構成作家3人も入っていたり、芸人も
全て勢ぞろいしていました。

で変化と言えば、
女性MCの乃木坂白石さんがでんぱ組の夢眠さん。
男性MCに浜野謙太さんのとこにハマオカモトさん。
に変化し、作家も3人に絞りましたが、レギュラー化
したら増えるでしょう。

バチバチエレキテるZer0というネット有料番組もありますが、
私は観ていません。私はそんなの観るくらいなら
劇場にお笑いライブを観にいきます。

地上波のテレビ番組は、たまに視聴者に有無を言わせずに
製作者側の表現したいものと、視聴者がこういうのあったら面白いのになあ
という要求が太い光で直結してしまう場合がたまにあって、
それはテレビの地上波というものの性格上、世の中のあらゆるコンテンツと
競争した結果でもあるので、そういうコンテンツは結局世の中で最先端の
センスのコンテンツになってしまう場合がほとんどなのです。

今回のカルチュラサークルという番組は、まさにそれでした。

開始と同時にあれバチバチの溜口さん、阿諏訪さん、が揃ってる。
へえ夢眠さんとハマさん、なんか新鮮な画だなあ。
本屋で本屋の制服着てるからこの人たち読書好きだから本のトーク番組か。

で観ていると、途中こんどは最上もがさんがコントをやってる。
バチバチでは白石さんがこの位置やってたなあ。

トークシーンに戻ってくるといつしか溜口さんの鉄板のアイドルヲタクトークに。
ここら辺でこれ日置っぽいなと感じてひとりニヤつくw

溜口さんがももクロエビ中と来て最近私と同じくでんぱ組の武道館に参戦した話。

ただここらへんはまだ日置さんのセンスに気持ちよさを感じているだけでした。

でベイビーギャングの北見さんと溜口さんのでんぱヲタライブ終了後ファミレス感想会コントに。

観ていると、サイバーじゃなく、変化したでんぱ用mixを正確に字幕入りでコールさせたり、
溜口さんのオールドスタイルヲタだけでなく新しい普通の外見のネオヲタ
の北見さんという設定にして、コントさせたり、ここら辺はフジテレビの古くは
塚地秋山コントから、ドラドラのテレビヲタコント、と流れてはいたんですが、
さらに洗練させて最近はテレ東のゴッドタンで佐久間P+オークラ氏がこのネタで
暴れまくっていますが、またさらに洗練させたオークラ氏と日置氏の匂いが
プンプンしたと同時に日置氏のこういう最新のサブカルを貪欲に入れることで
刺激を注入するようなセンスに感嘆の声をあげずにはいられませんでした。

そして地上波の宿命である程度視聴率を稼がないといけないわけなので、女性視聴者
獲得のために若手モデルのみでファッションアイテムを擬人化させた、画像演出にも
新しいセンスを取り入れたコントを短く入れ込んでいました。

というわけで、

日置祐貴氏、もうできあがりつつあります。

飛鳥、中嶋、かがり、全員もう要らないだろう。

日置氏で充分いけるだろう。

そう感じて、
私の中で日置氏のランクが最上段に移動した数時間でした。

NARASAKI師匠+ハマオカモトの傑作!ももクロさんのGOUNN。これを赤坂Blitzあたりで体感したらえらいことになりそうww

標準

Momoiro clover z – gounn pv rip ver by Onionixp on Mixcloud

聴いてて、感じたのは、

全面で鳴っているピンキージョーンズの音色と
似たNARASAKI師匠好みのギターノイズ音と、

宮本さんが作曲のしほりさんに多分Buonoの初恋サイダー
のようにベースが大活躍するような楽曲をと注文
したくさい初恋サイダーをさらに過激に発展させた
特徴的なベースの旋律、

これが全てだなと思いました。

で、PVについては、

ももクロさんは指原さんと同じくダイレクトに
近ければ近いほど魅力が増し、
加工すれば加工するほど魅力が失われていく特徴があるのだが、

今回また無限の愛のフルCG処理を採用してしまった
為に、PVより音だけを聴いたほうがより作品の
魅力を最大限に感じ取れる結果になってしまいましたね。

すごい熱量がある楽曲なのに対し、
冷めたCG映像なので、
途中から目をつぶって聴くようになって
しまいましたw

しかし、未だにこういう攻めた楽曲を自信をもって
世に送り出すセンスは、
やはりももクロチーム健在って感じがして安心しました。

あとは小さいライブハウスでこれを体感させてくれれば
完璧なんですが、もうももクロ大先生には無理なんでしょうかねw

GOUNNのような緻密な楽曲は大会場では残響の影響があり、
大会場向けにシンプルに作り直さないと威力が
失われます。

大会場では多分この過激なベースラインも残響がひどくて
大会場では聴けたもんじゃないでしょう。

AKBのは良くも悪くも簡素なのでどこで鳴らしても
変わらないですがももクロさんのは作りこむのが多い
ので是非小さい会場でやる頻度を多くもって欲しいです。

NARASAKIさんがやる代官山のUNITなんてとこで
やってくれたら最高なんですがw、
赤坂Blitzあたりのライブは絶対復活させて欲しいです。

もうペンライトなんていうちんけなものは投げ捨てて
全力で腰から頭振り乱して踊りたいですねえwww

追記:
これMステで早くタモリさんに聴かせたい~~~~www

ももクロのGOUNNの作曲はBuonoの初恋サイダーのしほりさんw明らかにこのサイト発信だろ

標準

GOUNN

NARASAKI師匠やハマオカモトさん
やらBuonoのしほりさんやら、

全部私がここで一切の情報を
シャットアウトし、
自分のセンスと耳と音響知識だけを
頼りにして唯一推してきた人達ですよ。

宮本さんやっぱ私と似てるんですね
センスがw

これじゃ買わないわけにはいかない
じゃん宮本さん♪

ついでに初恋サイダーのベース
担当者も見つけてレコーディング
に参加させて下さいよ。
あの人を埋もれさせておくのは
実に勿体ないです。