カテゴリー別アーカイブ: KOTO

nanoCUNE亡き後、楽曲派にようやく春が訪れましたね。その名もヲルタナティヴ。

標準

どいつもこいつも

パフュームのパクリだ、AKBのパクリだ、
ブリティッシュパンクのパクリだ、
ベルベットアンダーグラウンドのパクリだ、
ももクロのキミとセカイからの赤ちゃんメタルと

飽き飽きしていたんですが、
ようやく電気グルーヴ一派の我々にも
篠原ともえ、細川ふみえ、最近ではKOTOの佐々木喫茶の後継が現れました。

ヲルタナティヴ

ただですね、、

この作曲編曲のマツモトマサヤさんはMAPLEZの関係者で
他にも多数制作してるんですが、

MAPLEZの楽曲はまあ驚かそうとしている雰囲気は感じる
けどセンスがいまいちでむりやりいじり倒して変にしている
だけの作品としか感じないので、

たまたまこういうものができた感じが拭えないのと、

ロゴマークがパフュームっぽいとこから、

2017-05-31_ヲルタナティヴHP

ダフトパンクのパクリな、、
大嫌いな後期パフューム+ヤスタカ系になっていく匂いがぷんぷんしますので、
ライブはちょっと様子見ですね。
(初期は大好きです。)

あとヲルタナはまだ1曲しかないので事務所でオファーを受けて
MAPLEZとかと合同で時間を消費するシステムみたいだから
接触興味なしでヲルタナだけ目的の私は無理みたいですしね。

ちなみにこのMAPLEZのでんぱ組のバリ3共和国


しかしこの浅野尚志さんの21世紀のリアムハウレットっていうか、シュトックハウゼン&ウォークマンっていうか



このアンディウォーホル的なサンプリングアートのセンスは見事ですね。
でもこのでんぱ組の永遠のテーマである秋葉原が世界の文化が混ぜ合わさっている街なので、
この作り方がばっちりはまるってこともあるんですけどね。
だからマツモトさんも広島をきちんと理解して制作すればもっと広島にはまる手法がみつかりそうなきがするんですけどね。

のようないじり倒す作り方は
総合的に第三者的なイーグルアイ的目線で作品全体を
とらえる能力が必要になるのですが、この人はその能力が
ないのでとっちらかっちゃっていて残念に感じます。
だけどこのヲルタナティヴ / 夏の香のパ・ド・ドゥ
は真逆にシンプルにしたことで、この人の魅力が
発揮できたような気がします。

こちらのヲルタナティヴの「点」でとらえずに「線」でとらえる方法の方が
マツモトさんは能力が発揮できる気がします。

ちなみに、広島は歴史を受け継ぐという意味合いが強く感じられるので、
点より線で構成した今回のヲルタナの楽曲のほうが広島を感じさせるような気がします。

で将来的にはマツモトさんもDJ的な感じで参加して
共演するとえらいことになりそうでわくわくします。
その時はぜひKOTOちゃんと佐々木喫茶さんとかを呼んで
アイドルメンバーと演奏者がごっちゃになって
盛り上げるとすごいことになりそうです。

とまあnanoCUNEが解散したので鬱憤がたまっていて
一気に爆発してしまいましたがw

楽しみがひとつ増えて良かったです。

最後にこのヲルタナティヴスタッフ陣に注意点を。

楽曲が独り歩きしていて、正直だれがメンバーでも成り立ってしまう
感じになっているので、ハロプロやヒャダインさんのような
メンバーの個性を生かす作詞や作曲を心がけていけば
もっとお茶の間との距離が縮まり様々な人たちに
知られるようになっていくんじゃないかと思います。

広告

2017.04.02KOTOちゃんの単独ライブ(ワンマン)がありますが、

標準

2017.04.02 渋谷Glad2部 KOTO JK卒業ワンマン

KOTOちゃんのwebページは昔からあまり機能していないので、
そろそろ単独がありそうな匂いがしたのでtwitterを覗いたら、
メールで予約するシステムに変更したとのことで
メールで予約完了できました。

20170402KOTO

twitterみない人はあることも知らないでしょうね。

ちなみに、ももクロも初期はtwitterでイベント情報を
得ていたんですが、KOTOちゃんとの違いは、
メール予約というシステムはなくて
ぴあとかローチケで発売していましたね。

そこはやはり今考えると、事務所の大きさの違いなんでしょうねw

追記:

やばい。RGさんの単独と被ってた。。KOTOちゃんごめん。

大久保薫氏の進化系「℃-ute 夢幻クライマックス」と、現在のガールズアイドル楽曲シーンの最先端を考察します。

標準

大久保薫氏は「Tokyoという片隅」

でももクロの

「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

から作品の色付けとなる重要なアイデアを
モロパクリしたかのような作品をつくって、

さらにそれをzetimaのスタッフが指摘しなかった
ことから、最悪な事態に発展してしまった
こと、

そして、後続の作品群も一時の前山田病とでも
言いましょうか、フレーズやコード進行
が大して変わらない作品ばかり、

しかも、これまでの大久保さんの命だった
打ちこみ技術は随一というところも他の人たちに
抜かれていくような状況に陥ったことで、
作品の採用頻度が低下していってしまう事態に
なっていたんですが、

やっと、今回、夢幻クライマックス

でその苦労が実を結ぶ結果となって表れた気がします。

また、今回の作風がTokyoの延長みたいなクラシックとダブステの
融合的なものになっているので、tokyoがきっかけ
となって、自分的にはまっている作風なんだなって感じて、
なるほどなって感慨深くなりました。

また、今作を聴いて、やはりハロプロの最先端は
大久保薫だと思わせるところが。

まず、サスティンが完璧にコントロールされているところ。

自分がコントロールできる範囲で音数や音色、トラック数
を最低限に絞って、それを思い通りに完璧に使いこなして
創り上げるのが大久保氏のすごさですね。

やたらと音数やリフレインや変調を入れまくり、
切り貼りする楽曲が多い昨今、それとは逆に、
しっかりと自分の硬いコアな部分は崩さずに、
プロデューサーの要求にあわせて上物を
変えて対応しつつ、
その陰では音響処理のクオリティを向上させてきている
のには驚きました。

で今回さらに好きになったのは、流行り廃りじゃなく、
ダブステップ

を深い部分まで気に入ってしまって
いるんだなって笑ってしまったところですね。

学術的に見ると、ダブステップっていうのはホントに
魅力的な枠組みなんですよね。
1小節に32分音符を32個入れられるし、
やるきになりゃ64分を64個入れることもできる。
ほんとに自由にグルーヴや速度をやりたい放題
いじくれるんですよね。

数年後、
山に自分の好きなルートから登り続けて
ふと周りを見回したら、
自分しか登っていなかったなんていう
状況になるんじゃないかって気がしました。

最近の風潮として、

でんぱ組(もふくちゃん)+浅野尚志さん、
丸投げじゃない前山田さん、
宮本さん+NARASAKIさん、
時間的に余裕がある時のつんく、
キャラメル☆リボン+SHiNTAさん、
でんぱ+田村歩美さん、
KOTO+佐々木喫茶さん、
nanoRider+山下智輝さん、

ハロプロ+大久保薫さん、

これらは確実に現在のアイドルシーンの音楽的な
最先端となっている作品たちだと思います。

特につんく+大久保薫=現代の都倉俊一だと思います。

 

2016.09.26 KOTO3rdワンマンライブ 代官山UNIT無料公開開始!とマッドマガジンに苦言。

標準

以前現場状況をご紹介したんですが、公開されました。

昔はももクロさんがustreamでライブを生配信して
それをそのままアーカイブで残してくれていたおかげで、
なにかのきっかけで急にももクロさんを気になりだした人が
その映像をみまくって、
映像でコールやミックスを覚ることができたおかげで
観客動員数が急激に増えて行ったんですが、それを思い出しました。

最近nanoRiderもライブの録画を許可しましたので、

日本もそろそろライブに関しては営業の一環として考えて
動画の録画やアップロードはフリーにして
こういう文化は継承されていって欲しいと切に思いますね。

ただマッドマガジンはファンに頼らずにそろそろ公式にアーカイブの保存
ということを考え始めるべきなんですけど、大丈夫なんでしょうかね。
ライブの無料公開っていうのは、ももクロの川上さんが眠い目をこすって
やっていたので、スタッフのやる気があれば出来る作業なので、
本気で売り出す気があれば是非やって欲しいんですよね。

メンバーが窮地に陥ってる状況でふんばってがんばっているんだから、
スタッフもそれを超えるくらいにがんばってくれよ。。
頼むよホントに。

ちなみにこういう文化はハロプロやディアステやAKBGには無いので、
日本においてはスタダが生み出した特徴的な文化だと思います。

ちなみにガールズアイドルって靴で色分けできると思うんですが、
nanoRiderはヒールが高いものは履かないのでスタダ系ってことで
いいと思いますね。

ハロプロ、特にモーニング娘。はヒールを履かないイメージが
あるんですが、楽曲により高いヒールの物も履くので、
履かないのはスタダ系だけです。

佐々木喫茶氏とKOTOの対談。「最初はアイドルだからって断ろうと思っていたw」

標準

「KOTO×佐々木喫茶、6ヶ月連続リリースを振り返る!
オトトイ限定ヴァージョンの『バレンタインズバレリーナ』配信開始!!」

KOTOちゃんは単独がめったにないし、
たまにあってもチケットは物販での販売のみ
だったり、また、接触にも興味がないので、
CDはamazonで買っちゃってるんですが、
あまりこの二人の話を聞く機会が無かったので、
興味深く拝見しました。

KOTOさんの事務所はコテコテのアイドル事務所なので、
最初にオファーが来たとき、
石野卓球さんと同じく、アイドルに興味が無かった
ので、最初は楽曲提供という形だけでビジネス的な感じで
関わるつもりでいたんだけど、
途中の過程でKOTOちゃんのダンスの凄さや、
歌のうまさと、そしてなにより喫茶さんに
いろいろ注文つけられても食い下がってきて
吸収しようとするパワーに次第に
ひきこまれるようになってきて、
ライブに参加したり共同でイベントをたちあげる
までの今のような親密さになって来たと。

喫茶さんはやっぱ金髪以外は卓球さんに近いものを感じますね。

外見とは裏腹に以外と骨太な人みたいです。。

KOTO生誕単独ライブ渋谷WOMB現場の解説と感想。

標準

開場30分前に行くと入り口付近に待機せずに
開場時間に来てくれと言われ移動。

5分前に到着すると普通に入場していて
もう中で待機列ができていてなんだったのかと
思いました。

入場は先行チケット、当日、VIPの順です。

まずは先行の整理番号順に入場なのですが、整理番号のコールが
途中でなくなり、当日券の人を呼びはじめた
ので急いで入場しました。。

でドリンク代ですが1000円で500円お釣りをもらおうと
したらドリンクチケット2枚渡されてなんだろうと
思ったんですが、1000円で2ドリンク制だったようで、
そういうシステムは初めてだったので驚きました。。

でAKBGの推しの生誕組織委員会みたいなひとがいて、
サイリウムとクラッカーのセットが配られていました。
20150925KOTO生誕

フロアの状況ですが、先行チケットで200番台で入場
した時でも最前列から3列目までぐらいしか埋まってません
でした。
中央は5列程度でしたかね。

で5列目後方の左右端に女性エリアが用意されていました。
でもしきりが鉄柵ではなく布の帯状のやつなので
始まると前にずれてきていやなかんじでした。。

舞台上には喫茶さんのマックが置いてあり先に
喫茶さんが出てきてセッティングします。

でいろいろ整えてイントロが流れるとKOTOちゃんが
出てきて、今日は軽く挨拶から始まりました。

で1時間経過したとき10分程度休憩時間なんで曲でも聴いていて
下さいと言ってKOTOちゃんと喫茶さんがはけていきました。

休憩明けにKOTOちゃんが衣装替えして登場。

まあセトリとしてはプラトニックプラネット曲
を初めに数曲やって勢いをつけて、
間に初期の曲を挟んで、最後にプラプラ曲でしめる
って感じでした。

で初めて観て面白かったのは、
プラプラ曲、いわゆる喫茶楽曲はKOTOちゃんオリジナルの
フリーダンスなんですが、
初期の曲はしっかり基本通りのアイドルらしい振り付けが
つけてあってそれを忠実に踊っているところでしたね。

でアンコールで2曲やって、最後に
フルでカバー曲もなく全てオリジナル曲で
2時間やれるようになりました。
ありがとうございました。

で終演後、打ち上げ会がありますといって、
話したり出来るみたいでしたが、
私は喫茶さんとKOTOちゃんの世界が大好きで
接触してもやることがないので帰ってきました。

多分これライブと打ち上げの2回あったから
ドリンク代も1000円だったんじゃないかと思いました。

最後に喫茶さんが前に出てきて
僕がきっさーと言うとその後に喫茶連呼の
喫茶コールがおこって、バク天をやるそぶり
でやらずにはけていきました。

ちなみにKOTOちゃんのまわりの喫茶さんの
チームは染髪してるやつばっかり
だったんで、がっかりしました。
だから売れないんじゃないかって思いました。
染髪するような精神状態から脱出し、
もっと精神的に落ち着いて活動すれば
もっと売れそうな気がすると思いました。

KOTOちゃんの現場もnanoCUNEに近い感じでヲタ芸あり、
フリコピあり、団体芸ありだけど基本は自由に踊るだけ
っていう感じの自分好みの現場でした。

2015.07.15発売 KOTO 1stアルバム プラトニックプラネットに感動。

標準

間違いなくテクノポップの最先端。

音選び、処理、構成、声に合わせた音色の組み合わせ、、
完璧。

じっと聴いていると涙が溢れてくる。

多分KOTOと佐々木喫茶氏が私がやりたいことを
やってくれたからに違いない。
夢をかなえてくれたからに違いない。。

どうもありがとう。

プラスチックス、電気グルーヴマジ経由のスゲーアイドル。KOTO プラトニックプラネット

標準

これセンスや楽曲構成等、本当に石野卓球さん(楽曲)
やピエール瀧さん(映像)経由のドキッとさせる
ような、


現代人がのぼせあがっている感覚に鋭いセンスで
切り込んでくるような作品で素晴らしいです。

AKBGの何百倍もすごいです。世の中の役に立っています。

AKBは宣伝費用をかけて費用対効果を上げていて、
強引に売り込むので悪い影響も良い影響もどっちもありますが、

こちらは今のところファンに向けての作品なので、
一切宣伝費用はかけておらず、悪い影響がゼロ、
良い効果100パーセントという作品で
素晴らしいです。

ただし、これからは楽曲が増えたことで、
単独ライブを増やして、新規ファンも
取り込んでいかないと厳しいかなって思いますね。

ちなみにこのプロデュース担当の佐々木喫茶さんは
石野卓球という響きを喚起させてくれて本当に
嬉しいんですが、自分のレコライドという
ユニットの作品は歌い方が佐藤チカ(プラスチックス)さん
のような声なんで、

どうしてもそうすると
オリジナルは超えることはできずに
ブレイクできずにいる感じなんですよね。

KOTOさんのを聴いているとやはり女の子の
声ってやっぱ速いテンポのテクノに合うなあ
って思います。
KOTOさんの楽曲は新鮮で新しくて気持ちよいんですが、
レコライドは古くて退屈なんですよね。。

私は喫茶さんのパフォーマンスも声も楽曲も
大好きなので、

まずは脱プラスチックスからはじめて、
独自の方向性ってやつを確立させて、
もっと刺激的なものを創作していって欲しいなと
思います。

あと単独ライブもっと増やして下さい。
お願いします。

2015.07.16 追記

後日気付きました。

プラトニックプラネットは篠原ともえの

ウルトラリラックス

に似ていました。