カテゴリー別アーカイブ: テクノ

nanoCUNE亡き後、楽曲派にようやく春が訪れましたね。その名もヲルタナティヴ。

標準

どいつもこいつも

パフュームのパクリだ、AKBのパクリだ、
ブリティッシュパンクのパクリだ、
ベルベットアンダーグラウンドのパクリだ、
ももクロのキミとセカイからの赤ちゃんメタルと

飽き飽きしていたんですが、
ようやく電気グルーヴ一派の我々にも
篠原ともえ、細川ふみえ、最近ではKOTOの佐々木喫茶の後継が現れました。

ヲルタナティヴ

ただですね、、

この作曲編曲のマツモトマサヤさんはMAPLEZの関係者で
他にも多数制作してるんですが、

MAPLEZの楽曲はまあ驚かそうとしている雰囲気は感じる
けどセンスがいまいちでむりやりいじり倒して変にしている
だけの作品としか感じないので、

たまたまこういうものができた感じが拭えないのと、

ロゴマークがパフュームっぽいとこから、

2017-05-31_ヲルタナティヴHP

ダフトパンクのパクリな、、
大嫌いな後期パフューム+ヤスタカ系になっていく匂いがぷんぷんしますので、
ライブはちょっと様子見ですね。
(初期は大好きです。)

あとヲルタナはまだ1曲しかないので事務所でオファーを受けて
MAPLEZとかと合同で時間を消費するシステムみたいだから
接触興味なしでヲルタナだけ目的の私は無理みたいですしね。

ちなみにこのMAPLEZのでんぱ組のバリ3共和国


しかしこの浅野尚志さんの21世紀のリアムハウレットっていうか、シュトックハウゼン&ウォークマンっていうか



このアンディウォーホル的なサンプリングアートのセンスは見事ですね。
でもこのでんぱ組の永遠のテーマである秋葉原が世界の文化が混ぜ合わさっている街なので、
この作り方がばっちりはまるってこともあるんですけどね。
だからマツモトさんも広島をきちんと理解して制作すればもっと広島にはまる手法がみつかりそうなきがするんですけどね。

のようないじり倒す作り方は
総合的に第三者的なイーグルアイ的目線で作品全体を
とらえる能力が必要になるのですが、この人はその能力が
ないのでとっちらかっちゃっていて残念に感じます。
だけどこのヲルタナティヴ / 夏の香のパ・ド・ドゥ
は真逆にシンプルにしたことで、この人の魅力が
発揮できたような気がします。

こちらのヲルタナティヴの「点」でとらえずに「線」でとらえる方法の方が
マツモトさんは能力が発揮できる気がします。

ちなみに、広島は歴史を受け継ぐという意味合いが強く感じられるので、
点より線で構成した今回のヲルタナの楽曲のほうが広島を感じさせるような気がします。

で将来的にはマツモトさんもDJ的な感じで参加して
共演するとえらいことになりそうでわくわくします。
その時はぜひKOTOちゃんと佐々木喫茶さんとかを呼んで
アイドルメンバーと演奏者がごっちゃになって
盛り上げるとすごいことになりそうです。

とまあnanoCUNEが解散したので鬱憤がたまっていて
一気に爆発してしまいましたがw

楽しみがひとつ増えて良かったです。

最後にこのヲルタナティヴスタッフ陣に注意点を。

楽曲が独り歩きしていて、正直だれがメンバーでも成り立ってしまう
感じになっているので、ハロプロやヒャダインさんのような
メンバーの個性を生かす作詞や作曲を心がけていけば
もっとお茶の間との距離が縮まり様々な人たちに
知られるようになっていくんじゃないかと思います。

広告

2017.05.19 1:40-2:10 TOKYOMX つんつべでTOKYO喫茶が地上波初出演。

標準

KOTOちゃんの音楽プロデューサーの佐々木喫茶さんの
ユニットTOKYO喫茶が地上波で拝見できるとは思いませんでした。

【5月18日放送『つんつべ♂バク音』#207 番組内容】
2017-05-15 23:06:31
テーマ:Information

今回のつんつべ♂バク音は「バクポップフェス’17~GWスペシャル~」特集!
次世代のアイドルシーンを盛り上げてくれる女の子達が全国各地から
AKIHABARAバックステージpassに集結!

ゴールデンウィーク期間中に全53ステージの熱いパフォーマンスが繰り広げられました。
さらに今回はつんつべカメラが禁断の!?
アイドル楽屋に潜入!普段見ることができないアイドルのオフショットを激写!
バクステ外神田一丁目、エラバレシはもちろん!
もえのあずきお楽しみ企画や5月17日発売の広沢麻衣レジェンドソロ曲「勝負なんだなっ♡」初披露などなど、
10日間に渡って行われたバクポップフェスの模様を一気にお届けいたします!お楽しみに!!

2017年5月18日放送『つんつべ♂バク音』バックナンバー#207
番組名:「つんつべ♂バク音」
放送局:TOKYO MX(9ch)
放送日時:2017年5月18日(木)25:40~26:10

MC:川田青澄(ニレンジャー)
出演:バクステ外神田一丁目、異国のパルピタンテ・蜂蜜★皇帝、電撃少女-Electric Girl-buttёrfly.ねっと、ケミカル⇄リアクション、エモクルスコップ、少女第九楽章-ガールズアンセム-、東京flavor、SiAM&POPTUNe、みらくる!わんだらんど、エラバレシ、イケてるハーツ、星空☆PIECES、PLC、ユメオイ少女、広沢麻衣、もえのあずき、34644project、TOKYO喫茶、青ぴゅあ学園娘’s、大宮アイドール、さんみゅ~、オモテカホ、パンダみっく、d-girls、青SHUN学園、旬野菜(フレッシュベジタブル)、KAGUYA、P.IDLバクNEWクイーンコンテスト:桜井奈津

ナレーター:ヲタック民:ユイック民・つんくま:きたっくま(矢田喜多)

一応記事にしようか迷ったんですが、少しでも多く喫茶さんの記事が検索でひっかかるようになればと思って載せることにしました。

楽曲に心を込めてつくられている喫茶さんやKOTOちゃんの楽曲の記事は全くひっかからないのに、楽曲になにも心が込められていないAKB名義のぺら原ぺら乃のセンター曲はリリースするだけで腐るほどゴキブリのように記事が繁殖するっていう矛盾。。

よく考えたらまあ私も記事にしちゃってるんでなんなんですけどもねw

2017.04.02KOTOちゃんの単独ライブ(ワンマン)がありますが、

標準

2017.04.02 渋谷Glad2部 KOTO JK卒業ワンマン

KOTOちゃんのwebページは昔からあまり機能していないので、
そろそろ単独がありそうな匂いがしたのでtwitterを覗いたら、
メールで予約するシステムに変更したとのことで
メールで予約完了できました。

20170402KOTO

twitterみない人はあることも知らないでしょうね。

ちなみに、ももクロも初期はtwitterでイベント情報を
得ていたんですが、KOTOちゃんとの違いは、
メール予約というシステムはなくて
ぴあとかローチケで発売していましたね。

そこはやはり今考えると、事務所の大きさの違いなんでしょうねw

追記:

やばい。RGさんの単独と被ってた。。KOTOちゃんごめん。

GOATBEDは残念だけど想定の範囲かな。。2017.04.14COALTAR OF THE DEEPERS/GOATBED

標準

やっと動き出しました。NARASAKI氏。

2015年秋の最後のUNITのライブの時、
同じ繰り返しに飽きてきたから
来年はあるかわからないと言っていたんですが、

その言葉通り、ももクロさんの仕事は
そのままに、

現場系では大槻ケンヂ先輩との仕事や
他のアーチストとの活動にシフトして
ソロは一切やらない感じになっているので、
このままやめるのかと思っていたんですが、

突然ライブのお知らせが飛び込んできました。

でもよくみたらGOATBEDという人との対バン。

ていうことは、ソロを辞めてから続いている
対バン系ライブの方向性と同じ感じのものだってことで
GOATBEDという人たちが気に入れば行こうと
思いチェックしましたが、、

まあジョンケージクセナキス坂本P-MODEL山塚
小室電気喫茶等の変遷してきた私にとっては
特になんの変化もない、

平沢進や小室を基本にした、COTDも参加していた
DANCE_2_NOISEという90年代初頭にリリースされていた
テクノバンド系のオムニバスアルバム
の範囲内にすっぽり収まる感じのトラックで、

特に刺激を受けないので行くのをやめました。

平沢がドツボの人ならはまるんじゃないかと思います。

私はNARASAKI氏とCOTDをテクノという観点で
ハマっているわけではなく、
音楽の手法よりも作品が空間に与える
衝撃のヤバさにはまっている、
まあドラッグと同じようなものですよ、
なので、

そういった私にはCOTDしか興味が湧かない
ので、引き続き気長に単騎待ちしたいと思います。

COTDはNARASAKI氏のユニットなので
常に作品を創作している間聴き続けているため、
感覚が麻痺してしまっていて
与える衝撃の大きさに気付かなくなってしまって
るんじゃないかと思います。

あなたの作品の与えるインパクトは
以前私は直接言いましたが
KRAFTWERKのアウトバーンを超える
作品もあるんですよ。

これってすごいことですよ。

あまり萎縮せずに堂々とまた
衝撃を我々に与えて下さい。

よろしくお願いします。

電気ノイズの弾幕に撃たれて眠りたい。。2017.02.04 渋谷WOMB 23時から26時 ZOMBOY来日決定。[修正あり]

標準

zomboy%e5%88%9d%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc

遂に実現しましたね。ZOMBOYさん初来日。

それも0203大阪と0204東京のツアー。

公式サイトで調べると海外公演中に
数日挟んでこの公演のため2日間のみ日本に来るようで
よく決まったなって思います。

ちなみにこの日、この公演の前にKOTOちゃんの
オムニバス3周年記念パーティーがあります。

佐々木喫茶氏がどんな影響を受けるのかも裏の楽しみですw

初めてのオールナイトで怖いのは帰宅方法。

始発が5時ですから3時間どうするか。

山手線の品川行き終電が25時7分で始発は4時49分。

24時35分ごろまでに終われば今日中に帰宅できると。

ネカフェだと1000円程度。

タクシーだと3500円程度です。

徒歩だと90分程度。

ネカフェならマックで代用できるのでパス。

疲れていたらタクシー。

体力残っていたら徒歩かマックで3DSが最善ですね。

iFLYER ダブステップクリエイターの代表格ZOMBOYが日本初公演、東京・大阪イベントが決定!

追記:

品川在住でこれ夜中の2時終演で軽く徒歩で帰ろうかとか思っていた
んですが、先日あるライブの帰りに疲れて駅のホームに
向かう途中階段を避けてエスカレーターに乗っている
自分をふと冷静に振り返って、、
これ徒歩なんか絶対無理だって思いましたw

だから3500円でタクシーが最も現実に近いと思いました。。

3000円チケット、ドリンク500円、タクシー3500円、山手線400円、
結局7500円以上です。

ここで逆転の発想でこれ行くのを辞めると、
3000円のみで済むんですよね。

でその考え方もこれまで無料でネットで楽しまさせて
いただいたお返しでお布施の気持ちでZOMBOY氏に3000円
払うと考えれば特に問題ないんじゃないか、
なにも損したっていう感情も出ないんじゃないか
ということで行くのをやめることにしました。。

まあずっと行きたいと思っていたイベントだったため、
今回は後先考えずにWOMBとZOMBOYっていう文字を
見ただけで買ってしまいましたので、、

次回はちゃんと開演時間と終演時間を考えてチケットを購入しようと
思いました。。

20170202追記:

23時から28時30分になってました。

zomboyiflyer

でも5時間もいたらそれはそれで頭おかしくなりそうなので

やはりスルーしようと思います。

prodigyサウンド制作のポイントのメモ 2016年11月19日版

標準

リズム隊に対する8000khzから12000khzあたりのイコライジング
の絶妙な強調加減と
400hzあたりの抜き加減。

また100hzあたりを抜いて60hzあたりを上げる
ことで高低差を強調させる。

これで高低差が出て耳がキーンじゃなく、、

低域で身体の下から持ち上げられて、
次に中低域が抜けていることで、すぐ
浮遊する感覚に入り、
高域が抜けているスネアで突き落とされて
地面に叩きつけられる感を味わうことができると。

しかし、ここで盲点が。

prodigyはイコライザーなんか持っていなかった
と思うんですよcharlyあたりのときは。

持ってても低域中域高域だけ付いた
5トラック程度じゃないかと。

ではどうやってあのヒスノイズ満載の
シャリシャリスネアを創れたのかと。

多分、ロッテルダムの奴らと同じだと思います。

単にオーバーレベルサンプリングさせたか、
パラで抜いてトラックごとオーバーレベル出力させたか。

ヨーロッパの奴らって結構適当ですから、
なんかそうなんじゃないかと思います。

自分がより気持ちよく踊れるサウンドを
創って行くことに終わりはないですから、
なにか気付くいたら発表してシーンで共有して
反応を楽しみ、それをまた作品作りにいかして、
死ぬまで楽しんで踊って音楽を作って
行きたいと思います。

prodigyは1992年で既にダブステップの原型を完成させてましたね。

標準

今、experienceのリマスター盤を聴いてたら、
out of spaceのスネアの連打がもろに
現在のダブステップを象徴する技術のそれで、
そしてこの曲もベースがレゲエじゃないですか。

これダブステップって言っていいんじゃないかって
気がします。

liamはcharlyをXLから出した時、
メジャーレーベルから高額なオファーを
もらったけどXLから移籍しなかった、人間味あふれる
奴ですが、まあ才能はすごかったわけですよね。。

まあエリートですねはい。

あとwiki読むと、中学生当時からラジカセで
ラジオから音楽をを録音して切り貼りしていたと書いてある
ので、卓球さんとバックグラウンドは似てる
気がします。

楽器を演奏することより、いわゆるアウトプット、
音響そのものに興味があったわけですね。

最新作聴いていると、ダブステップの最近の流れと
自分の亡霊をどう融合するか、それか、融合せずに
今までの流れの延長で行くか、結構悩んでいるところが
サウンドに出てしまっているので、
中途半端でなんかもやもやが漂っていて
聴いてられないんですよね。

liamはカットアップブレイクビーツの創始者で
排出して吸収しながら自分のセンスで突き進んで
きたけど、気付いたら
地下では全く違う奴らが地下道を掘って道を
張り巡らそうとしていたっていうね。

でそれがこれまではスルーして済んでいたけど、
私がprodigy誕生以来の衝撃を受けているように、
liamもサウンド技術的に無視できないムーヴメント
になっていることに気付いたと。

でinvadorでは思いっきり初期の自分に戻って
みた感じですよね。

でだんだん、それだけでは今は通用しない、
驚きはないことに気付き、自分の今までの
スタイルと融合させ始めたと。

私はpoisonぐらいまでしかもう刺激を受けない
ので聴けないんですが、
これからどう生まれ変わっていくのか
楽しみにしています。

結局今考えるとliamは音楽制作環境が充実すればするほど
サウンドに刺激が無くなってきている気がします。

卓球さんも最近楽器を減らしているらしいですから
liamもそれに気づいてくれるといいですけどね。。

大久保薫氏の進化系「℃-ute 夢幻クライマックス」と、現在のガールズアイドル楽曲シーンの最先端を考察します。

標準

大久保薫氏は「Tokyoという片隅」

でももクロの

「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

から作品の色付けとなる重要なアイデアを
モロパクリしたかのような作品をつくって、

さらにそれをzetimaのスタッフが指摘しなかった
ことから、最悪な事態に発展してしまった
こと、

そして、後続の作品群も一時の前山田病とでも
言いましょうか、フレーズやコード進行
が大して変わらない作品ばかり、

しかも、これまでの大久保さんの命だった
打ちこみ技術は随一というところも他の人たちに
抜かれていくような状況に陥ったことで、
作品の採用頻度が低下していってしまう事態に
なっていたんですが、

やっと、今回、夢幻クライマックス

でその苦労が実を結ぶ結果となって表れた気がします。

また、今回の作風がTokyoの延長みたいなクラシックとダブステの
融合的なものになっているので、tokyoがきっかけ
となって、自分的にはまっている作風なんだなって感じて、
なるほどなって感慨深くなりました。

また、今作を聴いて、やはりハロプロの最先端は
大久保薫だと思わせるところが。

まず、サスティンが完璧にコントロールされているところ。

自分がコントロールできる範囲で音数や音色、トラック数
を最低限に絞って、それを思い通りに完璧に使いこなして
創り上げるのが大久保氏のすごさですね。

やたらと音数やリフレインや変調を入れまくり、
切り貼りする楽曲が多い昨今、それとは逆に、
しっかりと自分の硬いコアな部分は崩さずに、
プロデューサーの要求にあわせて上物を
変えて対応しつつ、
その陰では音響処理のクオリティを向上させてきている
のには驚きました。

で今回さらに好きになったのは、流行り廃りじゃなく、
ダブステップ

を深い部分まで気に入ってしまって
いるんだなって笑ってしまったところですね。

学術的に見ると、ダブステップっていうのはホントに
魅力的な枠組みなんですよね。
1小節に32分音符を32個入れられるし、
やるきになりゃ64分を64個入れることもできる。
ほんとに自由にグルーヴや速度をやりたい放題
いじくれるんですよね。

数年後、
山に自分の好きなルートから登り続けて
ふと周りを見回したら、
自分しか登っていなかったなんていう
状況になるんじゃないかって気がしました。

最近の風潮として、

でんぱ組(もふくちゃん)+浅野尚志さん、
丸投げじゃない前山田さん、
宮本さん+NARASAKIさん、
時間的に余裕がある時のつんく、
キャラメル☆リボン+SHiNTAさん、
でんぱ+田村歩美さん、
KOTO+佐々木喫茶さん、
nanoRider+山下智輝さん、

ハロプロ+大久保薫さん、

これらは確実に現在のアイドルシーンの音楽的な
最先端となっている作品たちだと思います。

特につんく+大久保薫=現代の都倉俊一だと思います。

 

2016.09.26 KOTO3rdワンマンライブ 代官山UNIT無料公開開始!とマッドマガジンに苦言。

標準

以前現場状況をご紹介したんですが、公開されました。

昔はももクロさんがustreamでライブを生配信して
それをそのままアーカイブで残してくれていたおかげで、
なにかのきっかけで急にももクロさんを気になりだした人が
その映像をみまくって、
映像でコールやミックスを覚ることができたおかげで
観客動員数が急激に増えて行ったんですが、それを思い出しました。

最近nanoRiderもライブの録画を許可しましたので、

日本もそろそろライブに関しては営業の一環として考えて
動画の録画やアップロードはフリーにして
こういう文化は継承されていって欲しいと切に思いますね。

ただマッドマガジンはファンに頼らずにそろそろ公式にアーカイブの保存
ということを考え始めるべきなんですけど、大丈夫なんでしょうかね。
ライブの無料公開っていうのは、ももクロの川上さんが眠い目をこすって
やっていたので、スタッフのやる気があれば出来る作業なので、
本気で売り出す気があれば是非やって欲しいんですよね。

メンバーが窮地に陥ってる状況でふんばってがんばっているんだから、
スタッフもそれを超えるくらいにがんばってくれよ。。
頼むよホントに。

ちなみにこういう文化はハロプロやディアステやAKBGには無いので、
日本においてはスタダが生み出した特徴的な文化だと思います。

ちなみにガールズアイドルって靴で色分けできると思うんですが、
nanoRiderはヒールが高いものは履かないのでスタダ系ってことで
いいと思いますね。

ハロプロ、特にモーニング娘。はヒールを履かないイメージが
あるんですが、楽曲により高いヒールの物も履くので、
履かないのはスタダ系だけです。

2016.09.26 第三回KOTO単独ライブで特徴的だったこと

標準

KOTO3rdワンマンLIVE~目指す最上階~
代官山UNIT
18時開場 19時開演

今回はNARASAKIさんで常連だった代官山UNIT。

テクノでよく使われますね。

整理番号はAの1番から入場して終わったらBの1番から入場でした。
NARASAKIさんの時もUNITだとこういうかんじでした。
Aは多分現場購入分でBはチケセン購入分ですね。

まあでもAは少なかったのでBで中央最後方で鑑賞できました。

UNITはNARASAKIさんがさぼっているので2年ぶりだったんですがw
フロアの構成が変わっていて驚きました。

以前は中央後方の柱を中心に扇状に広がっていたんですが、
なんとその柱の前から右側に柵がばしっとひかれていて
柱によりかかっての鑑賞が不可能になっていました。。

あとドリンク代500円なのはいいんですが、
最近のドリンク代高騰の煽りを受けて
ドリンクのサイズが半分になっていました。。

あんな小さいミネラルウオーター

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%82%b6%e3%83%bc-%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%88%e3%83%ab310ml

初めて飲みましたよw

入り口右に物販コーナーがあったんで普通に買えたんですが、
帰りに買った方が保管とか考えると楽だと思って帰りにも買える
とのことで帰りに買おうと思ったら、盲点があって、、、

特典会も同時にやるので壁際に並んで購入ってことで
時間がかかりそうだったのであきらめました。

私はCDだけ欲しかったんですが、これは地味に勉強になりました。

小規模なアイドルのイベントで商品だけ買いたい
ときはカバンを用意していって開演前に買え!っていうことですね。

でもまあ結局OTOTOYでジャケットや歌詞カードのデータが
入っているハイレゾが売っていたのでネットで
購入したんですけどねw

本編について。

センターにDJテーブルが設置されただけのいつもの喫茶セットで、
喫茶さんが出てきてKOTOちゃんと軽妙なトークから始まったんですが、
この喫茶さんていうのが見かけによらずおしゃべり好きな人で、
MCコーナーで気持ちをリセットさせてくれるので、
BPM速めの楽曲が多いけどニュートラルな感じで
楽しめました。

セトリは1年前はプラトニックプラネットの曲で勢いをつけて
合間にその前の楽曲を並べる感じだったんですが、
この1年で結構変わって、
2016年に発表された新曲をメインに持ってきて、親密な友人の
SAWAさんをゲストで迎えてトークや曲をやったり、
喫茶さんの仲間がギタリストで参加したりと、
前回はすべて出し切った感じだったんですが、
今回はもっているものに対して体力的に余裕を残した
感じで2時間のライブを完遂した感じで、
逞しく成長しているのを感じてこれからが楽しみになりました。

最後にKOTOちゃんの現場の魅力。

他のアイドルとKOTOちゃんのライブ、現場が異なっている
大きな部分は、喫茶さんがハンドメイドで繋いだ
トラックで楽しめるということですね。
そして喫茶さん本人がそれをリアルタイムで感性に
任せて空間を彩ってくれるところ一点に尽きると思います。

ハロプロに置き換えるとバックでつんくがDJで構えて
トラックを鳴らすような感じですね。

KOTOちゃんの現場は喫茶さんファンが思ったより少ないようで、
喫茶さんがMCの時笑ってるのは私一人なのは
不思議に感じます。。

私は自分がクリエイターなんで喫茶さんがツボなんですよねw

今回の喫茶さんの爆笑した突っ込みをご紹介。

「おい!!
ミュージシャンが結婚なんてしてんじゃねーよっ!!!」

大笑いしてるのは私一人でしたw

喫茶さん私は大好物なんでまた飛ばしまくって下さいね。
期待してます。。