カテゴリー別アーカイブ: ダブステップ

prodigyは1992年で既にダブステップの原型を完成させてましたね。

標準

今、experienceのリマスター盤を聴いてたら、
out of spaceのスネアの連打がもろに
現在のダブステップを象徴する技術のそれで、
そしてこの曲もベースがレゲエじゃないですか。

これダブステップって言っていいんじゃないかって
気がします。

liamはcharlyをXLから出した時、
メジャーレーベルから高額なオファーを
もらったけどXLから移籍しなかった、人間味あふれる
奴ですが、まあ才能はすごかったわけですよね。。

まあエリートですねはい。

あとwiki読むと、中学生当時からラジカセで
ラジオから音楽をを録音して切り貼りしていたと書いてある
ので、卓球さんとバックグラウンドは似てる
気がします。

楽器を演奏することより、いわゆるアウトプット、
音響そのものに興味があったわけですね。

最新作聴いていると、ダブステップの最近の流れと
自分の亡霊をどう融合するか、それか、融合せずに
今までの流れの延長で行くか、結構悩んでいるところが
サウンドに出てしまっているので、
中途半端でなんかもやもやが漂っていて
聴いてられないんですよね。

liamはカットアップブレイクビーツの創始者で
排出して吸収しながら自分のセンスで突き進んで
きたけど、気付いたら
地下では全く違う奴らが地下道を掘って道を
張り巡らそうとしていたっていうね。

でそれがこれまではスルーして済んでいたけど、
私がprodigy誕生以来の衝撃を受けているように、
liamもサウンド技術的に無視できないムーヴメント
になっていることに気付いたと。

でinvadorでは思いっきり初期の自分に戻って
みた感じですよね。

でだんだん、それだけでは今は通用しない、
驚きはないことに気付き、自分の今までの
スタイルと融合させ始めたと。

私はpoisonぐらいまでしかもう刺激を受けない
ので聴けないんですが、
これからどう生まれ変わっていくのか
楽しみにしています。

結局今考えるとliamは音楽制作環境が充実すればするほど
サウンドに刺激が無くなってきている気がします。

卓球さんも最近楽器を減らしているらしいですから
liamもそれに気づいてくれるといいですけどね。。

広告

ZOMBOYさんがえらいことになってますw

標準

これ先月のLIVEなんですが、rebeltraxx等メロディ重視
が増える中、さらにビートへの固執があからさまに
なってきて、

まず一小節に16分音符を16個で16ビートは当たり前ていうか、
一番緩い入れ方で、

ノーマルな状態が一小節に32分音符を32個というありさまで、、

小節の切り替え部分、ドラムのフィルインに当たる部分なんか、
一小節に64分音符を64個ですw

さらに、別の捉え方で凄さを解説すると、、

まずレゲエていうかダブのビートを基本にメトロノーム
がわりに鳴らし、

ジャングルのブレイクビートを同時に鳴らして、

さらにノイズを加えて、ファンクロックを同時に表現させ、

バスドラを高速化させてデスメタルというかスラッシュメタル
のノリを同時に鳴らし、

ミニマルなんちゅう懐かしいものを入れてきて、

当然ですが上物を入れてラップとかテクノのムードも入れてくる、、、、

同時にいろんなジャンルのノリが並行して脳内に飛び込んでくる
ので、脳がなんの音楽を聴いているのか処理できなくなって
、麻薬患者のように意味なく笑いだしてしまう
ようなパフォーマンスです。。

いろいろ他の人も聴いたりしてますが、
見たことも聴いたこともないものが大好きな
本当の新しい物好きな場合、ZOMBOYさんが
断トツですね。

これZOMBOYさん大笑いしながらぶっぱなして
いるんですからほんと良い意味で頭狂ってますwwww

余談ですが、、、

NARASAKIさん、次のネタ元にいかがですか?
っていっても一朝一夕には出来ないかw

引きこもりの大久保薫にはますますこんなオープンな
ビッグバンのような明るいダブステップは無理だよねw

有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMERのBGMの曲はMSTRKRFTです。特に新しさは感じないですね。

標準

有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER
のBGMで流れている曲は

MSTRKRFT

Fist of God
というアルバムに収録されている曲です。

MSTRKRFT
とかJUSTICE
とかみたいのをダブステップ
とか言うそうですが、
いろいろ聴きましたが、
音響的にはDAFTPUNKが創った
ものを派手目なエフェクトで焼き直している
だけで、あまり新鮮味は感じませんね。

コンプやコーラスを派手にかけたノコギリ波、
わざと音をodb以上に上げて歪ませたり、
とまあとくに新しいものは無いです。

逆に古いけどもDAFTPUNKの方が丁寧に
音響処理をしている分、勉強になりますね。
あと中田ヤスタカさんの音のほうが前進しています。

音圧とかグルーヴとか世界観は
DAFTPUNKの域を超えていないですね。

何回か聴いたら飽きそうな感じですね。

でもこのぐらいのもので大稼ぎできるんなら
やっちゃおうとおもっちゃいますよね。

上のやり方で時間ある方は作ってみて
下さい。だれでも簡単にできますよ。