カテゴリー別アーカイブ: シンコ

2017.07.04四弦組合がおすすめの気になるベーシスト

標準

ソロやRIZEで活躍するKenKen、ドルヲタのハマオカモト、ベースマスター亀田誠治が
ベースという楽器の普及のため立ち上げた四弦組合。

ベースの日の11月11日に全員でイベントを行う他、
ここでKenKenの企画力が冴えわたって毎回盛り上がって続いている
のが魁ミュージックの四弦組合というベースを使った企画で
盛り上がるコーナー。

特徴としては下北ゲームアニメのkenken。
ドルヲタのハマオカモト。
研究者でスポーツマンの亀田誠治。

今まであまりベーシストに重きを置く企画が雑誌やテレビで
無かったのでいろいろ新鮮なんですよね。

質疑応答や、ベースを担いで散歩するべー散歩、
ベースに関するニュース、等で構成されているんですが、
今回はおすすめのベーシストという内容が、
ベタじゃなくてこんな人もいるんだって感じで
ツボを突かれて面白かったので取り上げました。

KenKen

ArtOfficial ラルフバレンシア

ハマオカモト

関ジャニ∞ 丸山隆平

ハマさんが基本を教えてきっかけを与えたらそれを膨らませて成長してしまったと。

亀田誠治

サンダーキャット

この人はスイサイダルテンデンシーズ、フライングロータスでの方が有名です。

これと基本中の基本でKenKenの憧れのレッドホットチリペッパーズのfleaは必聴。

そしてJB、スライ他を基礎とするファンク系のベーシストはわかりやすく感動します。

あと角度を変えて打ち込みのシンセベースがすごいっていう意味では
ハロプロのアレンジャー大久保薫さんやももクロのNARASAKIがすごいです。

これ前記のレッチリの後に続けて聴いてるとNARASAKIさん2分9秒あたりから
途中レッチリパクってますよねw

あとはスチャダラパーのシンコの構築するベースラインも密かにおすすめです。

広告

遂にスチャダラパーの核shincoシンコちゃんがアンジュルムにリミックストラックを提供。

標準

以前boseがSKEの

猫のしっぽがピンと立ってるように

boseske猫のしっぽ

で、もちろん作詞は秋元康なので無理ですので
曲を提供したんですが、

遂にスチャダラパーの心臓とも言えるshincoちゃん
がアンジュルムにトラックを提供する事態になってしまいました。。

shincoアンジュルムリミックス

これboseの場合はコンサートでご本人登場があったりしたんですが
リミックスなのでそれはないでしょうね。

アンジュルム田村芽実卒業コンサートでやったら
盛り上がると思うんですが、お客さんは現場で
オリジナルを聴きたい人が大半でしょうから
まあ多分やらないでしょうね。。

あとモーニング娘16もリミックス収録の
アナログ盤を出すんですが、
こちらはTOKYO NO1 soul setの川辺ヒロシ
さんです。

私はこちらはデビュー当時からあまり興味が無い
のでわかりませんがいわゆる渋谷系でフリッパーズや
スチャダラとかから枝分かれさせたラインですね。

この人とかエルマロの會田茂一さんとか
ピチカートとかですね。

全体的には力を抜いてクールに演奏するサウンド。
渋谷の街のように世界の様々なものをミックスさせて
メッセージ性よりもサウンドに重点を置く感じですね。
で一生懸命聴くというよりなにかをやりながら流すという
使い方が似合う感じですね。

これ電気の本体(卓球氏、砂原氏、瀧氏)とかスチャダラ
のシンコさんとかはアイドルに興味ないというので
有名なのでまあ関係者も触らなかったんだが、
ももクロが始めたリミックスのアナログ盤を出すにあたり、
ももクロはmuroさんで来たので、
ハロプロは他(AKBやスタダ)との差別化をしたい、
より本物だけどポップ志向で行きたいってことで、
電気を辞めた人なんかじゃ意味がない、
スチャダラパーのboseさんだけじゃありきたりって
ことで、
入念に熱く交渉してブギーバックのような歌謡曲の経験がある
エンジン部分のシンコちゃんを参加させることに
したんだと思いますね。

今回の動きから分かるのは、スタダやハロプロはまあAKBGとは明らかに
楽曲センスが違う、より本物志向っていうことですね。。

これ幸か不幸か買わなくて良かったです。

このリミックス版買います。
アナログじゃなくてCDね。

どっしりしたシンコちゃんのトラックとアンジュルムが
どう絡むのか楽しみですね。。

でもこの凄さ、和田彩花さんには絶対わからないだろうな。。

言い換えると、あやちょがソロでクルクルミラクルを唄って
オリジナルのクルクルミラクルと同時収録して発売される
ようなもんだな。

わっかるかな??わっかんねーだろうなあ。。

コアヲタが一言程度でまとめる、電気グルーヴ DENKI GROOVE THE MOVIE?

標準

フラッシュパパ発表後、
このまま行ったら俺はテレビに出たりして音楽以外
でも活躍しなきゃいけないのかと不安になり、
電気がスターになるのを予想していたから、
迷惑をかけないように脱退した。(CMJK)

「A」制作中に電気って一曲も
ヒット曲ないのになんでえらそーなのていう
世間から感じるメッセージが頭から離れなかった。(砂原良徳)

石野卓球はアルバム「A」制作後、インタビュー中に初めて涙を流し、

「大変だったんだよ、、、」とつぶやいた。(山崎洋一郎)

「「A」発表後、電気はイギリス方面で吸収していったほうが良いと
思っていたんだけど、反対されて卓球がいろいろ親交があるドイツ
に行ったので脱退した。」(砂原)

「電気グルーヴは卓球次第、スチャはシンコ次第なんだよ。」(BOSE)

最後に、、、

本編で、出てこなかったですが、シャングリラは808ステイトの
LIFT(1991)

からKARATEKA(1992)になり、砂原の1stソロアルバム(1995)になり、
シャングリラ(1997)になったと確信しています。