カテゴリー別アーカイブ: 未分類

譜久村聖の激似AV女優。なんとなくですが。

標準

椎名ひかる
羽川るな
白石つばさ

これが似てます。
逆にこれ以外は似てませんw

3D キャットウォーク ポイズン 21 ~断りきれずに、大量中出しサービス~ : 椎名ひかる (3D+2D ブルーレイディスク版 同時収録)

椎名ひかる

広告

AKB48劇場公演で7月の特別公演と8月の生誕祭が重なってしまった場合の対処法。

標準

私は、今のところ大きなスキャンダルがなければ死ぬまで指原ヲタの予定なので
数年間指原推し設定のHKT48のモバイル会員枠とAKBモバイル枠と
二本柱会員枠を持っています。

で今回困っているのは、8月の中野郁海の生誕祭と、
HKTのAKB劇場出張公演が重なってしまったので、
どうすればよいかと言うことです。

HKTは多分博多の劇場公演には一切エントリーしていなくて、
最終当選日は2017年の同じくAKB48劇場の出張公演だったので
エントリーすればほぼ当選すると思うんですよ。

でも、

私のこれまでの経験では、劇場公演の当選ペースは
3か月程度の空白期間が設けられているので、
HKTが当選したら中野は落選、逆もまたしかり
だというところで、、

他の物が当選してしまったら100パーセントに近い
確率で(よほど競争率が少ない不人気公演でもない限り)
本命は落選することになるということなので、

重なった場合は最重要公演
のみにするのが最善策だということです。

ちなみに、、

もしHKT48チームHの出張公演に指原氏が出ることに
なったらエントリーしようと思ってます。

それ以外の場合は中野の生誕で。

2018.9.18ゆーびーむ☆単独ライブ、売れ行きがいまいちみたいなので今がチャンスだと思いますよ。

標準

2018.9.18
ゆーびーむ☆ 単独ライブが決定して発売中で、
今日購入したら整理番号が一桁台前半だったのでまだ
情報が拡散されてない様子なので
よろしくお願いします。

マセキの人は三四郎さんもそうですが
売れちゃうとあまり舞台をやらなくなってしまう
ので、身近にダイレクトに体感できるのは今がチャンスだと思います。

もしかしたらいつものBGM以外の自録りトラックが拝めるかもw

千鳥の大漫才2018年が決定。激務なのに恐れ入ります。

標準

千鳥の大漫才2018

2017年はよみうりホールでやったんですが、
ダイアンへ執拗に繰り返して怒り出すさまが
面白かったVTRコメントを挟んだ形での漫才60分と、

志村魂に憧れた大悟さんが大悟魂をパクって
ノブファミリー総出演でなんとか大団円で
終演しました。

その様子を書いたんですが、

大型モニターが無いので表情をいじるネタは一切
わからなくて笑えなかったんですが、
今回は中野サンプラザだということで、
修正されていたらいいんですけどね。

■大悟
昨年は、まだ仕上がっていなかったので、
今年は僕が見ている景色をお客さんにも見てもらいたいです。

■ノブ
昨年は大漫才と銘打っていたのに、漫才が1時間で終わってしまい、
そこから変なことになったので、今年こそは2時間たっぷり”漫才”を見てもらいたいです。

そこから変なことになったというところが
大悟魂ですねw

昨年は仕上がっていなかったということは
今年もやるきだな大悟魂wwww

2018.10.11 中野サンプラザ
2018.11.8 広島
2018.11.15 大阪
2018.11.29 福岡

て感じですね。

福岡は博多座ですが、この場所は漫才だけだとできない
と思うので、大悟魂のおかげだと思いますw

今回もしかしたら仕上げに志村さんが来る空気を感じる
んですがどうなることやら。

ジェイホワイト他2018年のヒール選手がファンに受け入れられない理由を真摯に考えて新日本プロレスは早急に修正しないと。

標準

ジェイホワイトはヒール推しのファンにも受け入れられていない。

昔はブッチャー、ジェットシン、シークのようなヒールは
暴れるだけ暴れて最後にはベビーフェイスの必殺技で
萎えさせられて退散するので、丸く収まっていたんだが、

現代のヒール役は、ジェイとオカダ、ジェイと棚橋、
タマトンガをみていると、暴れまくって最後に必殺技を
出してもそれを返してしまう能力が備わってしまった
ので、中途半端な気持ち悪い腐った食べ物を食べたあと
のような気持ちになってしまう。

先日のジェイと棚橋なんかは途中まできちんと
ジェイはストロングスタイルでやっていて
それどころか私が予想していた、棚橋への
執拗なジェイの膝攻撃とかも謹んで、
客もジェイと棚橋の
技と気持ちの攻防に息をのんでいた。

で、棚橋は技を一通り出したんだが、ジェイは
全てそれを2カウントで返した。

ここでジェイはぎりぎりにきていて次に
畳みかけられたら危なかったので、
いつものように汚い方法でスタミナ回復を
する。

ジェイはここで汚い方法に逃げずに
倒れたままでいられなかったのか。

もしここで倒れたままだったら、
同じペースで立ち上がって回復し、
オメガ対内藤のようにまだ2人の攻防が
楽しめたはずだったのに、

ジェイはビビりだからかなんなのか、
次に待っていた、勝つか負けるかわからない
限界の向こう側の世界にビビって、
容易に勝てる反則攻撃で逃げた。

タマ・トンガもジェイも、少し前までの
Codyもそうだが、

自分の限界まで来た時、一流選手はそれを楽しんで
勝ち負けを無視して自分が満足するまで
戦うんですが、

2018年のヒール役は、
自分を信頼できなく
なって、それを楽しむことができずに、
反則に逃げて勝つのは共通している
精神世界だと思う。

ビビりなんですね。自分に自信が無い。

これ、昔のヒール役は逆に相手がいろいろやってくる前に
自分のやり方で空間を埋め尽くして
予定調和の破壊を楽しんでいました。

今のヒールは予定調和の破壊にビビっている。

ビビって反則に逃げる。

昔のヒールは勝ち負けよりもいかに相手に
ダメージを負わせるかに執着していたから
その気持ちが伝わって客もそれなりに満足していた。

今のヒールは反則をした上に勝とうとしている
ずうずうしさに女々しさを感じる。

勝とうとしなければ全てが丸く収まるのに。

反則して勝ったら絶対だめ。

視聴者はみんなルールを守って生活しているんだから
勝ったら社会から受け入れられない。

新日本プロレスはもっと社会的地位の向上を
目指しているんだとしたら早急な修正が
急務だと思いますね。

反則はOKだけど、勝ったら絶対ダメ。

宇多田ヒカル 「大空で抱きしめて」の元ネタ。ビートルズから丸パクリ。

標準

FMで聴いて1分くらいですぐこれパクリだと思いました。

最初は、これプライマルスクリームのスクリーマデリカ

の世界だと思い、時間の経過と共に、同じ時代の
キャンディフリップの名作、ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー

を宇多田が聴いてる姿が脳内に投影され、
その後、ビートルズの原曲が脳内に流れて来ました。

これ宇多田しか聴いたことない人は
宇多田すげーなーってなると思うんですが、
この楽曲世界は他人が作り出した世界です。残念ながら。

宇多田はなんにも新しいものを創り出していません。

ちなみに、
ビートルズの原曲、ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァーを

クラブ系にアレンジしたのがキャンディーフリップのカバーバージョンです。

宇多田は、なにも記載せず、金も払わず、
曲のクレジットに自分の名前だけを記載して
完全なオリジナルとして
発表してまるごとあぶく銭を頂戴した。

こいつ悪いですね。

これを機にレベルが高い本物を聴いて
しっかりと人生の糧にして下さい。

あとアルバムの1曲目のこれも似ているんで、

スクリーマデリカがよほど刺さったんでしょうねw

私は当時レーベル買いていうか、バンドのメンバー買い
していたので、マンチェスター系の一種的な感じで
12インチシングルでリアルタイムで購入しました。

ちなみに世間的にはスクリーマデリカはすごい評価されて
るんですが、メンバーのボビーはスーサイド(これ重要)、
ストーンズやストゥージス
に影響を受けてジーザス&メリーチェインに加入し
マンデーズやローゼズのマンチェスタームーヴメント
に巻き込まれ、と同時にJ&MCのフォロワーが
ノイズを強調してシューゲイザーに発展、
ミキサー卓でエフェクターを駆使して
レゲエの構造を主体に音を出し入れしながら
空間を作り出すダブに発展していた時、

脱退してクラブで遊びまくっていたボビーが
それらを全てまとめて最高に気持ちよい
現在の自分の音響空間を記録することに成功
したのがスクリーマデリカで、
そういう観点から、楽曲と言うこと以外の要素で
歴史的な価値も考慮されて評価されている
んだと思います。

ちなみに、この作品の録音機材の設定は
アナログの時代だったので、まったく同じ音響は
再現不可能なんじゃないかと思います。

いまはアプリケーションで記録しておけば再現できますけどね。

宇多田さん、スクリーマデリカはあなたが思うより
数億倍も有名で洋楽ファンは気づいていても言わないだけだと思うので、
どこかで言った方が楽になれると思いますよw

G1 CLIMAX 2018の対オカダ戦で確信した。ジェイホワイトを観て懐かしい感覚を覚えたのは昔似たような選手がいたから。

標準

前日の記者会見で客に媚びを売るつもりは一切ないと言い放つ。

自分さえ良ければどう思われてもいい。

勝利後のリング上でのマイクで客の反応を一切無視して
自分の言いたいことだけを言って帰る。

相手に相当な反則で骨折させたのに、自分が数秒の反則を受けた
だけで文句をタラタラ愚痴る。

色々特徴を書きましたが、特に客を全て敵に回して反則をしたり
挑発するようなコメントを言う、この辺で気づきました。

ジェイホワイトは

現代風にアレンジされた
ザ・シークの進化版

だと言うことに。。

多少違いはあって、シークの時代は猪木や馬場がヒールを
お願いしていたところもあったんですが、
ジェイホワイトの場合は多分自分から望んで
やっているところが違いますね。

ブッチャーとかタイガージェットシンと言わずに
なぜシークだと思ったのか。

それは、ほとんど似ているのですが、
ブッチャーとシンは特に客に牙を剥く
ことはなかったけど、シークは日本人が大嫌い
でジェイホワイトと同じで常に敵に回していた
からシークが近いと思いました。

3B juniorの勇気のシルエットの元ネタ。

標準

これは確信した理由があって、空間を引っ張っている

エレキギターの音色とイントロやサビでかもしだしている

空間の雰囲気がまんまレモンの勇気なんですよね。

多分秋元康みたいに「サイズのレモンの勇気ふうにお願いします」て感じに
オーダーしたんじゃないかと思います。
 

 https://dailymotion.com/video/x613oxi

ロッカジャポニカ「最the高」ニュージャックスイングを舐めるなよ。

標準

ジャネットジャクソンのcontrolに端を発した
ジャム&ルイスによる16分音符の5と9、13と17の間隔を
狭めて極端に揺れる感覚を得ることに成功した
R&Bの進化形。

私は当時レコード屋に勤務していてほとんどの
楽曲を聴いていましたが、ニュージャックスイング
とは?という問いに一言で答えられるのは
この楽曲しかないと考えています。

他に腐るほどリリースされていましたが、
大金をはたいて音色、音響、イコライジング、残響、音圧、
全てを文字通りコントロールして制作された
トラックはこれに尽きると思います。

最近、DA PUNPのUSAに端を発したAVEXが成り上がるきっかけにも
なった80年代後半のサウンドが再評価されていますが、
良いものと悪いものがあるので、
初めて体験するひとは、安易に作られたまがいものに
満足せず、本物をきちんと体験して
自分の人生の糧にして欲しいと思います。

今回取り上げた「最the高」は大変質が悪いので
ジャネットジャクソンのcontrolだけでも聞いて
自分をレベルアップして欲しいと思いますね。

一回聞けばよほどの無感覚なひとじゃないかぎり
はっきりと違いを体感できると思います。

もし興味を持たれたらリズムネイションだけお勧めします。

2018.07.17
追記:

最初はJBを基本にしたリズム主体の骨太な感じで、
徐々に遊びが入れられて聴きやすくなってますよね。

あとサウンド的にはrhythmnationが
ニュージャックスイングの完成系のような気がしますね。

当時は12インチを買った時controlのインパクトが
強かったんですが、いま振り返ると
controlやnastyはまだそんなにスイング感がなく、
残響処理的にも甘いところがあった感じですが、
rhythmnation1がとびぬけてる感じですね。
これで完成したっぽい。