カテゴリー別アーカイブ: 坂本龍一

ももクロさんの走れ!の源流を求めて2

標準

坂本教授のballet mecaniqueです。

未来派野郎っていう名作アルバム
の曲ですが、この時代の教授は
神がかってます。

この黄土高原ていう曲も似てます。

やっぱ走れ!はいい曲ですわ。。

広告

コーネリアスでamazonで検索していたら

標準

やくしまるえつこっていう名前が出てきて、その人の曲をなんか一世代前の前衛アーティストと呼ばれている人たちが再構築しているアルバムがあるのがわかった。

まあ、YMOが世界中のいろんな音響を楽しむきっかけを与えてくれたんで、
このひとたちは好きなんですが、BOSEさんがこのひとを中心に地球が
回り始めているとか言っているのを見て気持ち悪くなった。

であまり期待しないでyoutubeで聴いてみるとやっぱり予想どおりww

このcharaとか少し前の渋谷系とかクレモンティーヌとかこういった雰囲気の
ひとを面白がる人たちって何十年もおんなじ人たちだよなあ。

同じ穴のムジナで同じ人たちが狭い箱の中で実験的だの前衛的だの
癒されるだの、下手なところがいいだのいっつも文句はおんなじで
褒めあげて持ち上げては時間とともに風化していってあとは自分たちは
見て見ぬふりですよ。。

相対性理論ていうアーティスト名もなんかめんどくさいし、amazonで
そのアルバムを紹介している人の文章もキーってなるくらい
めんどくさいし、、、、
たぶんこういうのに時間を割くのが平気な人たちなんだからひまな
ひとたちなんだろうな。

もっと素直に作品とか作ればいいのになあ。
時間がもったいないじゃん。

こんなひとに注目している暇があったらももいろクローバーのほうが
よっぽど前衛的だし、エキサイティングだし、かわいらしいし、
魅力的だわ。。

まあ比べるのもももいろクローバーに失礼だけどねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

まあ一生同じ穴のムジナで傷をなめあってて下さい。

相対性理論というタイトルとか、凝った曲名の付け方とか
、そしてそれの意味を考えるとか、そんな時間あったら
少しでも音楽に触れていたいです。

ぼくは付き合ってられないですww