カテゴリー別アーカイブ: 新日本プロレスワールド

HTMLのプロレス。2018.08.04 新日本プロレス G-1 CLIMAX 2018内藤哲也VS飯伏幸太 飯伏が内藤を超えた日。

標準

私の情報を総動員して試合をドラマチックに
感動を味わえれば幸いです。

前情報として
内藤哲也 36歳
飯伏幸太 36歳
ケニーオメガ 34歳!

内藤哲也 新日本プロレス一筋
飯伏とケニーはDDTからフリーに

ということはどういうことか。
内藤は新日本プロレスの状況がどうであれ
会社を背負う責任をもって試合を行っている。

飯伏とケニーはどの団体に行こうが関係ない。

2017年、飯伏が結果を残せなかった時、
内藤は「たまにしか試合してない奴が勝てるわけがない。
そんな奴らが勝てたら俺たちは巡業している意味が無い」
と発言した。

その発言を飯伏は真摯に受け止め、新日本プロレスの
巡業に可能な限り帯同する決意をし、1年が経過した。

そんな中で、ケニーオメガが2018年春IWGPヘビー級チャンピオンに。

飯伏がバレットクラブのいざこざに巻き込まれたケニー
を助けた2018年、変化する決意をして共に
トレーニングをサポートし合うことにした。

ケニーがオカダに勝ちIWGPヘビーを取った際、
飯伏と取ったベルトだと言ったように、
チームとして共にトレーニングや試合の設計
を行ったりして機能していることを公表した。

そして2018年のG1の記者会見で、
結果を残すという強い決意を述べ、
ケニーは自分と飯伏でチャンピオン争い
をしたいという、それを信頼する発言をした。

またオカダはIWGPヘビーで無敵の時、
唯一何をするかわからなくて怖いという
発言を飯伏に対して行っていた。

そして今回の試合。

前田、猪木やノアの試合で勉強したことがある。

それはプロレスは人間対人間なので、
相手により内容が変わるということだ。

私たちも相手により感情の起伏というのは
あると思います。

プロレスも相手が自分を恐怖に陥れようと
すればするほど反撃のパワーは強くなっていきます。

飯伏と内藤。

そうです。年齢も同じで理想のプロレスのイメージも
あまり異なっていないので、
技もムーヴもほとんど変わりません。

するとどうなるか。

三沢と川田は学校の先輩と後輩で同じ状況
だったのとプロレスの法則もあまり違っていない
ので相手がイメージする以上のパワーや感情を
出さないと勝てないのです。

それが今回、内藤と飯伏の試合でも
感じられました。

飯伏は内藤とプロレス観が似ているため、
内藤がイメージしている以上のことを
しまくります。

それもハイレベルを超えるものを相手に
くらわさないと勝てないので、ハイレベルの
ハイレベルと雪だるま式になっていって、
それが今回危険なレベルに到達してしまった
気がしました。

これはお互いに毎日のトレーニングのあげくに
到達したい理想のプロレスが似ていることから、
お互いに相手を喜ばそうという気持ちを込めて、
相手以上の、これまで出したことのない
お互いに感じたことのないことを
繰り出し合う結果になりました。

これはお互いのプロレス観が似ていることから
当然受け身を取れて耐えられるという信頼が
あっての上でのことなんだと思います。

絶対これ以外の選手には使わないことばかり
繰り出し合いました。

で最後は飯伏のカミゴェがヒットして終了しました。

今思い出しましたが、飯伏と内藤で唯一違うポイントは、
飯伏は新日の他に、全日本とノアの特に三沢と川田の熱心なファン
でしたが、内藤は新日のみだったというところですね。

で基本は三沢さんに影響されたということですが、
川田のがむしゃらなところも大好きだということです。

ここも今回の試合に出てしまったような気がします。

途中から観ていてラストの数分は三沢と川田がフラッシュバック
してきたので上記のような理由もあるんでしょうね。

いろいろ自分の決定させる技を返された時は
タイガードライバー91のようなものを
出す覚悟をしていたと。

それがデスティーノの返し技の垂直落下DDT
だったんじゃないかと。

でもまあ全体的には今季内藤はケニーと飯伏チームから
相当研究されているような感じですね。

2人に負けましたからね。

内藤もこれから黙っていないと思いますのでこれからの
修正が楽しみです。

これからはデスティーノの次の技も用意しておく
必要があるんじゃないかという気がしました。

今期の内藤に勝った飯伏とケニーは
デスティーノは返せるという
気持ちで戦っていたような気がします。

だから今回デスティーノの次の技を
先に決めていたら内藤が勝っていた
気がします。

まあ松井珠理奈もやるような軽い技になってしまったので、
他人がおいそれと使いたくならないような
厳しめの技を作らないといけない気がします。

ジェイホワイト他2018年のヒール選手がファンに受け入れられない理由を真摯に考えて新日本プロレスは早急に修正しないと。

標準

ジェイホワイトはヒール推しのファンにも受け入れられていない。

昔はブッチャー、ジェットシン、シークのようなヒールは
暴れるだけ暴れて最後にはベビーフェイスの必殺技で
萎えさせられて退散するので、丸く収まっていたんだが、

現代のヒール役は、ジェイとオカダ、ジェイと棚橋、
タマトンガをみていると、暴れまくって最後に必殺技を
出してもそれを返してしまう能力が備わってしまった
ので、中途半端な気持ち悪い腐った食べ物を食べたあと
のような気持ちになってしまう。

先日のジェイと棚橋なんかは途中まできちんと
ジェイはストロングスタイルでやっていて
それどころか私が予想していた、棚橋への
執拗なジェイの膝攻撃とかも謹んで、
客もジェイと棚橋の
技と気持ちの攻防に息をのんでいた。

で、棚橋は技を一通り出したんだが、ジェイは
全てそれを2カウントで返した。

ここでジェイはぎりぎりにきていて次に
畳みかけられたら危なかったので、
いつものように汚い方法でスタミナ回復を
する。

ジェイはここで汚い方法に逃げずに
倒れたままでいられなかったのか。

もしここで倒れたままだったら、
同じペースで立ち上がって回復し、
オメガ対内藤のようにまだ2人の攻防が
楽しめたはずだったのに、

ジェイはビビりだからかなんなのか、
次に待っていた、勝つか負けるかわからない
限界の向こう側の世界にビビって、
容易に勝てる反則攻撃で逃げた。

タマ・トンガもジェイも、少し前までの
Codyもそうだが、

自分の限界まで来た時、一流選手はそれを楽しんで
勝ち負けを無視して自分が満足するまで
戦うんですが、

2018年のヒール役は、
自分を信頼できなく
なって、それを楽しむことができずに、
反則に逃げて勝つのは共通している
精神世界だと思う。

ビビりなんですね。自分に自信が無い。

これ、昔のヒール役は逆に相手がいろいろやってくる前に
自分のやり方で空間を埋め尽くして
予定調和の破壊を楽しんでいました。

今のヒールは予定調和の破壊にビビっている。

ビビって反則に逃げる。

昔のヒールは勝ち負けよりもいかに相手に
ダメージを負わせるかに執着していたから
その気持ちが伝わって客もそれなりに満足していた。

今のヒールは反則をした上に勝とうとしている
ずうずうしさに女々しさを感じる。

勝とうとしなければ全てが丸く収まるのに。

反則して勝ったら絶対だめ。

視聴者はみんなルールを守って生活しているんだから
勝ったら社会から受け入れられない。

新日本プロレスはもっと社会的地位の向上を
目指しているんだとしたら早急な修正が
急務だと思いますね。

反則はOKだけど、勝ったら絶対ダメ。

新日本プロレスはなぜ地方大会をあまりライブ中継しないのか。

標準

新日本プロレスをライブ中継するのは
サムライTVとテレ朝チャンネルと
njpwworldです。

私はnjpwworldなんですが
最初は勢いが良くライブ配信の毎日
でしたが、スケジュールを調べたら
これから始まる地方巡業はライブ中継
は一切しなくなるということが判明。。

サムライもテレ朝もやらない。

結局、今開催中のBEST OF THE SUPER JR.という
大会でライブ中継は後楽園ホールと大阪
のみなんですよね。

なぜなのか。

シソンヌのライブに先日訪れた際、
地方巡業のチケットは全く売れないと嘆いていました。

よしもとが勝手に調子に乗って
組み込んでしまって参ったとw

なんか数十枚しか売れてないところもあるという。

それを思い出してまさかと思って調べたら、
やはり、新日本プロレスも同じでした。

後楽園ホールは即日完売なのに、
チケットが売れ残っている。

2018-05-24新日本プロレスチケット売れ行き

天下の新日も地方は売れ残るんですね。。。
知りませんでした。

これじゃあライブ中継なんかやったら余計
売れ残るからやらんわな。。

納得しました。。

ケニーオメガ「BULLET CLUBは論理的な組織なので物理的には常に孤独だった。」

標準

最近公開された、飯伏さんが自分の道場にケニーを
呼んでゴールデンラバーズ復活の公開練習と記者会見
を行ったnjpw公式映像を観て驚きました。

私はプロレスのああいうチームというのは
練習とかを共に行うのが当然だと考えて
いたのですが、ケニーさんも当然そういう
ことを言われていたので訂正して欲しくて
発言したんでしょうね。

飯伏さんと別れてからは今回の
再結成まで常に孤独だったと言っていました。

しかしそれであんなに強くなったなんてすごいですね。
1人でトレーニングしてね。

一応簡単に内幕としてはcodyがずっとBCの主権をとりたがっていて、
ケニーは古臭い組織だったBCを変えるべくがんばったが、
codyはそれを気持ちよく思っていなくて、ケニーも
それに薄々気づいていたので、裏切られた時は
遂にこの時が来たと思って特に驚きは無かったと。

その流れで上記の常に孤独だったという話になり、
また同時にそういうときでも数人常に心の隅に常にしまってある
人がいて、その一人が飯伏だったと。

また、飯伏も同じようにケニーは常に気にかけている存在で、
ケニーが助けに来た時に遂に再結成を予兆させることになり、
それがきっかけであのシーンに至ったと。

また今後についてはゴールデンラバーズ回顧は辞めにして、
新しいゴールデンラバーズをつくる方向でやっていきたいと。

映像ではVトリガーとカミゴエを同時に挟み撃ちでくらわす
アイデアとかも話していました。
怖すぎるけどcodyにぜひやって欲しいなw

またいつどうなるかはわからないというのは念を押していました。

今新日のスケジュールを確認したらはやくも飯伏とケニーが
組んだタッグ戦が組まれているので楽しみです。

新日本プロレスワールドの詳細を解説します。

標準

新日本プロレスのネット配信サイト、新日本プロレスワールド

あまり詳細の解説が無いので記述したいと思います。

試合の生配信とアーカイブがあります。

また試合は実況と解説付きです。

アーカイブは生配信終了後、はやければ数十分後に
視聴可能になりますが数時間かかる場合もあります。

選手の入場BGMは権利の関係でカットされる場合があります。
特に昔の選手の曲とかはカットの可能性が高いです。

興行の動画のほかにオリジナルコンテンツもあります。
選手によるレポート系のものやインタビュー系のもの。

試合は試合ごとのアーカイブと、最近のものについては
大会を通したアーカイブがあります。

バックステージコメントはほぼ全て公開されます。

料金は999円で、毎月1日に課金ですので1日に入会
するのがベストです。
最終日に入会すると1日しか視聴できないので注意です。

配信の遅延は特に問題なく感じます。
録画はスクリーンキャプチャー系がおすすめです。

ちなみに興行の対戦カードについては公式サイトで確認が必要です。