カテゴリー別アーカイブ: ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(スペイン語: Los Ingobernables de Japón)

2019.07.15 G1CLIMAX29タイチが内藤哲也に勝利したポイントをまとめてみます。あと今の新日本プロレスの弱点も露呈している今回の大会ですね。

標準

まず、前蹴りの強化です。

内藤の驚異的な連鎖攻撃を止めるために腹への蹴りを入れて
攻撃を断続的にさせていました。

また、大技を食らった後、その場に倒れこむと
360度全方向から内藤が蹴りこんでくるので、
コーナーに逃げるようにして、前方からの攻撃
に絞ることで、向かってきたところを返す
ことで自分のタームに変えることに成功
していました。

あとは、内藤が飯伏のカミゴェをDDTで返すことで
2019.04のIWGPコンチで勝利したような考えで、
タイチがデスティーノを、おそらく、
死ぬほど金丸さんにかけさせて対策を
練ってきたんでしょうw、
完璧に返しをトレーニングしてきて、
それも自分のフィニッシャーである、
ブラックメフィストで返すことに
成功したことですね。

今回わかったのは、内藤のデスティーノは
もう正調じゃないと返されるレベルに
なってしまったという時代の流れを
感じずにはいられませんでした。

オカダのレインメーカー、
ジェイのブレードランナー、
それを食らったら誰でも最後だという
技は逆に言えばそれを食らわなければ
勝てるということです。

しかし、そのために、
上記の2つの技も内藤の
デスティーノと同様に、
技に持ち込む体制の幅を増やし、
正調以外の方法も考案されて
いますが、
結局正調のみでしかフィニッシャーとして
機能しないことが最近
わかってきた気がします。

これ、昔のハンセンのラリアートなんかは
どんな体制でも当たれば3カウントっていう
ものもあったんですが、
まあそれだけハンセンのラリアートっていうのは
威力があったことを証明してる感じですね。

あとは場外は結局、タイチは無理してやってる
ことが今回わかったような気がします。
勝ちを意識してミスをしないようにするため
場外はやらなかったってことですからねw

本当に得意ならタイガージェットシンや
ブッチャー、クリスジェリコみたいに
どんな試合でも場外に持ち込みますからね。

飯伏の首を取った内藤が、同じやり方で他の人に
首を取られてしまった。

ミイラ取りがミイラになったような
試合だなと思いました。

レフリーを相手に突き当てる行為も、
内藤がオカダに勝った2016年のIWGP
の時は自分がやった行為ですし、
もし飯塚さんが来ていたとしても、
同じくその時初登場したSANADAが
オカダを攻撃したりしたんで
これもそう思った理由です。。

2016年4月10日 東京・両国国技館 第9試合 IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

2016年4月10日 東京・両国国技館 第9試合 IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

最後に現在の新日本プロレスの弱点。

KENTAとタイチ、後藤の活躍のポイントはキックですよね。

これ、棚橋、内藤、オカダという、新日の
トップは誰も得意にしてないものですよね。

昔は橋本とか蝶野とか中邑とか、結構いましたよね。

だから、キックに打たれ弱いんじゃないかと
いう気がします。

内藤も棚橋もキック打たれたら漏れなくうずくまっちゃって
いましたもんね。。

このままキック対策しない状態ならば
キック系の選手が連勝しそうな感じです。

2018.10.27 SUPER Jr. TAG LEAGUE 2018 BUSHI鷹木vsデスペ金丸 エルデスペラードが批判するロスインゴのやり方をパクッて勝利をもぎ取るw

標準

高橋ヒロムがデスペラードの素顔を晒しIWGPジュニア王座を初防衛!次期挑戦者にドラゴン・リーを逆指名しベルトさんと対話!~バトルニュース~

2008.06.19
高橋ヒロムの同期であり最大のライバルであるエルデスペラードが
マスクをはぎ取られてIWGPジュニアのベルトを逃しました。

この時、デスペラードは正体を知っているとニヤついた
ヒロムの言葉を額面通り受け取り、マスクをはぎ取られても
隠すことなくマスクを堂々と被りなおして試合に復帰した
ことがありました。

その前にも正体がばれてるんなら自分からマスクをそろそろ取ろうかと
冗談で言ったこともありました。

この時の死闘が元で、2018年10月29日現在、
長期欠場を余儀なくされることになってしまいました。

デスペラードとしては、この時のやられ方は悔しくない
わけはありません。
毒霧、セコンド介入、場外乱闘の限界に挑戦、など、
鈴木軍のお株を奪うようなやり方ですべて自分らを上回って
さらにヒロムが勝利したわけですからね。

当然、デスペラードはヒロムとの再戦の流れに持っていくために
現在開催中のジュニアタッグリーグで
高橋ヒロムとBUSHI組からピンフォールを奪う目標を据えて
準備したに違いないんですが、

結局ヒロムの欠場、
そして、代わりに鷹木ということになったので、
まあ当然ですが、デスペラードとしては現在のトップの
目標は打倒ヒロムで準備していると思うんで、

デスペラードはヒロムとやるために準備したコンディションで
鷹木とBUSHIとやることになって、その内容を試合後に鑑みて、
ヒロムとやるときほど痛めつけられてないところから、
鷹木なんてお山の大将で新日来たら大したことないと
、これは、ヒロムにも向けている発言なんだと思うんですよね。

鷹木なんかじゃ面白くないよ。
ヒロム戻って来いよっていうね。

これは勝ったからっていうより、
明らかに体力の限界までなんでもありで
全力でやりまくってくるヒロムの熱さに
BUSHI鷹木組が届いていなかったというところが
大きいんじゃないかという気がするんですよね。

だから、今回デスペラード組が勝ちましたが、
満足はしてないと思うんですよね。

まあデスペラードも前向きに鷹木がヒロムと同じレベル
までやってくれると期待していたんだけど、
案の定そこまでは楽しめなかったっていうところで、
BUSHIがあまり進化していないところと、
鷹木が大人しすぎたところから、
お山の大将だと言って、BUSHIはBUSHIのまんまだった、
という期待外れだと、ロスインゴはもっと痛めつけてくる
と期待していたけど、そんなもんかという発言に
なったんだと思います。

BUSHIさんについては、
内藤さんがデスティーノを様々な状況からぶち込めるように
しんかさせたのと同様に、
BUSHIさんもMXを様々な状況からぶちこめるように
進化させたら勝率が上がると思うんですよね。
今はコーナーからだけですが、
サイドロープとか、場外とか、
机の上とか、ブレンバスターをMXで返すとか、
タマ・トンガのガンスタンのように
一撃必殺の武器にしたら怖くなると思うんですよね。。

毒霧は、金丸が鈴木軍に入りウイスキーをやる前から
BUSHIがやっていて、
金丸は最近なんで、ロスインゴの対抗で作った感が
否めません。
マスク剥ぎもデスペラード以外にもヒロムはやっているんで、
ヒロムの代名詞になっているので、、

表題通り、

今回の試合はロスインゴにやられたことを、そのままのしをつけて
贈り返した試合でした。

ちなみに、私も鷹木さんはロスインゴに入るまで知りませんでした。。
デスペラードさん、悔しいけど正論だと思います。。。

2018.09.17タイチ対後藤=2016.04.10内藤対オカダwww

標準

2016年4月10日 東京・両国国技館 第9試合 IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

https://www.facebook.com/plugins/video.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fnjpwworld1972%2Fvideos%2F1344708348942224%2F&show_text=0&width=560

内藤が最後にレフリーを巻き込み場外に落とした後
BUSHIとEVILが入ってきて、まあ技はオカダに返されました
が、少し置いて、SANADAが入ってきてオカダに技を決めて
最後になんとかデスティーノを決めて終了。

そして、ベルトを持たされるも、投げ捨てる。
内藤IWGP

そして、オーナーに注文を付けるんですがその内容も
同じw

数億円規模で、負けたオカダをスターにするプロジェクト
をすすめてくださいと。

また、乱入で勝ったにもかかわらず観客が後押しして
いたことを持ち出して正当化したのも同じでしたw

数か月前、タイチとTAKAの記念興行のメインでタイチ対内藤を組んでもらって
負けた時、内藤に奮起の言葉を送られて、なにか思うことがあった
んでしょうね。
それが初期のロスインゴのやり方だったっていうね。

でもよく考えると面白いです。

そのロスインゴの内藤に敵対している鈴木みのる。
そのロスインゴのやり方で自分を表現したタイチ。

そしてその道具に使われたCHAOSw

2018.05.22 新日本プロレスBEST OF SUPER Jr.高橋ヒロム対エルデスペラード。ホントに勝ったのは高橋ヒロムですね。

標準

2018-05-22_高橋ヒロムデスペラード

高橋ヒロムとエルデスペラードの同期対決。

2018-05-22_ヒロムデスペラード三上

ヒロムが入場曲が終わらないうちに先に入場して待機
していたデスペラードに先制攻撃。

感情を全開で最終的に後楽園ホールの階段の真ん中の通路
で右端にデスペラードを立たせて、右端から陸上部の
能力を生かしたスピードでぶつかって行ってジョンウー。

その後、それに反応するようにデスペラードが
場外で椅子攻撃等を行ったものの、、

感情全開でぶつかっていったヒロムが
次第に飽きてきて気持ちも萎え気味
になったところでデスペラードが3カウントを
決めて勝利でしたが、

冷静に考えると、

内藤哲也が言うように、内容と勝利っていうのは
シンクロしない場合が多く、
後になっていい試合だったと振り返る時、
試合結果を忘れてしまっていたり、
なんのベルトがかかっていたかとかも
忘れている場合が多いんですよね。

今回の試合なんかはそれを表現する
良い例だと思います。

ヒロムが自分の欲求を全てぶつけて、
それを出し切って疲れたところで骨抜きの
ヒロムからデスペラードが3カウント取ったわけですが、

言い方を変えると

デスペラードは結局
ヒロムのストレスを一心に受け止め
ストレスゼロになった骨抜きのヒロムの
死体を処理しただけだったっていうね。

デスペラードはストレスたまりまくりで
勝って、ヒロムは勝敗を考えず
気持ちをすべて発散させて昇天したっていう。。

今回の試合は内藤哲也とロスインゴの特徴を
良くあらわす試合だった気がします。

試合結果より自分の感情とか気持ちっていう考え方。