カテゴリー別アーカイブ: ラジオ

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了するということはどういうことなのか。とんねるず秋元康ヲタがまとめてみます。

標準

ザ・ベストテンというお化け番組の裏でひっそりと
始まったとんねるずのみなさんのおかげです。

オールナイトニッポンでさかんに収録時の
様子等をリスナーに話しながら情報を共有し、
ひょうきん族をお手本に、企画ものと
ドラマコントという構成で秋元康と
SOLDOUT軍団が渾身の構成をつくりだし、
ひょうきん族をうまく継承するような
形でザ・ベストテンを終了に追い込み、
自分たちの場所を確保することに成功した、
秋元康ととんねるず軍団でした。

ザ・ベストテンにはとんねるずも大変お世話になり、
中継まで行ってもらって、名前をメジャーにする
切っ掛けを与えてもらった番組だったんですが、
この番組が始まると同時に当然出演しなくなります。

とんねるずも秋元康もこの番組が始まる前は深夜要員だったんですが、
表舞台に出ていくきっかけともなった番組でした。

指原氏にとってのAKBのようなものだったんじゃないかと思いますね。

海外旅行ついでに収録を行いまくり、
遊び歩いて豪遊しまくって
酸いも甘いもありましたが、

そして、2017年。

遂にそのザ・ベストテンと同じ屈辱を
自分たちが受ける時代を迎えることに
なってしまったというかんじじゃないかと思いますね。

自分たちがやったことがブーメランのように
戻ってきてしまったっていうね。

まあ一度、みなさんのおかげですから
おかげでした
に変化する時にヤバい状況があったんですが、
スタッフ陣をマッコイ斎藤という新進気鋭の
スタッフに入れ替えて内容を一掃したんですが、
とんねるずという濃いキャラクターと長年で
蓄積された番組の空気感はだれにも
変えることができずに、
時代に取り残されていき今回の終了を
迎えることになってしまったんだと思いますね。

私はおかげですの時はこれのために生きている
的な神番組だったんですが、おかげでしたになって
からはもうあってもなくてもいいような存在に
なっていたのでなにもいうことは無いです。
逆に新しい時代の始まりにワクワクします。

生ダラやねるとんっていうようなIVSテリー伊藤の
番組は今考えるとMCがたけしさんでも通用する
気がするので、

とんねるずじゃないと成立しないものを考えると、
まず、

コラーッ!とんねるず
夕焼けニャンニャン
トライアングル・ブルー
オールナイトニッポン
オールナイトフジ
みなさんのおかげです

あたりなんじゃないかと思います。

そして、今のアイドルと同様、
労働者階級の、セックスピストルズや矢沢永吉
のような落ちこぼれの秋元康ととんねるず
が、作品上で執拗にそれをファンに訴えかけながら、
既存の枠を壊していく過程を
共に楽しみながら熱くなることで、
現在の地位を確立させていったと思います。

しかし現在のとんねるずは立場が逆転
してしまいました。

その過程を今に置き換えると、
有吉弘行が労働者階級の立場で、
ここ数年で既存の枠に食い込んでいく
様を国民と熱くなって楽しんだ時代だったと思います。

そうすると、もう今の若者のとんねるずに対する
認識は普通の大御所タレントなんですよね。

熱くなるものが無い。

だから、

秋元さんととんねるずには

もう一度、初心に帰って
昔が成り上がりなら、今の時代は
リストラに遭った社会人が成功していくような
イメージでコンテンツを展開して行けば
熱くなるものができるんじゃないかって
いう気がしますので、

今の有吉さんの大活躍をみていると、有吉さんの
芸風の原型のとんねるずは絶対に必要だと思うので、

ピンチをチャンスに変えて、また我々を熱く
させて欲しい気がします。

よろしくお願いします。

マスカットナイトにオークラ氏が参加してきた。

標準

当初初代の企画が多かったんですが、
ここ数ヶ月、6月頃から急に刺さる前衛的な企画が
来るようになったなと思ってスタッフロールを
なにげなく眺めていたらオークラの4文字が。

とんねるず、ゴッドタン佐久間組、バナナマンのラジオ、
ももクロさん、シソンヌ等、
ホントに激務なのに 戦友のマッコイさんとおぎやはぎ
の熱い気持ちにこたえたオークラさん。

身体だけはお大事にしてくださいよ。

我々お笑い業界の宝なんですから。

Zの誓いで杏果の声がれにちゃんに似てきた理由の公式コメントがありました。

標準

ももクロくらぶでどんな声になりたいですかとの問いに

杏果「むかつくけどw、、、れにの声になりたい。」

れに「え~~~~~(*^^*)」「めっちゃ顔赤くなってんじゃんw」

杏果「!!!なってないよ~~w」

れに「こわいこわいっ!」

杏果「ラジオじゃ伝わんないんだからやめてよほんとに!!」

れに「wwwwwwwwww」

杏果「でもねえ、、、かわいいこえに憧れるから、、、かわいい声になりたい!」

「だって他のメンバーもさあ、歌声とかれにの声かわいいから憧れるって言ってない??」

れに「え~~~~~。。。。。」

「言っちゃ悪いけど、、、、、あたしあんま自分の声好きじゃないんだよね。。」

杏果「なんで??」

れに「なんか自分で聴いててムカつく!」

杏果「じゃどんな声に憧れるの??」

れに「ん~~~~~、、、もっと透明感のある声!」

杏果「、、、、、もう十分透明感あると思う。。

部類的に分けたら透明感あるほうだと思うの。。」

れに「違うんだって~~~!」

杏果「え??!!」

れに「もっとさなんかなんていうの?天の声みたいな。。」

杏果「真似してみてよ!!」

れに「あ~め~じんぐれ~~~す!」

(なんかウイーン少年合唱団みたいな感じですね。わかります。)

れに「だーめだよ!!

自分の声嫌いなのに自分の声で歌っても意味ないじゃんwwwwwwww」

(確かにwww)


ちなみにこの動画は私のではありません。

2013.04.14 ももクロさん西武ドーム大会2日目終演後のももクロくらぶxoxo生放送にて公開収録イベント第二弾開催と参加方法が発表された。

標準

ニッポン放送のゴールデンウィークの一大イベント
「ラジオパークin日比谷2013」の中で開催されるようです。

場所 :日比谷公園
開催日:4月27日(土)

となっています。

発表の経緯

西武ドーム大会2日目終了後に現場から生放送された同番組にて

ももクロくらぶxoxoの公式本
「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 公式ブック『うーぶろん・ら・ぽるとー!』」
が7月下旬に発売されると発表があった。

らぽると とはフジテレビ、ニッポン放送の社屋の社員食堂
の名前ですね。めちゃイケの三中くん(さんちゃん)が
働いていることでもおなじみです。

番組収録中の写真や、バレンタインイベントの写真が掲載されるほか、
この本のみのコーナー企画があるほか、オリジナルCDが同梱されます。

CDは多分同じくニッポン放送のももクロくらぶxoxoのイベントだった
バレンタインイベントのusbメモリと似たような内容
、このCD向けに新録したトークみたいなものが入ると思います。

1575円、96ページ(付録CD付き)
2013.07.10前後の発売を予定しています。

公式サイトにて予約を受け付け中です。

先行予約で購入すると、700人を招待する公開録音の参加エントリーができます。

本には抽選アリと抽選なしのバージョンがあります。

イベント参加希望の人は、必ず抽選アリのものを選び、
2013.04.17までに公式サイトにて予約すれば自動的にエントリーされます。

※複数をお申し込み頂いた場合、抽選口数はアップしますが、
重複しての当選はありません。

とのことですね。

ラジオ番組の会員と上記当選者のみ参加可能とのことです。

イベントに参加したいからこれから
会員になりたいと考えている方へ。

この番組はまあ有吉弘行のSNDとは真逆のww
アイドルの曇りがないw透明な番組なので、
狙った、尖った内容はあまり読まれません。

ふつうのことを書いて送って読まれるのは運だけです。
だから普通の内容のハガキを毎週送り続け、
気長に読まれるのを待ちましょう。

おねマス終了したので、おぎやはぎとマッコイ斉藤の熱い友情の話を転載して記録しておきます。

標準

2011年11月24日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」より

矢作「元気が出るテレビの前説をやったときに、前説をね、マッコイ斎藤がやってたの」

小木「やってたんですよね」

矢作「俺らが芸人になったときに、なったっていったって、何にも出てない時よ。ライブにも出ていないときに」

小木「口でただ言っただけだよね、なったって」

矢作「『なりました。今日から小木とやります』って言ったら、マッコイ斎藤に『じゃあ、俺、前説やってっから、お前ら代わりにやれよ』って言われて。突然呼ばれて、何にもできないまま、人の前に立ったことないのに、前説やれって言われて」

小木「そう」

矢作「『えぇ?』って思って。1回目、マコトくん(マッコイ斎藤)の観てたんだよね。1部の」

小木「1回目観てて」

矢作「こうやってやるんだって思って。お客さんイジリみたいなのやるんだよね。どうしようかと思って、お客さんとかイジれば良いんだって思って。やっぱり、イジリ方しらないから、『ブスだな』みたいな(笑)」

小木「ふっふっふ(笑)」

矢作「だいたい、オチもないただの悪口みたいになっちゃって。全然ダメで」

小木「ダメだったよ~」

矢作「15分くらいかな」

小木「なんだかんだやったね」

矢作「ね。出てきたら、たけしさん居て。たけしさんに、この前説聞かれてたのって(笑)」

小木「モニターかなんか観てたんだよね」

矢作「観てたんだよ」

小木「観られた~って思って。緊張したなぁ」

さらに、以下のように語っていた。
矢作「あのときは、一番焦ったね。とんでもないものを観られたと思って」

小木「そう」

矢作「言ったって、最も尊敬するに等しい人だったから」

小木「そうですよね」

矢作「その人に、あの前説を観られてたって思ったら…何も言われてないけど。『はっ』って思って。挨拶の仕方も知らない」

小木「そうだね」

矢作「おはようございます、も、お疲れ様です、も知らないから、お辞儀したくらいで」

小木「そうだね」

矢作「あれは未だに忘れられないよ。あの前説をたけしさんに聞かれたっていう」

小木「たしかに、そうだね。たけしさんの横に、松方(松方弘樹)さんも居て」

矢作「うん」

小木「蒼々たるメンバーがいたからね」

矢作「今考えると、聞いてなかったと思うけどね」

小木「まぁね」

矢作「周りにいっぱい人居て、話をしてるから、前説なんか聞いてないよ」

小木「そうだね」

矢作「マッコイ斎藤さんは、上手いもんなぁ、前説」

小木「上手いんだよ、前説。スゲェ笑いとるからね」

矢作「とる」

小木「当時からね。1万人とかの前でも前説やってたんでしょ?それでも、結構、沸かせてたっていうから」

矢作「昔の前説は、芸人じゃなくて、ADの仕事だったっていうからね」

小木「そう。ADがやってたんだってね」と語っていた。


2013.03.02キンタロー。の代打でオジンオズボーンのオールナイトニッポンRにw

標準

怒りまくっております篠宮さん。

他現場でも同じようなことが
あったようです。

しかし松竹芸能の後輩なんで
丸くおさめて下さいよおw

まあ引き出しが浅そうですからその時は逆に助けてやって下さいませ。

2013.02.17 サウンドクリエーターズ・ファイル -電気グルーヴ-伊集院光ゲスト。

標準

NHK-FM1
サウンドクリエーターズ・ファイル -電気グルーヴ- 2013年02月17日

3週間にわたりお送りしている同放送。

最終回の17日には伊集院さん、本名篠岡健wwwwww
さんがゲストです。

やっぱここってすごい絆ですね。。
感心するわww

2013.02.24 12:00 ビートたけしのオールナイトニッポンが復活します。

標準

ニッポン放送
●2013年2月24日(日)
12:00~14:00 ビートたけし

オールナイトニッポン45時間SP
でいろいろ復活するんですが、
すごく厳しくそぎ落とすと
たけしのオールナイトが残ります。

この番組はたけしの思い入れの深い
コンテンツであり、オリジナル終了以降
1度も復活したことはありませんでした。

しかし今回は復活します。
2時間です。

高田文夫さんとガダルカナルタカさんあたりが
付き添うにおいがしますがどうなんでしょうかね。

とんねるずも復活してないですね。

今のとんねるずのセンスでの
ラジオが聴きたいなあ。。

最近デンジャラス安田氏が入ったラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」が面白い。

標準

テレ朝チャンネルの竜平会系番組、
ダチョリブレのばっかスが終わって
久しかったんですが、
たまたま2013.02.03の放送を
聴いたら、安田、有吉の神コンビ
がこんなところで復活していて
歓喜しました。

いろいろ聴いていますが、
今現在この番組がだんとつに面白いですね。

でオードリーのANNとナイナイのANNが続く
感じでしょうかね。

やはりとんねるずやたけしさんのオールナイトニッポン
の血が流れているものに面白みを感じます。
有吉さんはもろに石橋貴明さんがフラッシュバックします。

私は伊集院さんは大好きなんですがラジオは
面白みを感じないんで聴いてません。
他のおぎやはぎやバナナマンもあまり
面白く感じません。

ここら辺はやっぱりセンスの問題でしょうかね。
しょうがないところです。