カテゴリー別アーカイブ: might & magic

PS4に見る最近の激しいクラシックビデオゲームのHD化の有効性が顕著にわかる動画。

標準

現代RPGの創世記の2大作品、

palo altoのmaze war

rogue

palo altoでOSではjobsとgatesという二人が生まれましたが、
ビデオゲームの世界では、
現在のDOOMのように自分主観視点のFPS要素にこだわったwizardlyと、
第三者視点の全体的なシステムの映像化にこだわったultima。

そのultimaとwizardlyを遊んだ少年が
両方の要素をバランスよくミックスした
might & magic。

そして、その中で最も長く開発が継続されている
作品がmight & magicです。

で最初にultima、次にwizardlyが開発が頓挫。

might & magicも終わったかと思いきや、
might & magic heroesとして継続されていて、

Heroes of Might and Magic II

Let’s Play Heroes of Might and Magic 4

さらに最近のゲームのHD化
の波にも積極的に対応してきて、
こんな作品を仕上げてきていて驚きました。

Might & Magic Heroes VI

これ、派手なビジュアルではないんですが、
じっとよく眺めているとすごいなって
じわじわと感じる、なんか山下清の絵
みたいな衝撃を感じたんですよね。

HD化という波をほんとうにうまく
利用していると思いました。

でも日本ではRPGはドラクエと鳥山明のおかげで
アニメ画のキャラクター設定が多いし、
wizardly愛好者の間ではキャラクターのビジュアル化
についても激しい抵抗があるファンが多数ですから、
非常に素晴らしい使い方だと思うんですが、
そのまま額面通りには流用できないかもなと
思いますね。

戦国時代ものとかには有効かも知れないですね。

広告