カテゴリー別アーカイブ: ドラゴンクエストビルダーズ

Fallout76がドラゴンクエストビルダーズをパクっていて笑いました。

標準

このゲームはFallout4のサバイバルモードで採用された
食べ物と飲み物を消費するシステムが組み込まれている
のですが、私は同じFallout4でもノーマルモードでしかやらなかった
ので、そういうシステムは無くて飲食物は余って
仕方なかったんですが、とにかく飲食物が必要なので、
はやめに浄水器と農作物を自宅につくってあげる
必要があります。

時間が経過したら飲食物がとれるのであるていど
遊び歩いてから帰ってくると、

モンスターていうか、敵が自宅を破壊して
暴れまわっていたんですよ。

おもわずビルダーズを思い出しちゃって。

あと、ほかにもビルダーズ要素があって、
崖とか地面のくぼみとかに鉄鉱石が
くっついているんですよw
それも色もビルダーズと同じで、金色とか
銀色とかで。

なんか音楽の場合はパクったりすると
訴えられたりするんですが、
お笑いとかゲームとかって、
パクりパクられ放題なんですね。

しかし、まあパクってる要素がほとんど
RPGのゲームがソースになっているので、
そこがまあしょうがないかなっていう、
作者はひょっとしたら喜んでいる部分も
あるのかなって思ったりします。

堀井雄二氏が1986年に作成したドラゴンクエストの世界地図

標準

堀井雄二のDQ1世界地図

//platform.twitter.com/widgets.js

ちなみにFC版発売日は1986年5月27日

こちらがビルダーズの最新のアレフガルド世界地図

ドラゴンクエストビルダーズの世界地図

私は現在ビルダーズやってますが、方向音痴なのでガイドブック見ないと迷ってしまって途中で
投げ出しそうになるので、ガイドブックが必須になってます。

これ見ると堀井さんは、時代が進むにつれて、解像度の進化と
情報量の拡大と共に、詳細なアレフガルドと、その中のキャラクターの設定や
演出が可能になってきて、昔より妄想が膨らんで、さらに
楽しんで制作しているんじゃないかなって思います。

途中でwolfensteinのように主人公が夢を見るシーンが入って
いて、そこで道具やをやっていたりするのも
面白くて、さらにそこで少しでもDQ1をプレイできたらもっと
楽しいのになって思いました。

なんか1986年のDQ1と最新のビルダーズがシンクロしているのに
不思議な気持ちになりました。

まあ無理に急いでやらずに楽しみながらこつこつとやり続けたいと思います。