カテゴリー別アーカイブ: 2017.10 Wolfenstein 2: The New Colossus

2018年にnintendo switchでDOOMをリリースするという話で、思い出すのはnintendo64のDOOMのこと。

標準

私はid software創設当時からのベセスダヲタなんですが、
SKYRIMは予定通りでしたがid tech 6エンジンのDOOMと
wolfensteinIIをswitchで出すのは想定外でしたね。

まあでもnintendo directの開発画面を見る限りでは画質は
多少落ちる感じみたいなのは確認できました。
あと今回の発表でid techエンジンはswitchに対応可能だということも
判明したので将来的にも安心しましたね。

しかし、昔、id softwareの時、
コンソール版はPCよりずいぶん後追いリリースだったので、
別物にリミックスされてリリースされました。

PC版より画質が落ちるのと、値段も安くなるわけでは
なかったので変えないと売れませんからね。。

wikiでもわかるのは、N64では別物になっていて、
PSX版では音楽が暗めの別物に置き換えられています。

ということで、そうです。

もうPCでリリース後数年経過して価格が2000円程度に落ちてきているタイトルだし、
購入済みのユーザーを取り込まないとビジネスになりませんから、
多分リミックスされてリリースされるんじゃないかという可能性が高いと
思われます。

ちなみにSKYRIMとFALLOUT4は全てのDLCが含まれたGOTYエディションという
パッケージが発売されており、DOOMも来年4月あたりにはそれが発売される
予定です。

ですからwolfensteinIIは変更せずに来るでしょうが、
SKYRIMとDOOMはswitchに特化したバージョンを
持ってくるでしょうね。

楽しみに待っていましょう。

しかし、マルチコンソールユーザーなら良いですが、
switch単推しユーザーの場合は、
上記タイトルより先のタイトルのリリース時期
についてはPC、PS4、XBOより後になるのは
覚悟しておきましょうね。

ちなみに、有吉さんは同じやつを2回やりたくない性格だから、
FALLOUT4のVR版は興味ないって言ってたけど
switch版はどうなんでしょうねw

広告

E3 2017 bethesda Wolfenstein 2: The New ColossusとThe Evil Within 2がまさかの2017年10月発売と発表。Dishonoredのスピンアウトは9月。

標準

これ最初のシーンで

「あーあ、fallout関連か。やっぱりさすがにウルフェンは来年までお預けか、、」

とがっかりしていたところにまさかのロボ犬が登場しなさった
んで、真っ暗な崖に落ちかけていたところに
光がさしてブラスコビッチが手を差し伸べてくれたような
感じになって涙がでましたw

でPVも良くできていて、アメリカのテレビ番組がドイツに浸食
されています。

そこでこれを観ている人は全員思います。

「ブラスコビッチ!助けてくれ!!」

喫茶店のシーン、親子ずれがドイツ語で逃げていきます。

でドイツ将校がストロベリーミルクシェイクを注文します。

これドイツ国内だとコーヒーを注文してましたよね。

The Evil Within 2は11月ごろだとおもっていたので
予定通りだったんだけど、
ウルフェンは2018年5月だと思っていたところでまさかの年内で驚きました。

ゾンビ系に寄せていったかんじですかね。
バイオの対抗といった感じ。

bethesdaは日本語版は1か月後が多いのでPS4の日本語版
は11月から12月発売でしょう。

いやーカンファレンスみてて感動して涙したのはFF7以来でしたw

今回はナチスがアメリカに侵攻したのでそれをブラスコビッチが
阻止する感じです。

いやー休んで良かった。

Dishonored: Death of the Outsider
2017年9月15日発売

 The Evil Within2(Psycho Break2)
2017年10月13日(13日の金曜日)発売

wolfensteinII:New Colossus
2017年10月27日発売

これで7月のドラクエ11とポケモンとこの3タイトルと私はまだDOOMとdishonored2とfallout4が

残っているので楽しいやら大変やらw