カテゴリー別アーカイブ: バナナマン設楽統

ベセスダ製FPSと他メーカー製FPSにおける決定的な違いについて。

標準

ベセスダは源流はid softwareです。

その代表作と言えば、DOOMとwolfenstein 3Dです。
最近ではdishonoredとfallout3以降です。

それらについては私ははまりまくっているんですが、
たまにはちょっと他のFPSもやりたくなったりしたので、

最近他メーカーの歴史に残ると言われているFPS、
unrealやharf-life、resistance2や
Medal of Honor、等、

あと、ネット対戦ていうか、
時代的にはマルチっていうんでしょうか、
あれらは敵を殺すだけが目的でグラディウスや
ギャラクシアンと何ら変わりはなくw
明らかに異なるので途中からスルー、

あとは戦争物のプレイ動画を観てチェックしていたんですが、
画面自体はFPSで変わらないのですが、
実際にプレイしている状況を観ていても
あまりやりたいと思わなかったので、
その理由を自分自身に問い詰めてみたんですが、
その理由は簡単なものでした。

それは、
アイテムコレクション要素が多いか少ないかという
ただ一点につきるんじゃないかと思いました。

私のコンピューターゲームの源流はwizardryです。

ご存知のようにwizardryはFPRPGです。
チーム編成はあれど実質はファーストパーソンRPG。

コレクション要素については、敵を倒したり宝箱
から拾ったりして店では売っていないユニークな
アイテムを拾える。

それを自分で身に着けたり売却したりできる。

そして時を経て強烈なフォロワーがドラゴンクエスト
というゲームを発表する。

それはさらに発展されていてあらゆる壺や箱、タンスや
袋等からアイテムを拾うことが可能で、
さらに倒した敵や宝箱からアイテムを拾える。

さらに時を経て、1996年のポケットモンスターですよ。

これに至ってはモンスター自体をコレクションできるっていうね。

で、id software。

箱を壊したり、隠し部屋、敵、普通に置いてある、
アイテム類をコレクション可能。
主に薬、弾薬、武器、アーマー、鍵類で、
店が無いので金は無いです。

RPGになると売買という要素が入るので
金が関わってきます。

ここで考えると、このwizardryフォロワーのプレイスタイルは、
絶対的に異なってきているのがわかります。

敵を消すことでクリアしてどんどん前に進んでいくのではなく、

敵を消した後に、無人の静まり返った場所からアイテムを
かたっぱしから探し出すことで、クリアになり次に行ける。

だから他メーカーは敵がいない場所は単なる通過点だが、
ベセスダ系は敵がいない場所でもアイテム探索というタスクが
残っているので通過点ではない。

現実世界に近いのはどちらかと考えると、
私はベセスダ系の方がリアルなんじゃないかと思います。
死んだら敵が持っているものは盗めるのが当然です。
街を歩ていてもいろんなところにモノが落ちています。
犯罪になるかどうかはさておき、それらを取れるのが
当然です。

だからそう考えると、真実のFPSというのはシューティング要素
が強い敵を消していくだけのゲームで、

シューティングのみではクリア不可能で、
さらにアイテムを拾ったりしていく要素が入っているゲームは
FPSではなくFPRPGと言ったほうが正しいのではないかという気がしますね。

ですからwizardryはおろか、DOOMもFPSじゃない気がしますね。

本当のFPSはCODとかあの辺のいかに真ん中に素早く標準を当てて
殺すことだけを目標にしている脳筋ゲームのことなんじゃないかと。

というわけで、ベセスダ系のゲームが好きな人が
はまれるゲームを探し出す場合、
一人称とかゲーム画面の雰囲気と同時に、

アイテム集めの要素が入っているかどうかを
プレイ動画から読み取るのを重要視すれば
ありつけるんじゃないかと思いますね。

広告

Fallout 4: Game of the Year Edition(GOTY)のPS4とXBO版が使い捨てプロダクトコード提供に改悪された件について。

標準

Fallout 4: Game of the Year EditionのPS4とXBO版が世界統一
の仕様としてDLCコンテンツをプロダクトコードの紙切れ一枚封入して
終わり的な感じで改悪されて発売されたんですが、

世界中でまあ誰一人気持ちよく思っている人がいないことが判明しました。

2017-10-20_004455

これですね、、

発売店での返品トラブルも多くなり、商品に対する評価も落ち、
DLCの改悪のおかげで他のバグやエラーについても
風当たりが悪くなり、さらに評判も悪くなるので
売れ行きも悪くなるってことで、、

誰一人今回の改悪で喜んでいる人がいない状況
になってしまったのは確実だと思います。

ボックスセットでid softwareの
全てのゲームを収録して販売した
ベセスダの源流のid softwareの創立メンバーの
ジョンカーマックやジョンロメロなんかも
大嫌いな行為だと思います。

とりあえずベセスダには再発の勧告をしておきましたが
どうなることやら。。
まあ多分このままでしょうね。

sniper ghost warrior 3でわかった、ベセスダとUBiのステルス攻撃のイメージの違い

標準

ベセスダのfallout3というゲームで中国軍ステルスアーマーというのがあって、
光が乱反射することによって姿が見えなくなるアーマーなんですが、
これで身を隠して暗殺するとダメージが倍増するので、
ヘッドショットで強い敵でも一撃で倒せるのが気持ち良い
んですよね。

ただステルスアーマーは立って、音が出る射撃をすると
見つかります。
座ってスニークで刀やサイレンサー付けて撃つのが
必須となります。

fallout4ではなくなって、カメレオンなんとかっていう
パーツに変わってそれを装着する感じです。

だからそれをまた楽しみたいと思って、
ステルス攻撃ができるFPSってことでsniper ghost warrior
を狙っていたんですが、実際にプレイ映像を確認すると、
いちいち弾が発射するとズームアップして弾の軌道を
コマ送りで捉えるのでこれがストレスが溜まるんですよね。。

fallout3は特に何も特殊な処理はなく、普通の射撃と
同じように扱われるのでサクサク進むんですが、
これは予想外でした。

前回まではここまでオーバーじゃなかったんですけどね。

で、ベセスダのヘッドショットといえば、ウルフェンシュタイン
も遠距離ショットが楽しめるんですが、
こちらもサクサク進んでくれるんですよね。

UBIといえば有吉さんもやっているfarcryがありますが、
こちらも遠距離ショットがありますが、
弾丸数が少ないのと見つかりやすくて外すと
そう攻撃を食らうので実用的じゃないんですよね。

あとステルスはメタルギアですが、
TPSでキャラが邪魔で、パラシュートで敵を
飛ばすシステムがもうわけわかんなくて、
入り込めずにダメでしたね。

結局、いろいろ2017年後半のFPSステルス系ゲームをチェックしていましたが、
上記のようにステルスに対しての考え方の違い、
日本語訳がないのは全部除外、
get evenは撃たなすぎ、
バイオハザードは箱庭にプレイヤーを詰め込み自由度がなさすぎ、
とかいろいろあって、、

結局ウルフェンシュタインだけになりましたw

まあ今回のウルフェンはDLCがあるそうなので、
前のやつよりは長く楽しめそうです。

2018年にnintendo switchでDOOMをリリースするという話で、思い出すのはnintendo64のDOOMのこと。

標準

私はid software創設当時からのベセスダヲタなんですが、
SKYRIMは予定通りでしたがid tech 6エンジンのDOOMと
wolfensteinIIをswitchで出すのは想定外でしたね。

まあでもnintendo directの開発画面を見る限りでは画質は
多少落ちる感じみたいなのは確認できました。
あと今回の発表でid techエンジンはswitchに対応可能だということも
判明したので将来的にも安心しましたね。

しかし、昔、id softwareの時、
コンソール版はPCよりずいぶん後追いリリースだったので、
別物にリミックスされてリリースされました。

PC版より画質が落ちるのと、値段も安くなるわけでは
なかったので変えないと売れませんからね。。

wikiでもわかるのは、N64では別物になっていて、
PSX版では音楽が暗めの別物に置き換えられています。

ということで、そうです。

もうPCでリリース後数年経過して価格が2000円程度に落ちてきているタイトルだし、
購入済みのユーザーを取り込まないとビジネスになりませんから、
多分リミックスされてリリースされるんじゃないかという可能性が高いと
思われます。

ちなみにSKYRIMとFALLOUT4は全てのDLCが含まれたGOTYエディションという
パッケージが発売されており、DOOMも来年4月あたりにはそれが発売される
予定です。

ですからwolfensteinIIは変更せずに来るでしょうが、
SKYRIMとDOOMはswitchに特化したバージョンを
持ってくるでしょうね。

楽しみに待っていましょう。

しかし、マルチコンソールユーザーなら良いですが、
switch単推しユーザーの場合は、
上記タイトルより先のタイトルのリリース時期
についてはPC、PS4、XBOより後になるのは
覚悟しておきましょうね。

ちなみに、有吉さんは同じやつを2回やりたくない性格だから、
FALLOUT4のVR版は興味ないって言ってたけど
switch版はどうなんでしょうねw

E3 2017 bethesda Wolfenstein 2: The New ColossusとThe Evil Within 2がまさかの2017年10月発売と発表。Dishonoredのスピンアウトは9月。

標準

これ最初のシーンで

「あーあ、fallout関連か。やっぱりさすがにウルフェンは来年までお預けか、、」

とがっかりしていたところにまさかのロボ犬が登場しなさった
んで、真っ暗な崖に落ちかけていたところに
光がさしてブラスコビッチが手を差し伸べてくれたような
感じになって涙がでましたw

でPVも良くできていて、アメリカのテレビ番組がドイツに浸食
されています。

そこでこれを観ている人は全員思います。

「ブラスコビッチ!助けてくれ!!」

喫茶店のシーン、親子ずれがドイツ語で逃げていきます。

でドイツ将校がストロベリーミルクシェイクを注文します。

これドイツ国内だとコーヒーを注文してましたよね。

The Evil Within 2は11月ごろだとおもっていたので
予定通りだったんだけど、
ウルフェンは2018年5月だと思っていたところでまさかの年内で驚きました。

ゾンビ系に寄せていったかんじですかね。
バイオの対抗といった感じ。

bethesdaは日本語版は1か月後が多いのでPS4の日本語版
は11月から12月発売でしょう。

いやーカンファレンスみてて感動して涙したのはFF7以来でしたw

今回はナチスがアメリカに侵攻したのでそれをブラスコビッチが
阻止する感じです。

いやー休んで良かった。

Dishonored: Death of the Outsider
2017年9月15日発売

 The Evil Within2(Psycho Break2)
2017年10月13日(13日の金曜日)発売

wolfensteinII:New Colossus
2017年10月27日発売

これで7月のドラクエ11とポケモンとこの3タイトルと私はまだDOOMとdishonored2とfallout4が

残っているので楽しいやら大変やらw

E3 2017 ベセスダの発表内容が明らかに。

標準

アップルが発表会の前にプレス向けに送る招待状に
ヒントを隠したりしていることがありますが、

ベセスダもプレス向けに送ったカードにヒントを隠している
んじゃないかという憶測が飛び交っております。

「Bethesda E3 Showcase」
海外 6月11日午後6時30分
日本時間 6月12日午前10時30分

E32017bethesda

 

ここに無いのはWolfensteinとEvil With Inことサイコブレイクです。

それが工事中なので新作でしょうね。

他は追加コンテンツや拡張機能やアップデートでしょう。

まあ他のファンと同意見です。

ちなみに最近のベセスダの基幹タイトルは決まった時期にリリース
されているので、11月と5月じゃないかと思います。

前編のリリース日はサイコブレイクが2014年、
ウルフェンシュタインが2015年ですから、

サイコブレイクが11月、ウルフェンが2018年5月かという気がします。

ビデオゲーム業界って適当にリリース日を発表して、
延期が当たり前の風潮だったんですが、
ベセスダはきちんと守っていてほんとに素晴らしいことだと思います。

今私が最も信頼しているのはベセスダです。

次にエニックス

次にレベルファイブとゲームフリークです。

2017.01.08有吉弘行のサンドリで記憶に残ったのはたった5秒でしたw

標準

まあほとんどくだらない話なんでそんなもんなんですよw
楽しくてなにも残らないって素晴らしいことだと思います。

有吉

「ゲームは相変わらずやってます。

ファイナルファンタジー15はまあどこまでやればクリアっていうのかわからない部分も
ありますが、ストーリーをクリアって意味ではクリアしましたし、

ポケットモンスターサン&ムーンもストーリーはクリアしちゃいましたしね。

って、どんだけやってんだってことなんすけどw

おい!俺にクリアさせてるんじゃないよw

クリアさせるなよ俺に!!」

ちなみに私は今だにFallout3をやってますが、
Fallout3はストーリーだけならとっくにクリアしてるんですが、
そうすると半分近くの場所に行かないで終わっちゃうんで、
最終クエスト終了前に抜け出して、全ての拠点に訪れて
アイテム全て拾い集めてあまりアーマーとか傷つけないように
やってるんで、なかなか終わらないていうねw

DOOMやる目的で2015年9月にPS4買ったのにいつまでたっても出来ないですよ。

2016.12.04そんなバカなマン 一瞬で視聴者の注意を惹きつけた究極の一言。

標準

設楽

「今日はロケに行って来たのでVTRをご覧ください。」

バカリズム

「設楽さんがロケに行くときって

大抵ロクなことないんだよなwwww」

PS4 proはベセスダマニアにとってプラスマイナスゼロで必要なしでした。

標準

id softwareの創立時代からファンで、最近はベセスダのファンだということを
前提に話をすすめさせていただきます。

今回の同機発売において、一番購入検討要件で筆頭条項が
ファーストトラベルやエリア切り替え、ロード時の
スピードが速くなるのかというところでした。

ロード時のスピードについて

でいくら待ってもFalloutのテスト結果というものが
出てこないので、対応予定のFallout4と同じく
既にpro対応しているウイッチャーの結果
を参考にしました。

すると、アマPS4とPS4 proで同じSSDに入れ替えてテストした結果が
出たんですが、結局は変わらないという結果が出たんですよね。

でもこれ面白いのが、
アマPS4のSSD版とPS4 proのHDD版がほとんど同じ結果だったっていうところ。

だからPS4 proではHDDとSSDであまり変化がないっていうところですね。

まあ転送速度がproで補完された今、
まとめて書き込む場合よりランダムアクセスがほとんどな
PS4という環境では書き込み媒体の最適化による
速度向上は見込めないということですね。

画質について

まず4kネイティヴ対応ではなくアップコンバート
対応だということが判明しました。

あとpro用に最適化されたタイトルしか画質が向上しない。

といいうことで先日お伝えした通り、対応すれば画質は向上します。

しかし、よく考えてみて下さい。

音楽のハイレゾ版と同じように
画質が向上すればデータ量も増えるということを。

するとですよ。

いくらゲーム中に待っても良いから、いくら大容量SSDストレージ
に金を払っても良いから、モニターに金を使ってもいいから、

画質が良い、動きがスムーズな
環境で遊びたいという人ならproは買いだと思いますが、

私のように他に様々な趣味があるのでゲームに使える
時間や資金が限られているという環境の人は、
最低限、HDDをSSDに交換する作業が必須ですが、
それさえやってあれば、現状で特に問題ないんじゃないかと。

総括

4kなんかは数年後のまあ東京オリンピックの時代
には普通に普及し始めると思うので、そのころに
発売される次世代機の時まで待っていれば、
なにも考えなくても4kレベルでゲームを普通に楽しめる
と思うので、それが一番良いんじゃないかと
思いました。

食物と同じで、安くて美味しいその時に最も旬なものを
、環境や時代背景、その他を含めて、その時にしか
楽しめないものを思う存分楽しむということが
一番の贅沢なんじゃないかと。

結構期待していたんですが、結局余計な金を使わないで
済んだので良かったです。

50000円程度ですが、12月に発売されるcubase9proでも
数年ぶりに買おうと思います。

skyrim HDをPS4版、任天堂switch版どっちで買うか迷いますね。FPSゲーマーにとって夢みたいな時代が到来しそうです。

標準

本日任天堂のコードネームNX、switchが発表されました。

その公式ティザー映像の中で結構目立つ感じで、
ベセスダの看板タイトル、今秋PS4で発売されるSKYRIMの
HD版が紹介されていました。

switchskyrimhd

switchskyrimhd2

で協力企業名の中にベセスダ、アクティビジョン他、
FPSの大型タイトル開発企業名が名を連ねていて、
驚きました。

任天堂デバイスでfirst person shooting、通称、
FPSの有力タイトルが発売されるのは
たぶんニンテンドー64以来なんじゃないかと思います。

ニンテンドー64の時はid softwareが開発していて、
コンソール別に再構築して発売されていたので、
元ソースは同じだけど、
ニンテンドー64版、PS版、PC版、3種類全てがグラフィックや
マップや音楽が異なる別バージョンとして発売されていたんですよね。

時は流れ、現在ですが、PS4とXBOX、PC版はほとんど同内容のものが
発売されています。

ですので、昔のように違う内容としては発売されず、
同じ内容で発売されると思います。

あとはswitch版を買えばVITAのような別売り品を買わずとも
持ち出し可能になる点です。

あとはMODという公式改造ツール環境に対応しているかいないか
です。

ニンテンドー64のFPSタイトルは高評価な移植が多かったので、
任天堂がFPSタイトルに友好的なサポートをしてくれる
ことが予想できるので、内容については期待できると思っています。

私は11月にdishonored2を購入します。

同時にskyrim HDを購入しても数か月は手を出せない
と思うので、どうせならswitch発売まで待ってみようと
思います。

wizardly以来、ずっとドはまりしているFPSゲーマー
にとってここ数年は盛り上がりそうな気配がして
わくわくしてきました。