カテゴリー別アーカイブ: walkman

音響エンジニアが語るwalkmanとiphoneの音質の違いについて。iphoneが一番原音に忠実です。

標準

私は、数十種類のメーカーや仕様が異なる
ポータブルプレイヤーや、プレイヤー、オーディオ
ビジュアル機器は当然として、
数十年、ミキサー卓からアウトプットされた
音響をモニター、ヘッドホン、イヤホン等で聴き続けてきました。

そういう背景を基にお話ししますと、

まず最近のシリコン化したsonyのwalkman
については、ミキサー卓の出力にさらに低音増幅
エフェクトを特別に通過させないと出ない音ですので、
明らかに低音をブーストした処理をしています。
イコライジングではありません。

アンプを内蔵していますが、
このアンプが逆に音に化粧をする
結果になっています。

iphoneはミキサー卓から出てくるまんまの
音質です。
ですからきちんとしたヘッドホンなりスピーカー
なりで聴かないと音がスカスカになります。
また、ほとんどの音響機器はこのイコライジング
が標準となっています。
これに好みにより低音に強いスピーカーを
組み合わせたりして作りこんでいきます。

iphone->amp->耳
walkman(amp)->耳

より原音に近い音が良いと思うか。
より自分好みの音に近い音が良い音と思うか。

良い音の定義が違うんですよね。

私はエンジニアですのでより原音に近い環境が
構築できないと、それを基本に環境により設定していくので、
音響エンジニア作業が始まらないから
原音に近い音を良い音と言っているのですが、
その場合はiphoneが良い音となりますが、

その私が環境により特別に仕上げた音質
が良い音だと言う人の場合は、定義が真逆
になるのでその場合はwalkmanが良い音
となると思います。
しかし当然walkmanの設定した音質は好みじゃない
人もいるわけです。
しかし、iphoneはamp追加したりできるわけですが、
アンプ内蔵のwalkmanはいじれない
んで売るしかないのです。

最後に、私はsonyのカセットのwalkmanや、
テレビやヘッドホン、DAT、等いろいろ持っていますが、
それらは原音に忠実なiphoneの音質に近いんで、
なんか低音を増幅しているシリコンwalkmanの音質は
sonyの製品の中でも特殊な音質だと思いますね。

最後に:

修正前の記事、
「音響エンジニアが語るwalkmanとipodの音質の違いについて。ipodが一番原音に忠実です。」
のipodはiphoneの間違いでした。

ちなみにこの記事を出稿時点のバージョンはiphone5でした。

遅くなりましたが深くお詫び申し上げます。

広告