カテゴリー別アーカイブ: sony ソニー

ソニーによる電気グルーヴディスコグラフィの市場からの抹殺は、愛情の裏返し。そして電気グルーヴの未来はみなさんの手にかかっております。

標準

あのですね、、

いろいろ考えてみたんですが、

まず外国では市場からの撤去はないのですが、
おそらく、日本と文化が異なり、
自分のことは自分で守るという、
銃刀法がかたくなに守られているところから、
犯罪は当人の問題だというところで
撤去はされないんだと思います。

しかし、先日ここでお伝えしたように、
西欧諸国のドラッグ関係の作品は
普通に市場で出回っているのですが、

驚くことにかなりの確率で
当人が死亡しているのです。

あと

欠陥住宅は犯罪者が出ても建物を
無くせとは言われません。

また、犯罪者が制作した電化製品等も
販売停止とはなりません。

様々な事案を考慮すると、
今回の、作品を制作し始めた当初から
ずっと犯罪を犯していたピエール瀧の
事例と一致するものがないので
正確にこうだからおかしいといえる
置き換えられるものがないのです。

なので考え方をゼロから考え直す
ことにしたらタイトルのようなものが
わかってきたんですよね。

電気グルーヴはソニーがzin-sayから電気グルーヴ
になったときから大事に扱ってきた
アーチストなんですよ。

それはスチャダラパーがクビになっても
電気はならなかったところからも
わかります。

またソニーでの扱いについても、
先進的な音楽を担当するアーチスト
というポジションでした。
なにか音響関係の製品が
ソニーから発表されると、
それのサンプリングとコメントを
してソニーの公式な記事として
発表されました。

海外でなにかやる場合も親身になって
サポートしたり、
ライブ会場についても、ソニー関連の
zeppのこけらおとしに起用されたり、
石野のソロプロジェクトについても
石野の思い通りにサポート、
石野のWIREというプロジェクトも
全面的にバックアップ、
先ほど申し上げたスチャダラパーが
レコード会社といざこざの
話を聞いたりすることが多かった
中、電気グルーヴと石野卓球については
ほとんどそういった悪い話は
聞かなかった気がします。

最近では、全く配信事業に
譲らなかったのに他社の配信サービスに
乗っかる動きをみせて
石野の意見を汲む動きを
みせたりしていたのをみて
ソニーにとって石野の意見が
重要視されていてほんとに
アーチストとして認められているんだなって
感じたり。

もし私がその電気グルーヴ担当の
ソニーの社員だとしたらという
感じで考えてみました。

まず、今回の件で当初は昨年あたり
から使いだしたということでしたが、
電気グルーヴ結成当初から使用していた
ことが判明してきました。

するとですね、

ソニーは全面的に電気グルーヴの2人を
信頼して仕事を任せてきたんですよ。

しかし今回、それが嘘だっことが判明
したんですよ。

自分たちの力でセンスと努力で
作り上げてきたと思っていたものが、
実は科学的に人間の能力を
操作して制作していたことがわかったわけですよ。

電気グルーヴとは、
石野卓球とピエール瀧だと思っていたのに、
実際は
石野卓球とコカインと大麻とピエール瀧だということが
わかったわけですよ。

これは履歴書の虚偽記載だと思うんですよ。

これ一時的ならいいですが、
電気グルーヴのすべての時代において
詐欺を行っていたわけですよ。

ソニーが自社の最先端の音楽として
扱っていたものが、実は
ドラッグを使って能力を増幅させていた
ことが判明したわけですよ。

これですね。

市場から抹殺したくなるのは当然だと
思うんですよね。

それだけソニーとしては信頼していたという
証なんだと思うんですよね。

だから、

今回の事例は、他のなにかに例えられない
内容なので、
これからソニーがどういう動きに出るのか
しかと見守るしかないと思います。

多分、私が思うに、、

2019年の現在、ファンより、ソニーの電気グルーヴ担当
部署のほうが深く愛しているんじゃないかと
いう気がしています。

ファンは好きな時にやめられますが、
ビジネスでかかわっている場合、
自分の生活が関わっていますから、

決してみなさんが思っているような
軽い気持ちで決断しているとは
到底思えません。

上記の一連の流れをよく理解していただいた
上で、
ファンと会社と電気グルーヴの2人
全員で今後の流れを形成していけたら
それが最も良い方法だと思います。

時代は生き物ですから、
長い目で切磋琢磨しながら
最も良い方策を模索して
いきませんか。

みなさんの力が必要です。

よろしくお願いします。

android全てとipad retinaを実物で比較したら結局結論はipad air2になりました。

標準

NEXUS 9を購入しようとヤマダ電機に向かいました。

よほど問題がなければ購入を決めていました。

しかし、触ってみるとnexusやxperia、yogaは
ハードウェア性能的には申し分ないんですが、
数字ではわからない部分がわかりました。

購入を踏みとどまった理由

yoga tablet

画質の圧縮感がひどくのっぺりしていて
キーボードとタブレットを繋ぐ出っ張りがやはり
邪魔ですね。
あとlenovo特有のアンケート用紙に記入する時に
付いてくるクリップボード感、ガンプラを触っているような
プラスチック感丸出しの感触が気持ち悪いです。

NEXUS

感触はyoga同様で、プラスチック感チープ感がひどく、
持っているだけでミシミシ音がするのは笑っちゃいました。

画質はandroid陣営では良い方ですが、
中華系ディスプレイ特有ののっぺり画質、
圧縮画質感丸出しで、まあipad retinaとは比べ物にはならず。

xperia

私はxperia z ultraやblaviaユーザーなのですが、
それらと同系統でこれはさすがといった感じでした。
ただ、xperiaのハードウェア性能をもってしても
画質の圧縮感のっぺり感は払拭できていない
ので、結局androidOSの仕様上このxperiaの画質
が最高画質なんだろうと思います。
もしxperiaでiOSを扱ったらすごい画質の製品が
できるんじゃないかと思います。

帰り際に誰もいないフロアでひっそりと
たたずんでいたipad air2

全て上記の機種をチェックしてがっかり感
満載で疲れて帰る時、
静かにそんな私を出口付近で受け入れてくれたのが
ipad air2でした。

なんか

「私はそうなるかと思って静かに貴方を待っていましたよ。。」

と話しかけられたような気がしましたw

ipad retinaに決める決定打になったのは画質でした。

触っているとあまりの気持ちよさに
flac再生のことや動画互換性なんか
忘れてしまいました。

わかりやすく表現すると、、

android陣営は少し強めに圧縮したjpg画像、

ipad retinaは無圧縮のBMP画像、
デジカメファインダー越しダイレクトの風景、

て言う感じでした。

やはり昔からapple製品は画質がよいです。

今のwindows 7 とOSXでもわかりますが、画質と音質
のこだわりがはんぱないです。

まあよく調べると完璧ではないけどflacも
mkvやその他の動画もアプリが出てきているので
がまんできるし、
microsoftもofficeやリモートデスクトップアプリを
出しているのでベース環境には不自由しないし、

という感じで、ipad air2 16GBに決めました。

ちなみに私が実物に触れて一番最初に感じた特徴的なことは、
特にandroidの解像度1920×1080以上と以下でwindowsや
androidはあまり画質に変化が感じられないということでした。
次にクリップボード感チープ感満載の中華系デバイスですね。

みなさんにも是非カタログスペックで決めずに
実物をチェックして検討することを強く推奨
します。

android4は不具合が見えてきたのでipadに変更したいんだが電話が使えないんだよなあ。。

標準

iphone4からandroid4に乗り換えて約1年。

次第にストレスがたまるような問題点が
増えてきた。

androidがiOSより悪いところ

twitterのテキストコピーが不可能。

頻繁にフリーズ。(ATOKを外したら減った)

AC電源を付けないとたちあがらない
深刻なフリーズが1回発生。(ATOKを外したら減った)

画像や動画など、ファイルを保存するルールが
ないのでアプリによりいろんなところに散らばって
見つけるのが大変。

OSのアニメーションがかくかくっていうかぶるぶるって
いうか、IOSだとスムーズなのに、あまり質がよくない。

端末内のファイルを端末内で移動やコピー等でいじるとき
処理が遅い。

標準の音量が低すぎる。
最高音量にしても小さい。

android4がIOSより良いところ

指定の連携アプリ(itunes)を使わなくても
自由にファイルを出し入れ可能。

iOSがandroid4より良いところ

音質がよい。(ハード面かな)

標準の音量が適量。

動作が機敏でディズニーのアニメのように
質が高い動き。

フリーズがない。

端末内でのファイル操作も機敏。

iOSがandroid4より悪いところ

itunes縛り。

て感じで。双方共に良いとこと悪いとこがあるもんで。
これをどうやってストレスをなくす方向にもっていくか。

xperia z ultraの導入を考えた。
しかし、これカメラが800万画素で荒い。
メインでは使えない。
さらに80000円という高額。

音声用は別に最低維持費1000円程度で用意して
データ用のipadと一緒に持ち歩くということも考えたが
どーもめんどくさい。

そして一気に目の前が晴れた方法として
テザリング。なぜ気づかなかったのかw

auで5000円程度でxperia Z ultra(どうしても使ってみたいんです
すいませんw Zでも良いかと思います。)を用意してこれを
テザリング機にし、
ipadのWi-Fi機を分割で購入して両方持ち歩くという方法ですね。

これで一気に全ての悩みが解消されました。

24回ならipad airの64GBが2700円~2800円程度です。
(色域の広さに結構差があるのでminiよりairを選びました。)

8000円程度でxperia z ultraとipadを運用できるんですね。

環境が用意できたらまた報告したいと思います。

音響エンジニアが語るwalkmanとiphoneの音質の違いについて。iphoneが一番原音に忠実です。

標準

私は、数十種類のメーカーや仕様が異なる
ポータブルプレイヤーや、プレイヤー、オーディオ
ビジュアル機器は当然として、
数十年、ミキサー卓からアウトプットされた
音響をモニター、ヘッドホン、イヤホン等で聴き続けてきました。

そういう背景を基にお話ししますと、

まず最近のシリコン化したsonyのwalkman
については、ミキサー卓の出力にさらに低音増幅
エフェクトを特別に通過させないと出ない音ですので、
明らかに低音をブーストした処理をしています。
イコライジングではありません。

アンプを内蔵していますが、
このアンプが逆に音に化粧をする
結果になっています。

iphoneはミキサー卓から出てくるまんまの
音質です。
ですからきちんとしたヘッドホンなりスピーカー
なりで聴かないと音がスカスカになります。
また、ほとんどの音響機器はこのイコライジング
が標準となっています。
これに好みにより低音に強いスピーカーを
組み合わせたりして作りこんでいきます。

iphone->amp->耳
walkman(amp)->耳

より原音に近い音が良いと思うか。
より自分好みの音に近い音が良い音と思うか。

良い音の定義が違うんですよね。

私はエンジニアですのでより原音に近い環境が
構築できないと、それを基本に環境により設定していくので、
音響エンジニア作業が始まらないから
原音に近い音を良い音と言っているのですが、
その場合はiphoneが良い音となりますが、

その私が環境により特別に仕上げた音質
が良い音だと言う人の場合は、定義が真逆
になるのでその場合はwalkmanが良い音
となると思います。
しかし当然walkmanの設定した音質は好みじゃない
人もいるわけです。
しかし、iphoneはamp追加したりできるわけですが、
アンプ内蔵のwalkmanはいじれない
んで売るしかないのです。

最後に、私はsonyのカセットのwalkmanや、
テレビやヘッドホン、DAT、等いろいろ持っていますが、
それらは原音に忠実なiphoneの音質に近いんで、
なんか低音を増幅しているシリコンwalkmanの音質は
sonyの製品の中でも特殊な音質だと思いますね。

最後に:

修正前の記事、
「音響エンジニアが語るwalkmanとipodの音質の違いについて。ipodが一番原音に忠実です。」
のipodはiphoneの間違いでした。

ちなみにこの記事を出稿時点のバージョンはiphone5でした。

遅くなりましたが深くお詫び申し上げます。