カテゴリー別アーカイブ: MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/A

macbook pro late 2013からmacbook air 1800への移行を決意したきっかけ 最終章。神様現る編

標準

macbook pro late 2013からmacbook air 1800への移行を決意したきっかけ

macbook pro late 2013からmacbook air 1800への移行を決意したきっかけ 店舗選定編

macbook pro late 2013からmacbook air 1800への移行を決意したきっかけ 奈落の底へ編

今日は現金問屋系購入のmacbookの初期不良交換は不可能だという
意識が支配した状態でしたのでろくに眠れず、、

おちついて、購入店のサポートページをいつもよりじっくり
時間をかけて読んでみることに。

確かに初期不良非対応メーカーとしてアップルが一社だけ記載して
あるのは再確認したが他は特に目新しい内容は見つからず。

まあ強いてあげれば初期不良はメーカーに問い合わせて
認証をいただいた時点で連絡して欲しいと書いてあるのが
印象に残った程度でした。

開封した初期不良だったらだれが壊したかわからない状態
だから新品交換はできないのもわかる気がするが、
本体未開封の状態で誰でも気づくような大きな範囲に損傷しているので、
いくらアップルでも交換してもらえるだろうと思いながら
アップルサポートに電話しました。

ちなみに今回のような傷による損傷の場合、保障規定に

本保証は、以下に対しては適用されません。(a) バッテリーなどの消耗部品 (損害が材質および製造上の瑕疵に起因する場合はこの限りではありません)。(b) 傷、へこみ、ポート部分のプラスチックの破損を含むがこれに限定されない、外観上の損傷 (損害が材質および製造上の瑕疵に起因する場合はこの限りではありません)。

とあるので、外観上の損傷については新品で未開封の状態で検品が必須です。

最初の結論としてアップルストアや正規代理店のアップル修理センター
に持ち込み上蓋だけ交換というかたちになると言われました。

しかし、私は現金問屋系での購入でも、今回の製品は
2重にテープが貼ってあるような開梱の痕跡があるような
怪しいものではなくシールは1枚のみだし、
確実にアップルの工場出荷状態のものを
私が初めて開梱した状態なので、
100パーセントアップルに過失があるのが
確実に証明できる状態なので
納得できないと説得すると、
きちんと聞いていただけて、
さらに権限が高い上層部の部署に回しますと
いうことになりまして。

しかし、そこでもやはりアップルは交換は行っておらず、
1週間程度のパーツ交換での修理対応になるとの一点張りでした。
購入店で交換が不可能なら修理しかないと。

ここで昨日調べて出てきたアップルが新品を送って
届いたら故障品を送ってくれれば大丈夫という
対応をされたという事例を例に挙げると、
それはアップルケアに入っている人なんじゃないかと
いう答えが帰ってきました。

私はこの時点ではよくわかっていなかったんですが、
夜に調べてみるとアップルケアの内容に
きちんと交換の旨が記載されておりました。

あとアップルストアの規約にも交換と修理を選択して
対応する旨の記述がありました。

やはりアップルストアでの購入が最も手厚くサポート
されるようですね。

あと初期不良交換してもらった人は購入店舗の記述が無い
のがほとんどなのでまあアップルストアか大型店舗
なんだろうと推測されますね。

で話を戻しまして、

購入店舗に話しても交換処理できるか不明なので
現時点でできることをすべてやりたいということを
申し出て、やはり症状を目視して記録したいということで
撮影して送って記録として残しまして、
直接の連絡先を伺って、

購入店に相談することになり、その際には
その方の名前を出しても良いいということで
店舗に連絡しました。

アップルから初期不良の認証が出て、
アップルとしても交換して欲しいと
言われたと。

店舗の方がその方に直接連絡して
折り返し連絡していただけることになり、
結局店舗の好意で交換してもらえる
ことになりました。

今回得た教訓。

アップル製品の購入店舗について。

初期不良時に修理対応ではなく交換して欲しいなら

1.アップルストア(オンラインも同様)14日以内の返品交換可能

2.正規代理店、サービスプロバイダがある店舗なら確実)14日以内の初期不良交換
3.が無くて
4.なるべく規模が大きい店(アップルサポートが認めた初期不良交換)

ていう感じに考えておくといいと思います。

ちなみに補償規定に返品交換の旨の記述がありますが、
製品によって対応が分かれているとのことで、
今回のようなコンピューター本体のような
大きなものの場合はパーツごと交換して
修理するとのことです。

また、逆に例えばアダプターとかパーツが分かれていない
小物の場合は返品交換で対応するとのことです。

まるごと、パーツ、、、というように
交換といっても内容がいろいろあるってことですね。

広告

macbook pro late 2013からmacbook air 1800への移行を決意したきっかけ

標準

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)

これ1年前まではまあ結局は新型のmacbook proも世代は違えど
同じintel core i5だからいいかと思って使い続けていたんですよ。

でなぜ最近一念発起したのかというと、macにwindowsをインストールして
ダブルブート化するための公式ツール、bootcampを使うときに
新型はUSBメモリが必要ないってわかったことがきっかけなんですよ。

あとmacにソフト的にintel環境を用意してくれるvmware fusion
というアプリケーションの動作が怪しくなってきたことなんですよね。

速度とかは特に問題じゃなく、安定した仮想環境を手に入れたいためですね。

で売り飛ばすことにしたわけですが結局80000円程度になりました。

で最初は同じMacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/A
に移行を考えていたんですが、
冷静に考えると、、

いや待てよ?一番安くて一番人気がある
MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/A
が92000円だろ?

でMacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/Aが135000円
だから差額が43000円だ。

43000円あればなにができるか。

4Kのディスプレイが買える、AMDのryzenとマザボのセットが買える、
そして一番くだらないと思ったのはスタンダードなwindowsのノート
が買えるってことですよ。。

また、、

macbook proの13インチ程度のサイズで実際retinaをいかした
1920×1080以上の解像度が必要だったか、そして、
使いやすかったのかと改めて自分に問いただしてみると、
最初は解像度が高いのでいろいろ高くして遊んでいたが、
解像度が高すぎて結局下げて利用していたから必要ないんじゃないかということ。

次にSSDの容量については、基幹のwindowsがあるから、書類や画像しか保存しないし、
仮想環境用のサイズもOSとブラウザしかインストールしない
ので30GB程度で十分で、256GBでも持て余していたことから、
128GBでも持て余すんじゃないかということ。

あと拡張端子類は
MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MPXQ2J/A
の場合は

2つのThunderbolt 3(USB-C)ポートで以下に対応:
充電
DisplayPort
Thunderbolt(最大40Gbps)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)

てことで、投資が必要で、さらにアダプタの持ち歩き
も必要ですが、MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/Aは

USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
Thunderbolt 2ポート(最大20Gbps)x 1
MagSafe 2電源ポート
SDXCカードスロット
3.5mmヘッドフォンジャック

でフルスペックだから逆に都合がいいし、

さらに、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)は
2014年に135000円で購入し、約3年で
80000円になったので55000円かかったが、
airは92000円で購入しても40000円までは
下がらないこと、

そして最後に、店頭で触った感触も上出来でしたので、

そういうことを加味すると、
MacBook Air 1800/13.3 MQD32J/A
がベストなんじゃないかと思い、購入に踏み切ることにしました。

明日あたりから動き出しますのでお楽しみに。