カテゴリー別アーカイブ: 2017.01.05 笑×演

役者と芸人の源流は同じなんです。2016.01.05笑×演

標準

猿劇、狂言、Conte、文楽と歌舞伎、漫談、漫才、、

源流はほぼ同じなんですよね。

笑いに重きを置くか、文脈に重きを置くかで
芸人と役者に別れるだけで。

たけしさんが、

「役者なんか笑わせなくていいんだから楽なもんだよ。」

と言ったのは有名です。

たけしさんより以前は芸人をやめて役者になる人が
ほとんどで、芸人をやりながら役者をやる場合は
コメディになるのがほとんどでした。

しかし、
たけしさんが高倉健さんと共演するまでに
なり、さらに社会的な結果を出していくと、
それまでの流れが一気に変化していきました。

そして、2016年の笑ってはいけないで披露された、
西岡徳馬さんによる完全な吉本新喜劇のカバー。

これは芸能史の歴史を変える事件でした。

芸人が役者をやることが常態化していくなか、
遂に役者が芸人をやることを成功させたんですよね。

まあ笑ってはいけないでは、以前から同様の試みは
行われておりました。
役者に役者として芸人になりきって笑いを役として
やらせるというもの。

しかし、今回の西岡さんの内容はそうではなく、
もう境界を感じさせるものはありませんでした。

話は変わりますが、

笑ってはいけないはガキの使いの外伝的な番組です。

ガキの使いはダウンタウンの基幹番組です。

作家は倉本さん他、高須さんらオフィスぼくらの面々
が現在も携わっています。

で、今回放送された

笑ってはいけないの役者の使い方からさらに進化し、

役者さんのパブリックイメージを題材に芸人が
ゼロからネタを手作りで組み上げて、本気で役者が
やりあえる状況に仕立ててあって驚いた

笑×演。

20170105%e7%ac%91%e6%bc%94

高須さんが携わっています。

そうです。もうお分かりですね。

高須さんが、私と同じことを感じて
単発番組用にさらに練り上げて
つくった番組だったんでしょうね。

数年前、芸人がいろいろシャッフルされて
組まされてそれぞれネタを披露する、ドリーム
なんとかっていうダウンタウンの番組が
あったんですが、最初はダウンタウンとさまぁ~ず
とか衝撃的な演出で驚きの連続だったんですが、
まあ慣れというものは恐ろしくて、次第に
ドリームと呼べない芸人が増えてきて、
淘汰されてしまったんですけど、、

なんか今回の流れを見ると、芸人が役者のフィールドに
飛び込んできて仕事を奪うことが常態化していくのと同時に、

遂に役者が芸人のフィールドに飛び込んできて役者が
お笑いをやるという流れが安定化していくような
気がして仕方ないんですが、どう思いますか。

広告