カテゴリー別アーカイブ: NHK

AKB48 SHOWが終わるのは単なるネタ切れ。そして劇場公演の魅力を後世に伝えていくにはどうすればよいのか。

標準

この番組のテーマは、劇場公演にスポットを当てて、
リリース楽曲デビューの新規ファンに紹介するという
目的でした。

始まった時期は指原氏が総選挙で1位をとった後の
2013年10月でした。

ちなみに、これ2013年私はももクロのチケットが
取れなくなってきて暇になってきてたので、
デビュー以来ずっと大好きだった指原氏を
現場で体験してみたいと思って、
初めて総選挙というものに行った時期でした。

そしてその時になんと1位になって
まあその時はいまのようになんの
知識もなかったので、まんまと踊らされてw
日産スタジアムで歓喜してしまったわけです。

2014年にフォーチュンクッキーがリリース
されてAKBの看板楽曲になってしまったわけです。

まあということなので、NHKのスタッフもたぶん
このインテリなNHKのスタッフが大好きなw
指原1位というイベントきっかけでAKBという
ものをよく調べてみることになって、
劇場公演の存在とそのしくみを
しって、それを紹介する媒体がない
ことに気づき、企画が通ったことで始まった
んじゃないかと思います。

開始当初はテレビ初という文字を入れて
劇場公演楽曲をオリジナルメンバーで
自信満々に披露していて、
この人たちよくAKBのこと調べて本質を
追求して番組作ってるな、、
凄いなあと思いながら見ていました。

しかし、よく今考えてみるとですね。。

劇場公演楽曲って1公演で10曲程度です。

でオリジナルはチームAとKとBとSDNだけです。
あとひまわりぐらいなもん。

それより後のやつは流用したり再編集
したりしたものです。

で1チーム6種類くらいなので全部で20公演程度です。
でそのなかで特徴的な楽曲となると数曲。
3曲と考えても全部で60曲程度です。

AKB48 SHOWはざっくりと計算しても1か月4回、
12か月で48回です。

そうです。

1年ちょっとでもうネタ切れしていたわけです。。

コントについても冒頭のコントとみなるんの
コントのみで特に新しい展開も出来ませんでした。

で最初はそれを補うため劇場から中継したり
してましたが、それもDMMがあるため
本編は無理でした。

だから、演者を変えて同じ楽曲を繰り返し
やることになって、私が飽きていたのも
当然だと思うんですよね。

私はもし劇場公演を高画質で放送可能に
なった場合は、NHKは面白いと思いますが、
まあDMMが絡んでいるので難しいでしょう。

このDMMがやっぱ邪魔ですよね。

今4kの時代なのに、その設備が整ってる
NHKで放送不可能だっていう。
あとNHKで放送すれば貴重なアーカイブとして
記録が残るのにDMMがいるために
ボケた低レートの低解像度の映像しか
記録として残せないっていう。

だれも得しないですよね。。これって。

AKSへの要望は、

DMMに高画質の配信を要求して、
不可能なら権利をAKS側に渡す
動きをしてほしいです。

そうすれば、ファンも増えて、AKSの
利益も増えて、いいことづくめだと思います。

いかがでしょうかAKSのかた。

関東テレビ各キー局のアイドルとeスポーツ、への取り組みの歴史と傾向と対策を指原氏の動向から読み解き、時代によるアイドルの質の違いについても考えてみる。

標準

加地さんは、たまにロンハーやアメトーークに出ていたので、
指原氏をしつこくオファーかけて
いる気がしますが、最近分かったことで、指原氏は
時間もわからなくなるくらい激務だったので、

卒業後時間的に余裕ができた指原氏が、
加地さんと神原さんのどちらをとるのかw

あと日テレにも毛利さん、
TBSには大木さんと藤井さん、
フジには神原さんと中嶋、
テレ朝には加地さん、
テレ東には佐久間さん。

卒業後、指原氏はゴールデンタイムと深夜を
どうバランスをとっていくのか。

少し伝えたんですが、
おぎやはぎさんを参考にしたらどうかと。

話を戻します。

各局別に考えてみます。

NHKはAKBグループやハロプロとずぼずぼ。

日テレはAKBGですね。
2010年ごろアイドルちんというスポット的な
番組ではももクロも絡んでいましたがブレイクとともに
MCの有吉さんともども出演時間を割けなくなり離れ離れに。
まあギャラが相当安かったんでしょうねw

TBSもAKBG。ピンポイントでハロプロ。
昔はジャニーズの登竜門的な番組が深夜に
多数輩出されたんですが、今はゴローさんと
V6、たまにKAT-TUN。

フジはまあフジのスタッフがAKSに流れているので
当然AKBG、CSでももクロ、あとは総合イベント
としてTIFですね。
日置祐貴さんが絡むとでんぱ組が推されますw
しかし、鉄板で面白いものができあがります。

テレ朝はももクロって言っても、ももクロChanの配信
がテレ朝動画で始まってCSで別冊、結構後に地上波
が始まりました。
あとでんぱ組もセットで推してます。
ちなみに両方とも佐々木敦規のチームですので、
ほぼ任せている感じです。

テレ東は雑食性でいろいろあまりコストがかからない
ところでやってます。
メインはジャニーズのような気がします。
しかし、ゴッドタンチームは別で、
サブカル系の制作会社のシオプロと
感性が鋭いオークラさんの主導で、
早くからももクロやエビ中をピンポイントで
ブッキングに成功していました。
ももクロに至っては、UFIというプロジェクトで、
早見あかりを連れてきて、東京03、バカリズム、おぎやはぎ、
劇団ひとり、ももクロ、オークラ、シオプロ
っていう、壮大な盛り上がりをみせました。
他にもBiSや伊藤麻希を主役に抜擢したり、
事務所的な企画演出に縛りがある、まあ、秋元康
に許可を得るみたいなですねwAKBGではないのを
武器に、好きに演出をして、こんな内容が見れるのは
ゴッドタンだけ!
オークラさんとシオプロの作品が見れるのは少年ジャンプ
だけっていう感じで、現在も行われています。

ちなみに少し前、監督の佐久間さんにtwitterで
伺ったら、出演してほしいんだけど、スケジュールを
割いていただけないと言っていましたので、
佐久間さんのチームはスタダの人たちを
気に入っているんだけど、すべては
スターダストの匙加減みたいなようです。
まあAKBについては、興味がないから
どんなにスケジュールがあいてても
出演はNGっていう感じですかねw
ただし、AKBの縛りが解かれて
自暴自棄になっているバラエティ志向の
メンバーには寛容です。
西野さんとか、野呂ちゃんとかねw
創造力がありすぎて、
AKBの秋元康しばりっていうのが
鬱陶しいだけかもしれませんねw

っていう感じでしょうか。

こうやってみてくると、バラエティとアイドルは
シンクロしているということがわかってきます。

ということは両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝されるということが
わかります。

また両方に対応可能なスタッフも同様に
重宝されるということですね。

ただ「両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝される」

「いつの時代」の中身は大きく異なります。

ここでハロプロムーヴメント以前と以降、
と言いたいけど、まだこれでは甘すぎるので、
いろいろ問題はあるが、
AKBムーヴメント以前と以降と区切って、
恋愛可と恋愛不可の時代で大きく時代の転換点
ができていることも付け加えないといけないと思いますね。

過去と今のアイドルはハロプロムーヴメントで1つ、
AKBGムーヴメントで1つ、
さらにスターダストムーヴメントでさらに1つ
大きな区切りが入っている気がします。

ハロプロは恋愛についてあいまいだった。

AKBGははっきり書簡に記した。守るか守らないかは自己責任。

スターダスト芸能3部はさらに実行で示した。

よって大きく区切るとハロプロムーヴメント以前と以降だが、
以降の時代も大きく分かれているということ。

そして、

スキャンダル上等のハロプロムーヴメント以前のアイドルと
以後のアイドルの差はどこに現れてくるのか。

アイドルは男性も女性もスキャンダルの量と
採用可能な番組の規模や視聴率は反比例する。

視聴率を期待できる番組ほど、
スキャンダルが多い人は
採用される確率は減っていく。

それは今も昔も変わらない気がするので、
スキャンダルに気を付けたらそれだけの
見返りは必ずあるということ。

だから、ハロプロムーヴメント以降の
アイドルは以前のアイドルより活躍できる
場所はとてつもなく広いということもわかる。

だから今のアイドルが活躍してしまった場合、
以前のスキャンダルが汚かったアイドルたちは
置き換えられてしまうということ。

こういう流れまで読み取れずに安易に
数年の我慢にも耐えられず、
性欲の為に恋愛に走った人たちは
死んでもその記録は残り続けるので、
後世にまでマイナス要素は受け継がれてしまう
ことでしょう。

きちんとまじめにアイドルの人生を
全うすればきちんとそれの見返りは
あるということです。

ただし、大きな仕事をできる権利があるだけで、
できるかどうかは実力次第だということろ
理解しておく必要があります。

頑張るひとはみんな応援しています。