カテゴリー別アーカイブ: テレビ東京

思わぬエラー切手を拾ってしまいました。「いま参勤交代中です!お馬さんパカパカ旅」

標準

いま参勤交代中です!お馬さんパカパカ旅

テレビ東京
2018年4月23日 30日

4月23日の放送内容
4月頭、小田原城に共家老、バイきんぐ西村の姿が。
馬に乗って登場した野呂佳代姫。

この「参勤交代」のルールは

①小田原城から江戸、つまり現在の皇居を3日間で目指すべし
②移動手段は、徒歩か馬のみ
③馬のエサは、自分たちで調達すべし

このルールを守りながら馬と一緒に皇居を目指す旅が始まった!!

まず旅の情報収集のため向かったのは小田原駅。
街の人に聞いてルートを確認。
突然現れた馬に街の人もびっくり!

なんとか1号線に出たものの、突然の馬のおしっこで大慌て!
さらに、馬の餌である野菜をもらうため、民家まで押しかけお願いしまくる!
交通量の多い1号線を避け、河川敷を走り、ようやくほっと一息!

しかし、この後陽が落ちるにつれ馬も人間も疲れ果て、、
この日の宿を探すことに。
が、馬も一緒に泊めさせてくれるところはなかなか見つからない!
初日からどうなるのか!?

ってことで、
私はテレビ東京の散歩番組はモヤモヤさまぁ〜ず
が根本にあるので、同じセンスを感じる散歩や
旅番組をテレ東では期待し続けているんですが、
まあ蛭子さんとか出川さんとか色々あったんですが、
結局、いまだに観続けようと思わせてくれる
番組に出会ったことがないんですよね。

そんな空気で何気に今回も期待せずに
観始めたわけですが。。

まず私の推しメンだった野呂ちゃんが
主役で馬に乗ってそれを天然系の芸人さんが
引き連れて小田原から皇居まで旅をする
という企画で、テレ東らしく、何も考えずに
見切り発車で始めたようで。

始めてみると、まずお馬さんが足をぶらつかせて
イラついてるので、理由を調教師さんに聞くと
水を飲みたがっているとのこと。

食べ物や飲み物は自己調達なので、
通りがかりの人や家に伺って色々
すったもんだがあってお馬さんを
満足させて北に向かって歩き出します。

途中お馬さんは道路が緊張するとのことで河川敷に
行くと文字通り道草を食いまくり、
楽しそうに走り出すお馬さんを見て
場が和みます。。

そして歩いてるとフンをしたり尿をしたり
してそれを始末しながら歩きます。

今度はお馬さんが足が汚れてイラついているので、
ガソリンスタンドに訊くと対応しているとのことで
洗ってくれます。

車は1000円くらいですがなんとお馬さんは
7800円だということでびっくりする現場w

ここで私は何かに気づきます。

これどこかで観たことあるなと。。

そうです。

ポンコツさまぁ〜ずの変形ですねw

あれは食用油をガソリンに変える機械が備わった
乗用車で様々な人たちと交流して食用油を調達しながら
旅をするという番組でした。

今回のは馬が走るのに必要なものを様々な
人たちと交流しながら調達して旅をすると。

でまた今回気づいたことがあって。

テレ東の旅番組は基本寝泊まりは用意されるということですね。

だから寝泊まりシーンはカットして歩いている
場面だけ繋いであるんですね。

これらの番組の何が面白いのか考えると、

絶対自己完結不可能な設定での旅と、
結果必ず発生する様々な人との交流ですね。

人の助けを受けないと番組が成り立たない
っていうね。

これ、様々な人との交流って部分は
絶対素人は不可能だと思うんですよね。

タレントだからこそ可能なんだと思います。

で助ける側は一般人なので、視聴者も助けている人に
感情移入して一緒に旅をしている気分に
なってしまうんですよね。

これ、今回は2回限りのパイロット版ですが、
経験が浅いテレ東の若いスタッフたちが
立ち上げた番組なので是非レギュラー化
してほしいと思いますね。

全く期待してなかったんですが、
ほっこりした気持ちになって
気持ちが安らぐ時間を共有させていただいて
感謝いたします。

ちなみに、レギュラー化して姫がこじはる
になってたら寂しいな。。
まさかと思うけど、野呂ちゃんを変えないで
下さいね。芸歴が数十年の苦労人なので
必ず野呂ちゃんは期待に応えてくれますから
信じて使ってやって下さいね。

一通りチェックして「青春高校3年C組」はとてもじゃないが「夕やけニャンニャン」レベルではないと判断して見限ることにした。

標準

私は以前、青春高校3年C組は夕やけニャンニャンだと興奮気味にお伝えしました。

しかし、我慢していくら観続けても何も面白みを感じずイラつくばかりだった。

もう隔週MCも全て観たけどいまだに滑ってる雰囲気が充満
しているので、何が違うのか考えることにした。

私は常に夕ニャンはとんねるずと大竹まことと秋元康
が爆発させたと主張してきた。

そのとんねるずと大竹まことの大活躍していたコーナー
の番組内でのポジションを考えると自ずと答えが出た。

それは、番組の主人公であるおニャン子クラブ
とは無関係な視聴者ととんねるずや大竹まこと
がタイマンで対峙する企画のコーナーが
爆発していたのです。

夕ニャンは60分番組だったので、前半の30分を
おニャン子関係のコーナーに割り当てて、
後半の30分はおニャン子がほとんど関わらない
コーナーに割り当てられていて、
そのコーナーが跳ねていたんですね。

しかし、
今回始まった青春高校3年C組の構成は
30分番組なので、そんな余裕はなく、
30分全てをおニャン子と同じ役割の
素人のオーディション
企画に割り当てているので、
私が期待していた若い芸人による
ビッグバンは期待できるわけがない
わけです。

だから、

私はおニャン子に全く興味がなく、
とんねるずや大竹さんしか興味がなかったので、
今回の青春高校3年C組に全く面白みを
感じないのはいたって当然なんですよね。

しかし、もし60分あったら、
佐久間さんは30分を芸人さんの
単独コーナーにしていたのかと
いうとそれはわからないわけで、

そうすると、、今回の失敗は
テレ東の編成が全て悪いのか、
秋元康が悪いのか、
佐久間さんが悪いのか、

理由は特定できかねますが、
私は3週間観て全く光明を見出せずに
期待が回を重ねるとともに
萎えていくばかりなので、
もう見限ることにしました。

あとオーディションの素人の
煽り文句にイケメンとか美人とか
面白さよりルックスを重視
するようにした下品なセンスに
もがっかりしてきたのもありますね。。

多分、数字が落ちてきているので
そういう方向に走り出したんでしょうね。

色々なものに巻かれて大変でしたね。

1年間の辛抱です。
佐久間さんお疲れ様でした。。

たまったものはゴッドタンとキングちゃんで
発散して下さいね期待しておりますww

2018.04.05青春高校3年C組おぎやはぎは糞つまらなくて飛ばしながら観て15分程度で削除しました。。

標準

おぎやはぎはOPから結構緊張感がピリピリしていて
どんなことにも反応する体制を万全にして
待機していたんだけど、

恋愛ネタでそれとは真逆のネタで
そのやる気が徐々に消えてきて
最後には見事に死体が転がっていましたねw

今日のおぎやはぎのやる気は想定外
でしたが今回はそれを生かせるネタじゃなかった
ので、次回に期待したいと思います。

2018.04.04青春高校3年C組三四郎は少し爆発する予兆を感じさせてくれました。

標準

三四郎の小宮さんは幸か不幸か
いじられキャラで、
小宮さん自身も自分から相手に
噛みついたりせず、
それを楽しんでどんどん来いよ
的な空気を出していたので、
それを感じて出演者と現場スタッフが
いじってきたので、

これで小宮さんや相田さんが次第に慣れてきて
相手に噛みついていったら爆発するんじゃないか
っていう気がしました。

2018.04.03青春高校3年C組 1人で盛り上げることができるパワーは限られている。

標準

今日のゲストは小峠さんでしたが、

100パーセント小峠さんだけで盛り上げていました。

しかし、高校生をなめたらいけません。

若い人たちはこんなもんではなにも衝撃を受けません。

違うんですよ。

今日の小峠さんのような場合は、出演者がさらに
かみついていって小峠さんをより興奮させないと
想定内の従来のバラエティ番組で収まってしまうんですよね。

小峠さん以外の全ての演者スタッフが、

小峠さんがやられたことがないようなことを
やってあげないと時代を変えるような
衝撃は生まれないと思います。

佐久間さん、

せっかくのチャンスで、
与えられた時間は短いと思いますから、
いままでのセオリーを無視して
めちゃくちゃやって
時代を創り出して下さい。

期待しています。

青春高校3年C組が期待を大きく裏切る内容だったがこれでいいと思った。

標準

以前、夕焼けニャンニャンだと言ったんですが、

夕焼けニャンニャンもですね、5日間のうち、跳ねたのは
大竹まことととんねるずの曜日だけだったので、
まあ全曜日面白いことは無いと思います。

スタッフ陣はOPがアニメっぽかったので
シオプロだと思ったら違って残念に思いましたが、
まあオークラさんが特別枠で構成参加していた
ので安心しました。

月曜日担任 メイプル超合金

火曜日担任 バイきんぐ小峠(隔週担任)
火曜日担任 千鳥(隔週担任)

水曜日担任 三四郎

木曜日担任 おきやはぎ(隔週担任)
木曜日担任 バカリズム(隔週担任)

金曜日担任 日村勇紀(バナナマン)

副担任 中井りか(NGT48)
教育実習生(通しレギュラー)???ノブナガ

この中で1,2組が跳ねれば上等だと思います。

で、隔週だとちょっと勢いの維持が不可能だと
思うので、毎週出れる誰かでしょう。

そうすると、

メイプルさん、三四郎、日村さん、
大穴としてノブナガがスターになれる
可能性が高いでしょう。

夕ニャンの時は、

リーダータイプの視聴者に媚びずに、
スタッフや視聴者の思っている以上に
暴れた人が若者の心を捉えて成功したので、

小宮さんは子分タイプなのであり得ないので、

可能性があるのは、

カズレーザーさんや、
三四郎の相田さん、
日村さん、ノブナガがいままで見せたことが無い
ような暴れ方をしたとき、
熱い何かが生まれるんじゃないかって
いう気がしますね。

あとは隔週メンバーが跳ねて毎週に格上げ
される状況も可能性大でしょうね。

その場合は切れたら怖いバカリズムさんなんかが
あり得そうな気配がします。

他のメンバーは大人しい人なので
期待薄かと思います。

数週間は様子見です。

2018.04.02 佐久間宣行と秋元康が組んだ新バラエティ番組がテレビ東京でスタートします!

標準

新番組

「青春高校3年C組」(月~金曜・後5時30分)

テレビ東京にて2018年4月2日から1年間生放送される。

企画構成が秋元康で、プロデューサーに佐久間宣行が
スタッフィングされたようです。

学園ものでメンバーというか生徒役は回を追うごとに
増員されていくようです。

まずテレ東側の企画イメージとしては夕やけニャンニャン
があると思います。

平日の夕方と、秋元康、生放送、素人参加型でさらに
出演者となって選考されてグループ化されていく。

またMCは日替わりでお笑い系のタレントが
配置される。

あとは佐久間さん視点で考えると、ピラメキーノ
がありますね。

あれは固定メンバーで生放送でした。

またゴッドタンの生放送企画も佐久間さんは
経験があります。

だから総合的に考えると、これまでのキャリアを
さらに濃くさせるような今回のプロジェクト
になると思うので、今回の企画意図の場合
佐久間さんしかいないような気がします。

テレ東の風神雷神の片方の伊藤さんは
生放送はあまり経験がなく得意だとは思えず、
収録時は結構放任主義何ですが、
しっかりと編集で作り込んで本放送に
流し込む人なので、生放送というスタイルと
メンバーが流動的な今回の企画
は不向きなんじゃないかと思います。

過去を捨てて新しい何かを求めるパンクな佐久間と
歴史を尊重するロックな伊藤。

テレ東のバラエティ部門は
しばらくはこの2人の時代が
続くんではないかと思います。

秋元康を起用した生放送バラエティは
各局挑戦しておりますが、
時を経ても時間の経過に押しつぶされず
さらに輝き続ける夕やけニャンニャンという番組
のすごさを感じさせる結果になっている気がします。

しかし未だ成功している例はないので、
テレ東にはぜひ成功して欲しいものです。

テレ東伊藤Pのにちようチャップリンと佐久間Pのキングちゃんが再始動。出川さんのレギュラーの経緯も明らかに。

標準

2017.04.09 日曜22時 放送開始

にちようチャップリン(伊藤P)

2017.04.10 月曜 放送開始

キングちゃん(佐久間P)

にちようチャップリンは土田さんと内村さんで変わりはない模様。

ただし、ふきだまりという、次期出演を狙う芸人がたまっている
部屋から中継する演出があるんですが、
その中継役は深夜では綾部と澤部だったのに対し、
予算が付いたことで、アンガールズ田中と 井戸田潤さん、
相内アナに入れ替わっていますね。
相内アナは舞台の仕切りでしたが控えにまわり、

舞台という現場の最前線の仕切りは
ハリセンボンと千鳥にパワーアップしましたね。

内村土田ゲストの女性で舞台の芸人について一般視聴者
との橋渡し役をして、
ハリセンボン千鳥でネタ以外の芸人の人間性を引き出しっていう
感じですね。

先日囲み取材があり、

経緯の説明を土田さんがしていて
興味深かったので取り上げます。

「チャップリンシリーズ?」と初耳の単語だったようですが、
『そうだ旅(どっか)に行こう。』で、旅ロケに出る若手を決めるため
のネタ番組が出発点で、
「そこで優勝したのが横澤夏子です。

で、その回が意外に好評だったというので、
旅番組やめてネタ番組になっちゃったっていうね。。」

テレ東はやんちゃなパンキッシュなピストルズ系佐久間Pと
ダラダラしたブルース系のストーンズ系伊藤Pって感じで
バランスよくコンテンツが制作されていていい感じです。

これに最近はゴッドタンの双津ディレクターが単独で活躍し始めてますね。

しかし、澤部さんは売れっ子のイメージですが、業界的にはまだ若手なんですね。。
入れ替わるとは思いませんでした。綾部さんもしかり。

あとそうだ旅に行こうについては、結構起点になって新しい流れが
できているのが面白いですね。
今回のにちようチャップリンもそうですが、出川さんも初MCレギュラー
番組が始まりますしね。

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」

あ!そうか。
あなたもわかりましたかw

そうだ旅に行こうの旅の部分はこちらに凝縮された
んですねきっと。そうだ!

土田さんはまだ気づいていないようですが、我々はわかっちゃいましたね。

2015.10.07 恵比寿★マスカッツ再始動。テレビ東京でマスカットナイト放送決定。

標準

恵比寿★マスカッツ、マスカットナイト1

いやいやデカデカと本人の趣向とは裏腹に
マッコイ斉藤の名がびしっと打たれる時代
になってしまいましたね。

マッコイ氏は自分の笑いのセンスは自分にしか
表現不可能だと思っていて、
それを額面通りに表現してくれる人が
いないからか、仕方なくしゃべりでは自らが
表に出るんですが、
以外と姿は現さないんですね。

このあたりは佐々木敦規さんも同様です。

片岡飛鳥氏は初期に殿様のフェロモンで
自分の車をいたずらされる企画で
実家で母親と一緒に出演して以来、
表に出たことはたぶんないと思います。

他のスタッフはMCに振られて返す程度で
笑いを取りに行くことはしないですね。

話が反れました。。

恵比寿★マスカッツ、マスカットナイト

そして制作がマッコイ・安西氏所属の笑軍様・ロードトゥシャングリラから
EBISU★MUSCATS PROJECTと、踊る大走査線規模になって
しまいましたねw

テレビ東京にとってはフジテレビの神原P主導のTIFを基軸にしたTIP、
東京アイドルプロジェクト規模扱いなんでしょうねw

ちなみにマッコイ氏、常日頃から佐々木敦規さんに
ももクロに携わっているのがうらやましいと言っている
んで、みなさんの落とし穴で落としたんじゃないか
って思ってるんですがw
そういう意味でもマスカッツ関係は期待していいんじゃないかと
思います。

あとMC陣もスタッフ陣をめったに変更しない情が厚いとんねるず
の精神を継承してか、マッコイ氏もおぎやはぎと大久保さん
を続投してきましたね。素晴らしいです。。

とにかく明るい安村さんは
芸人受けが良い芸人さんで、マッコイ氏の旧友でもある
有吉さんも自分の番組の仮想ブッキングで名前をあげて
ましたよね。裸の芸人が好きだと。

でもそしたら小島よしおちゃんとかハブさんはどうなっちゃう
んだって感じですが、

まあベテランだから良い意味で変な世界観が
なくてアドリブでいろいろ自由に笑いに持って行って
くれて使いやすいってことだと思いますね。

私はルミネのRGと安村氏のあるあるイベントの現場に行った
ことあるんですが、その時どんな状況でも落ち着いていて
ネタやトークで場を繋げてくれて安定していましたからね。

スタッフ陣は詳しくはわかりませんが、、

安西さんや小林岳夫PとSHO-GUNのスタッフ陣で
まとめられると思いますね。

最近ごりごりのくだらないマッコイバラエティがなくなっていた
んで楽しみです。

FNS27時間テレビ2015。さびしいが片岡飛鳥の時代の終焉を感じた。

標準

2015.07.25-26
FNS27時間テレビ2015

視聴者が上から目線で

「いまどきこんなのやってどうすんの?」
「ほんとにおもしろいとおもってんの?頭大丈夫かよお前ら。」

ってつぶやきながら観てましたよねw

~27時間テレビとは~

第一回目から視聴してきて、

結局27時間テレビを一言で表現するとしたら、

タモリたけしさんまが製作費の無駄遣いをして悪ふざけをする
年に一度の素晴らしい番組。

もうその一言に尽きると思う。

そして入社したばかりで血気盛んな片岡
飛鳥と吉田正樹が、深夜帯を任されると、
ナインティナインという数字の取れる参謀を隠れ蓑に、
上司に安定した視聴率を武器に有無を言わせず
やりたい放題やっていた第二期黄金期。

 

~失敗続きの理由とは~

笑っていいともと同じく、
27時間テレビもタモリたけしさんま
ナインティナイン、三宅恵介、港浩一、
片岡飛鳥、吉田正樹の黄金世代が神がかっていたし、
さらにその時代よりコンプライアンス制限も厳しくなり、

さらに現在の視聴者層は片岡飛鳥が継承に失敗
したことで、勢力の分散が激しくなり、
フジテレビよりも
テレ東の伊藤P、佐久間P、
テレ朝の加地P、藤井智久P、
TBSの藤井健太郎P、
そしてマッコイ斎藤、上原敏明、鈴木おさむ、福田雄一

といった切れ者で育ってきた世代が
バラエティ視聴者層の中心を形成している
訳だから、

やりたい放題やって数年前に引退して、
後継の中嶋やかがりへの引き継ぎに失敗し、
悲壮感丸出しで帰ってきたような
病み上がりにはやはりもう時代を
つくる力は残っていなかったんだと
確信しましたね。

 

~今回の放送を観て、復活の雰囲気は感じられたのか~

私は今回片岡飛鳥を感じようと努力しましたが、
ほとんどがレベルの低い過去の企画の再演で、
しかも昔は若さの勢いも相まっていたから面白かった
のに、同じ企画内容なので当然演者が高齢化しているため、
懐古的なお葬式的な内容に落ちぶれてしまっていたし。

そして
皮肉にも最も面白かったのが、

テレ東の佐久間ゴッドタンチーム
を盛大にパクったはいいものの、
そのコアな部分、オリジナル曲をやる
という演出に気付かずに、まあ片岡
飛鳥班が提案したが現在の能力がない
センスに鈍感な上層部の反発にあい、
分かりやすい大味なモノマネという
ネタに変更せざるをえなくなり、
まあ片岡飛鳥の自信がなくなった
からなのか、仕方なくばれないように5時から6時
という時間帯に放送した
この企画が一番面白かったという始末。

私はさらに2日目の昼頃、企画プレゼンのコーナー
(これもアメトーークのモロパクリなんですがね)
田村ロンブー淳がめちゃイケ、飛鳥、
淳が揃っている状態で、ギャグかどうかは
わかりませんが、ロリコンレイプ野郎の
出演を示唆するような演説を繰り広げた
ことで、
私は今回録画していたデータを即削除して
そこからもう片岡飛鳥なんかもうどうでも
よくなりました。

とんねるず、田村淳共々、
飲み友達だから、世間がなんと言おうといい奴
だからという理由で、自分勝手に
テレビに出演させるような傲慢な
タレントが大嫌いです。

以前板尾さんがダウンタウンについて話した
時、ダウンタウンとごっつで共演しているとき、
一切あの二人はそういう馴れ合いで出演させるような
ことはしないし、平等なので、いつ切られるか不安で
毎回緊張しまくっていたと発言していたんですよね。

私はこの匂いは現在では有吉さん、ダウンタウン、
佐々木敦規さん、マッコイさん、伊藤P、
に感じています。

きちんと面白ければ使うし、つまらなければ
使わない。
プライベートと仕事は分ける。

逆に淳と同じものを感じるのは島田紳助でしたね。

 

~フジテレビはどうすれば良いのか~

話がそれましたが、、

これ今回フジテレビはかなり重症だということが
さらけ出されましたよね。

今回、現時点でフジテレビが考えうる最高のスタッフを集めて、
過去人気があった企画をやりまくって、
最低の視聴率だったんですからね。

下ネタとか過激なものが無いから面白くないというのは早計です。
アメトーークとかは逆にそういう内容のほうが少ないけど
高視聴率を維持していますし、
モヤさまなんかもそんな要素一切ないのに高視聴率ですからね。
そんな逃げは許しません。

現在の基幹バラエティのプロデューサーに中嶋を選んでいるあたり
フジの上層部もセンスが感じられないので、結局現場も上層部も
腐っていると言わざるを得ないんで、
非常に難しい問題ですね。

個人的な意見ではフジのバラエティのスタッフで楽しみなのは日置さんと神原さんだけですね。
日置さんとオークラさんやカツオさんを組ましたいですね。