カテゴリー別アーカイブ: タリーズコーヒー

タリーズブラックを愛しすぎて未知なる領域へw 「キリン ファイア 燻製ブラック」

標準

キリン ファイア 燻製ブラック1キリン ファイア 燻製ブラック2

キリンの缶コーヒーはタリーズが出現するまでは
ジャイブやファイアといった粗挽きでダイレクトに
男らしく濃い目に抽出してミルクよりもコーヒー
の味を重視した味だったんですが、

タリーズがそのお株を奪うかのような
タリーズブラックという製品をぶっこんで
大成功を収めてしまったので、
あせってその主導権を奪うために
必死になっているのが現状だと思うんですが、

数年前に燻製という製品ラインを打ち出して、
いろいろ模索していて、
2016年に一度スーパーファイア ブレッドアンドコーヒー
というタリーズブラックそっくりの製品を
つくりだしたんですが、
なぜが市場から淘汰されて音沙汰が無かった
んですが、今回、タリーズの苦みへのこだわりを
捨てて、甘栗のような甘さの方を重視して
それを強めに打ちだした製品を出してきました。

タリーズが甘さと苦みが半分半分としたら、
これは苦みが20、甘みが80くらいの
味です。

コーヒーの成分はほとんど似ているんですが、
それをどういうふうに割り振るかっていうレベルです。

もうキリンはタリーズブラックと同じものをつくる
能力は備わったので、今度はキリン独自の
味をそこからつくりだして受け入れられるまで
開発を重ねていくだけだと判断しているのが
現在だと思います。

どの味がヒットするのかなんて神のみぞ知るところです。

ちなみに私は現時点ではタリーズブラックが最高ですが、
唯一足りないところっていうのも感じていて、
それは重さですね。少し水っぽいんです。。

それは重さイコールキリンの甘みだと今回思いました。

もし甘さと苦みがよりバランス取れたものが出たら
タリーズブラックから乗り換えると思います。

キリンの方、応援しております!

キリン ファイア 香ばしブラックのターゲットは確実にタリーズブラックですね。

標準

ドン・キホーテで買って飲んだら、まあ、明らかにタリーズブラックでした。

違いはまあ本家のほうが癖が強いってところですね。

キリンの方は甘栗のようなあの咽喉部に粘りつくオリジナルの
癖の強さを抑えて、焼きの香ばしさより豆のふっくらとした味
とバランスをとった感じです。

たまに朝出勤時にタリーズブラックは売り切れている
場合があるんで、こちらで代用してもよさそうですね。

ちなみに自宅の冷蔵庫で上から見たら香ばしブラックが一本もない
のでよく見たら、上蓋がよく似ていて笑ってしまいました。

IMG_0998.jpg

IMG_0993.jpg

2017タリーズコーヒー「違いを感じて」キャンペーン応募券48枚でタンブラーに挑戦した結果報告。

標準

タリーズキャンペーン2017

タリーズの缶コーヒーのキャンペーンは毎年行っていて、
最初はタリーズカードが当選しました。

次にドリップセットという豆とビーカーと
ドリッパーがセットになったものが当選しました。

それ以降、ここ2年は当選に恵まれておりません。

で最近はタリーズブラックを常用しているので今年は2箱分
エントリーしたんですが、

タリーズプレゼント2017

見事に玉砕しましたw

今年の出し物はタリーズカードとサーモスのオリジナルタンブラー
だったんですが、サーモスのタンブラーは既に常用しているので
どちらでもよかったんですが、タリーズカードは面白くないので
タンブラーにして見ました。

昨年は24枚程度で当選しなかったので、さすがに今年は2倍にしたので
当たると思ってたんですが、まあ昨今タリーズブラックの
人気が上昇していてユーザーも増えていることもあって
見事に落選してしまいました。