カテゴリー別アーカイブ: ワールドカップ2018

2018.07.03 ベルギー対日本を観て、プロとしてベルギーの方が上だと感じたポイント。

標準

なにごとも、相手の弱点を突くということは、
相手に合わせるということなので、
研究して相手を考えれば考えるほど自分のスタイル
が消えていくということ。

そういう基本的な観点から考えると、

日本は自分らの長所を多少犠牲にして
研究して発見したベルギーの弱点をついたが、
ベルギーは自分たちのスタイルや長所を生かす考え方
を最優先にして、相手の長所を出させたうえで、
それを上回る自分たちの長所をもって日本をねじ伏せた。

プロレスと同じだった。

チャンピオンのプロレス。

相手の技を全て受けて長所を出させたうえで
さらにそれを上回る自分の長所でねじ伏せる。

プロとしては悪いところが一つもない表現方法。

日本もいつかこのレベルに到達したいところです。

アルゼンチンやブラジル、イタリア、ドイツやイングランドはまさに
勝ち負けよりこの自分たちのスタイルの王道のサッカーを
優先して堂々と戦っていますよね。

ちなみにロシアなんかは日本のやり方で勝っている
のですがいまいち魅力を感じないし選手の名前も
いまだにわからないほどの無個性サッカーです。

指原氏とサッカーの関係性についてのコアヲタの見解。

標準

指原氏はサッカーの話どころか、
スポーツ自体興味が無いので
関係性は皆無だと言ってもいいと思います。

ただ、MCの仕事をしているところもあり、
話題に上ったら話を合わせないといけないので、
最近は仕事として多少覚えるようにしている
んじゃないかと言う気がします。

本気じゃないのは確かですねw

2018ワールドカップサッカー日本代表の同僚がベスト16の国々にはたくさんいるんだから安心しましょう。

標準

日本の決勝リーグ初戦の相手はベルギー。

香川真司の元同僚がたくさんいます。

ユナイテッドで一緒だった、フェライニ、自分勝手でくびになった
ヤヌザイ、デヘア、ファルカオ、フィルジョーンズ、アシュリーヤング
ドルトムントではポルトガルの若いラファエルゲレイロ、
売られていったデンベレ、現役バチュアイ、
スイスのビュルキ、アカンジ

岡崎のコンビで有名なイングランドの叩き上げ
遅咲きストライカーヴァーディー、マグワイア
ポルトガルのシルバ、
シュマイケル

本田はコロンビアのサパタ、ムリージョ

吉田麻也は
サウザンプトンのセドリック、ロブレン、

長友のインテルの同僚、
ペリシッチ、ブロソビッチ、コバチッチ、

って感じですかね。。

だからあまり卑屈になる必要は無いです。

もう個々の日本代表のメンバーは世界レベル
なんですから、あとは経験を重ねていくだけです。

ワールドカップもそうですが、
やっと自意識過剰なSM好きな変態監督がいなくなり、
やっと正常位好きなw西野監督によりベストメンバーが
代表に普通に名を連ねられるように
なり、それを推していた岡田さんが
指揮を執るようになったんだから、今後が楽しみです。