カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

2018.07.03 ベルギー対日本を観て、プロとしてベルギーの方が上だと感じたポイント。

標準

なにごとも、相手の弱点を突くということは、
相手に合わせるということなので、
研究して相手を考えれば考えるほど自分のスタイル
が消えていくということ。

そういう基本的な観点から考えると、

日本は自分らの長所を多少犠牲にして
研究して発見したベルギーの弱点をついたが、
ベルギーは自分たちのスタイルや長所を生かす考え方
を最優先にして、相手の長所を出させたうえで、
それを上回る自分たちの長所をもって日本をねじ伏せた。

プロレスと同じだった。

チャンピオンのプロレス。

相手の技を全て受けて長所を出させたうえで
さらにそれを上回る自分の長所でねじ伏せる。

プロとしては悪いところが一つもない表現方法。

日本もいつかこのレベルに到達したいところです。

アルゼンチンやブラジル、イタリア、ドイツやイングランドはまさに
勝ち負けよりこの自分たちのスタイルの王道のサッカーを
優先して堂々と戦っていますよね。

ちなみにロシアなんかは日本のやり方で勝っている
のですがいまいち魅力を感じないし選手の名前も
いまだにわからないほどの無個性サッカーです。

指原氏とサッカーの関係性についてのコアヲタの見解。

標準

指原氏はサッカーの話どころか、
スポーツ自体興味が無いので
関係性は皆無だと言ってもいいと思います。

ただ、MCの仕事をしているところもあり、
話題に上ったら話を合わせないといけないので、
最近は仕事として多少覚えるようにしている
んじゃないかと言う気がします。

本気じゃないのは確かですねw

2018ワールドカップサッカー日本代表の同僚がベスト16の国々にはたくさんいるんだから安心しましょう。

標準

日本の決勝リーグ初戦の相手はベルギー。

香川真司の元同僚がたくさんいます。

ユナイテッドで一緒だった、フェライニ、自分勝手でくびになった
ヤヌザイ、デヘア、ファルカオ、フィルジョーンズ、アシュリーヤング
ドルトムントではポルトガルの若いラファエルゲレイロ、
売られていったデンベレ、現役バチュアイ、
スイスのビュルキ、アカンジ

岡崎のコンビで有名なイングランドの叩き上げ
遅咲きストライカーヴァーディー、マグワイア
ポルトガルのシルバ、
シュマイケル

本田はコロンビアのサパタ、ムリージョ

吉田麻也は
サウザンプトンのセドリック、ロブレン、

長友のインテルの同僚、
ペリシッチ、ブロソビッチ、コバチッチ、

って感じですかね。。

だからあまり卑屈になる必要は無いです。

もう個々の日本代表のメンバーは世界レベル
なんですから、あとは経験を重ねていくだけです。

ワールドカップもそうですが、
やっと自意識過剰なSM好きな変態監督がいなくなり、
やっと正常位好きなw西野監督によりベストメンバーが
代表に普通に名を連ねられるように
なり、それを推していた岡田さんが
指揮を執るようになったんだから、今後が楽しみです。

単純にすごいと思います。。ガットゥーゾ「一番最初にピッチに入り一番最後にピッチを出る」

標準

「13年間やってきたのは別のスポーツだったと思う。
ここ(スイス)では本当のサッカーをやることができる。
色々慣れなければいけないことはあるが、楽しんでいる。
毎週の試合に臨むのが楽しみだし、責任もあると感じている。

最初にグラウンドに出て、最後にグラウンドを去る。

18歳の頃のような気分でサッカーができている」

(C)Goal.com
ガットゥーゾ、主力放出続くミランについて語る

知らない間に監督のライセンス取得してたんですね。インザーギ。

標準

2012年05月28日12時12分

提供:Gazzetta.it.(ガゼッタデロスポルト)

同選手は「美しい街フィレンツェを楽しむためにここへ来た。
それに、コヴェルチャーノで僕も参加する監督ライセンスのコースが始まるからね」と話している。


ACミラン公式HP

今年の5月14日から6月8日の間にUEFAコーチングライセンスのコースを終了している。


ストラマッチョーニの講義にも参加していたインザーギ。(インテル公式HPより)

カンナヴァーロやグロッソ、ネスタやガットゥーゾがいて、みんな熱心に話を聞いてくれましたよ。
私としては、とても刺激になる体験でした。
彼らの中には、すでに監督として考え始めているように思える人もいました。
とにかく、非常に集中していましたね。
ちょっと意外に聞こえるかも知れませんが、私はピッポ・インザーギに期待を抱きますね」

イブラヒモビッチが中田と同じ趣旨の発言をしたことについて

標準

 イブラヒモビッチ
「白髪混じりの頭になってまでプレーを続けることはないだろう。若いころはサッカー選手としてのキャリアしか考えていなかったが、今はほかのこともやってみたいと思っている」

完全に中田と同じ大きなトラブルもなくすんなりとサッカーであるていど
成功といえるところまで行き着いた人に共通する言葉だな。

観ているこっちはなにも成し遂げてないのに、なぜこのようなサッカー
を突き詰めたような発言ができるんだろうとあきれてしまいますよ。

スムーズにいきすぎるっていうのもこれまた人間をだめにしてしまう
っていうことの証明みたいな気がしますですねえ。。

リケルメとロナウジーニョが再評価され復活してきて嬉しい

標準

チームや出身国代表チームが調子悪くなり、表題の2人が再評価されているようです。

ロナウジーニョに至っては、ブラジル代表の調子が上がらないので、
元ブラジル代表の名選手たちがこぞって再評価しているみたいです。

リケルメについては、所属チームの順位(首位)を見れば歴然ですが、
時代は繰り返すので、スピードを求める現代サッカーの中で、
相手のリズムを狂わしたり、ゲーム全体のリズムをコントロールして
相手の裏をとるサッカーで勝ち進んでいるようです。

時代が変化するなか、2人は変化しないので、逆に変化している結果となって
いるようです。

しかし変化せず、自分を信じてきた代償は、世界のほんの一部分ですが、
サッカー後進国、我らが日本の2ちゃんねるでのバッシングの多さを
見ればいかに大きいものかわかります。

まあ地元では大歓迎されてますけどもねww

今日からJリーグ2011-2012シーズン開幕したんだが。。

標準

テレビで2試合やっていて観ていたんだけど、どうも南米やヨーロッパリーグのようなやる気やプライドや誇りが感じられない。。

あと、なんか観ていて不快な思いをすることが多い。

簡単に言うと

「汚い!」

なんか

ヒゲ、金髪、茶髪、ストレートパーマ

ばっかり。

助っ人外国人にはさすがにそういう人が少ない。

究極はナルシスト専門芸能事務所サニーサイドアップ
所属の大黒の白髪にはほんと閉口してしまう。

こんなゆとりサッカー金を払うまでもないですよ。

残念だけど当分観ることはなさそうだな。。