カテゴリー別アーカイブ: USBメモリー

主にMacOSX bootcamp vmware fusion環境による、USB3.0以降のUSBメモリの弱点について。

標準

データをMacとWindows間で移動したいためにUSB3.0
の高速USBメモリーを購入しました。

TranscendTS64GJF790KE

直結

PCとMacに直結の場合は問題なしです。

PCのWindows8では30GB程度のデータの書き込みは30分程度で
完了しました。Z87環境

bootcamp

それをbootcampのWindows7に差し込むとUSB2.0として
認識します。USB3.0では認識しません。

windows10ではUSBのbootcampをインストール後認識しました。

VMWare Fusion

OSXのVMWare FusionのWindows7では
USB3.0のメモリー自体を認識しません。
USBの設定をUSB2.0にしても不可能でした。
USB2.0のUSBメモリーは普通に認識しました。
windows8.1ではusb3.0で認識しました。

ということで、USB3.0のドライバはwindows8から
標準装備なのでwindows8か10にしてみます。

広告

今USBメモリが驚くほど価格が下落していますね。。64GBで2000円です。

標準

USBメモリの128GBというのは最大サイズでしたが、
それも4000円台です。USB3.0です。

20150507USBmemorykakakucom

SSDの250GBが13000円、120GBが7000円なので、
だいたいSSDの半額がUSBメモリって感じでしょうかね。

20150507SSDkakakucom

USBメモリは読み込みは早いんですが、書き込みが遅くて楽に
数時間かかるので、大きなファイルを頻繁に入れ替える
場合は覚悟が必要ですね。

MACBOOK等のドライブレス機種で使用するのが主な用途だと思います。

私はゲームやパソコンのエミュレーターとロムファイルを
移動するのに使用します。全部で32GB程度なので、
クラウドは時間も金もかかるし、NASも金かかるしうるさいし
って感じで、一度入れてしまえばあとは小さいサイズの
出し入れだけなのでUSBがぴったりだと思いました。

しかしCPUやメモリが高騰しているんで高止まりしていると
思っていたんで嬉しい誤算でした。

ちなみにUSB3.1の製品登場がそこまで来ていて速度もまだ数倍早く
なっているんで、一応覚えておいてください。
2015-05-07_USB規格wiki

指原氏もSNS世代って言い張るならば
この程度はよく覚えておくようにね。