カテゴリー別アーカイブ: Intel

AMDが苦節8年、RyzenCPUでようやくIntel独裁を駆逐する時がやってきました。

標準

2009年2月、前バージョンのAM3発売時、私はAMDを購入しました。

エンジニアの現場ではAMDは非常に評判が良い
ので支持者が多いんですが、資本主義の世の中、
いかんせんいろいろintelの提案が標準化に
繋がっていくことが多いことがあって、
結局それを導入しているIntelになってしまうという現状。

また仮想コンピューティング全盛の昨今、
それに全面的に対応しているのはintel
なんですよね。
でもintelが中心で広めたので当然と言っちゃ当然なんですけどw

私はそこを扱っているので、AM3は
購入しなくなりました。

AMDは統合合併をくりかえし、
まだ諦めてはいませんでした。

で8年が経過した今回のAM4。

intelはデスクトップのメインストリーム向け
として4コア8スレッドのままの状況ですが、
マルチコアの先駆者AMDはそれを推し進め、
もったいぶらずにコア数を増やして価格を下げて
きました。

最近、ゲームもi7が標準になってきているので
8コア16スレッド以上は確保したいところ。

標準タイプは

MB(1万円台になりそうです)
AM4 X370チップセット(SATA3が8本あるのでこれで十分です)

CPU(Ryzen 7はi7、Ryzen 5はi5に対応しているぽいですね)

name core base turbo
Ryzen 5 1500 6/12 3.2 3.5 $229
Ryzen 5 1600X 6/12 3.3 3.7 $259
Ryzen 7 1700 8/16 3.0 3.7 $319
Ryzen 7 1700X 8/16 3.4 3.8 $389

ここらが人気になりそうです。

ベンチマークでは思わず2度見をしそうなくらいに
AMDが圧勝する展開をみせています。

GIGAZINE
AMD Ryzenのベンチマークリーク、いよいよIntel超えが現実のものに
http://gigazine.net/news/20170215-amd-ryzen-benchmark/

あと私が注目している仮想コンピューティングの世界に
おいても、昨年あたりからAMDがROCmというオープンプラットフォーム
を立ち上げており、それに期待してgoogleが自社システムに
採用するまでに至っております。

Googleが自社のディープラーニング向けクラウドサーバーにAMD FirePro S9300x2の導入を発表、Googleは先を読む
http://www.weblog-tech.nagoya/about-hardware/amd/1251

弱点を着実に修正し強化してじわじわと戦略に乗っ取って
成果を積み重ねてきた結果が今回のRyzenという
わかりやすい結果となって凝縮されてあらわされた
んじゃないかと思いますよね。

今回はネットでも3月2日の解禁日に記念で行きたいと
いう人が増えているので、私も行けたら行きたいと
思っております。

広告

SanDisk SDSSDHII-240G-J25とIntel SSDSC2CT120A3K5のパッケージデザインの貧富の差がすごい。

標準

2012年製 Intel
SSDSC2CT120A3K5

2014年製 サンディスク
SDSSDHII-240G-J25

のパッケージの比較。

Intel SDSSDHII-240G-J25とSanDisk SSDSC2CT120A3K5

今回あまりにも作りが簡素化されて
いたのに衝撃を受けてパッケージの
設計だけですが記事にしました。

2年でこれだけ変わるんですね。

価格は前者も後者も12000円程度です。

改訂版のインテル8シリーズチップセットは9月後半から10月前半に出荷されるでしょう。

標準

Motherboards with Revised Intel 8-series Chipset to Show up by September

Motherboards running C2-stepping Intel 8-series chipsets should begin surfacing on the market in September 2013, according to a DigiTimes report. The C2-stepping addresses a design flaw in the 8-series chipset’s integrated USB 3.0 host controllers, which causes connected devices to improperly reinitialize after the system resumes from a sleep state such as S3 (suspend-to-RAM), forcing users to unplug and replug such devices; which can particularly be an irritant for people running USB 3.0 external RAID boxes.

The USB 3.0 erratum came to public light a bit too late for Intel to delay the June launch of its 4th generation Core “Haswell” processors platform. By the time it emerged that Intel was working on the C2-stepping, production of socket LGA1150 motherboards were already on full-swing, and at the time it was predicted that motherboards with the rectified chipsets would fill up inventory by late-Q3 or early-Q4, 2013. This update point out at September checks out.

ちなみにQ3は7-9月、Q4は10-12月です。

Thursday July 18, 2013 10:54 AM, source: techPowerUp!

C2ステッピングのIntel8シリーズチップセットを実行しているマザーボードはDigiTimesのレポートによると、2013年9月に市場に浮上開始する必要があります。 C2ステッピングでは、ユーザーが抜いて強制的に、システムは、S3(サスペンドツーRAM)などのスリープ状態から再開した後不適切に初期化するために、接続されたデバイスを引き起こし、8シリーズチップセットの統合されたUSB 3.0ホストコントローラの設計上の欠陥を、対処そしてこのようなデバイスを再び接続;特にUSB 3.0外付けRAIDボックスを実行する人々のために刺激することができる。

インテルはその第4世代のコア”ハスウェル”プロセッサプラットフォームの6月発売を延期するのUSB 3.0エラータは少し遅すぎる公共明るみに出た。時間によっては、IntelがC2ステッピング、ソケットLGA1150マザーボードの生産に取り組んでいたことが明らかにフルスイングに存在した、そして同時にそれが整流チップセットとマザーボードが遅れ-Q3または早期で在庫を埋めるだろうと予測された-Q4、2013。 9月で外にこの更新ポイントはチェックアウトします。


ということで最初から9月から10月にC2-ステッピング修正版
の出荷が開始されると明言されていましたね。
待ちましょう。

なんか初めてショップ側からHaswell Z87のC2ステッピング製品についてのリアクションがありました。

標準

8月8日にそろそろC2出荷すると発言したということは、
12日ごろから始まる感じなんでしょうか。

ASrockは普通に店頭にC2シールが貼られたものが
置かれているみたいなんで、他メーカーもそろそろな
気がしますね。

私はSATA3.0の拡張カードを使ってHDDを多く配備していて、
拡張カードのBIOSが邪魔で起動が遅くなるのでスリープを多用するため、
それの解消のためZ87が必須だし、
スリープとストレージの安定運用のためにもこの問題を
解消したC2ステッピング製品が必要なわけなんですよね。

8月下旬に期待ですね。

追記:
といってもう9月中旬。
日本国内に流通する気配なし。
それか店舗がC2在庫を出さずにC1を出しているのか。
待てない人は
ASrockのH87のC2を店頭で購入しましょう。通販だとC1が来るので注意。

実は10日ほど前から問題を解決したC2リビジョンのZ87チップセット搭載マザーボードが登場していた。

標準

http://www.gdm.or.jp/voices/2013/0728/38853

「いつの間にか変わっていた」(7/28) ・・・某ショップ店員談

USB周りに問題を抱えているとされるIntel 8シリーズチップセット。該当するのは発売当初から出回るC1リビジョンの製品だが、実は10日ほど前から問題を解決したC2リビジョンのZ87チップセット搭載マザーボードが登場していた。

2013.07.29 よりUSB3.0問題を修正したC2ステッピング製品の出荷開始

標準

First C2-stepping Haswell motherboards available July 29

By Marc Mouthaan, Wednesday July 17, 2013 11:55 AM, source: Computerbase.de

In March, it became known that the Haswell-chipsets have a problem with their USB 3.0-controllers. After a system with a C1-stepping chipset is restored from standby (S3), the attached USB 3.0-devices are disconnected. Although no data is lost, opened files will have to be reopened.

As soon as the issue was raised, Intel started working on a new revision of the chipsets, but did decide to launch the C1-stepping, reasoning that the majority of consumers wouldn’t be affected. The chip manufacturer has now stated that the first C2-stepping motherboards will be available July 29. This revision fixes the issue with the USB controller. Intel will launch its DH87MC, DH87RL, DZ87KLT-75K, DB85FL en DQ87PG and it highly likely that other motherboard manufacturers will follow with their new boards shortly after.

2013.07.16から2週間以内にC2ステッピング搭載H87, Z87, B85, Q87チップセットのマザーボードが出荷開始されるようです。

標準


北森瓦版

Intel 8 series C2-stepping搭載マザーボードの話題
2013/07/16(Tue)

C2-stepping for Haswell motherboards in two weeks (update)(ComputerBase.de / ドイツ語)

IntelのProduct Change Notificationsに不具合を修正したH87, Z87, B85, Q87チップセットのC2 steppingが用意されることは知らされていたが、このC2 steppingのチップセットを搭載したマザーボードがこの2週間の間に市場に登場するようだ。

haswellの一般発売日は2013年6月2日か?

標準

core i5-2500から買い替えるには
いいタイミングになりそうです。

いろいろ刷新されているところはありますが特に
今の時代6GbpsのSATA3は2本じゃ持たないです。

PCI-eで増設すると起動メッセージがじゃまくさい
んでね。

SATA3が6本あるのは魅力的。

これが新しいスタンダードになりそうですね。

インテル、22nm世代の最新CPU「第3世代インテルCore プロセッサファミリー」正式発表

標準

さあ今週末は販売開始だZ!!

Kは仮想用機能が足りないので注意ですよ。

エルミタージュ秋葉原
http://www.gdm.or.jp/pressrelease/201204/24_02.html

インテル公式

http://newsroom.intel.com/community/ja_jp/blog/2012/04/23/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB-pc-%E3%81%AE%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%82%92%E5%88%B7%E6%96%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E7%AC%AC-3-%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB-core-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8

私は3550か3770ですね。

仮想機能フル装備で、値段も手ごろで、Kと比べてあまり速度も差が無いですからね。

Intel製CPU「Ivy Bridge」こと第3世代Core iシリーズの国内予価が判明した。

標準

http://www.gdm.or.jp/voices_html/201204/11a.html

私はクラウド、仮想技術者なんで、VT-dなしの
Kは買いません。

Core i7-3770 28800円
Core i5-3570  19980円

まあ上記2タイプが検討対象ですね。

あとZ77マザーもCPUと一緒に購入すると割引という
特典がお約束で始まりますので、一緒に購入
する予定です。

以下が検討対象ですが、ASROCKは私が最近数年使用
していて問題ないので大穴だと思います。
ただ、D-SUBコネクタがぐらぐらしているのが
ASROCKクオリティ(メーカーに聞いたらこれが標準だと言われた)
なんで、それだけ注意すれば、パーツの質、設計センス等
良いメーカーだと思います。

ASUSは無線LANが付いていますが、別に購入しても
まったく問題ないので、それだけの理由で選択する
ことはしないです。

ASROCK Z77 Extreme4 14400
MSI Z77A-GD65 18800
ASUS P8Z77-V 19000

ゴールデンウィークが楽しみです。