カテゴリー別アーカイブ: google+

android全てとipad retinaを実物で比較したら結局結論はipad air2になりました。

標準

NEXUS 9を購入しようとヤマダ電機に向かいました。

よほど問題がなければ購入を決めていました。

しかし、触ってみるとnexusやxperia、yogaは
ハードウェア性能的には申し分ないんですが、
数字ではわからない部分がわかりました。

購入を踏みとどまった理由

yoga tablet

画質の圧縮感がひどくのっぺりしていて
キーボードとタブレットを繋ぐ出っ張りがやはり
邪魔ですね。
あとlenovo特有のアンケート用紙に記入する時に
付いてくるクリップボード感、ガンプラを触っているような
プラスチック感丸出しの感触が気持ち悪いです。

NEXUS

感触はyoga同様で、プラスチック感チープ感がひどく、
持っているだけでミシミシ音がするのは笑っちゃいました。

画質はandroid陣営では良い方ですが、
中華系ディスプレイ特有ののっぺり画質、
圧縮画質感丸出しで、まあipad retinaとは比べ物にはならず。

xperia

私はxperia z ultraやblaviaユーザーなのですが、
それらと同系統でこれはさすがといった感じでした。
ただ、xperiaのハードウェア性能をもってしても
画質の圧縮感のっぺり感は払拭できていない
ので、結局androidOSの仕様上このxperiaの画質
が最高画質なんだろうと思います。
もしxperiaでiOSを扱ったらすごい画質の製品が
できるんじゃないかと思います。

帰り際に誰もいないフロアでひっそりと
たたずんでいたipad air2

全て上記の機種をチェックしてがっかり感
満載で疲れて帰る時、
静かにそんな私を出口付近で受け入れてくれたのが
ipad air2でした。

なんか

「私はそうなるかと思って静かに貴方を待っていましたよ。。」

と話しかけられたような気がしましたw

ipad retinaに決める決定打になったのは画質でした。

触っているとあまりの気持ちよさに
flac再生のことや動画互換性なんか
忘れてしまいました。

わかりやすく表現すると、、

android陣営は少し強めに圧縮したjpg画像、

ipad retinaは無圧縮のBMP画像、
デジカメファインダー越しダイレクトの風景、

て言う感じでした。

やはり昔からapple製品は画質がよいです。

今のwindows 7 とOSXでもわかりますが、画質と音質
のこだわりがはんぱないです。

まあよく調べると完璧ではないけどflacも
mkvやその他の動画もアプリが出てきているので
がまんできるし、
microsoftもofficeやリモートデスクトップアプリを
出しているのでベース環境には不自由しないし、

という感じで、ipad air2 16GBに決めました。

ちなみに私が実物に触れて一番最初に感じた特徴的なことは、
特にandroidの解像度1920×1080以上と以下でwindowsや
androidはあまり画質に変化が感じられないということでした。
次にクリップボード感チープ感満載の中華系デバイスですね。

みなさんにも是非カタログスペックで決めずに
実物をチェックして検討することを強く推奨
します。

広告

google+で「ももクロ akb」で検索して読んでいると、AKBの前に普通の女の子なんだなあとすごく好印象になりました。

標準

google+とakbで検索すると、自由なAKBメンバーの、プライベート
におけるいち若者としての日常のつぶやきがみれて
大変興味深いです。

https://plus.google.com/b/107133178507094822376/s/%E3%82%82%E3%82%82%E3%82%AF%E3%83%AD%20akb

ももクロちゃんが、AKBを筆頭に、自分たちがライバル
として位置づけることで、ここまでこれたようなグループ
に対して、前から大好きでした純粋な気持ちでと公言し、
それをスタッフが押さえつけるのとは逆に、
自分たちもライブ等に参戦して勉強したり、
運営方法についても勉強して取り入れてきたり、
ももクロチームが純粋に良いと思うことを続けてきたものが、
結果となって表れてきているきがする。

ハロプロやAKB陣営が上からももクロというワード
の発言を押さえつけていたんだが、尖っているモーニング
の道重さんの推し発言を境として、いろんな場所での
ももクロちゃんの純粋なAKB推し発言、そしてAKBメンバー
のとの共演を通してのももクロの実像に偽りが無かった
と感じていること等、そして、そのももクロがより自由に、
思いつくままに発言して自分達から歩み寄ろうと
していることが、いままでおさえつけられていた
大きなグループのいちメンバーレベルの人にも
影響を与え、今日のような少しずつではあるが、
オープンな世界を形成していく前兆になっている
ような気がしてならない。

AKBほかの、上層部にやりたい放題にされていた
人たちが、google+をきっかけに、なんか、ファンと自分たちの
繋がりを武器にしたことで、いまの国際情勢のように、
ネットレベルで同志がつながり、力や情報操作で
コントロールされてきた市民が支配者を駆逐するような
世界が築かれつつあるのかなと思う。

あるAKBメンバーがgoogle+で愚痴ばかり書き込んでいた
のを、運営が検閲することになったが、それを秋元氏が鶴の一声
でストップさせたりした事件があったんだが、そういうのも
懸案すると、

これは、この世界もまだまだ捨てたもんじゃないなと
思った次第です。