カテゴリー別アーカイブ: 妖怪ウォッチ

2016.07.16妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ発売情報で、今後の戦闘システムの方向性が判明。

標準

私は実は妖怪三国志はバトルシステムに不安を感じて
購入していませんでした。

過去に光栄のシミュは数回チャレンジして馴染めなくて
萎えていた経験があるんです。

信長の野望全国版MSX

でもあの碁盤目配置システムが嫌いというわけじゃなく、
ポポロクロイスは面白くてはまったんですよね。

しかし、今回は真似じゃなくて光栄と公式にプロジェクト
を組んでつくったものだということだったんで、
光栄が馴染めない私は余計に手を出しづらく
なってしまいまして。

そんな流れがある中、

先日、突然、フラッグシップの妖怪ウォッチ3の発売日発表
が行われ、同時に、内容についての情報が解禁されました。

読み進めていくと、まず妖怪三国志はあくまでスピンオフだから
それだけで使うバトルシステムだと思っていたんですが、
妖怪ウォッチ3のバトルシステム

妖怪ウォッチ3

が、シミュレーションゲーム系の、
私の大好きなポポロクロイス

ポポロクロイス戦闘画面

の流れをくむ碁盤系配置システム
だということがわかりました。

そうすると、妖怪ウォッチのスピンオフ企画だった
妖怪三国志の戦闘システムが

妖怪三国志バトル画面

実はレベルファイブの
推し進める今後のバトルシステムの基軸になるシステム
だったんだということが判明したわけなんですよね。

これまではドラクエ、ポケモン、妖怪ウォッチの違いはあまり感じなかった
んですが、今回の妖怪ウォッチ3の発表で、

・ドラクエとポケモン
・妖怪ウォッチ

という分け方になりそうな感じがしました。

ドラクエやポケモンは碁盤系配置システムは導入してない
ですからね。本線のバトルシステムはウイザードリィシステム
、コマンド選択システムだけですからね。

でも、妖怪ウォッチはバトルシステムだけで避けていては勿体ない
位の内容の面白さが潜んでいるので、これに慣れて
楽しんでいくようにしないといけないかもしれません。

ちなみに、海外ではこの光栄システムは著しく私好みに
発展中でして、以前にもお伝えしましたが、
現在のbethesdaのdishonoredチームとかwolfenstein
チームに在籍しているスタッフの多くが携わっていた
Might & Magic Heroesシリーズの2015年リリースの最新版
ではこんなことになっておりますw

ここまで突き抜けてくれたら感動するんですけど、
アニメキャラだから無理だろうな。

大きな舵切りを行った妖怪ウォッチチームの今後が楽しみ
でもあり、不安でもあります。

しかし私の苦手なリアルタイム系のバスターズで導入したFFのやつ
が3で導入されなかったことだけは幸いでした。

広告

2014.12.31 第65回紅白歌合戦 今回の当サイトMVPは、、、

標準

・妖怪ウォッチコーナーのウイスパーのMCと
・松田聖子氏
次点
・中森明菜氏

でした~!

ウイスパー氏は見事でしたね。
ネタの内容も間もリズム感も最高でした。

松田聖子氏はアイドルの未来を見せてくださった
気がしましたね。
歌い終わった後後ろにいた柏木由紀さんの
顔が象徴的で素晴らしかったです。
柏木さんなら努力すれば大丈夫ですので
是非歌い続けて下さい。

中森明菜氏は浅倉大介の曲だったんですが、
ちょっと勿体無い気がしました。
もっと自分のパフォーマンスを最大限に発揮
できる楽曲が他にあるんじゃないかと思いました。
短く切りながら歌うより、ゆっくりと素晴らしい歌声を
もっとじっくりと聴きたい気がしました。

最後にももクロさんですが、アイデア不足に
陥ってる気がしますね。最近。

最初に、もう3回めでしたのでこれからは
新曲にこだわらなくても良いと思いました。

アイデアとしては、
今回のSMAPがやった作曲者が生で共演したのは面白い
と思いました。
私がNARASAKIジャンキーなんでたとえますと、
ピンキージョーンズをNARASAKI氏の生ギターで
やると面白そうな気がしました。
前山田氏が小室さんみたいに楽器のセットを組んで
生で操作して灰とダイアモンドをやったりしても
面白いですよね。
もうそろそろバラードが聴きたいですね。。

AKBGは全部早送りしました。申し訳ないです秋元さん。
だってどこにでもある曲なんで面白く無いんだもんww

最後に、今回は島田晴香師匠の出番は無かったんですな。
2013年はサブちゃんのバックに最後いたんだけどね。。残念。

妖怪ウォッチ真打、発売当日18時に大井町ヤマダにて予約なしで普通に購入しました。

標準

やはり読みは当たってましたねえ。

最初行った時無かったんですが少しぶらついて戻ってきたら
同じ場所に補充してあったので、「あ~あるんだ。。」的な
空気を醸し出しながら冷静を装ってw
店頭まで持って行きました。

約4700円の10%ポイント還元でヤマダオリジナル
のスーパーマリオタッチペンと卓上カレンダーと
雑誌付きでした。

また他にtwitterで状況を追っていたんですが、
コンビニ系、秋葉原ソフマップ、等でも買えた。

逆にヨドバシでは予約のみだった模様。
他にも販売はなく予約のみ受けている
ところもあった。

ということでゲーム業界ではドラクエ発売日
のような記念碑的な一日になりました。

関係者の皆様お疲れ様でした。

ドルヲタ繋がりで 妖怪ウォッチ=ジバニャン=にゃーKBヲタ=AKB=ぼっち=指原氏=私 ということで妖怪ウォッチで涙したお話です。そして、妖怪ウォッチこそ、真のwizardry魂が継承されたゲームだという論理に至る理由を追記させていただきます。

標準

ジバニャンとドルヲタといじめられっこと、、、

10月11日。

新しいニンテンドー3DSが発売され、主人公の1人でもある
ジバニャンというキャラクターが、妖怪の世界のアイドル
「にゃーKB」ヲタでサイリウム振りまくりの筋金入りヲタ
だということで興味を抱き、本体と同時にジバニャンが
出演している妖怪ウォッチの1と2を購入して遊んでいる
のですが、数時間経過してジバニャンと出会うエピソード
で号泣しそうになったお話を。

ある交差点にて、猫の妖怪が、通りすがるトラック全てに
戦いを挑み、ことごとく負け続けている姿を目の辺りにする主人公。

話を聞くと、、(だいたいこういうこと言っていました。)

「昔、ぼくはJKの飼い主と散歩しているとき車にひかれてこの現場で
死んでしまったんだ。

そしたら飼い主が「だっさ。。。」「車にひかれて死ぬなんてだっさ。。」
とぼくに言ったんだ。

それ以来、車にひかれて死なない強い猫になって見返してやろうと決心し、
ここで鍛えているんだ。

でもぼくは所詮弱い妖怪だから、、、

妖怪たちはぼくをいじめて、大事にしていたこのJKの飼い主の写真
も盗まれてしまった。」

とまあこういう話を聞いてそれからジバニャンと私の妖怪ウォッチのメイン
ストーリーが始まっていくんですよね。

これ本当に涙が出そうになりましたが、「ジバニャンとがんばっていかないと
いけないんだから泣いている場合じゃないんだ、これからなんだ。。」

と思うと涙を必死に我慢している私がそこにおりました。

妖怪ウォッチは現代のwizardryだ。

しかし、余談ですが、私はappleIIc時代からのwizardryヲタでもあるんですが、
私のwizardryの定義とは、その当時の最先端の戦闘システム、
最も大容量のモンスターやダンジョン、アイテム等のDB容量で
それらが最も楽しく遊べるようなバランスでつめ込められていた
RPGゲームだったと定義しています。

線画とか、画面デザインとか、そんなものは2の次で、
新しさと精密さでわくわくが止まらなかったんです。

ですから、そういう意味で考えると、私はペルソナとか他の
外伝的なwizardryという冠が着いた外見だけの偽者ゲームより、

実はドラクエ、ポケモンシリーズ、そしてこの妖怪ウォッチ
シリーズの方が、作り手の最先端の新しいわくわくするものを
作ってやるっていう真のwizardryの魂を継承している
ゲームなんじゃないかということが、この妖怪ウォッチをやり進めていけば
いくほど、思うようになってきて、自分の中でなんか
確信に近くなってきています。

実はwizardryは外見ではなく、一般社会では味わえない、
一般社会よりも旅や冒険や宝物をみつけるという擬似体験が
できるシステムのことを言うんじゃないかと最近感じてきました。
そしてそれを時代の最先端の技術で提供するということですね。

まさにDQ、FF、ポケモン、妖怪はぴったりあてはまると思います。

wizardryは古いものなんかでは決してないんです。
逆に最先端のものなんです。

多分これは世界で私しか提言していない内容だと思います。

これが時の経過とともにいろんな人に伝わっていき
真のwizardry魂が継承された、わくわくするような時代の最先端の
冒険ターン制RPGゲームが誕生していく時代が訪れる
ことを祈っております。

2014年10月12日
日曜日
onionixp