カテゴリー別アーカイブ: キリン ファイア 燻製ブラック

タリーズブラックを愛しすぎて未知なる領域へw 「キリン ファイア 燻製ブラック」

標準

キリン ファイア 燻製ブラック1キリン ファイア 燻製ブラック2

キリンの缶コーヒーはタリーズが出現するまでは
ジャイブやファイアといった粗挽きでダイレクトに
男らしく濃い目に抽出してミルクよりもコーヒー
の味を重視した味だったんですが、

タリーズがそのお株を奪うかのような
タリーズブラックという製品をぶっこんで
大成功を収めてしまったので、
あせってその主導権を奪うために
必死になっているのが現状だと思うんですが、

数年前に燻製という製品ラインを打ち出して、
いろいろ模索していて、
2016年に一度スーパーファイア ブレッドアンドコーヒー
というタリーズブラックそっくりの製品を
つくりだしたんですが、
なぜが市場から淘汰されて音沙汰が無かった
んですが、今回、タリーズの苦みへのこだわりを
捨てて、甘栗のような甘さの方を重視して
それを強めに打ちだした製品を出してきました。

タリーズが甘さと苦みが半分半分としたら、
これは苦みが20、甘みが80くらいの
味です。

コーヒーの成分はほとんど似ているんですが、
それをどういうふうに割り振るかっていうレベルです。

もうキリンはタリーズブラックと同じものをつくる
能力は備わったので、今度はキリン独自の
味をそこからつくりだして受け入れられるまで
開発を重ねていくだけだと判断しているのが
現在だと思います。

どの味がヒットするのかなんて神のみぞ知るところです。

ちなみに私は現時点ではタリーズブラックが最高ですが、
唯一足りないところっていうのも感じていて、
それは重さですね。少し水っぽいんです。。

それは重さイコールキリンの甘みだと今回思いました。

もし甘さと苦みがよりバランス取れたものが出たら
タリーズブラックから乗り換えると思います。

キリンの方、応援しております!