カテゴリー別アーカイブ: NHK紅白歌合戦

そろそろ前田敦子と大島優子が出るのがサプライズじゃなくて、、逆に

標準

第66回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
AKB48が、プリンセス天功監修のイリュージョンと10周年記念メドレーを披露。前田敦子と大島優子が出演するサプライズ

こうコバンザメのように卒業メンバーに出まくられると、、

これからは逆に

卒業メンバーが一切出ない方が

AKBにとって本当の

サプライズ

になりそうですねw

広告

ゴールデンタイムの大規模音楽番組の女性アイドルに対しての考え方について。

標準

紅白と女性アイドルというテーマで先日書かせていただきましたが、
より深く考察することで、大味な出演者で構成されてしまうこと
について、全てが音楽番組のスタッフの無能さによるものではなく、
現在の日本のテレビ環境にも一因があるのではないかという
結論に至りました。

~先日の紅白の文章

2015年の紅白歌合戦運営が糞だと確定した理由

の続きとしてご覧いただければと思います。~

NHKだけじゃなく地上波全体のゴールデン枠の歌番組
にとって女性アイドルの枠っていうのが意外と少ないのがわかります。

その理由はなんなのでしょうか。

結局、ドルヲタほど、世間一般では女性若手アイドルというものに対しての認知度
や興味を引くものがないので、

スポンサー視点で考えると、
深夜のような稼働人数が少ない時間帯ではなく、
趣味嗜好が様々な稼働人数が最も多いゴールデンタイムで、
可能な限りの人を引き込みたい場合、
全体的にバランス良く構成したほうが安定した
視聴率がとれるので、

そう考えると各キャラクターというかジャンルというか、
その枠ごとに人数を決めておかないとバランスが悪く
なるので、急激にアイドルだけ増やすとか、演歌だけ増やす
とかは不可能だから、規模が大きくなる程上記のような
大味な感じになってしまうのはどの世界でも仕方のない
ことなんだと思います。

あと特定の分野の人を多くすればするほど、それを嫌いな人
が我慢できずにチャンネルを変える可能性が高くなっていく
わけなんです。
1組か2組ならチャンネルを変えずに待てるんだと思います。
で、そういう結果が最近の分刻みの数字で顕著に表れて
きているんじゃないかと思います。

これはアイドルに限ったことではなく、
過去に他局、主にテレ東で大晦日のゴールデンタイムでロックだけとか、
演歌だけとか、懐メロだけとかをやった場合も散々でしたし、
あれだけ音楽に強いきくちさんがやってるFNSでも
アイドルはももクロとAKBGのみで、でんぱや
モーニング娘。は常連じゃないですからね。。

ということは、やはりゴールデンタイムの規模が大きい
音楽番組をやるときの女性アイドル枠っていうのは結局2-3枠
程度が限度なんじゃないかと思いますよね。。

この若手っていうのは重要で、ジャニーズを見ていればわかりますが、
若手とベテランは別枠としてカウントされていますので注意です。

ですから、、、

このような状況だということを根底に叩き込んだ上で考えないと、
誤ったルートに導かれてしまいますので、
気を付けておきたいところです。

2015年の紅白歌合戦運営が糞だと確定した理由

標準

モーニング娘。’15

ももいろクローバー

でんぱ組.inc

全てのグループのスケジュールがあいていて
内容にも同意しているとして、紅白2015運営が選考漏れ
させたとしたら、音楽に携わる能力は皆無だと断言できるでしょう。
NHKはタモリさんも言うようにドキュメンタリー製作スタッフは
一流なのに、音楽関係担当は相変わらずあほばかりですね。

開始当初はアーチストも少なくて選考にもあまり能力が
必要なかったので無難に始まったんですが、おかしくなったのは
フォーク世代からでしたね。

私は某劇場スタッフなんですが、収録に訪れるNHKロケ隊の振る舞いは
昔から上からの嫌な感じが相変わらずで、まあその感じを
正統に受け継いだ感じなのが紅白の担当者にも引き継がれて
いるのをいつも感じるんですよね。

で今回はそれが確信にかわったかんじですね。

ももクロ初登場の時出場を伝えるシーンを繰り返しこすって
数字を稼ぎ、番組に採用してまた数字を稼ぎ、
ももクロをネタに大物ゲストのオファーをやすやすと
取得し、おいしい思いをしまくった挙句、
しょんべんをかけることにより、紅白の地位をみせびらかすと。

最近この前兆のようなことがあったのを覚えてませんか。

これが理由を知るにはほんとわかりやすいですね。
2007年のAKB初出演の年です。

2007 58紅白

ハロプロがアイドルの安定枠で、芋づる式にベリとcuteとエッグが出たんですよね。
で最先端の秋葉原枠でAKBとリアとしょこたん。
で2008は先端枠にAKB。で安定枠にspeed。

 

2009はperfumeがMCの番組がNHKで始まり、
先端枠にAKBが生き残り、安定枠にperfumeが入れ替わる。
perfumeは特に目立つ活躍はないのに採用が安定的になる。

 

2010も先端枠にAKB、安定枠にperfume。
あとはお試し枠が西野カナ

2011も先端枠にAKB、安定枠にperfume。
あとはお試し枠がKARA、少女時代

2012も先端枠にAKB、安定枠にperfume。
あとはお試し枠が番組MCに採用されたももクロ。
perfumeと同じパターンでした。

2013は先端枠にAKB、ももクロ。安定枠にperfume。
あとはお試し枠がNMB、SKE

2014は先端枠にAKB、ももクロ、NMB、SKE。安定枠にperfume。
あとはお試し枠がHKT

単純に枠を増やしたから紅組出場人数が27から29に。

2015は先端枠にAKB、NMB、SKE。安定枠にperfume。
あとはお試し枠が乃木坂

 

でNHKとのかかわりはAKBGがドキュメンタリー発売時に
NHKが特別編集版の権利、AKB48SHOWでずぼずぼで
AKBGの現場にはいらせてもらってやりたい放題しています。

まあ政治家の献金と同じで出場させている見返りとして
ゆび祭りも独占放送したし、やりたい放題やってます。

あとは教育番組にAKBGが結構枠貰ってます。
perfumeはNHKのMJで特別番組やったり、
ライブを放送したりとこれも見返りとしておいしいおもいしてます。

 

でももクロはと言えば、、
テレ朝育ちなので佐々木敦規Pとテレ朝がメイン。
またフジもきくちさん繋がりでお互いアイデア交換して
中身の濃い番組を放送してます。

NHKは3年前にMC担当し、2年前にライブを放送したのみです。

 

ということで、

AKBGみたいにあらゆる手段を使って売り上げ記録を維持すれば
継続的に出演可能だということで、また、そうなるとNHKが強引に
番組制作に参加させて来るのでそれを許可させないとならなくなり
もろ刃の剣でもあるということなのですがそういうことはももクロチーム
は大嫌いだと思うので、そうするとももクロチームは紅白にはノータッチ
でいったほうがいいんじゃないかと思う訳です。

ちなみにAKBGはperfumeのようにアーチスト枠ではないので、
売り上げを少しでも落とすと外れる位置なので、
そういう存在価値というのもどうかと思う訳です。

総合して、紅白歌合戦に出場するには、

外部に気付かれないようにある程度の売り上げ数、曲
が採用されている番組の視聴率を達成させることを条件に、
出演させる見返りにNHKの企画演出に優先的に参加することが条件で、
NHKが作りたいと思わせるタレントだということが
必要だということですね。

ということで結局調べ上げて分かったことは一つ。

タモさんは頭が良かった

ってことですねw

NHKのあほスタッフ!タモさんと番組やったからって調子に乗ってんじゃねーぞタコwwwwwwww

続きを追記したのでよろしければどうぞ。

結局ももクロがアイドル界の最先端だった。紅白卒業。こういうことをさらっとできるから。

標準

ももクロ紅白卒業

いろいろ言ってますが、ピストルズの
ジョンライドンのロックは死んだ
発言同様、こういうことに純粋に
感動できる心は失っていませんよ。

今のアイドルで自分たちから卒業を言えるのは
ももクロだけだと思います。

まあ私も初回だけは感動しましたが、翌年からは
飽きてなにも感じませんでしたので、
ももクロスタッフも同じような感覚を
覚えていたのかも知れませんね。

昨年は私の紅白のフェイバリットに歌手ではなく
妖怪ウオッチのウィスパーが選ばれる事態が発生してしまい、
ももクロの内容も記憶のかなたへと消えてしまい
ましたんで、まあ良い判断だと思いますね。

あとスタダ芸能3部、ももクロスタッフはアラフォーが多く、
とんがってる人が多く、フォーク世代や、
オルタナティブやアンダーグラウンド好き
な人たちが多いのも、理由でしょうね。

ここがAKS+秋元康やハロプロと大きく違う部分でしょう。

記録や地位よりもなによりもとにかく自分たちが
面白いと思えるものを作ることに専念していく。
面白くて納得できることをやり続けていく。

記録や売り上げや人気や仕事内容をやらせの
コネや金で動かしているような表面的な
音楽業界界隈から距離を置き、
決してそこにずぼずぼにならず
なによりもファンとメンバーのことを第一に考えて
プロジェクトを推し進めている
スターダストの運営陣。

これまでここで語って来たことが
確信に変わりましたね。

やっぱこういう人たちだからNARASAKIさんが曲を提供するんだよね。
だから布袋さんもコラボするんだよね。

心で繋がるってほんと最強ですよね。

金で繋がっても金がなくなりゃすぐ離れていきますからね。

スタダももクロチームだけであらゆる規模のライブの
企画演出が可能になった時には最強のチームに
なるんじゃないかと思いますね。

その時を夢見て、

ももクロ紅白卒業の次は、、

大会場ライブ演出からの

佐々木敦規の

卒業の日を心からお待ちしておりますwwwww

お後がよろしいようで。

2014.12.31 第65回紅白歌合戦 今回の当サイトMVPは、、、

標準

・妖怪ウォッチコーナーのウイスパーのMCと
・松田聖子氏
次点
・中森明菜氏

でした~!

ウイスパー氏は見事でしたね。
ネタの内容も間もリズム感も最高でした。

松田聖子氏はアイドルの未来を見せてくださった
気がしましたね。
歌い終わった後後ろにいた柏木由紀さんの
顔が象徴的で素晴らしかったです。
柏木さんなら努力すれば大丈夫ですので
是非歌い続けて下さい。

中森明菜氏は浅倉大介の曲だったんですが、
ちょっと勿体無い気がしました。
もっと自分のパフォーマンスを最大限に発揮
できる楽曲が他にあるんじゃないかと思いました。
短く切りながら歌うより、ゆっくりと素晴らしい歌声を
もっとじっくりと聴きたい気がしました。

最後にももクロさんですが、アイデア不足に
陥ってる気がしますね。最近。

最初に、もう3回めでしたのでこれからは
新曲にこだわらなくても良いと思いました。

アイデアとしては、
今回のSMAPがやった作曲者が生で共演したのは面白い
と思いました。
私がNARASAKIジャンキーなんでたとえますと、
ピンキージョーンズをNARASAKI氏の生ギターで
やると面白そうな気がしました。
前山田氏が小室さんみたいに楽器のセットを組んで
生で操作して灰とダイアモンドをやったりしても
面白いですよね。
もうそろそろバラードが聴きたいですね。。

AKBGは全部早送りしました。申し訳ないです秋元さん。
だってどこにでもある曲なんで面白く無いんだもんww

最後に、今回は島田晴香師匠の出番は無かったんですな。
2013年はサブちゃんのバックに最後いたんだけどね。。残念。

なぜNHK紅白歌合戦2014にAKBSKENMBHKTが出場できてモーニング娘。は出場できなかったのかを考える。

標準

まず、売上げうんぬんに関しては問題ないです。

そして基本的な歌唱力、人間力、パフォーマンス力
についても問題ないです。

なぜモーニング娘。だけ出場できなかったのか。

これは、非情ですが簡単です。
道重さゆみが卒業したからです。

AKBは
全方位的に考慮して、NHKへのライブ生中継、各メンバー
の単発番組での活躍、ドキュメンタリー優先放送、レギュラー番組
での貢献度、あとは経済効果、時代性等、それらを考慮してだれもが
文句ない出場だと思います。

しかし、SKE、NMB、HKTについては
AKBと連動している部分を除いて単体のグループとして考慮した場合、
私はモーニング娘。より
総合的に力も純粋な人気度知名度経済効果、文化的価値等、
何枚も劣ると思います。

なのに出場できたのは、
全国的放送局で有料のNHKだから、
日本の全地域にまんべんなく有効なサービスを提供するという意味で、
ご当地アイドルに特別に力を入れていて
(それを証拠に紅白で朝ドラタレントと共に舞台になった
地方を取り上げたり、
20141126NHKローカルアイドル
日本全国のゆるキャラを持ち上げたりは
常に行っていますよね)、
その検索条件に合致していること、
また各グループの地元の有料視聴者が観るということ、
それで出場権利が得られたんだと確信します。

これからの展望について。

最後に、AKBと以下SKENMBHKTの危うさについてですが、
AKBと繋がっている、連動しているため、
AKBが潰れると他のグループも潰れるのは覚悟しておくべきでしょう。

モーニング娘。はもし道重さんが紅白で卒業をするという、
大島優子のようにNHKに魂を売るようなゲスな決断をしたら
出場できていたと思います。

しかし、紅白に一時的に近くなるけど、ファンは
離れて行くし、社会のモーニング娘。への評価が、
いくら無名な現メンバーが努力し続けていても、
悪い意味で知名度がある加護や矢口によって
最底辺まで落とされようとしている最中に、
その動きが加速する事態になりかねないから、

冷静に11月の自分たちが企画演出
に参加したコンサートでファンの皆さんに卒業の挨拶
をして終了させることにしたことで、
よりファンとの絆が深まり、そして、NHKの紅白
プロジェクトメンバーの人たちの心にも結局は
刺さる結果になり、2014年に続き、2015年以降も
新体制で2年連続で今以上の活躍をすればもう
出場間違いないと思います。

そしてわたし的には数年後香川からnanoCUNE、
仙台からORI☆姫隊等にも出場してもらって、
現在ライバルが存在しないSKENMBHKTの代わりに
本当のご当地アイドルが参加する時代に突入してくれれば、
アイドルフリークとしては嬉しい限りなんですけどね。

来年はAKBは基本として、最低でもももクロ、でんぱ組.inc、モーニング娘。、程度は
オファーしないと、AKBSHOWの劇場公演曲マンセー運動やAKBの2時間番組放送、
モーニング娘。のメンバーからインタビューを個別に取材して最後には福田さんにも
メッセージをお願いして創った長時間特別番組で評価が上がっているNHKのアイドルスキル
の信頼度を疑わざるを得なくなるのでひとつお願いしますねwww

2011.12.4 music japan のももクロちゃんへの悲し過ぎる仕打ちがありましたよ。そんなに若い女性を虐めて嬉しいのかね。

標準

2011.12.4 music japan

ゲストがももクロちゃんで
労働讃歌を演ったわけですが、

1番のみで終了というまさかの事態に
がく然としました。

自己紹介はロングバージョンでなく
ショートバージョンを注文されるのは
わかるんですが、5分以上ある曲なら
いざ知らず、4分程度の曲で2週に分けた
にもかかわらずですよww

今まで同局に全力で多数貢献してきて、
紅白歌合戦から落とした後に
死体にマシンガンを打ち込むような
鬼のような仕打ち。

これはNHKのももクロちゃんへの決別
メッセージなのかなあ。

「なんかやな感じ!」by 布袋

2011年紅白は暴対法の影響でジャニーズ祭りみたい。マジでももクロあり得る。

標準

NHK紅白歌合戦 “演歌枠”を減らして打ち出す紅白3本立てプラン

ベテラン枠が減るのでアイドル枠が増えている傾向にあるようです。

ももクロにとってはまさに追い風も追い風ですよ!!