カテゴリー別アーカイブ: 爆笑問題の検索ちゃん

第51回爆笑ヒットパレード2018 千鳥が最新バージョンの寿司屋ネタ、ハライチが新機軸を完成させて素晴らしかったです。

標準

千鳥は私が以前、
「イカ二貫」
のワードセンスに爆笑するひとは単独ライブがおすすめ
と言った
んですが、千鳥のノブさんがそれを自ら
公言してくれたのでさらに好きになりました。

上記の北野演芸館の寿司屋ネタと、その時同じことの
繰り返しに飽きてきて、松村さんの貴乃花ネタのように
単独ライブあたりから表情をどんどんひどくさせた顔芸をぶっこむようになり、
アメリカの刺し方のところもワードを更新して、
今回特に凄く感じた部分は、

だいご「、、、、そこにカレーをかけました。。。」
ノブ「、、、じゃあそれはもうカレーじゃ。。。」

っていうネタでしたね。。

いろいろなんだかんだやっても、最後にカレーをかけちゃうと
カレーになっちゃうっていう、哲学のような
ものに大笑いしました。

あと最後に志村さんがカウンターにいていじる下り
を、フィギュアスケートの選手のグッズを店内に飾って
それをいじるネタに変えていて、それも新しかったです。

ノブさんが好きなももクロさんならわかるけど、
なぜ2人とも一切話題にしたことないフィギュアなのか、、
不思議でしたw

それかそういう環境用に作ったネタをガッチャンコ
させたのか。。ゲストにフィギュアの選手がいて
みたいなね。

まあしかし、今までの寿司屋ネタのレベルを
軽く超えて来たのには、やはり何回も
上京を失敗してきた二人のこのヒットパレード
にかける意気込みを感じて感動しました。

そして、ハライチ。

以前はワードだけを澤部さんに言葉遊びのように
ぶっこむだけで表面上のその場限りの笑いだけでしたが、

それにストーリー性という二次的要素をもたせて、
より考えて岩井さんのイメージしている場面
ていうか、映像を共有しながら、考えて笑える
ような深みが出てきたことで、
岩井さんのポジションも以前より重要に
なって語り部的な立ち位置になって、

岩井と澤部でハライチなんだという
感じが以前より強く感じられるように
なってきたきがするので、

いろいろ岩井さんがゴッドタンでいじられた経験が
プラスに作用してるんじゃないかっていう
気がしました。

ワタナベエンタのふかわさんから、アンガールズから
ハライチという流れで私は構築しているんですが、
ふかわさん以外は素晴らしい芸人さんに成長
したなって思います。

アンガールズさんももてない男の深層心理に
訴えかけるようなネタで、キングオブコント
より何百倍も刺さりました。

ふかわさんもやりゃあできると思うし、
ふかわさんの場合、お笑いの方が音楽より社会に
衝撃を与えることが出来るきがするので、

あるあるネタをブラッシュアップさせて
もう一度復活して欲しいと思ってます。

最後の爆笑問題については、
先日の検索ちゃんの出来が嘘だったかのように
出来が悪かったですね。

あれがたまたまじゃなかったことを祈りたいです。
今回はウエストランドの方が面白かったですね。

あと間に挟み込んでいる中継はアキラ100%でしたが、
以前に担当していたザキヤマさんのほうが
何百倍も面白かったですね。。

2017.12.22 爆笑問題の検索ちゃん 爆笑問題の漫才がここ数年で最高の仕上がりでした。

標準

この番組はあるキーワードを検索してクイズにする企画で
以前レギュラー放送していたんですが、
その中で出演者が芸人さんだったのでたまに
特番でネタを披露する回があったんですが、
そこを抜き取って毎年放送されるようになって
はや幾月。

当然MCの爆笑問題は最後に漫才を披露して
締める形なんですが、
ここ数年私はあまり笑えませんでした。

20代の賞レースを荒らしまくっていた
時代を知ってるので、それを期待して
見てしまうから少しでもクオリティが
落ちていると身体がそれに反応してしまうん
ですよね。

でここ最近の爆笑問題は年末年始に見るくらいで、
数年前まではきちんと保存していたんですが、
次第に笑いに繋げるワードセンスや微妙なやりとりの感覚が
狂ってきていて笑えなくなってきていました。

昨年はあまりにも悪くて、後輩のウエストランド
の方が面白く感じるくらいだったので、
このままフェードアウトしていくのかと
寂しく感じていました。

で今年の検索ちゃん。

最初は昨年のことを思い出してあまり
期待せずに観はじめました。

しかし観ていると昔の爆笑問題を観ているような
感覚に陥って涙流して笑っている自分がおりました。

終演後、コメントで
自宅で2人で練習している時の
エピソードを嬉しそうに話しているのを
笑顔で見て、嬉しくなりました。

この爆笑問題ならライブ行きたいなって
思いました。

今回の漫才は明らかにウエストランドより笑えましたし、
情熱も上回ってました。