カテゴリー別アーカイブ: オールナイトフジ

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了するということはどういうことなのか。とんねるず秋元康ヲタがまとめてみます。

標準

ザ・ベストテンというお化け番組の裏でひっそりと
始まったとんねるずのみなさんのおかげです。

オールナイトニッポンでさかんに収録時の
様子等をリスナーに話しながら情報を共有し、
ひょうきん族をお手本に、企画ものと
ドラマコントという構成で秋元康と
SOLDOUT軍団が渾身の構成をつくりだし、
ひょうきん族をうまく継承するような
形でザ・ベストテンを終了に追い込み、
自分たちの場所を確保することに成功した、
秋元康ととんねるず軍団でした。

ザ・ベストテンにはとんねるずも大変お世話になり、
中継まで行ってもらって、名前をメジャーにする
切っ掛けを与えてもらった番組だったんですが、
この番組が始まると同時に当然出演しなくなります。

とんねるずも秋元康もこの番組が始まる前は深夜要員だったんですが、
表舞台に出ていくきっかけともなった番組でした。

指原氏にとってのAKBのようなものだったんじゃないかと思いますね。

海外旅行ついでに収録を行いまくり、
遊び歩いて豪遊しまくって
酸いも甘いもありましたが、

そして、2017年。

遂にそのザ・ベストテンと同じ屈辱を
自分たちが受ける時代を迎えることに
なってしまったというかんじじゃないかと思いますね。

自分たちがやったことがブーメランのように
戻ってきてしまったっていうね。

まあ一度、みなさんのおかげですから
おかげでした
に変化する時にヤバい状況があったんですが、
スタッフ陣をマッコイ斎藤という新進気鋭の
スタッフに入れ替えて内容を一掃したんですが、
とんねるずという濃いキャラクターと長年で
蓄積された番組の空気感はだれにも
変えることができずに、
時代に取り残されていき今回の終了を
迎えることになってしまったんだと思いますね。

私はおかげですの時はこれのために生きている
的な神番組だったんですが、おかげでしたになって
からはもうあってもなくてもいいような存在に
なっていたのでなにもいうことは無いです。
逆に新しい時代の始まりにワクワクします。

生ダラやねるとんっていうようなIVSテリー伊藤の
番組は今考えるとMCがたけしさんでも通用する
気がするので、

とんねるずじゃないと成立しないものを考えると、
まず、

コラーッ!とんねるず
夕焼けニャンニャン
トライアングル・ブルー
オールナイトニッポン
オールナイトフジ
みなさんのおかげです

あたりなんじゃないかと思います。

そして、今のアイドルと同様、
労働者階級の、セックスピストルズや矢沢永吉
のような落ちこぼれの秋元康ととんねるず
が、作品上で執拗にそれをファンに訴えかけながら、
既存の枠を壊していく過程を
共に楽しみながら熱くなることで、
現在の地位を確立させていったと思います。

しかし現在のとんねるずは立場が逆転
してしまいました。

その過程を今に置き換えると、
有吉弘行が労働者階級の立場で、
ここ数年で既存の枠に食い込んでいく
様を国民と熱くなって楽しんだ時代だったと思います。

そうすると、もう今の若者のとんねるずに対する
認識は普通の大御所タレントなんですよね。

熱くなるものが無い。

だから、

秋元さんととんねるずには

もう一度、初心に帰って
昔が成り上がりなら、今の時代は
リストラに遭った社会人が成功していくような
イメージでコンテンツを展開して行けば
熱くなるものができるんじゃないかって
いう気がしますので、

今の有吉さんの大活躍をみていると、有吉さんの
芸風の原型のとんねるずは絶対に必要だと思うので、

ピンチをチャンスに変えて、また我々を熱く
させて欲しい気がします。

よろしくお願いします。

広告

秋元康プロデュース番組、スマートフォンデュを1秒観ただけで滑ったと感じたポイントはただ一点。

標準

とにかくうるさい

。。。。。。。。。。。。。。。。

とんねるず役の若手、鶴太郎役の奇しくも同じ事務所のタイムマシーン3号、女子学生、なにも伝えようという魂が感じられないうるさいだけの無益な無駄話で埋め尽くされた空間。

全神経で即座に夕焼けニャンニャンの時代にタイムスリップさせてくれました。

ただ夕焼けニャンニャンは夕方17時。オールナイトフジは土曜の深夜。

夕方5時は友達がいない帰宅部が帰って一人で寂しい時間なのでうるさい番組の需要があったし、土曜の深夜も明日は休みで、目覚まし時計をオフにしてはめを外せる時間帯なので、こちらもうるさい番組の需要があった。

対してスマートフォンデュは木曜の深夜。

がっつりスマホのアラームや目覚まし時計を仕掛けて仕事や学業を最も優先させる時間です。

面白くしてくれる保証が無い女どもや、特に他の番組で活躍している訳でもない無保証な中堅芸人たちに割ける時間なんかこれっぽっちもありゃしないですよ。

秋元康だけじゃなにも世の中に驚きは与えられないですよ。

秋元さんが成功した猿岩石、AKB、とんねるず等は秋元さんと同じくらいスタッフや参謀が働いたトータルな結果であって、秋元康に丸投げで成功したものなんてこれっぽっちも無いですよ。

まあ秋元さんはAKBの楽曲を聴いていればわかると思うんだけど、完璧主義じゃなく、昔から特に仕事を選ばないでスタッフの指示に従って、金が貰えればこだわらずにやってくれる人だから、第一回目の放送を横目で観ていて「滑ってるなww」って陰でニヤ付いてるんじゃないかと思いますねw

AKB48 心のプラカードの元ネタがやっとわかりました。また秋元康とんねるず経由でしたw

標準

何回も脳内でリピートさせて、コード進行とかBPMも変えたりして
思い出していたんですが、、

まずグルーヴ的には秋元康の年齢や時代、好みも考慮して、
ドリフの8ビートで刻んでいくズンドコ節とか
一連の曲に見当付けていたんですが、一向に重なるような
曲に行きつかず、

考えに考えて、、(紳助風に)「お父さん、、見つかりましたよ!」

やっぱまた秋元康+とんねるず繋がりでしたね。

松本伊代
センチメンタルジャーニー


でした。

共演も果たしていたんですねw

モヤモヤが晴れたところで当サイト名物の
私が知る限りの解説を。

秋元康ととんねるずと松本伊代は

オールナイトフジ、
夕やけニャンニャンで

黄金時代を築いた戦友でした。
オールナイトフジは女子大生をテーマにした
深夜番組でしたので女子大生世代の伊代さんが
MCに抜擢されました。

そして、同時に始まった今度は女子高校生を
テーマにした夕方の帰宅時間に始まった
番組が夕やけニャンニャンでした。

そして2つの番組に共通していたのは
鶴太郎さん、とんねるず、秋元康とSOLDOUT、港浩一、そして
松本伊代さんでした。

伊代さんは当時、すごく素晴らしい女性だということで
ボンドの伊代さんて感じにカタイ事務所ってことをネタ
にしてたけしさんもラジオで取り上げていましたよね。

また旦那さんのヒロミさんはとんねるずや秋元さんとの繋がりがたぶん
一番世代が近いところも相まって強いんじゃないかと思います。
よく一緒に番組に出ていましたよね。

共通してスタッフいじり芸がうまかったですよね。

デビッド伊東さんに仕事がないという悩みを
相談されてラーメン屋修行を提案したのはとんねるずでした。

まあ今ではそれを生かして
役者として、ラーメン屋の店主としてきままに人生を謳歌
されてらっしゃいますね。

ざっと思い浮かぶのはこのへんまででしょうかね。。

AKBとかかわっていると、ずっと僕の大好きだった
秋元康ととんねるずを基本ラインにしたバラエティ
全盛期の空気をいろんなところで感じることが
できるので楽しいですよ。

ももクロとはまた違った楽しみ方、AKBでしか
感じることができない楽しみ方ですね。