カテゴリー別アーカイブ: しゃべくり007

2017.06.05しゃべくり007 指原氏はブスやスキャンダルネタ無しで普通に盛り上がるようになったし、さらにダサく感じるレベルに進化しましたね。

標準

今回は自然に最近忙しいと切り出してMCの話に入って
漫才みたいに

「○○をやりたいと思ってるから一度練習したんだけど。。」
「小木がやりたいことはなるべくやらせてあげたいと
思ってるからやってみようか」

って感じでホリケンさんがネタフリしてボケて
指原氏がそれを真似してボケて
上田さんが突っ込むっていう漫才を見ているような演出でした。

で後半は指原氏の事前アンケートをもとにそれを
項目ごとに張り出して、ひとつづつ検証していく
演出を構成していましたね。

いわゆる普通のタレントさんと同じ扱いでした。

でも驚いたのは毛利Pが普通に出てきたことですね。
このサイト見てるかのような、私の基準では
毛利さんはベタすぎますけど、世間はほとんどの人が
知らないし、ボケとして出ていることも当然
わかっている人はいないんじゃないかっていうw

もう桜井慎一さん、業界慣れしすぎている指原氏を
喜ばせようと考えすぎて、頭がマヒしちゃったんじゃねーか
っていうねw

ちなみに毛利さんは忙しいくせに指原大好きすぎて
指原の乱とかにのこのこ出てきたりして
なんか忙しくて偉い人なのに指原のためなら
喜んで出演したり会いに来たりする指原の子分感覚
を感じさせるので指原氏も私も笑っちゃうんですよねw

「指原親分!あっしをお呼びでしょうか?」みたいなねw

あと自分でスキャンダルで売っているとか指原氏が言ったら
上田さんがメンバー全員同意を求める言い方で否定して、
メンバーも肯定していたシーンが興味深かったんですが、
私も指原氏はもうスキャンダルの感覚は感じないので
考えすぎじゃないかと思いますね。

あと前回のブスネタいじりの時ホリケンさんが
ファンの人に殺されるんじゃないかって冗談半分に
言っていたと言っていたんですが、
それについて指原氏がすいませんでしたと
あやまっていたのも面白かったです。

とまあそんな感じでいろいろ指原氏について
より深く考察できた25分でした。

 2017.06.05しゃべくり007 この番組の指原氏は鉄板でおもしろいので要注意。

広告

2017.06.05しゃべくり007 この番組の指原氏は鉄板でおもしろいので要注意。

標準

2017.06.05しゃべくり指原

有田さんがドルヲタなのでAKBや指原氏についてMCに説明する
くだりを省略していきなり指原氏のタレントパワーを
生かした個性的な演出をぶっこめるので、
内容が濃いものができあがります。

またVTRばかりで直接いじれる時間が数分しかない
有吉さんの番組のような薄いものではなく、

VTRコーナーがなく現場で出演者が直接いじれるのと、
くりぃむ、ネプチューン、チュートリアルという猛者
が納得するレベルの笑いを求めて仕事をするので、
この番組でしか成立しない内容が濃い笑いを楽しめます。

2016.05.16しゃべくり007 指原氏初出演の総括

標準

まず今回の出演経緯は、

日テレのアイドル番組に多く関わっている
桜井慎一さんと、徳井さん経由でしょう。

ちなみにももクロさんの時は
有田さんがももクロ推しを発言し始めて
から出演に至ったので、
有田さんとこれも「アイドルちん」繋がりの
桜井さん経由だったんじゃないかと思います。

話を戻します。

タレントの言うこと、特に20代の時は尖っている
場合が多く、波があるので、最近は参考程度に
聞くようにしているんですが、

そんな感じを前提に。

卒業について

デビューから現在までで十分楽しめたので、
できれば35歳くらいまでに結婚して、引退しても
構わないと思っている。

引退は絶対的なものではなく、結婚の状況によるもので、
男性の収入等を鑑みて考える。

まあこれは最近のハロプロと同じ考え方ですね。

ハロプロだけに憧れて入ったので、
ハロプロが芸能界の全てだという
考え方なので、ハロプロを卒業したら
即引退するという考え方。

指原氏は卒業ということを以前より考えるように
なってきて、以前は漠然としていたが、
年を追うごとに具体的に考えるようにしないと
いけなくなってきて、考え方を整理している過程で、
AKBの卒業生はあまり安定してないので不安があるので、
自分の原点であるハロプロに置き換えて
道筋を構築することを決めたので、
まあそこからAKB卒業で即引退という、
道筋を決めたんだと思いますね。

理想の男性をタレントに例えると
福士蒼汰。

これは古くは草刈正雄、裕次郎、たのきん、キムタク、福山っていう
方程式の関数に入れる数値が異なっているだけなんで、
面白くもなんともないですね。

このときコアヲタは全員

「えー遂に板倉さんあきらめたのかよ。。」

って驚いたに違いありません。

これ以前はデビュー前からインパルスの板倉さんて
主張していたんだけど
絶対的にスルーされているのでいいかげん
しびれ切らして最近変えたみたいですねw

最後に、街頭インタビューのブスとかわいいの
意見を発表していく過程で返しの役割を
しゃべくりメンバー全員がかわいい派だというので
面白くないから無理やりブス派とかわいい派に
わけて指原氏にぶつける演出をしました。

その時面白いことがわかりました。

有吉AKBで有吉さんが、いくらブスって言っていじっても
怒る奴なんて全くなくて面白かったって意見
ばかりだったという例を引き合いに出して、
「おまえはいいファンが付いてるな」
って笑顔で言ったシーンがあるんですが、

今回もホリケンさんがわざと自分の方に向かせて
「ブス、こっち向くな!」
ってやりとりを繰り返したシーンがあった
んですが、
これ、ブスネタで笑ってくれるという、受け止めてくれる
っていう信頼があるからこそみんながやってくれた
んですよね。
もしこれが前田敦子とか峯岸とかだとぴりついて
ファンの対応とか視聴者のクレームへの対応
とかもめんどくさいから絶対やらないと思うんですよね。

将来について

でも有吉AKBでの有吉さん、
しゃべくり007でのメンバー、
テレビで活躍している人たちによってブスイジリ
することによって指原氏が盛り上がる、キャラが生きる
というテンプレートができたことで、
これから他番組でもこれを参考に
ブスイジリネタが解禁されていくんじゃないかと思います。

一応、指原氏も言ってましたが意外としゃべくり007
は初出演でした。それも現役AKBでは初。

ももクロやモーニング娘。は出演済みなので
これは意外でしたね。
桜井さんはサブカル系で私と同じく普通すぎるおにゃんこそっくりの
AKBには興味が無くうとかったのかも知れません。。

これで、中嶋優一ごり押しでフジテレビの
中嶋の息のかかった番組や、
毛利さん経由の番組、
電通やイースト繋がりの番組、
秋元康関連しか出ていなかった状態から、

しゃべくり007、テレ朝の加地さんのロンドンハーツ、アメトーーク、
TBS藤井健太郎さんの水曜日のダウンタウンと少しづつ範囲を
拡げてきました。

あとはテレビ東京の佐久間さんのゴッドタン、伊藤さんの
番組(モヤさまは無理なので都市伝説特番のひな壇等)、
テレ朝の藤井智久さんの攻撃的バラエティ番組、

そしてそれらよりも一番オファーが欲しい仕事は、

有吉弘行のサンドリのアシスタント、
有吉くんの正直さんぽ、
ですね。。

有吉さんと指原氏が一緒に仕事している
映像がファンにとって最大の夢ですね。。

有吉の夏休みに出演したことから、
上原敏明さんが気に入っていることもあるから、
有吉系の攻撃的番組に出演する機会も増えていく
気がしています。

多分有吉さんは事務所が同じだからバーターって
言われるのがいやなんで避けてる気がするんですよね。

でも小島瑠璃子も最初はさまぁ〜ずのバーターでしたけど、
活躍すればそんなことは吹っ飛んでしまいます。

有吉さんは有吉akbでakbをやめたら竜兵会に入れてやる
っていう話をしていたんで
akbやめたら自分が責任持って育てるっていう決心を
しているような気がしますね。

ちなみにこの有吉の夏休み。

アイドルちんの林田さん、
内村さまぁ~ずの大内さんが
関わっているんですね。

バラエティの現場って広いようで狭いんだ
ってつくずく思います。
だから性格悪いやつとか仕事の態度が悪い
タレントとかはすぐ干されるんじゃないかって。

有吉さんは信頼されているんだなってほんと思います。

有吉さんは指原氏にすごく期待している空気をいつも感じるし、
指原氏も有吉さんに一生懸命ついていけば
未来が明るいと思うので引退するとか言わずに
活躍してほしいですね。

今回位の髪の色なら大丈夫です。

今回より明るくなると観てられないですね。。

どうか今回位の明るさでおさえていって欲しいです。

 

 

まあ天変地異が起こるのは黒髪ですけどね。

2012.03.05 しゃべくり007 3月7日の新曲の為に急遽収録してもらい即日放送でのももクロ出演です!

標準

3/5(月)22:00~ 日本テレビ「しゃべくり007」http://www.ntv.co.jp/007/
ももクロチームより公式発表です。


これ予告にも無かったと思います。

でも3月7日発売の猛烈忘れたwwググって

猛烈宇宙交響曲第七楽章無限の愛!

のリリースと握手会の為に急遽ねじ込んでもらったわけですから
すごい信頼されているんですね。ももクロちゃん。
それか番組が視聴率アップのお礼も込めてかもしれないですよね。

でも事務所の先輩方の同番組での活躍もあっての信頼関係
だということも忘れちゃいけないですよ。ももクロチームの方々。

果たして、前回までの杏果のダンスのくだりと長話変顔のくだり以上のものが
今回新開発されたのか。

楽しみです。

ももクロのしゃべくり007出演は2011年2月と4月で、当時はアイドル大嫌いで飛ばして観ていました。が今動画観たら良くできていました。

標準

以前にもお伝えしましたが、私のももクロデビューは2011年5月のゴッドタンでした。

ですから、それ以前の映像や曲等は当然リアルタイムで経験しておりません。

今回ご紹介する「しゃべくり007」もお笑いマニアなので番組自体は観ていたのですが、
ももクロの出演シーンは「またAKBみたいな気持ち悪いじゃりタレが出てる。。」
と嘆き、すっ飛ばして観ていた記憶があります。

数か月後、ライブに行って時には数時間並んだり、DVDやCDを全て購入したりするように
なるとは夢にも思いませんでした。

で、今日、事務所の公式プロフィールのディスコグラフィページを見ていたら、
しゃべくり007に2回出演していて、2回目は観たことありませんでした。

2月のゲスト出演のシーンは覚えていたりyoutubeで観たりしていたんですが、
4月のオープニングアクト出演のシーンは未見でしたが、
今回検索したら面白かったのでご紹介します。

しゃべくり007 1回目 20110228 27分くらいから

しゃべくり007 2回目 20110404

しゃべくり007 ももクロでググルと出てきます。リンク張ってもすぐ切れるんでやめました

ももクロのしゃべくり007見直していたら

標準

ももかがムーンウォークを泰造がやっているとこに突撃して参加するシーンでよく音声聴いていたらももかの「え~」って声が聞こえたんで、だれか、多分有田さんが行けって背中を押したんだと思いますね。

まだももか単独じゃできないもんね。。よく考えたら

あとしゃべくり007の桜井慎一さんて作家はアイドルちんの作家なんで推したんだと思いますね。

なんか今の業界って作家さんが推して出ている時が多いですね。

どおりで秋元康がのさばるわけですWW