カテゴリー別アーカイブ: お笑いスター誕生

とんねるず(貴明&憲武)とコロッケのお笑いスタ誕のネタは海原千里・万里をパクっていた。

標準

とんねるず(貴明&憲武)のお笑いスター誕生での有名なネタに

『お笑いスターリバイバル』

といって、
それでは登場してもらいましょうといって
新沼謙治や具志堅さんや猪木さんらを呼び出して
ものまねで演じるネタがあるんです。

https://www.youtube-nocookie.com/embed/g1nm58YsyIg?rel=0

動画削除されていたらここで文字で確認できます。

これはリアルタイムに観ていて記憶があり、
たまにとんねるずの番組で再演したりする
んですが、ものまね部分だけやってあまり
詳細に全体を台本通りに演じないんです。

でだいぶたって上沼恵美子さんの漫才ユニット
海原千里・万里の「ヤングヒットパレード」という
ネタ
https://www.youtube-nocookie.com/embed/GozFX0Tyw_E?rel=0
を観たときに驚いたんですが、
千里万里の鉄板ネタが歌謡ショー
ネタといって、同じように万里が司会役
になって出演歌手を呼び出して千里が次々に
モノマネを披露するネタがあったんです。

これは現在のものまねの演出方法の礎にもなっている
方法なんですが、いやいや海原千里万里のネタが
基になっていたんですね。

海原千里万里が1970年代、とんねるず(貴明&憲武)が
1980年代にこのネタで人気がうなぎのぼりになっていた
ことから考えると、影響を受けたことがわかりますよね。
ちなみに、コロッケも1980年代に同じ演出でものまねを披露して
いました。

話を元に戻しまして、

これ海原千里万里ファンからしたら知ってて当然なこと
だと思うんですが、とんねるずファンからしたら
逆に知らない人が多いと思いますよね。。

海原千里・万里、現上沼恵美子さん、恐るべしです。

広告

お笑いスター誕生の再放送が開始されました。

標準

1980年代に多数の現在一流のコメディアンを輩出した幻の番組、お笑いスター誕生のリマスタリングが始まり、早速ホームドラマチャンネルにて当時の総集編とピン芸人特集ととんねるずが再挑戦した回を3本カットせず当時のまま丸々放送されていて興奮しました。

気になったところは、イッセイ尾形さんが土方から抜け出し芸人の道に進みだしたばかりの時のネタがあり、プロ
になるつもりは無いと言っているところ、コロッケの野口五郎の早送りネタで、1回目は普通だったのに、2回目
には鼻をほじる所作が加わっている
ところ、九十九一さんがニュースキャスターネタ
以外のシュールなネタを演じていたり。
あと、でんでんの「どうだいナントカだろ!」
っていう下りは現在多くの芸人が使ってたり。

これからの放送が楽しみで仕方ない
です。