カテゴリー別アーカイブ: うたばん

保田圭さんは本当は勝ち組なのに、そのネタを隠して負け組だと主張していた。

標準

保田圭さんは実は勝ち組です。

私はモーニング娘。結成当日からファンですが、
保田さんは外見の悪さをネタにして負け組
と主張することで注目を浴び、
それに耐えられなければそこで終わりですが、
つんくさんに歌唱力で選んだと言わしめた
能力を隠し持って競争を勝ち抜いてきました。

注目を浴びさえすれば自分の良さを
理解してもらえるのにと感じていた
からこそ、歌唱力に自信があったからこそ、
ブスネタで注目を浴びたわけです。

それの証拠として、保田さん、実は
エリートコースです。

モーニング娘。においてのポジションは、
いつも現在の指原氏や卒業前の道重
さんの定番の、現代アイドルグループにおいて
一番おいしいといわれる、
後ろから真ん中においしいところで私を見てと
いわんばかりに鳩時計の鳩のように登場
してくる後列センターでした。

でモーニング娘。の次に、ドリフにおける
志村、でんぱ組における最上もがと言われる
後藤さんを基軸にハロプロの社運をかけた
プッチモニのメンバーに選抜されます。

そして、当時のモーニング娘。の人気の維持に
必須だったうたばんにおいては、おもしろいと
言われながら、今評価すると身長をいじられるだけの
実はなにも面白くなかった矢口なんかよりも、最初から
最後までメインキャラクターとして大活躍
しておりました。

うたばんにおいてゼロから笑いを作り上げて
本当に面白かったのは保田さんだけだった気がします。
表情を自分からすすんで不細工にするだけで
スタジオが大爆笑になっていましたよね。

逆にその他のメンバーは石橋中居、スタッフ
にいじられてはじめて笑いがとれる状態でした。

あえて追加するとハロモニの石川さんなんかも
保田さんの逆で美人キャラで笑いを作る能力が
あった気がしますね。

しくじり先生観ていて、
プッチモニやモーニング娘。での実は重要ポジション
だったエピソードを抜いて、
不細工なのによくがんばったと感じさせるために、
駄目なエピソードばかり並べて、
お涙ちょうだい方向に持って行く演出をしましたが、

冷静に分析すると勝ち組だったという事実を
提示して、この文章を終わらせていただきます。

保田さん、もうビジネス負け組ネタはいい加減
終わりにしましょうよ。

ヘビーなファンにはそんな嘘すぐ
ばれちゃうんですから。

ずるいですよw

広告

2015.03.31 UTAGE 夢を見ているようでした。なにか異次元に飛ばされたような気持ちになりました。

標準

保田圭、高橋愛、峯岸みなみ、柏木由紀、指原莉乃
TRFとAKBとモーニング娘。楽曲をやってくれました。

31日の放送前の予告編から本放送までの経緯を解説します。

この峯岸さんの宣材写真ハロプロですよねえw

柏木さんなんかももち思い出します。

UTAGE20150331AKBハロプロ1

MAXとSPEEDのサバイバルダンスに身動きできない指原氏。

UTAGE20150331AKBハロプロ2

モーニング娘。の思い出話を求められ脳内をタイムスリップ

させて童心に返って目を輝かせながら丁寧に心情を吐露する峯岸柏木指原氏。

UTAGE20150331AKBハロプロ3

本番前、知らず知らずに今回のプロジェクトの立役者に

なっていたどんな人にも優しくて社交的な保田さんの元円陣を組み、

後輩のAKBを気遣ってAKBのなんかお約束ってないのと言われるもAKBは適当だから

無いと指原氏が言うとへえそうなんだと驚く保田さん。

仕方ないと、「じゃあ、いきまっしょいやりましょうか(^^)」と保田さん。

それだけで震える指原氏w

UTAGE20150331AKBハロプロ4

「がんばっていきまっしょいっっ!!」

UTAGE20150331AKBハロプロ5

身動き取れずに感動して言葉を失い震える指原氏に、

全く同じ感情の自分を投影して指原氏ありがとうね!

と心で叫んだ私でありましたw

様々な家庭環境にありながら、歌が好きだという武器のみで、
大人の世界に殴り込んでいき、素人から成功していくプロセス
をみせて勇気を与えてくれた保田さんと高橋さん、

ヲタクで引きこもりがちな性格の人が真逆の
仕事で様々なことに耐えながら表向きな人間に
変わる努力をしながら夢を掴んでいくプロセスを
全てさらして、同じ立場の人に勇気を与えてくれる
指原、峯岸、柏木さん。

さらにそのハロヲタの指原、峯岸、柏木の3人が、
自分たちが生きる勇気を与えてもらっていた
保田、高橋の2人と同じ舞台にたって、申し訳なさそうに尊敬の心を
抱きながら大事にパフォーマンスして、
感動しているところを、同じ立場の私たちが
3人に感情移入して、このまま永遠にこの瞬間が
終わらないでくれと祈りながら、感動に震えながら見て聴いて
感じていた数十分。。

うたばんでモーニング娘。が石橋、中居の両氏に言い尽くせない
ほどお世話になり、ブラックバラエティでハロプロがお世話になり、
スマスマや火曜曲でAKBがお世話になり、ゆび祭りでbuonoが指原氏の
オファーに応え、その全ての心がUTAGEで結実し、
その期待に見事に応えてくれたモーニング娘。とAKBGの方たち。

UTAGEのスタッフの皆様、うたばんのスタッフの皆様、
そして秋元康、つんくの御二方。

感謝いたします。

追伸:

対決時、speedとmaxがパフォーマンス中、一人感動で両手を
がっちりと合掌してじっと微動だにせず感動しながら聴いていた指原氏、
私はこんなにあなたを好きになって良かったと思える時は
ありませんでした。
温かい気持ちになりました。
ありがとうございました。

あとチェックしていて気づいたんですが、UTAGEの楽曲はオリジナル
ではなくスタッフ陣がコピーした音源を使用しているんですが、
たぶんこれだと作詞作曲の使用料だけで済むのと、
カラオケのシステムと同じ料金が適用されるので
オリジナルを使っていないんだと思います。

あとAKB側の人選は完璧なハロプロ布陣なんですよね。
以前柏木由紀、指原氏、サブMCの渡辺麻友の3人のANNを聴いた
んですが、渡辺麻友さんだけハロプロの話題に付いていけなかった
んですよね。ハロプロじゃなくて生粋の宝塚ヲタなんですね。
だから峯岸さんに入れ替えて大正解なんですね。

こりゃあチカジカマジで秋元康とつんくのクロスプロジェクトあるぞ。

ももクロの高城さんのネタはモーニング娘。の保田さんのネタだったことに驚いた。

標準

モーニング娘。が大好きだったと高城さんはインタビューで答えていた。

今日、youtubeで「保田 うたばん」で検索していたら、
岡村女子高時代の保田さんの映像があって、それをみて
驚いた。。

高城さんの一押しの、あごに両手の掌手を当てる
決めポーズ

を保田さんがやっていて、

さらに、佐々木さんの「ドンマイ!」に対する
メンバーの「おえ~!」って返すネタも保田
さんと石橋さんで完成されていたではないか。

やっぱ知らないところで記憶に残っていた
んですね。。