カテゴリー別アーカイブ: テレビ番組

ゴッドタン「この若手知ってんのか」企画と佐久間宣行と曇天三男坊とパーパーと。

標準

この企画、1回目は三四郎を選び抜き結構強烈にデビュー、2回目は忘れるほど面白くないコンビ、3回目の2016年に曇天三男坊、2017年は誰でも知ってるゆにばーすが跳ねた。

2018年は誰でも知ってる宮下草薙が出た。

昨年のお笑いハーベスト大賞で佐久間さんはパーパーを選び抜いた。

だからパーパーでもおかしくなかったはずだが、宮下草薙。

でも少し考えると理解できた。

パーパーはすでに単独ライブを行い、メディアにも多々出演するように
なっているので、企画の意図にそぐわないので避けたんでしょうね。

2016年の時、曇天三男坊ことどんちゃんは児島さんに馬鹿にされて
事務所の先輩の小宮さんのように生意気キャラで出演して
おぎやはぎとひとりさんにバキバキに鼻っ柱を折られて
終演した。

小宮さんと同じ感じで盛り上がったので、ゴッドタン側も
小宮さん同様の盛り上がりを期待していたんだが、
私が考えるに、2016年は三四郎、売り出し中のパーパー、
再ブレイク中の出川、スキャンダル真っ最中の狩野英孝ちゃんと、
マセキの芸人が渋滞していることもあって事務所も営業も
あまりプッシュしなかったこともあって一切
他の番組の出演機会を得られなかった。

2017年、ゆにばーすの川瀬さんが盛り上がっていた。

しかし、佐久間さんは自分らが確信して売り出した
どんちゃんを見切ることができなくて最後の美味しいところで
ぶっこんだ。

この時は一切MC陣はいじることなく、どんちゃんの個の力で
跳ねた。

そして2018年。

前半を見る分では、一切面白くなかった。

期待を裏切られたので2016年と2017年の
どんちゃんを見返して期待で高まっていた
心の鼓動をなんとか収めて自分を納得させた。

ここで思いました。

結局、この若手知ってんのか企画で、2016年以降
どんちゃん以外記憶にの残ってないっていう現実。

冒頭で児島さんがディスるので面白くない芸人という
色眼鏡が入ってしまうので滑ってるイメージが
植えつけられてしまうんですが、
よーく後日に考えると、繰り返し見たくなるほど
曇天三男坊さんは魅力に溢れていて、
性格も面白いということに気づく。

佐久間さんの本心はパーパーが一推し、
2推しが曇天三男坊さんじゃないかという
気がしますね。

しかし、三四郎を含めて全てマセキ芸能社だというのが
面白いですよね。

なんかマセキ芸能社って人間的な魅力が溢れる人が
多いですよね。

曇天さんも出演するきっかけとして必ず
ネタというものは必要になるので、
川瀬さんがいうようにネタを磨き続け
ないとチャンスを得られる機会が減って
しまい、出川さんのようにゲストのみ
の不安定な生き方になってしまうので
みなさんがせっかく推してくれているうちに
チャンスを捕まえてほしいですね。

現在のチャンスを逃すと、次盛り上がるのは
いつになるのやらわかりませんから
ネタを早急に確立させるのがどんちゃんの
現時点における最優先事項だと思います。

広告

水曜日のダウンタウンと藤井健太郎と松本人志と反コンプライアンスの笑いの社会的な必要性が皆無な理由を明確にします。

標準

水曜日のダウンタウンの拉致企画はクロちゃんから始まりました。

しかしクロちゃんのあまりの性格の悪さに笑いが優っていて
危なさに気づいていませんでした。

藤井健太郎、マッコイ斉藤などはテリー伊藤、土屋敏男といった
反コンプライアンス笑いを極めた監督たちの教え子の最後の生き残りです。

90年代。

当時は現在と真逆で、普通のお笑いをやっている人たちは
この人たちになめられていました。

自分たちこそ時代の最先端なんだと。。

また、たばこについても同様で、吸っている人はまだ
かっこいいと言われていました。

プロレスも同様で、技が過激になり
選手生命を絶たれる選手が多くなりつつありました。

また神様のような絶対的な技術とメンタルをもっていたアイルトンセナが
F1のハイスピード競争の
争いに巻き込まれ事故で亡くなりました。

ここからわかることは、
競争によりやる人が多いときは悪いことが正当化されます。
そして、より過激になっていきます。

この時重要なのは一般市民がそれを求める結果
過激になってしまうというところです。

そして現代。

F1はスピードが出ないようにルールが改正され、
お笑いも行き過ぎないように法令により競争の激化を抑制されました。

ここで、お笑いはつまらなくなったとか言い出す
奴らがいます。

私は知識と経験が浅い時はそれに同調していました。

しかし、最近は観点が変わりました。

それは、チャップリンはどんな時代でも面白い。
というところです。

下世話で人間の生理現象に直接ドラッグを打ち込むような
過激な演出が無くても、センスと技術があれば
人間の心に激しく訴えかける最高の笑いを創り出すことは
可能だということをチャップリンは教えてくれていると思います。

ちなみに、もし私がいままでで最も面白い笑いを選出
するとすると、チャップリンの作品になりますね。

これは人間が人間である限り永久不滅な笑いだと思います。

まあ逆に考えれば、前述の笑いというのは、、
チャップリンがすべて創り出してしまった
から、仕方なく生まれた笑いと言えるのかもしれませんね。

最近、マッコイや藤井、ダウンタウンといったうぬぼれ野郎
たちが鬼の首を取ったようにコンプライアンスがどうたら
とそれを隠れ蓑にして笑いを作れない言い訳にして
自分の才能のなさを恥ずかしげもなくひけらかしていますが、、

コンプライアンスを理由に新しい笑いを作ることを諦めて
いたら笑いを辞めた方がいいと思いますね。

私はどす黒い汚い世界も無菌状態の澄み渡った世界も
同様に、同じくらい笑いと言うものは存在していると思っています。

コンプライアンスで笑いがつまらなくなると言ってる
やつはそれがわからない程度の低レベルな芸人ていう
ことなのでもう引退することをおすすめします。

まあテレ東の佐久間さんやテレ朝の加地さん、
藤井さん、そしてフジテレビの日置祐貴さんが
これからは引っ張っていくので
高級マンションで豪遊してタバコでもふかしながら
ガンで脚を組んだまま逝っちゃってくださいw

お疲れさまでした。

2018.07.06ミュージックステーションのモーニング娘。’18がめんどくさいことに。。

標準

 

モーニング娘。’18に松岡茉優の解説が付くんだって。

 

余計なことすんなよ。

気持ち悪いと言われながら真摯に応援している岩尾さんの解説なら快く受け入れるけど、信ぴょう性に疑問があるにわかで、それを証拠に他の有名なヲタク芸能人の名前を一切出さずに、常に自分一人だけでファンを公言し、娘。関連の仕事を単独でごっそりもっていき、娘。ファンへのサブリミナル効果で娘。ファンをごっそり持っていき、江戸時代の女性が綺麗と思わせるのように猫を飼っていたのと同様の考えで、これまでのキャリアでなに一つ娘。の知名度を上回ったことが無いようなぽっと出タレントが、手っ取り早く脳無しから脱却したいためにファンを公言しているような最低野郎の薄汚い意見なんか松岡オナニスト以外誰が聞きたがるんだよw

 

まあどうせ再生前に編集でばっさりカットするけどね。

遂に衝撃の出来事が! 2018.06.21『UTAGE!』夏のリクエスト祭り2018

標準

『UTAGE!』夏のリクエスト祭り2018

■番組概要
[タイトル]
『UTAGE!』夏のリクエスト祭り2018
[放送日時]
6月21日(木)よる8:00~11:07
[スタッフ]
製作著作
TBS
プロデューサー
大木真太郎
[出演者]
MC
中居正広
MCアシスタント
渡辺麻友
進行DJ
IVAN
【出演アーティスト(※50音順)】
秋川雅史
石井竜也
大黒摩季
柏木由紀(AKB48/NGT48)
KABA.ちゃん
川畑要(CHEMISTRY)
島津亜矢
スキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)
瀬川瑛子
ダイアモンド✡ユカイ
高橋愛
貴水博之
TEE
Toshl(X JAPAN)
早見優
舞祭組(横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永)
BENI
松本明子
松本伊代
三浦祐太朗
峯岸みなみ(AKB48)
森口博子
山本彩(NMB48)

指原氏がいない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

保田大明神もいない!!

おれは指原莉乃と保田圭がいないUTAGEは絶対認めない!!!!!!!!!!!!

絶対に。

内さまライブが終了したのは形を変えて地上波に移動したから。

標準

内村プロデュースの後継で内村さまぁ〜ずという番組がありまして、
番組制作とは別に舞台での勝ち抜き企画がありました。

毎月開催で優勝者を決めて12月に総合優勝者を決定します。

しかし、その企画が2017年いっぱいで終了しました。

急だったのでずっとモヤモヤしていたんですが、
最近やっとわかりました。

内村さんの日曜チャップリンというネタ番組が始まり、
最初は普通の勝ち抜き番組でしたが、
最近システムが固まり、それが内さまライブと同じ形式
だと気付いたんですよね。

これ最初はお笑いスター誕生と同じ形式で毎回
得点が高い人が残り低い人は入れ替えで毎週
続ける形式だったんですよね。

よく考えると、内村さんと話し合ったんじゃないかって
いう気がしないでもないですね。

でそれだと同じような芸人ばかりになってしまい
あまり数字が良くなかったので、
様々な人が残れる形式に変えたんじゃないかと。

そして、多分内村さんと話し合って
システムを内さまから借用したんじゃないかと。

そう考えるとすべての物事がスッキリしました。

アプカミのヴォーカル録音シーンのドキュメント企画が面白い。

標準

ハロプロの看板番組は地上波ではgirls liveで、ネット用は
ハロステっていうのがあって、girls liveは初心者向けで、
ハロプロというビルの入口に誘導するため、
ネット用はファン向けとしてハロプロという入口から
入ってロビーで立ちすくんでいる人向けにより踏み込んだ
内容になっているんですが、

そのハロステ、構成としては、
一押しの楽曲のPVワンコーラス、
1週間にあった出来事のレポートと
その中から1曲を録って出し放送、
様々なテーマのメンバーのトークコーナー、
挑戦するコーナー、
ヘアーメイクテクニックを紹介するコーナー、
って感じで進行していくわけです。

それに物足りなくなったファンは、
ハロプロの統括会社のアップフロント全体を
紹介するアプカミという配信番組がありまして。

こちらは、フォーカスするタレント数が増えるので、
タレント個人のことよりも楽曲のみに比重を置いて
より多くのタレントを紹介していきます。

なので、私みたいな楽曲派の人は
ハロステよりも興味がある内容が多かったりするんですよね。

で、継続的にやっているのがレコーディングや
レッスンの風景のドキュメント。

自分が参加したイベントのバックステージの映像
を後日紹介してくれるので、さらに興味が
湧くようになっているんです。

そのコーナーでMA前の今のレコーディングプロデューサー
たいせいさんと、薄化粧の普段着のヴォーカルブースのメンバー
のやりとりが紹介されていて、
あの曲の歌唱方法はこうやって指導されてやっているんだとか、
曲の合間に入る効果音的な声とかはこうやって笑いながら
録音されているんだとか、ほんとに楽曲好きにはたまらない
映像になっているんですよ。

またヴォーカル指導のシーンとかも、
音程を取るのがうまいメンバーが、
先生に歌詞の意味をよく考えて歌えとか
言われていたり、
素人目には声が良く出ていて迫力を
感じる歌声でも、
先生には、歌詞の意味を考えたら
そんなに張って歌うパートじゃないとか
注意されていたり、

こういうのってハロプロじゃないと
放送しようと思わない内容だと思います。
AKSもスタダも楽曲にそこまで重きを置いていない
から絶対やらない。
ハロプロはグループ的に楽曲が最も重要だという
意識が社員の中で徹底しているから、それが
統一されていて、さまざまな仕事の中で
出てくる。

そういう気がします。

思わぬエラー切手を拾ってしまいました。「いま参勤交代中です!お馬さんパカパカ旅」

標準

いま参勤交代中です!お馬さんパカパカ旅

テレビ東京
2018年4月23日 30日

4月23日の放送内容
4月頭、小田原城に共家老、バイきんぐ西村の姿が。
馬に乗って登場した野呂佳代姫。

この「参勤交代」のルールは

①小田原城から江戸、つまり現在の皇居を3日間で目指すべし
②移動手段は、徒歩か馬のみ
③馬のエサは、自分たちで調達すべし

このルールを守りながら馬と一緒に皇居を目指す旅が始まった!!

まず旅の情報収集のため向かったのは小田原駅。
街の人に聞いてルートを確認。
突然現れた馬に街の人もびっくり!

なんとか1号線に出たものの、突然の馬のおしっこで大慌て!
さらに、馬の餌である野菜をもらうため、民家まで押しかけお願いしまくる!
交通量の多い1号線を避け、河川敷を走り、ようやくほっと一息!

しかし、この後陽が落ちるにつれ馬も人間も疲れ果て、、
この日の宿を探すことに。
が、馬も一緒に泊めさせてくれるところはなかなか見つからない!
初日からどうなるのか!?

ってことで、
私はテレビ東京の散歩番組はモヤモヤさまぁ〜ず
が根本にあるので、同じセンスを感じる散歩や
旅番組をテレ東では期待し続けているんですが、
まあ蛭子さんとか出川さんとか色々あったんですが、
結局、いまだに観続けようと思わせてくれる
番組に出会ったことがないんですよね。

そんな空気で何気に今回も期待せずに
観始めたわけですが。。

まず私の推しメンだった野呂ちゃんが
主役で馬に乗ってそれを天然系の芸人さんが
引き連れて小田原から皇居まで旅をする
という企画で、テレ東らしく、何も考えずに
見切り発車で始めたようで。

始めてみると、まずお馬さんが足をぶらつかせて
イラついてるので、理由を調教師さんに聞くと
水を飲みたがっているとのこと。

食べ物や飲み物は自己調達なので、
通りがかりの人や家に伺って色々
すったもんだがあってお馬さんを
満足させて北に向かって歩き出します。

途中お馬さんは道路が緊張するとのことで河川敷に
行くと文字通り道草を食いまくり、
楽しそうに走り出すお馬さんを見て
場が和みます。。

そして歩いてるとフンをしたり尿をしたり
してそれを始末しながら歩きます。

今度はお馬さんが足が汚れてイラついているので、
ガソリンスタンドに訊くと対応しているとのことで
洗ってくれます。

車は1000円くらいですがなんとお馬さんは
7800円だということでびっくりする現場w

ここで私は何かに気づきます。

これどこかで観たことあるなと。。

そうです。

ポンコツさまぁ〜ずの変形ですねw

あれは食用油をガソリンに変える機械が備わった
乗用車で様々な人たちと交流して食用油を調達しながら
旅をするという番組でした。

今回のは馬が走るのに必要なものを様々な
人たちと交流しながら調達して旅をすると。

でまた今回気づいたことがあって。

テレ東の旅番組は基本寝泊まりは用意されるということですね。

だから寝泊まりシーンはカットして歩いている
場面だけ繋いであるんですね。

これらの番組の何が面白いのか考えると、

絶対自己完結不可能な設定での旅と、
結果必ず発生する様々な人との交流ですね。

人の助けを受けないと番組が成り立たない
っていうね。

これ、様々な人との交流って部分は
絶対素人は不可能だと思うんですよね。

タレントだからこそ可能なんだと思います。

で助ける側は一般人なので、視聴者も助けている人に
感情移入して一緒に旅をしている気分に
なってしまうんですよね。

これ、今回は2回限りのパイロット版ですが、
経験が浅いテレ東の若いスタッフたちが
立ち上げた番組なので是非レギュラー化
してほしいと思いますね。

全く期待してなかったんですが、
ほっこりした気持ちになって
気持ちが安らぐ時間を共有させていただいて
感謝いたします。

ちなみに、レギュラー化して姫がこじはる
になってたら寂しいな。。
まさかと思うけど、野呂ちゃんを変えないで
下さいね。芸歴が数十年の苦労人なので
必ず野呂ちゃんは期待に応えてくれますから
信じて使ってやって下さいね。

一通りチェックして「青春高校3年C組」はとてもじゃないが「夕やけニャンニャン」レベルではないと判断して見限ることにした。

標準

私は以前、青春高校3年C組は夕やけニャンニャンだと興奮気味にお伝えしました。

しかし、我慢していくら観続けても何も面白みを感じずイラつくばかりだった。

もう隔週MCも全て観たけどいまだに滑ってる雰囲気が充満
しているので、何が違うのか考えることにした。

私は常に夕ニャンはとんねるずと大竹まことと秋元康
が爆発させたと主張してきた。

そのとんねるずと大竹まことの大活躍していたコーナー
の番組内でのポジションを考えると自ずと答えが出た。

それは、番組の主人公であるおニャン子クラブ
とは無関係な視聴者ととんねるずや大竹まこと
がタイマンで対峙する企画のコーナーが
爆発していたのです。

夕ニャンは60分番組だったので、前半の30分を
おニャン子関係のコーナーに割り当てて、
後半の30分はおニャン子がほとんど関わらない
コーナーに割り当てられていて、
そのコーナーが跳ねていたんですね。

しかし、
今回始まった青春高校3年C組の構成は
30分番組なので、そんな余裕はなく、
30分全てをおニャン子と同じ役割の
素人のオーディション
企画に割り当てているので、
私が期待していた若い芸人による
ビッグバンは期待できるわけがない
わけです。

だから、

私はおニャン子に全く興味がなく、
とんねるずや大竹さんしか興味がなかったので、
今回の青春高校3年C組に全く面白みを
感じないのはいたって当然なんですよね。

しかし、もし60分あったら、
佐久間さんは30分を芸人さんの
単独コーナーにしていたのかと
いうとそれはわからないわけで、

そうすると、、今回の失敗は
テレ東の編成が全て悪いのか、
秋元康が悪いのか、
佐久間さんが悪いのか、

理由は特定できかねますが、
私は3週間観て全く光明を見出せずに
期待が回を重ねるとともに
萎えていくばかりなので、
もう見限ることにしました。

あとオーディションの素人の
煽り文句にイケメンとか美人とか
面白さよりルックスを重視
するようにした下品なセンスに
もがっかりしてきたのもありますね。。

多分、数字が落ちてきているので
そういう方向に走り出したんでしょうね。

色々なものに巻かれて大変でしたね。

1年間の辛抱です。
佐久間さんお疲れ様でした。。

たまったものはゴッドタンとキングちゃんで
発散して下さいね期待しておりますww

お笑いスタ誕ていうより、夕焼けニャンニャンの立役者って紹介しろよ。お笑いナタリーも大した事ねーなw

標準

木梨憲武(左)と大竹まこと(右)

お笑いスタ誕はネタ番組なので共演はなかったですが、
夕焼けニャンニャンはとんねるずと大竹まことが
自分以外の全ての人間を敵に回す覚悟で
自分のセンスを信じて暴れて、
秋元康がその感覚を共有してサポートした
おかげで成功したと言っても過言ではないです。

そしてその立役者だった秋元康、とんねるず、大竹まことが
未だに第一線で活躍していることで、
そのセンスに狂いが無かったということを
時代が証明しているんじゃないかと思います。

ちなみに攻撃性より自分の保守にまわって、
それに乗っかっていなかったその他の人たちは
第一線を退いているのも悲しいかな
センスに未来性が無かったということを
証明してしまっている気がします。。

とんねるずはみなさんの最終回近くを観ていても、
特に若い時と変わらず、新しい笑いを創り出すという
基本精神に則った笑いのセンスに狂いは感じないので、

数少ない番組しか出演してなくて、
関係者もそれ関係だけなので
スタッフが使い方をまだわかってないだけで、

みなさん以外の仕事を重ねて新たに関係者を増やして
経験値を蓄積していけば、若いスタッフが
使い方を理解してまた仕事が増えていくんじゃないかと
いう気がします。

[追記あり]指原氏のレギュラー番組が始まるがまたしても短命な匂いの退屈な内容なので悲しいです。。 そこで指原氏の現時点での起用法を伝授します。

標準

4月20日の王様のブランチのゲストと街歩きという番宣枠に出るので
なんの番宣かと思ったら

「坂上&指原のつぶれない店」

という、、もうこすりすぎて灰になっているような、
ネタの番組のMCを担当していたんですね。

しかし指原氏は本当に仕事に恵まれてないですね。。

私の中で光っていた指原氏は最も新しいものですと、
福田さんとの指原の乱以来一回も体験出来てません。。

おでかけも結局、スタジオにいて喋ってるだけ
だったんですが、私としてはまだスタジオで喋る
だけの指原氏の盛り上がり具合には満足できない
ところがあるのであまり観なくなってしまったから
有吉AKBと指原の乱に続く指原氏の歴史に
刻まれるような番組ということを考えた場合
特にないと思うんですよね。
実際に続いてる番組はないですしね。

また今回同時に「弁護士と一緒です」という
テレ朝があるある晩餐会という、
なんか視点がずれているぼやけた
内容の番組で指原と今田というコンビと
コネを作ったからそれをみすみす
逃したくないから緊急で作ったと思われる
ような、あるある晩餐会のスタッフ
が作りそうなこれまた視点がずれまくっている
番組が始まるんですが、これも
文字で内容の説明を見るだけで
面白くなさそうな盛り上がることがない
ような熱を感じないので
全く期待できないし時間も勿体無い
から見ることはないと思いますね。

こういう現状を考察すると、指原氏は
若くて経験が薄いけど、ある部分は突出した
能力が備わっていると思います。

だから、その突出した能力を
わかっている人が制作すると、
すごく個性的で刺激的な番組が
出来上がるんだと思います。

だけどそこをわかっていない
人が勘違いして長い下積み経験から
きている有吉さんのような、
どんな話題にも標準以上の
対応と盛り上がりを作り出せる
能力が備わっているタレントとして
起用しているから失敗している
んだという気がしますね。

指原氏は若くて社会経験が薄いから
突出した能力の性格をきちんと
使う側が理解してそこにはめてあげないと、
何も面白みは生まれません。

自分たちのセンスよりスポンサーの意向を
重視した平凡な内容の番組に
指原という名前だけで採用しても、
ただの佐藤栞里のようなゴリ押し
タレントのような役割しか果たせません。

将来的には問題なくなると思いますが、
現時点では、指原氏を起用する際は、指原氏の性格に
合わせた内容の指原氏でないと成り立たない
番組の枠をつくってそこにはめ込まないと
成功は難しいと思いますね。

ちなみに指原氏の性格は現時点では
福田さんは当確ですが、
あとは有吉AKBのスタッフは理解していた
気がします。

人気作家オークラさんの範疇からはずれている気がします。

各局のスタッフの皆様の成功をお祈りしております。

ちなみに私が指原氏の魅力を引き出せると思う
演出要素の一つとして挙げるとするならば、

指原氏をトップに置くんじゃなく、
中間のポジションに置いて
指原氏をいじる、ツッコミを入れられる
役割の人をセットで配置するという
ところですかね。

指原氏は基本ネガティヴで自分がいじられる
と思われるところを自分で過剰に分析していて、
それらに対してある程度返しを事前に対策していて
覚悟しているので、普通のアイドルは黙ってしまうけど
指原氏はここぞとばかりに返してくるので
それを引き出してほしいのがひとつ。

このサンプルとしては有吉さんと指原氏とか、
福田さんと指原氏というコンビが挙げられます。

後藤さんは以外とツッコミが弱いですから
あてはまらないかと。言われたら返すが
ゼロからは作り出さないです。

あと薄れかけてますが
ブスというキャラは基本維持して
対峙するということですね。

あとは呼び捨てにすることですかね。

プライベートや真面目な仕事では
さんでいいですが、
笑いを生み出す仕事の場合は、
指原さんより指原って呼ぶ方が
本人も自分を出して生き生き
できるんじゃ無いかという気がします。

などなどスタッフの皆さん、
指原を理解して素晴らしい番組を
生み出してください。