カテゴリー別アーカイブ: TOKIO

2014.06.12 音楽のちから AKBGはこれといったもんがないので軽く受け流してwより生々しくなったTM Networkと第2期に入ったTOKIO

標準

TM Network

いろいろあったTM。

3人が出てきて並んでいるのを観ながらいろいろ
考えていました。

まず小室さんはスキャンダルが多かった。

木根さんと宇都宮さんはよく相方を待つ漫才師
のようにじっと堪えていたね。

宇都宮さんはこの再結成に伴ってずいぶん
絞ってきてまして気合が入ってるね。

でも私はあるひとつの出来事が
頭から離れませんでした。

ゴッドタンで日村さんが中心になってTMNEW Network
を結成し、BED MILDやCOME ON MY PARTYといった
カバー曲を新曲といってやっていて、
それを観た小室さんが面白かったと言っていたという
エピソードです。

私は今回のきっかけはこれひとつではないと思うんですが、
一番強い理由はこれだったんではないかと思っております。

知らないうちに自分たちが影響を与えた子供たちが社会の
第一線で活躍する世代になって、自分たちを再評価
してくれたこと。
再結成してもっとがんばってくれとエールを送られてしまったこと。

今回の曲は骨組みは昔の曲なんですが、音はまるっきり
作り直されていてより生の波形に近い電子音で
置き換えられて、音色もより少なくなって、グルーヴも
昔の鋭角なものからより地べたを這うようなどろくさい
グルーヴに変化しておりました。

私は昔はあまり商業チックで好きではなかったんですが、
今回のを聴いてファンになってしまいました。

小室さん、宇都宮さん、木根さん、応援しています。

TOKIO

日テレの番組だったので
素材が多すぎて、後ろのモニターにずっと鉄腕DASH
や他の映像が延々と流されているなか演奏していました。

その映像に合わせるかのように昔の曲もやったんですが、
昔の曲を今のTOKIOというフィルターに通すと過去の曲が
TOKIOの20年のキャリアという重みがついてどっしりとした
安定感のある曲になってしまうのに驚きました。

TOKIOはもともとバンド志向のメンバーの集合体ですが、
男闘呼組が亡き今、ジャニーズではまだ成功したバンド形態の
グループは存在しないので、どういう感じで成長していくのか
非常に楽しみな人たちですね。

ということで、

AKBはドリフのパクリっぽいなと思ったのと、
TOKIOとTMのこれからが楽しみになった
今日でした。

広告

TOKIO LOVE,HOLIDAY.EP 電気グルーヴのA同様、第一期TOKIOの完成形ですね。素晴らしい。。

標準

私はTOKIOは鉄腕DASHやその前の番組
の時に面白いジャニーズ系の人たちが
出てきたなあって感じてずっと注目していました。

そして時は流れて、、
2012年の紅白でももクロの次に出演したとき、
ももクロのようなギミックは一切なしで裸で
音楽のみで勝負して普通にももクロより感動した
んで、それから一切色眼鏡で見なくなったんですが、

今回のシングルはこれもMステのAKBの前に
出たんですが、AKBは聴いていてメンバー以外の
秋元康とか電通とかスタッフの影ばかりちらつく
んですが、こちらは数年前までのべたべたに
管理されていたTOKIOと違い、現在は
ももクロの川上マネも理想形だと言っている、
メンバーが作詞作曲編曲プロデュースまで
関わる形になっていて、もう威風堂々
として演奏だけで感動してしまいました。

正確無比なドラムとベースとキーボード、

派手さは無いけど曲に合わせて縦横無尽に
音色を作り出し、曲にあったフレーズを
きっちりとはめこんでくるギター、

無理をせず自分の歌い方でみんなの音を
感じながらそこに混ぜ合わせるように
歌うボーカル。

5人が全てバランスよく調和していて、
素直に感情を音で表現していて、
鉄腕DASHとかで観るTOKIOそのものを
音で全身に感じ取れる楽曲
になっています。

私の大好きな電気グルーヴは砂原さんが
いつまでたっても埋もれている電気を
ほんとは全力出せばこんなにすげーんだという
ことを見せ付けたいためにAというアルバムを
作ったとコメントしていますが、

今回、私は、初めてジャニーズのタレントのCD
を買ったんですが、

TOKIOのLOVE,HOLIDAY.

にそれと同様の熱いものを感じて
しまいました。

そして聴いていて、

作品にアイドルもなにも関係ないじゃん!
付け足せばアーチスト名タイトルとかもなんにも関係ないじゃん。
作品が全てじゃん。

と反省しました。

1、LOVE,HOLIDAY.は技と知識とセンスが冴え渡った
聴いていて6分くらいに感じる内容が濃く爽快な曲です。

2、は国分さんのプライベート的な繊細な感情を
感じさせる曲です。

3、はOASISとかシューゲイザーのned’s atomic dustbin
を彷彿させる最近のロックでは王道とも言える音です。

これNARASAKIさんなんかに是非聴かせたいなあって思いますね。

あとTOKIOはウィーザーに似ているときがありますね。

とまあもう世界レベルなんですよね。

こういう曲で育つ最近のジャニーズヲタが怖いですw
またうらやましいですよね。

TOKIOの皆様、世界中どんなとこいっても音楽で
飯食っていけるくらい突き詰めていると感じました。
分かる人にはわかりますので今までどおり
額面どおりの自分たちを表現しながら
活動していって下さい。

応援しております。

 

追記:

しかしTOKIO OASIS フレーズでググってもこのサイト
しか出てこないなんて、ほんと腐った世の中ですよね。

数箇所は出てくるって期待してたんだけど1件とはね。。

TOKIOが苦労しているわけだ。。

2013.04.10 ももクロさんTOKIOカケル出演に見る、ジャニーズさんとももクロさんの今後の見解。

標準

ロケでTOKIOと対決企画だそうです。

初絡みですねぇ。

どういう化学反応が起きるのか楽しみだなあ。

私のイメージでは、ZIPでいつもニコニコしてももクロさんの
取材映像を観ている山口さんが推したとみている
んですがどうなんでしょうかね。

健康的で、運動神経抜群で、バラエティにも一生懸命
なので、ジャニーズに似ているところがあるん
じゃないかと思います。

ジャニーズにファンが結構いるようなので
これからますます共演の機会が
増えていくんじゃないかと思います。

image