カテゴリー別アーカイブ: S×L

すいません。S×Lがリニアとして再結成してました。。

標準

酒井啓太としょうへい

から

酒井啓太とサイモン

にリビルドして再結成しました。

単独ライブに行けずに解散したのでこれで単独行けますね。

なんで面白いのに解散するのか不思議だったんですが良かったです。

https://twitter.com/sakaikeita?lang=ja

広告

お笑いでもアイドルと同じ感覚が得られるんですね。

標準

2015.04.19、下北沢大興行の三四郎寄席に参戦しました。

私はオムニバス系のライブは行かないんですが今回は
三四郎目的で初めて行きました。

三四郎寄席20150419

その時、

-あっぱれ!
-ANZEN 漫才
S×L
-ぐりんぴーす
笑撃戦隊
-ソフトアタッチメント
-ドドん
-ドリーマーズ
-浜口浜村
-フルパワーズ
三日月マンハッタン
モグライダー

12組中8組初体験だったんですが、三四郎さんが推している人たちで、
私を含めて100人程度の客だけに向けてパフォーマンスしていること、
芸人さんに良い気持ちでパフォーマンスして欲しいから現場でみんなで
盛り上げようと壁を無くしていることもあって、
全ての芸人さんに大笑いさせていただいたんですよね。

で最後に告知とかあったらどうぞってMCの三四郎が振ると
何人かの芸人さんがテレビに出ましたので観てください
って言ってお客さんがそれを拍手で喜びを共有する
シーンがあったんです。

でその番組を観ていると出演者はだれもその芸人さんを
知らないと言うんですよね。

それも当然です。地上波初出演なんですから。

ネタを披露すると、案の定スタジオが現場と同じ大笑いの状態に
なったんです。同じ場所で盛り上がり、同じ場所を突っ込まれて
いるんです。

テレビの有名人より先に知っていてお前らみたかっていう
優越感に浸れる。

この時の状態って、もうアイドルがテレビ番組を始めるとか出演が決まる
とライブで告知して、それを自分たちとアイドルたち本人が共有
する状態にそっくりなんですよね。

そこで喜びを感じた私は、
アイドルに楽曲とかわいさだけを求めていたんじゃなくて、
自分たちと共に時代を生き抜いていく仮想同期成長体験も
求めていたということに気付いた訳です。

こうなってくるとほんとに大会場ライブに行くのが
バカバカしくなってきました。。

お笑いの現場は中小規模でアイドルのライブより安いので
一度是非体験してほしいと思います。

初めての人は新宿角座やルミネTHEよしもとというような
設備が整っている場所から始めて、慣れてきたら新宿の
バティオス界隈や下北沢界隈に繰り出すといいと思います。

THE MANZAI 2014 新しさと面白さで決めた推し漫才師リスト

標準

2014 THE MANZAI 認定漫才師

アキナ、阿佐ヶ谷姉妹、LLR、クロスバー直撃、ザ・ぼんち、霜降り明星、湘南デストラーデ、スピードワゴン、ダイアン、田畑藤本、トップリード、ニューヨーク、馬鹿よ貴方は、浜口浜村、藤崎マーケット、見取り図、ムニムニヤエバ、モグライダー、ロシアンモンキー、ロングコートダディ
かまいたち、コマンダンテ、サカイスト、三四郎、ジャングルポケット、笑撃戦隊、なすなかにし、トータルテンボス、博多華丸・大吉、POISON GIRL BAND、マシンガンズ、三日月マンハッタン、ゆにばーす、吉田たち
ウエストランド、S×L、エレファントジョン、さらば青春の光、三拍子、ダイノジ、チーモンチョーチュウ、2丁拳銃、ハライチ、レイザーラモン、和牛
囲碁将棋、学天即、磁石、トレンディエンジェル、流れ星

当サイトの認定漫才師

トップリード(ベテランの意地を感じた)
馬鹿よ貴方は(面白いと感じるセンスが独特)
モグライダー(ブレイク前夜のアンタッチャブルぽいからどう変化していくか期待)
ロングコートダディ(センスもテンポも新しくて独特。)
三四郎(昨年のウェストランドのような新しい匂い)
笑撃戦隊(笑いのセンスが新しい)
ウエストランド(破壊と創造を繰り返すウエストランドの世界)
S×L(ウエストランド直系の突っ込みにザキヤマ系のボケ)
レイザーラモンのRGさんのみ

コメント

これ以外は芸風が古かったり芸風が更新されていなかったり、
昔は面白いからDVDを買ったりして繰り返しみていたけど、
今は時間の無駄で他に面白いやりたいことが沢山あるから、それを
潰してまでは繰り返し観たいと思わない芸風ですね。

簡単にまとめると、漫才うんぬんよりも、自分たちの芸に満足してしまっていて、
こちらに訴えかけるものが感じられないからなにも刺さらないんだと思いますね。

表現するものはなんでもそうですが世の中になにも言いたいことが無い
人のパフォーマンスに時間をかけている暇はありませんからね。

猛毒タレントのたったひとことの猛毒のほうが、出来上がってしまっている
馴れ合い漫才数分よりよっぽどおもしろいし人生のためになるし
刺さりますからね。

年齢と共に叱る人が少なくなっていき、環境がぬるま湯になっていくなか、
自分のセンスを研ぎ澄まして、自分の求めるものの完成に向けて死ぬまで
切磋琢磨して欲しいものですね。