カテゴリー別アーカイブ: SKE48

2015.12.16 FNS歌謡祭LIVE アイドルコラボ部分の解説

標準

当サイトの主張が具現化した形になった
今回のももクロ、エビ中、しゃち、AKBSKENMBHKT乃木坂、モー、CUTE、アンジェルム
がコラボした企画。

最初は一番古いのはハロプロなんですが、現役で考えると
AKBなので10年ガールズアイドルの時代をけん引してきたAKBを
たたえる意味でヘビロテからスタート。

ここで気になったのは鞘師さんのコメディアンも真っ青の
全力の笑顔で唄い踊るはっちゃけぶりw

I want youに入る前の開脚で仁王立ちする
くだりなんか飛び過ぎて笑っちゃいました。

あとたかみなのソロダンスのときなんか
素手でケチャしててノリノリでした。

和田彩花さんは大人な感じで平常心でしたね。

乃木坂はダンスが下手でおとなしいくせに
簡単に自己主張可能なウインクバカ
が多くて目を背けました。

あと終演後歌い終わりのポーズのまま
離れない百田さん。

20151216-3
よほど気持ちよかったんでしょうね。。

ハロプロとAKBGのLOVEマシーン

これは指原氏職権乱用で鞘師とツーショット
ポジション独占には

20151216-0

こいつずるいなーって
思いましたが、途中から何人か入れ替わった
んでとりあえず画面をハンマーでぶん殴るには
至りませんでしたw

でなんだろう、工藤さん(くどぅ)がセンターに
こだわってていうか、

20151216-2

鞘師のコバンザメ
のようにポジショニングしていたのが気になりました。。

20151216-6

でも最近丸くなりw引っ張っていく気持ちが前面に
出てきているのを形で表してくれたので
来年から楽しみになりましたね。

あとはハロ側はラブマに慣れてるので緩急付けて
振りをコントロールしていたんですがAKBG側
は初めてなのでまじめに体の動きを教えられたとおりに
全力で動かしているのが面白かったですね。

あとAKBG側は指原、柏木、峯岸のハロヲタ3バカ大将
が最前列に陣取っていたんで、

20151216-5

AKBGメンバーに振り付けを
指導していたのが観て取れましたね。
最前列にいれば後ろは真似すればいいんですからね。

あと最後の「だーんす」の時の鞘師の足の上げ方
をみて卒業に向けて気合入ってるなってたのもしくなりました。

ChaiMaxx

ももクロ、エビ中、しゃち

これはたかみなも言ってましたが、
ももクロの曲はダンスがハードなものが多い
ので無理だと、、
でこれはその例でAKBとハロはコンプライアンス的にw
無理だったんだろうなって大笑いしちゃいました。

大股開いたり、ドリフダンスしたりするんでね。

後方で踊るAKBメンバーが映ったんで

20151216-4
さらに楽しくなりました。

あと真山や杏果がウインクを急にぶっこんできたり
したのに無理すんなよって笑っちゃいました。
スタダはウインクが似合わないよなあw

あとれにちゃんがダンス余裕すぎてつまんなくなって
アドリブばっかぶち込んで壊していたのにさすが俺の推しだ
と頼もしくなりました。

玉井と高城はあきっぽいんです。

会いたかった
AKBと乃木坂

AKBが乃木坂と言っても乃木坂がAKBといっても
違和感がなく、楽曲も秋元康とAKSが厳重に
コントロールしているのでこれといった
特徴もないので普通のコラボでした。

唯一指原氏が煽りを入れて少し壊していたのが
この企画を特別なものに印象づけた
唯一の救いでしたね。

欅坂46
抱き合わせ出演。
ガンダムプラモ状態。以上


いや、、、まて、、こじはるさん遅れてる???
面白いものが。。

あ!!!!!

こじはるさん振り付けうろおぼえだぞw
意外なとこでサプライズがw
こじはる最高!!!

恋愛レボリューション21
ハロプロxももクロ

wowowのところから。

あーりんと杏果のダンスがハロより切れてる!

イントロ終盤、杏果が後ろに下がりながら
つまんなくなってアレンジ入れたぞw

Aメロ

れにちゃんのコントのくだり。

ははーん、
めちゃイケの岡村先生をイメージして
演出に提案したな野郎たちw

フジテレビもあれは成功した演出なので
嬉しくなっちゃって板谷氏も即OK出したんだろうなw

ははーん、ここで気付いたぞ。

この流れ、ダンスが簡単すぎてももクロが暇を
持て余している感じだな。

であれこれやりまくってるんだなwww

しっかし、、

コラボっていうより尊敬しているハロプロさんを
パフォーマンスだけでは飽き足らず笑わせようと
いうもうお笑い芸人の考え方だよなあw

でもこれがももクロなんだよね川上さん。。

おかげでハロプロのみなさんが笑顔で
リラックスして唄い踊ってくれてるしね。

落ちは生田さんがつきあってくれたよ。。
ありがとう。

ちなみに生田さんならももクロの楽曲全てに

ついてこれると確信してます。

大声ダイヤモンド
AKBxももクロ

珠理奈は夏菜子と仲が良いんで、たぶん仲が良い
れにちゃんがいいこいいこされちゃいましたw

ここで感じるのはやっぱりももクロさんの運動能力の
高さですよね。。悪く言うつもりないですが、
切れが全然違うんですよね。。

怪盗少女
AKBxももクロ

イントロの名前コールの最後のたかみな、
ももクロの悪乗りの空気にのせられてw
コマネチをぶっこみやがったw
まあこのひともこんだけメンバーがそろっているから
笑いで自己主張しないと危機感を感じた
んだろうねw

でも最初の名前コール終わりで思ったのは、
なぜ北原里英と松井咲子を入れてあげなかったんだということ。。
咲子さんは卒業しているから仕方ないとして、

AKBのハロプロは指原、柏木、峯岸だとすれば、
ももクロ企画を引っ張って来たのは間違いなく北原里英
と市川美織。

まあ有名じゃないの一言でかたずけられちゃ
元も子もないんだけど、、
ここら辺、きたりえと親友の指原氏が秋元さんにかけよって
なんとかねじ込んであげて欲しかった気がします。。
北原さんもテレビで観ていて寂しくなったんじゃないか
と思います。。

とまあ冷静に、、、

いただっきますを
いただっきまゆゆ!
に変えた部分はももクロ発信だと思いますね。

まゆゆはそんなずうずうしいこと自分からはしませんからね。

あとしおりんの側転の部分のまゆゆの穴子さんも、
しおりん発信でなにか特技ないですかで出たネタだと思いますね。

あと私が最高潮の時常用している背面ケチャ
は一応高城さんのお約束なのでさやねえのアドリブ
じゃないんで念のため。

あとももクロの背中の文字、、みんな違う内容だったぞw

20151216-8

20151216-7

衣装のロゴはFNS推しでしたね。
NHKって書いた日はどこへやらw
もうあんな衣装は燃やしちゃいましょう川上さんw

フジテレビのスタッフは絶対NHKみたいな扱いしないでね。
スタダ芸能3部は非人道的なことが大嫌いですから気を付けてね。

最後にフォーチュンクッキーで
終演しました。

最後にこれを観てみなさんにわかっていただきたいのは、、

ガールズアイドルのブームはヲタが思い込んでいるほど
大きくなく、安定もしていないので、喧嘩してる場合じゃない
っていうことです。

でも秋元、つんく、川上、
この3人が一致団結した今回の動きにより
少しは未来が切り開けたんじゃないかと思いますね。

男性アイドルはここまでのコラボはまだないと思います。

ジャニーズはジャニーさんがいるからこそ今団結していますが、
いつか逝去したとき、たぶん地盤がぐらつく日が来ると
予想されます。

そのとき、多分今回の企画のような動きが必然となる
時代が来ると予想されます。

その時どういう動きがあってどういう未来がまっているのか、
非常にこわくもあり楽しみでもあります。

ちなみに

今回の唯一の心残りというのは、、

嗣永桃子さんにももクロやらせたかったな~ってとこw
ももちさん丸くなって下さいよお。
私は期待していますからね。

広告

松井珠理奈がAKB兼任を辞退した理由はSKEが危機的状況だったからだと。

標準

ヲタにとってはそんな危機的状況だとは思わなかった
んだけど、結局、2014年の総選挙のSKE票が増大したことや、
松村の24時間必死感というのは、危機的状況だから起こりえた
ことなんだと思いました。

でこれまでは松井玲奈がいたから珠理奈も頼っていた
と思うんだけど、卒業することでそれが出来なく
なって、いろいろなうまくいかない理由についても
2人いたからあいまいにしてきたところがあった
んだけど、珠理奈1人になることで、ダイレクトに
自分に降りかかってくるようになってきたと、

そして自分もこれまではSKEの為に必死に
上から言われるがままAKBと兼任して
やってきたんだけど、自分AKBの珠理奈として
いくら有名になってもSKEが有名にならないことに
気付いてきた。

一緒にやっているAKBのメンバーは
自分の背中にチームのメンバー
程度しか背負っていないが、
自分は全SKEメンバーを背中に背負っている。

自分よりSKEのメンバーのことを考えると、
数年やってきた経験から考えると、
このままAKBでやっていてもSKEが有名になる
確率は低い。

AKBでやる=SKEが有名になるというのは
嘘だ。
AKBがどんどん有名になるだけだ。

自分はSKEでがんばらないといけない。。

AKBがだめになってもSKEが残るくらいの
気持ちでがんばらないといけない。

ジャニーズをみればわかる。
SMAPがだめになっても嵐がだめになることはない。
連動しているように見えてしていない。。

AKBとSKEはライバルなんだ。
同じように見えて違う企業体なんだ。

万が一、、
AKBが失敗したときSKEが拾い上げて
あげられるくらい強い組織、という高い目標をもって
グループとして成長させていってほしい。

そう私は思います。

松井珠理奈さんへ愛をこめて。

追伸:

ウインクは大嫌いです

最近HKTとAKBが迷走し始めているので、SKEとアンジュルムとjuice=juiceとこぶしに寄り道します。

標準

氣志團とHKTってなにも刺さらないです。
HKTkishidan
氣志團はアイドルと真逆ですからね。
仮面女子とだったら面白そうですが

だってももクロが先にやっちゃってて、さらに
AKBもがっつり氣志團万博で絡んじゃってんじゃん。

ちなみに翔さんはHKTとの最強タッグと言ってますが
ホントに最強だと思っている人は皆無だと思いますw残念ですが

氣志團との最強タッグは、、

森山直太朗

だけです。断言します。

どうした指原??

もうネタ切れか??

結局ザ・ピ~スだけだったのかw

お前には引き出しが山ほどあるだろうに、
なぜそれを出さない?

大久保薫やNARASAKIさんになぜオファーしない。

なぜもうオナラ以外何も出てこない井上ヨシマサの
スカスカの引き出しに期待する?

面白い演出ができるようになるまで、
お別れします。

やはりハロプロは面白かった。
指原一人では太刀打ちできないよね。

浅草橋ヤング洋品店でモーニング娘。にはまり、
数年楽しんでいたんだけど、それより前から
電気グルーヴ界隈の住人だから
つんく大嫌いで離れてたんだけど、
その時に生まれたのがスマイレージや
ベリーズだったんだよね。

でももちは大好きだったんだけど
音楽はスルーしていた。

でももクロさんにライブの面白さを
思い知らされ、初めてアイドルのライブに
行ったのが2011年のボイン会だった。

そしてチケットが入手困難になり
指原って面白くてデビュー以来映像で観ている
けど、現場に行ったことなかったよな
ってことで、劇場や握手会に行き始めたのが2013年。

2013年はほとんどのAKBイベントに行き、
握手は2回で飽きて大会場は北朝鮮の式典みたいに
受ける一方で感情のやりとりが出来なかったので飽きて、
2014年は本当に行きたいものだけに行くようになった。
それは劇場公演のAKBGとHKTのライブだった。

2015年に入り、HKTをバラエティグループとして
楽しんでいた私にとって重大な事件がおこる。
谷やちよりや村重が離脱したんである。。

で数か月様子を伺っていたんだが、
抜けた穴を指原はロリコンコンビに
ごり押しで託しているようだったが、
2人からはなにも面白みを感じることができず、、

結局回を重ねるごとにライブの熱が下がって
きていることを感じ、今回離れることに
しました。

で以前から気になってはいたが、
つんく嫌いだったこともあって
いまいち踏み切れなかったんだけど、
先日ももクロと共演した和田彩花
さんがきっかけで、楽曲を
真面目に聴いてみたら、、

出るわ出るわ作曲編曲欄に大久保薫の文字w
2011.08.03有頂天ラブで初参加したようだが、
モーはそれより前から参加しているので、
スマイレージはモー本体のサブユニットとして
つんくが動かしていたことがわかる。

聴いてみると、まあ手を抜かない大久保薫
サウンドの雨あられで驚きました。。

さすがだと。



すいません、手抜きありましたwwそれも合わせ技のパクリですな)

これは安定の大久保薫節ですね。

楽曲に魅力があれば他に何も要らないんですよね。笑いもなにも。
楽曲に魅力がない、楽曲センスが甘いから笑いに逃げるんです、HKTは。

まあHKTだけじゃなくAKBG全体で最近は総じて楽曲暗黒時代ですから仕方ないところでしょう。

数年前までは神がかってたんですけどね。。

この人のおかげで無圧縮音源で聴きたい
衝動に駆られ、全部新品で買おうと
思ったが、30000円近くかかるので諦めw
11月に発売されるアンジュルムスマイレージ
名義のベストアルバムにかけてみることに
しました。

データ的にはスマイレージは2008年6月デビューなんで
ももクロと確かに同時期ですね。

でももクロは日産や国立を満杯にするけど、
自分らは、、、という今回もっと売れたいという
気持ちを込めて新メンバーを入れてグループ名
も改名した和田彩花さんの気持ちは分かる気がします。

ただスマイレージは夢見る15歳の時の映像と現在の夢見る
15歳の映像を見比べるとやはり昔のクオリティがずば抜けて
いるんで、昔のヒット曲をやっても昔の
自分たちには勝てないので、

昔のかわいいというキャラじゃなく
かっこいいイメージでつくりかえたアンジュルムは
間違っていないと思いますね。

juice=juiceはいままで何も思わなかったんですが、
ももちがライブに参加できないという事態を経験し、
ももちだけに頼っていてはだめだと思い、いろいろ
面白い人材を探していたところ、
高木紗友希というつんくのお墨付きでもある、
道重ももちラインの才能に惹かれて
追っていこうと思いました。

juiceの楽曲については、こちらは大久保薫
の名前はなく、最近熱くなっているCMJK
さん他、新進気鋭のラインで固めているので、
新しいラインで育てていくような感じだと
思うので、長い目でみていきたいと思います。

HKTにはぜひ長いトンネルを抜け出して欲しいですね。。
あのなにが飛び出すかわからないライブを
また体験させてほしいものですね。

TIF2015をDD状態で身体で受け止めてみたら刺さったのはSKE48とアイドリングでした。HKTは演出力低下で飽きてきたなあ。。

標準

私は偏って観るのが大嫌いなので、
いくら推しているタレントでも
仕上がりが悪い時は消しますし、
現場から離れます。

逆に、嫌いでも、刺さるように
なってきたら現場にも行きますし、
いろいろチェックするようになります。

そういう私が、色眼鏡抜きで
チェックしたところ、今まで
お笑い部門で松村香織氏のみ
推しだったんで楽曲やライブなんて
買ったり一度も行ったことなくて
行く気もおこらなかったんですが、
今回のSKEのパフォーマンスを観て
なんかSKEの売りにしている全員で
熱くダンスすることに命を懸けた
表現方法が融点に達した状態
で私の心に打ち込まれてきた
んで感動してしまいました。

ちなみに他が悪かったっていう訳じゃなく、
SKEとアイドリングだけ笑いの神じゃなくて
アイドルの神が舞い降りてきた状態だったってだけです。。

SKEの番組は見ていたんで、
ダンス能力がずば抜けて高いのは
わかっていたんですが、
いまいちマイナー感が邪魔して
なにも感じなかったんですよね。

しかし今回ようやく昔からSKEが
表現しようとしていることを、
額面通り、ていうか額面以上に
感じ取れたことに嬉しく思いました。

最近HKTの主力メンバーがどんどん
外部に引き抜かれて骨抜きになってしまって
HKTのお笑いは指原氏とHKTバラエティ48中心に
楽しめているんですが、
ライブにはなにも感じなくなってきた
んで、SKEに切り替えてみたら
刺激が得られるんじゃないか
と感じたので現場に行ってみようと
思っております。

HKTはちょりと谷がいなくなった途端
つまらなくなったんで、2人のパワーはすごかった
んだなって改めて感じている今日この頃です。

ヲタ芸的にも、SKEにはいろいろやってはいけないこと
があるので勉強にもなってスキルがアップ
しそうなんで楽しみです。

ちなみにSKEのウインク攻撃には気持ち悪さしか
感じてないので、悪しからずw

指原氏。他メンの悪口を言う指原ヲタを見たら即ブロックすると発言したが自分はどうなのよ。。。

標準

ライブでロリコンばかりの客だとか言ったり、
「お前らにばばあって言われたくないわ!!」とか
日本経済を支えてきたおじさんヲタに怒りながら言ったり、
谷とかちょりとか松村とかに笑いながらブスって言ったり、
島田にデブって笑いながら言ったり、

松村さゆりんごをいじったり、、

自分だって悪口言いまくってるじゃないのよ。

あと、

「指原氏って顔小さくて整っていて超かわいくて綺麗!!」

って言ったらこれの扱いは悪口?褒め言葉?
どういう扱いになるんだよ。

(ちなみにこれ言ってやろうと思ったんですがめんどいので止めましたw)

あとSっぽいヲタだとブロックされて大喜び
する奴も出てきそうなんだけど、そういう場合
どうすんのよ。。

ちなみに私はフォロー外したし、
最近@ツイートもやらないんで
関係ないですけどね。

指原氏のHKT糞ユーロビート過去最高楽曲発言から再考した、各女性アイドル楽曲のバランスについて

標準

AKBGはもう昔のようななにが飛び出すかわからないサプライズ方向から撤退して、
売り上げが安定してきたのを機になにも面白みがない安定志向に変えましたね。

HKTもNMBもSKEも同様ですね。

秋元康よりも不安定な成り立ちが怪しい作曲家井上ヨシマサに毒されている気がします。

エビ中は真逆にいろいろ変えすぎ。
アルバムなんか全楽曲作り手が違うので疲れて聴いてられないw
ももクロに対抗するために何でもかんでも挑戦して食い散らかしているんですが、
情報量が多過ぎて結局何も伝わってないっていう気がします。
藤井校長に、
1度kraftwerkのホームページを観て、目を覚まして欲しいと思います。

最近いろんなアイドルを経験してわかったのが
ももクロ楽曲のバランスの良さ。
昔塚地さんがももクロの要素には男の好きなものが全部詰まっていると表現
していたんですが、楽曲でも同じことが言えると思います。
HKTの秋元康の犬こと(平子の犬は酒井ですねw)指原が
HKTの過去最高の楽曲と曲が出るたびに言いまくるんですが
そういうことが言えないのがももクロの良さだと思います。
どれもみんな色が違っていいんですよね。
最新の曲もDreamWaveもももいろパンチも同じレベルでいいんですよね。

HKTはすべて同じ作風だから今までで一番良いとか言えるんですよね。
店頭で賞味期限を見ながら豆腐を買っているのと同じ。
みんな同じだったら日持ちがする新しいほうがよいっていうw

ももクロはチーズとかワインとかそういう感じですよね。
どっちでも楽しめるっていう。

ハロプロは
とりあえず全て聴いてみたんですが、
まずモーニング娘。は
創世記のヒット曲はもう使いまわされすぎて疲弊していて
聴く気になりません。
聴かなくても脳内再生できちゃうから聴くのがめんどくさいっていう。

高橋愛時代以降はあまりヒットしていないのでそれが幸いしてか
新鮮に聴けるのが面白いです。
あとつんくはAKBのようにヒットしたら保守的にならず、
挑戦をよりしていく傾向があるので、聴けるっていう。

仕事がない時代、さまぁ~ずの三村氏が、自分がなんでも仕事をやるから
、大竹はネタをしっかり作ってくれって言った話を思い出します。

ヒット曲が出なくてもつんくはまじめに作り続けていたんですよね。
だからそれが後々2008年以降の楽曲のパワーの源となって実を
結んだような気がします。

berryzとcuteは言い方悪いですが、つんくが自宅で作って直接
CDに焼いたような楽曲ですね。
モーニング娘は作って大人が意見を出し合って金かけてスタジオで
マスタリングして整備したような音なんですが、
berryzやcuteはつんくがOKを出してそのまま
出しちゃっているようなちゃかぽこした子供っぽい楽曲で、
やはり作っている人間の場合は自分で作るより
レベルが低いので聴く気が起こらないって感じですね。
聴いていると鼻歌レベルの構成の曲ばかりで
時間がもったいなく感じて止めちゃいます。

アプガとかはだれでも作れる曲ですが、
演者がそれを売れるレベルに無理やり
持っていって金をとれている感じですね。

bis一派は焼き直しでつまらないですね。
ビッグマウスと内容の落差がありすぎ。

でんぱはほんとに時間かけて作りこんでいる
前山田の怪盗少女を独自の場所ですごいスピードで
ステロイド打ちまくって進化させていったような
楽曲ですね。
これは丁寧な楽曲に丁寧なパフォーマンスで
存在的にはPUFFYのような存在感があるので、
でんぱといえば秋葉原をイメージさせる先進の
テクノっぽいものていうイメージででんぱしか
持っていないものなのでこれでOKじゃないかと
思います。

babymetalはアイドルから入ったひとにはいいかと思います。
ノイズを極めたらまとまりすぎていて物足りないですね。

アイドリングは可もなく不可もない、オリジナリティがない
ですね。耳にしてもアイドリングの曲かどうかもわからないっていう。

nanoCUNEは山下智輝氏の右腕にかかっていると思います。
楽曲的には上記のどこにも当てはまらないPSYZとか
初期のPET SHOP BOYSや80年代のNMEのインディチャートを
賑わしていたような曲で、これもうまく隙間にはまって
うまくいっていると思います。

あとは先人のコピーとか過去に聴いたようなものばかりで、
コピーでも特にそれを進化させたような部分も感じない曲ですね。

今んとこ私がチェックし続けているのは

ももクロ、AKB(サプライズを期待して)、でんぱ、nanoCUNE、
キャラメル☆リボン
モー、CUTE、カントリーガールズ、アンジェルム、
たまに良い曲がでるのでドルエレ、クルミクロニクル、アフィリア・サーガ

といった感じです。