カテゴリー別アーカイブ: 2016.08.08 nanoRider東京定期公演『Tiger Jet Romance Vo.1』

DVD nanoRider、nanoCUNE天井遊園地閉園TOUR”FINAL”at 松山キティホール20170326の内容と詳細

標準

発売日:2017年6月15日

型番:MMR-0063 MMR-0064

価格:税込み2枚で4800円程度。

収録時間:1枚80分程度

取扱店舗:愛媛松山市まるいレコード通販 電話

特典:フォトカード4枚入り(木下、西岡、門田、大原)

nanoRider天井遊園地閉演ツアーDVD

nanoRider天井遊園地閉演ツアーDVD0

nanoRider天井遊園地閉演ツアーDVD3

nanoRider天井遊園地閉演ツアーDVD2

内容で特別なこととしては、過去メンバーが来て、数曲参加しています。
でも
多少ミスしているのはご愛敬で、それくらいダンスがハードだと
いうことでしょう。

パフォーマンス的には、なんか昨年の方が切れや凄みがあった気がします。

精神的にぎりぎりだったことでそれが危うさとして表現されていた
んじゃないかと思います。

この時は逆に終わりが見えていることで、落ち着いた雰囲気を感じます。

私はやはり2016年の8月8日がベストでしたね。
この時は次元が違っていましたね。。

<過去記事:2016.08.08 nanoRider 渋谷O-nest 単独公演 tiger jet romance~nanoRiderへの進化を証明した公演でした。>

尻に火がついたことでやっとマッドマガジンが本気を出して
メジャーレーベルレベルの演出構成で映像の製品化に本気を出して
取り組んでくれましたw

こういうものは慣れですから、これからはライブは当然として、
その他のシーンの映像とかちょこっとしたものでもファンはうれしい
ものですから、映像のリリースや配信にも意欲的に取り組んでいって
欲しいと切に思います。

広告

2016.08.08 nanoRider 渋谷O-nest 単独公演 tiger jet romance~nanoRiderへの進化を証明した公演でした。

標準

今回は以前お伝えした通り整理番号が10番台前半でした。

フロアに入ると最近o-nestのフロア構成が落ち着かないんですが、
ここ2年で言えることは、

O-nestの基本設計は中央、それをコの字型に囲うように
柵があって、その左右は柵に1人、その後方に2人分程度
あいていて、中央は壁が無く、フロアの最後方のバーカウンター
の前まで解放されている感じなんですが、

その右側と左側の柵は完全に使用禁止、
中央は通常通りってことで、
柵の後方が閉められている場合が
多くて、後方系の奴らは苦労している
昨今なんですが、

まあ今回は十番台前半てことでなんとか
中央の柵に位置取ることができました。

最近、マッドマガジンの計らいで、
ゲーム大会とかを企画していた時があった
んですが、その時にシャイなファンが多い
nanoCUNEてことで当選しても名乗り出ない
人が多くて盛り上がらなかったんで、
最近は普通の初期のももクロさんのように
楽曲とMCというストロングスタイルな
構成に戻りまして、それが継続されている
感じの内容でした。

セトリは昨年まではアルバム天上遊園収録曲
とシングルという感じだったんですが、
最近は2014年以降のシングル曲をメインに、
クラシック楽曲をスパイス的に注入して
目を覚まさせてからまた新曲系っていう
かんじに変わりました。

フロアの雰囲気は2015年まではいわゆるアイドルのライブ
って感じで、あまり楽曲にあわせて
身体を動かしたりするひとはいなくて、
動かしても左右に数センチ、氷川きよし程度
の人が大半で、ヲタ芸は名前コールとミックスって
感じだったんですが、

2016年あたりから、メンバーのダンスパフォーマンスの
クオリティと歌唱能力の劇的な向上があったためか、

それをヲタ側が受け止めた結果、今までのいわゆる
テンプレ的なアイドルのライブを楽しむ方法ではシンクロさせる
ことが不可能になってきたことで、ヲタ芸要素が少なくなり、

逆に楽曲にあわせて振りコピしながら激しく上下左右させて、
自分的に精神集中がそがれるようなヲタ芸要素はメンバーから
要求されたとき以外はあまり固執してやることはなくなり、

最近はいわゆるアイドルのライブ的な感じから、
ビッグビートとかリズム系のロックとかミニマル系のテクノのフロア的な感じに
変化しつつあり、どこにもないnanoRiderの現場でしか
味わえない高揚感を得ることができる現場に成長して
きて、ほんとに常に次回が楽しみだと思わせる現場になっております。

時間的には、以前は引き出しを出し切って90分とかだったんですが、
最近はストックの半分程度のセトリで2時間は
余裕で興奮状態を維持できるグループに成長してきました。

メンバーの西岡さんがtwitterで2016年の8月8日の公演はなんか
新しいレベルに到達した感じがしたと言っていたんですが、
現場に行った人は全員感じたんじゃないかと思いました。。

今年は1月1日の赤坂Blitzから始まって、
客の入りはももクロさんのような危険な感じのすし詰め
とはいきませんが、身体を各自動かして楽しめる程度の
丁度いい感じの満員だったきがするので、
規模は問題なかったと思うんですが、
2017年はどうなるんでしょうか。

2016.08.08nanoRider東京単独チケット取得状況

標準

いつものようにローチケで10時から先着販売でした。

今回はo-nest店頭販売はなくなりました。

一時ももクロのチケットがネットよりモバイル回線のほうが
繋がりやすくなっていた時期があったんでそうしていた
んですが、最近、ダブルブッキングのチケットを購入する
時、モバイルで繋がらなかったのでネットに切り替えたら
あっさりつながったという事態を経験したので、
今回はネットとモバイル回線の2刀流で臨みました。

時刻がPCとモバイルで時差があることに驚きました。
PCの方がはやめでした。

でPCの時刻10時になると同時にモバイルとネットを
同時にチケット番号を入力したトップページの検索ボタンを
クリックしました。

私はnanoCUNEの東京単独のチケットで一度も20分以内に
購入した経験が無いのですが、今回は丁度にクリック
してネットは画面が次に進まなかったんですが、
モバイルのほうは普通に一回で繋がったので、ネット
から手を放してモバイルの手続きに神経を集中させて
、途中特にエラー画面が出ることもなく普通に
予約完了画面まで進めることが出来ました。

1分程度で予約完了させたんですが、10番台前半でした。

繋がったのにびっくりして躊躇してしまったので
遅れてしまいましたが、冷静に素早く手続きを完了させていたら
1桁台とかだったような気がします。

2016.08.08nanoRiderの東京単独が急きょ決まった経緯。

標準

以前nanoRiderの所属事務所、マッドマガジンは
TIFに一度出たんですが、それっきり辞退していました。

なんかヲタさんの情報では条件面で揉めた経緯があったと。

そして今回TIF決まった時、twitterで少し言ったんですよ。

KOTOちゃんとnanoRiderを観るだけで7000円払うなら
単独に行きますと。

そしてTIF翌日に単独なんかやられたらたまらないと。

で、今回、完全に私の予想ですよ。。

それらをひっくるめて考えると、、

マッドマガジンの条件面での食い違いとは、
チケット代が高いのに出演料が安すぎたんじゃないかと。
でそれも理由をきちんと話し合わずに、
上から目線で言いくるめられたんじゃないかと。

で今回事務所所属タレントがこぞって決まったのは
そこのところがクリアされたからじゃないかと。

また、マッドマガジンの事務所が千葉になったので
nanoRiderとフルポシェとALFREDが千葉所属に
なるみたいなのでそれも関係しているのかと。

そして丸く収まっていたが、私の発言により東京方面で
単独を心待ちにしている人がいて、マッドマガジンのスタッフ
はTIFのチケットが高いと感じていることも相まって、

急遽o-nestの平日の夜が空いていたので、決めて
くれたんじゃないかと思うんですよね。

ということでマッドマガジンはAKSのようなビジネスライク
じゃなく、スターダストのように心の温かい事務所だということで
私の心に響き渡ったということをここに
記録させていただきます。

予想通り、2016.08.08nanoRider東京単独決定。

標準

nanoRider東京定期公演『Tiger Jet Romance Vo.1』

TIF2016が2016年8月5-7なので、その流れで帰りにいつものo-nestあたりで
そろそろ単独をやってくれるかなと思っていたんですが、以心伝心とはこのことで、
8日にやってくれることになりました。

今回はローチケのみでの販売です。

でもo-nestの夜の部は初めてですのでなんか雰囲気的に
違いがあるのかどうかどきどきしてます。

『Tiger Jet Romance Vo.1』
ネタ元はタイガー・ジェット・シン(Tiger Jeet Singh)
でしょうね。これを考えるとRiderは仮面ライダー
のライダーでしょう。。