カテゴリー別アーカイブ: マッドマガジンmadmagazine

2016.08.05発売 nanoRider「翼哭き少年」解説と見解

標準

アーチスト名:nanoRider
タイトル:翼哭き少年
発売日:2016年8月5日発売
型番:MMR-0055
発売元:MAD MAGAZINE RECORDS(以下MMRで表記)

キングと違い、自由が無く人使いが荒いビクターから離れて、
自身のメーカーから発売されることになって嬉しくなりました。

ビクターに私の好きなアーチストが一人もいない
ので、まあそんなところからビクターが現在どんなメーカーなのか
わかりますw

あと今回から山下智輝さんが音楽のプロデューサーと
マネージャーを兼任するようになったことが大きな変化
だと思います。

ちなみに演歌の売り出し中の人はそれが当たり前です。
歌手本人とプロデューサー兼マネージャーが1人同行して
営業まわりします。

次にスタッフを見て行きます。

1.翼哭き少年
作詞、作曲、編曲、山下智輝

これは今までのnanoCUNEのビート系の系譜を引き継ぎつつ、
上物が軽くバービーボーイズとかの夜の雰囲気を感じさせる
次第に年齢を重ねてきたnanoRiderじゃないと歌いこなせない
気がする楽曲になっています。

バックがパッド系じゃなく全面ギターノイズで埋めている
のは新しいですね。NARASAKIさんが好きそうな音ですw

コード進行も少なくてこれまでより歌唱力に
依存を求める作品になっています。

でもNARASAKIさんは四つ打ち大嫌いなんだよなw

2.喪失リミット
作詞、山下智輝 作曲、平田優奈 編曲、command+s&山下智輝

こちらはアニメの曲ぽいです。中川翔子が得意そうw

いい意味でも悪い意味でもアイドル楽曲の正統進化系って感じですが、
安定しすぎていて面白くないしnanoRider以外でも出来る曲ですね。

3.魅惑の大三元
作詞、作曲、編曲、山下智輝

これはオアシス系のイントロから、いつもの空間を
いかしたnanoRiderの世界に突入していきます。

ただ、声と楽曲が分離し過ぎな気がします。

なんか倍音が足りなくて綺麗すぎる気がします。

ベースを歪ませるか他でノイズを補うように
したら、2人のクリーントーンが映えて
もっと厚みが出て良くなったんじゃないかと思います。

ちょっと音が綺麗すぎる。

4.コンセント
作詞、作曲、編曲、河内宏規
地元松山のMMR所属のSTRANGE FURCOATというバンドのリーダーの方です。

これの出だしを身体にしみ込ませると同時に、
自然にUKのライブハウスの映像が脳裏を
よぎりました。

ひねりすぎているアイドルの楽曲が飽和状態に達している
現況を逆手にとるかのような、
ドストレートな本物のUKロックです。

今回の目玉は私はこちらだと思いました。

いやいや、やはり私のセンスに狂いは無かったです。

ミッシェルガンエレファントですよ。アイドルにまさかの。。

でもミッシェルもパブロック、
パブで踊り狂うためのロックだと言っていたので、
まあ最近のnanoRiderもヲタ芸をも忘れんばかりに踊り狂って
楽しむ現場に成長しているので、そんな人たちにとっては
ほんとにぴったりな楽曲なんじゃないかと思いますね。

ももクロが最近打ちこみ系の楽曲の低レベルな生バンド化で
失態をひけらかしているのですが、
これは真逆で生のほうが映える楽曲ですね。

ていうか、今回は全体的に打ちこみが減っている印象です。
アイデアより現場のダイナミズムを求めたようなものを感じました。

ひとつ気になったところとしてはベースが大人しすぎるところですね。
もっとぐいぐい系でよかったんじゃないかと思います。

しっかし、これは驚きましたw

こういう方向性が残っていたんですね。

ミッシェルの系譜を受け継ぐのはThe Birthdayだけかと
思っていたらまさかのnanoRiderから。

というわけで、、

4曲、これまでの雰囲気を大事に、ボーカルの成長に合わせ、
極力エフェクトを排除してボーカルをあからさまに
前面に出し、自らの成長に期待した音作り。

メンバーもスタッフも挑戦を続けているということを今回の作品で感じましたので、
非常に今後が楽しみです。

マッドマガジンのスタッフもメンバーも、
自分たちのやりたいように出来る規模を守りつつ、
自分たち主体で活動していって欲しいと思います。

広告

2016.08.08nanoRiderの東京単独が急きょ決まった経緯。

標準

以前nanoRiderの所属事務所、マッドマガジンは
TIFに一度出たんですが、それっきり辞退していました。

なんかヲタさんの情報では条件面で揉めた経緯があったと。

そして今回TIF決まった時、twitterで少し言ったんですよ。

KOTOちゃんとnanoRiderを観るだけで7000円払うなら
単独に行きますと。

そしてTIF翌日に単独なんかやられたらたまらないと。

で、今回、完全に私の予想ですよ。。

それらをひっくるめて考えると、、

マッドマガジンの条件面での食い違いとは、
チケット代が高いのに出演料が安すぎたんじゃないかと。
でそれも理由をきちんと話し合わずに、
上から目線で言いくるめられたんじゃないかと。

で今回事務所所属タレントがこぞって決まったのは
そこのところがクリアされたからじゃないかと。

また、マッドマガジンの事務所が千葉になったので
nanoRiderとフルポシェとALFREDが千葉所属に
なるみたいなのでそれも関係しているのかと。

そして丸く収まっていたが、私の発言により東京方面で
単独を心待ちにしている人がいて、マッドマガジンのスタッフ
はTIFのチケットが高いと感じていることも相まって、

急遽o-nestの平日の夜が空いていたので、決めて
くれたんじゃないかと思うんですよね。

ということでマッドマガジンはAKSのようなビジネスライク
じゃなく、スターダストのように心の温かい事務所だということで
私の心に響き渡ったということをここに
記録させていただきます。

2016.03 nanoCUNE大原歩脱退の理由をももクロに置き換えて考察し、改革案を助言。

標準

2016.03末日をもって大原歩が脱退する。

今回、

大原 歩(おおはら あゆ)
門田 茉優(かどた まゆ)
西岡 亜弥実(にしおか あやみ)

のうち、初期メンバーだったあゆさんが
脱退するとのことで、ブログをのぞくと、、

まああゆさんは人間関係や、住居が愛媛県なので
学校に通学できずに通信制にしてまでアイドル活動に
うちこんできたが、限界が来てしまったことを
理由として述べていました。

表向きにはそんな状況をみせないように活動していた
プロフェッショナルな3人だったので、いきなりで驚いた
為、

3人の関係を推察するために、

ももクロが大会場メインになったのを機にnanoCUNEの現場に
数年通ったためになんとなく正確にももクロさんに置き換えられる
ようになってきたのもあって、置き換えて考えてみました。

nanoCUNEをももクロに置き換えてみる。

大原さんは最年少で自由奔放でアドリブにも対応できるけど、仕事にはまじめで、
実家に帰らないと落ち着かないとのことで完全に
百田夏菜子タイプ。

まゆさんは、言われたことをしっかりとこなせ、
間違ったことはあまりやらないけど、アドリブが苦手で、
リーダーだからという理由があると
思いますが、今回の件で判明したんですが、
間違ったことをしたときしっかりとおこれるタイプ。
お顔も似てるからまさにあーりんタイプ。
(後日の歩さんのコメントでまゆ氏は実際は怒ることはなかったと
言っていました。でもそうなると歩氏は誰に怒られたんだよっていう。
う~~ん、、、)

あやみさんは、最年長で、普段MCの時とかはじっとして考えているタイプ。
接触イベント時には自然にかわいい仕草をみせるところからも
杏果タイプ。

辞めてしまった木下こころさんは、
これも今回判明したんですが、
グループの中間にたってバランスをとってくれるタイプ。
玉井さんタイプですね。

ということで、

百田、玉井、佐々木、有安のうち、
最初に玉井が脱退したわけですよ。。

百田と玉井は年齢が近いし同期なこともあり、
公私で親密だったので、玉井=こころが脱退
したのは結構ショックだったと思いますし、
それはブログであゆさんも今回述べています。

で、

百田、佐々木、有安になった今のnanoCUNE。

 

このメンバーはももクロファンにとってはかんがえるだけで
きついということがわかりますw

部品ばかりで、それらを繋げるシャーシ(枠組み)がないから
絶対うまくいくわけないw

先日ももクロChanという番組のアドリブラップバトルで、
佐々木対有安になった時、
有安は佐々木の威圧感でしゅんとなってしまったことから、
関係性が垣間見れたことがあった。

しかしそんな佐々木も、百田と佐々木の関係性で考えると、
百田はバラエティ番組で培ったコミュニケーションスキルと、
驚異的な運動神経とアーチストスキルに長けたところから、
運動神経がない、自分が大好きであまり他人に興味がない
佐々木よりもリーダー的能力が勝っているので、
うまくバランスが保たれているのです。

だから、百田がリーダーで、玉井がスーパーサブになることで
ももクロは現在バランスが保たれていると思います。

nanoCUNEにももクロを置き換えます。

現在のnanoCUNEは佐々木がリーダーで
百田がサブリーダーになっています。

リーダーの条件としては自分よりも全員のことを
考える人じゃないと務まらないと思います。

そうなると、nanoCUNEは全員人見知り系ですが、
大原さんはオリジナルの振り付け指導をするようになって
きたこともあり、コミュニケーションスキルが芽生えて
きたので、大原さんがリーダーに最適ですが、
いろいろ間違ったことをすることが多いのが
辞める理由を述べたブログから判明した感じがあるので、
もしそういうことがない場合は大原さんがリーダーに
最適なんですが、あるから門田さんになってしまった
んだと思います。

で、やはり重要なのが、玉井がいないということです。

木下こころがいない。

だから歯車が狂ってきてしまったんだと思います。

今後の方向性についてのマッドマガジンへのお願い。

マッドマガジンはこれからnanocuneにメンバーを入れると
思いますが、玉井のような存在になれる人と、
天然系の百田さんのような人を入れるように
してほしいと思います。

可能なら一人、競争力を芽生えさせるように、
ももクロにとっての有安のような、
驚異的な即戦力な人を入れるのも
全員の目標が定まって良いと思いますね。

あとは、メンバーの良さを消すようなことは
排除し、実家で人間性が保たれているようなメンバー
は実家に可能な限り帰宅させ、学業は絶対優先させる、
まあ、プライベートについての考え方は、
ももクロの川上さんのようなやりかたが
現在のアイドルにとってのベストなやりかただと思います。

私は東京在住ですが、最近東京に来すぎだと思います。
さすがに2015年はずっと心配してました。
実家に帰らせて学校に普通に通わせてやれって。
人間的な生活を送らさせてやってくれと。

東京は数か月に一回で大丈夫ですから。
キャンペーンも東京であんなにやらんでいいですから。
あんなキャンペーンやっても実質そんなに売り上げかわらんから。。

だったらプライベートを充実させて、ほんとうの中身から
nanoCUNEとしての組織の団結力、総合力を向上させることに
努めてくれと。

nanoCUNEのファンとしてそう思っております。

伊賀社長。

メジャーデビュー組が多くなってきた現在、
マッドマガジン本体の組織としてのより洗練された
成熟をこころより期待してますよ。

nanoCUNEのHP画像が変わりました。やっとnanoCUNEの要望が受け入れられた?

標準

2015-05-04_nanocunehp現場に行っている人からすると、nanoCUNEの世代の女の子は
数か月経過しただけですぐ印象が変化してしまうんで
新曲出るたびに変えて欲しいところですよね。

まあmadmagazineもいろいろ夏あたりまでの企画が
まとまって、気持ちを表現したいために
画像を変更することにしたんでしょう。

なんかかわいい学生服のシャツとスカートで、nanoCUNEが
着たいと言っていた要望が実現した感じになってますねw

表情もいままではむすっとさせられたりにらみつけたり
と不自然でしたが今回は気持ち悪いくらいw
笑顔で、逆になにか悪いことでも企んでんのかって
勘ぐりたくなるくらい明るい表情で。

若手だからももクロさん同様、これまではいいなりに
なるしかなかったんですが、そういう身分になってきた
ってことで頼もしいもんです。

いままでは運営の要望が100パーセントの衣装、
ミイラの格好したり怖い真黒な衣装だったり
だったんでパフォーマンス内容も多少は明るい感じ
も入るようになりそうで今月下旬の定期公演が
楽しみです。

nanoCUNE 悲劇のマッチョマン PVやっと公開されましたww

標準

http://player.youku.com/player.php/sid/XODg3MzE1MTA0/v.swf

http://player.youku.com/player.php/sid/XODg3MzE1MTA0/v.swf

http://player.youku.com/embed/XODg3MzE1MTA0

なんかメジャーデビューした今回も正直PVはいまいちな
nanoCUNE率いるマッドマガジンなんですよねw

映像のプロデューサーを入れたほうがいいと思います。
全く元素材の熱やパワーを額面通りに伝えることが
出来ていません。。

これだったらo-nestのライブ映像から切った方が
熱やパワーを伝えることができると思います。。

なんかnanoCUNEかわいそうだなあ。。

楽曲もカメラマンも完璧ですが、
映像や総合プロデューサーに恵まれていない
気がします。。

これスタダだったらもう武道館成功してるだろ。。
もっとやる気出せよマックル。。

大島優子と指原氏とマッドマガジンとnanoCUNEと。

標準

ご存じない方に説明しますと、マッドマガジンというのは
nanoCUNEのレコードレーベルであり、
運営会社なんですが、そこのメインマークが入った
オフィシャルなものを指原氏が着ている写真なんですよね。

HKTのライブのコントで自らヲタと命名するドルヲタの指原氏
なんで好きだから着ているんでしょう。

この画像をgoogleでアップロードして参照して検索
したところ、2012年1月の篠田麻里子さんによるtwitterの
投稿だとわかりました。

一応削除された場合のために画像で保存。

20150122_指原マッドマガジン

ちなみにこれがひめキュン着用の同じものです。

himekyun19

2012年1月と言えば第一期nanoCUNEがシングルを発売した時期です。
nanoCUNE201201cds

この時期マッドマガジンのメインのひめキュンがスキャンダルや不適切な
言動で厄介をしていた時期でもあるし、ひめキュンはこの時期
まだ金をとれるグループに仕上がってなかったんで、十中八九nanoCUNE推し
の表現でしょうね。

私より早かったかw
指原氏恐るべしだなw

私はももクロさんのももクリ2011が終わったばっかりの時期だったなあ。
そうそう、伝説のベルサール秋葉原のももクノvol.2に絶賛参加中でしたねえw
ももクロに24時間やられていた時期でした。

ちなみに指原氏は好きだがAKB大嫌いな時期でもあるんで
この写真は知らないし、ましてや当時の私がこのジャケット
見ても華麗にスルーしてただろうなww

この数カ月後に指原氏のゆび祭りが開催されたわけなんで、
もしかしたら現場回ってチェックしてたのかも知れないですね。

握手会行くかたココらへんの事情聞いてきて欲しいですね。詳しく。

 

いろんなことがわかって面白かった。。