カテゴリー別アーカイブ: 2019.2.11 KOTO「5周年ワンマン・全曲やります!」代官山LOOP

2019.2.11 KOTO「5周年ワンマン・全曲やります!」代官山LOOP

標準

すっかり常連になった代官山のLOOP。

代官山といえばUNITしか行かなかったですが、
KOTOちゃんのおかげで場所が増えました。

こちらはフロアが中央にあって、特に柱等は無く、
最後方に高くなったところにバーカウンターと
立ち見カウンターといった具合。

今回は現場手売りチケットとe+チケットで、
手売りが先で数十人、その後に入場でした。

まあ後方で自由にやりたいんで真ん中あたりで
良かったんで順番は構いませんでした。

40曲程度やるのでショートバージョンにして
喫茶さんが適当に繋げてありました。

それを数トラック用意して、その合間に
KOTOちゃんがいろいろ今回についての
コメントトーク。

まずセトリはほんとに現場でしか披露しない
ものが多かったですね。

プラプラデビューの人とかは今回参加したら
カラフルな楽曲の構成でよりKOTOちゃんの
印象がアイドルに近くなったんじゃないかと
いう気がします。
ただの篠原ともえじゃないっていうねw

トークで印象的だったところ。

まず今回はKOTOちゃんがいつものように
勢いで企画して喫茶さんほかにうんともすんとも
言わせない感じで勝手に実行したイベントだったと。

だから周りは実際は大変だったといってまあ、
喫茶さんは苦笑いしてました。

私も今回の話聞いて、喫茶さん大変だろうな
って思ってたんですけど案の定だった感じです。。

サウンドについて、まあ全部が全部じゃなかった
んでLOOPのサウンドデザインではなく、
喫茶さんのトラックのファイルだと思うんですが、
ソニックマキシマイザのような、低音域増強
ツールで再デザインされたような、
バスドラとベースが一緒くたになってうねりにうねって
竜のように天に上昇していくような
ミキシングが素晴らしかったですねえ。。

YMOのRYDEENのような。

大久保薫のような。

あの電子音がぐにゃぐにゃしてドリルのように
脳をいじくりまわすような感覚。

それとともに、KOTOちゃんの生気が満ち溢れた
パフォーマンス。

そして、合間にそんなパフォーマンスとは
真逆の、今回初めて披露した、
実は辞めたいと思うことが今までに何度も
あったことを告白したり、
先輩方が最近辞めていく事実をさみしく
感じていたり、

KOTOちゃんは安定していると思ったら
大間違いなんだよとくぎを刺してw

あと今回のトラックは最後まできっちり
作りこんであるのでアンコールはないんですよ
ということで、全部やりきって約2時間10分程度
でしたかね、、、無事終了しました。

タレント業にうつつを抜かして干されかけている
前山田さんとは違ってwこんなに短期間に
喫茶さんのスキルが目覚ましくあがりまくって
タフになっているところに感動しました。