カテゴリー別アーカイブ: KENTA、小林健太

バレットクラブ入りしたKENTA選手は総合的に考えるとヒールではない理由を歴史から考えます。

標準

ノアで小橋健太選手の薫陶を受けて成長したKENTA選手。

ノアでは潮崎豪という、プロレスの内容的にも小橋選手に
近いベビーフェイスの同じ環境で育った選手が
存在したため、自然にヒール側にたつことが
多くなっていきました。

そして、三沢さんの死と、小橋選手の引退に伴って
居場所がなくなっていき、まあ追いやられるようにWWEに。

そして、2019年に、自然に流れるように新日本プロレス入り。

そして、最初はG1で勝ち上がり連勝してこのままいけば
ベビーフェイスのまま行けたんですが、
思いのほか連敗の歯止めが利かなくなり
芳しくない結果となってしまい、
やりやすいからバレットクラブ入りして反逆的な
キャラで新日でやり直すことに。

まあ今ノアに帰ったところで、
潮崎他、杉浦、拳王、清宮、HAYATA他、
新しい風が成長しているのでいる場所もないし、
みのる他の高山選手の戦友たちが集まっていて、
やりたい選手も多い新日本プロレスに
行くのは自然だったですね。

で話を戻し、なぜバレットクラブなのにヒールじゃないか。

それは、棚橋さんのコメントから答えが出ました。

「外敵という感じでみてます」

ということなので、

ノアではヒールじゃなくて正規軍だが、
だからこそ他団体ではヒールになってしまう
ということですね。

だから、例えば、棚橋さんも、
ノアに行くとヒールになるっていう、
反逆的な立場になるってことです。