カテゴリー別アーカイブ: James Brown

「有安杏果 with 在日ファンク 教育」の影響でJames Brownを聴きなおしています。ついでにファンクからテクノ、ブレイクダンスの関係性も少し。

標準

it’s a new day
すごいハードでミニマルなビートのうねりです。

(Get Up I Feel Like Being Like A) Sex Machine
有名なJBの曲の中でもハードで分かりやすい曲です。

JAMES BROWN Get Up, Get Into It, Get Involved

これも中期のハードなファンクです。
よくB-BOYがパフォーマンスの際に
使用していますね。

そしてソウルトレインという番組出演時映像です。
ただただ圧倒されるばかりです。すごい音圧です。。

まあこういう風に教育は在日ファンクが有安さん向けに、
そして彼女のファン向けに分かりやすく工夫している
のがわかると思います。

ほんとのファンクはハードでディープです。。

デトロイトテクノのURというグループがJBのバックバンドだったことからも
わかるように、テクノはファンクを洗練させた世界だっていうのも
分かると思います。

Mad Mike (aka.Underground Resistance) – Hi-Tech Dreams

HI TECH JAZZ (ORIGINAL MIX) – UNDERGROUND RESISTANCE

Mad Mike – Attack Of The Sonic Samurai (SID 2006)

Kraft Werkは影響を多大に受けていると公言しており

このツールドフランスという自転車競技をテーマにした曲

なんかはブレイクダンスの創世記に制作された映画ブレイクダンス
で主人公がこの曲でダンスを踊っている象徴的な曲です。

広告