カテゴリー別アーカイブ: 2018.9.26-28 HKTBINGO!LIVE2018

HKT48のイベントに落選する確率はFC推し設定期間の長さと比例する。

標準

急遽穴埋めで決定した12月15日のTDCホールでのコンサートが
落選祭りだというが、私は当選した。

この前のHKTBINGOのイベントも当選した。

なぜ当選するのか。
理由は明確だ。

チケセンの推し設定で、
指原氏をAKBG1推し設定してそれを数年間、
私の場合は約5年間維持しているからだと思います。

キャリアを変えたら維持できないので、
高額ですがこれのためにauを固定してきました。

HKT48mobileだからということはないです。

それは意外とAKB48mobile枠での当選も多いからです。

どっちでも良いが固定して長く推し設定しないと
落選ループからの脱出は難しいと思います。

ネットでの落選報告は私はどうせ推し設定が短い
んだろって思ってみています。

継続期間がわかれば気持ちも伝わりますが、
継続期間を書かずに落選したと報告されても
もっと長く推し設定を維持するよう努力した方が
いいよとしか言えません。。。

現在のHKT48はそんなに落選するグループじゃないです。

HKTBINGOのイベントも3日間全日当選する勢いでしたし、
CDの売り上げも落ちてますし、マスコミも
今はコンサートやっても2~3社しか取り上げませんからね。

2017年にブルーシートコンサートが連続した
ことからしたたかになりました。

真面目にFCに入り、メンバーとグループを共に
気になるメンバーではなく最高ランクの
推し設定をHKTとHKTメンバーに固定して、
入会を継続し、支払いを滞らせずに
いれば、当選するようにしてくれていると思います。

ちなみにモーニング娘。は入会して連続継続4年経過
しますが、落選は2回だけで、確実に武道館の定期公演は
当選させてくれています。

2018.09.28HKTBINGOライブの現場解説。とAKBGメンバーが出た2017年のW-1の話。

標準

人見記念講堂は三軒茶屋からまっすぐ高速沿いに歩いて10分程度。

約40分前に到着すると、最近AKBGイベントから遠ざかっていたので
金属探知機の持ち物検査に久しぶり感。

ポケットのものは出しておいてくださいということで
したが、ポケットの鍵やコイン、ベルトのバックルが見事に
鳴りました。

籠も何もなく裸で通路脇の長机に置き、終わると同時に
それを拾い上げて入場。

劇場と同様に籠位用意しておいてくれよ。7000円払ってるんだから。

とくに入場時のプレゼントは無くそのまま座席へ。

座席は広くて体を包み込むような柔らかさで
気が付けば2時間程度どこも痛くなることなく最後まで楽しめました。

開演前のメンバーによるナレーションはとくにトラブルは無く、
坂口指原中心のMC陣が登場。

まず数曲楽曲を披露して再度MC陣によるオープニング。

右からメンバーが登場してひな壇に。

村重が右端の上段というバラエティーでの神席に。

初期は智代梨でしたよねw

いまもAKBINGOで智代梨が出るときは右端の上段です。

指原氏は村重って以前は呼んでたんですが、最近重さんに
なったようで重さん重さんて言ってました。

さんづけにするってことは
それだけ認める存在に成長したってことでしょうね。
確かにまじで面白いですからね重さんは。

今回だけでも、最後にこれから最高かよ!を紹介しようと
マイクでしゃべったと同時にマイクのトラブルで
音声が途切れて口パク状態になってしまった
こと指原にいじられた後、再度
メンバー全員で整列したとき重さんが
わざとおなじボケをしたら、
「重さん、それを持ちギャグにしようとしたら最後だよw」
って突っ込まれて重さんが嬉しそうにニヤ付いていた
のにへんな芸人感を感じて感動してしまいました。。

またMCの時の指原氏のスタンスを観ていたら
横向きに腕組んで脚を前後にずらして立っていて、
これまたベテラン芸人感を感じてかっこええなあ!
って感動しました。。
HKTの浜田雅功、島田紳助感ていうんですかw
ちょい悪な感じ。

ネタについては、やはりお笑いは一朝一夕にはいかない
から深みがあり長く続いているっていうところがあるので、
HKTが数か月やったところで、達するレベルってのは
限度があると思うんですが、
セリフ回しは素晴らしかったです。

あとはテレビや現場で見聞きして自分の中に吸収
しながら、いろんなひととトークを重ねていけば
間が自然と備わってくると思うんですよね。

だからまあ人見知り集団のHKTには難しい問題
ですがw
プライベートでも笑わそうとする体でおしゃべりを重ねて、
その中で自然に笑いが生まれるしゃべりかたってものを
自分で考えながら吸収していって欲しいと思います。

そうすればもともとHKTは指原氏が目標の人が
多く、笑いのセンスやレベルはAKBG内では
最も卓越している感があるので、
HKTの強烈な個性として笑いと言うものが
育っていくんじゃないかと言う気がします。

個人的にはネタの内容が自分の好きな方向
だということもあるんですが、
自然にできていた渡部愛加里と馬場彩華
「まだ中学生」の「なわとび部」
というシオプロ系ヲタク自虐コント
が最も良かったと思います。

校庭の端で縄跳びを飛んでいる女の子に
語り掛ける女の子。すると
縄跳び部で1人で練習していると。
でその仲間がいないから仕方なく
1人でやってることを
馬鹿にしながら次々といじりだす女の子と
それにいらつく女の子。
しかし最後には仲良くなっていく2人。

まあこの2人の性格とか背景とか
設定自体も学校で自然なので
そのままやればいいネタだったっていう
のもあった気がします。

他のメンバーはクイズ大会とか
お金持ちとか自分とは関係ない
設定と作ってさらに自然にやって
笑いを生まないといけないレベルが高い
作品ばかりだったので
同じ次元で比較したら平等じゃない
ですね。

でもいま思えば、ドルヲタは成長の過程を
共に楽しむものなので、そういうもの全てが
楽しかったと言えるんじゃないかと思います。

アンコールがありましたが、最近の私は
全体の流れを把握して行動できるレベルが
高いドルヲタに成長したので、
連日通ってる人に従おうと思って待機しました。

1分後くらいに1人のアンコールが始まったんですが
多分連日来ている人から早いよ!と注意
していました。

多くの人は26-27日の流れを知らないため
その時は意味が分からず、結局その1人の
人に付いていく形になりました。

アンコールが終わるとバックスクリーンで
HKTBINGOの商品の宣伝が始まりまして、
そこで早いよと言った人の意味が理解
できました。

ももクロとか、AKBとかの有名どころのこういうホール系の
現場って客とメンバーの間にスタッフが
入り込んでいて、ライブ以外の宣伝とか映像とかが
用意されていてきちんと事前に時間通りに
組み込まれていることが多いから、
あまり気持ちをMAXにしてやっても意味が無い
事が多いんですよね。

アンコールをバックステージでメンバーが直接聞いていて
じゃあ行こうっていう状況ではないってこと。

スタッフが時間を管理しているってこと。

だからそのフラグをたてる意味合いで軽めに
アンコールすればいいていうことです。

時と場合によってアンコールも使い分ける必要が
あるってことですね。

でその最高かよを最後にやって終演、約2時間でした。

馬鹿よ貴方はの新道さんは女芸人マニアで有名ですが、
昨年のW-1に全部行って、AKBGの人がいたがって言って、
まあAKBGヲタ内では有名なまちゃりんだったんですが、
芸人よりもマジで面白かったと大絶賛していたんですが、
現場では偏見が多くて負けてしまって残念に思った
とコメントを残していたので、あとは現場の人が
偏見無しで評価してくれることを祈って途中経過を
楽しみに待ちたいところですね。

2018.09.26HKTBINGOライブ初日の記事がまさかの1社だけだったことから浮かび上がるAKBGと坂道全体の問題点。

標準

最近HKTの取材班が極端に減少しているのを
感じて危機感を抱いているので、今回の
HKTBINGOライブも心配していたんですが、
やはり、あまり状況は変わっていなかったようです。

少なくても5社程度はあると思っていたんですが、
1社のみでした。

みなさんも、これだけじゃなく、HKTもそうですが、
AKB自体の取材量も減少していると感じませんか。

AKBメンバーが辞めるのは記事にならないのに
乃木坂のメンバーがそれをしゃべったり辞めたりすると、
それの派生記事なんかもばらまかれます。

それだけ、世間の注目点がAKBから坂道へと
移り変わっている証拠なんでしょう。

HKTBINGOもラテ欄の見出しは必ず指原と宮脇
が含められます。
そうしないとHKTってなんなのかがわからない
っていうことを日テレ側も思っているという
ことでしょうね。

AKBINGOもさしてなにもやらないのに
柏木由紀が出演させられています。

これも現在のAKBの色が薄くなっている
証拠なんでしょうね。

HKTBINGOライブの初日の記事もまあ予想通り
さっしーパイセンの写真が載っていました。
秋吉ちゃんや重さんの姿かたちもありませんw

これもっと考えてみるともし指原氏が今HKTにいない
場合や、出演しない福岡公演なんかの場合、
取材されるのかどうかってのもありますよね。

多分、取材自体ないんじゃないかと思います。。

指原氏がいるから取材が来た。

いったいどうすれば現状から脱却できるのか。

AKBG、しいては最近の乃木坂も含めて全体の問題ですね。

2018.09.26-28 HKTBINGO! LIVE 2018チケット取得状況報告。

標準

HKTBINGOLIVEOFFICIAL

日テレチケットとHKT48mobileから先行エントリーが
開始されました。

日テレチケットはローチケのシステムを使った別管理
の会員なので新規に登録しました。

ここで言った通り応募が多いであろう、金曜日の28日と
少ないであろう26日を滑り止めでエントリーしました。

2,3日後に応募が少なかったのか、、HKTの当落を
待たずに、HKT以外のAKBGチケット会員枠がオープンされました。

ここまででエントリー状況は
HKT48mobile、日テレチケット、AKB48mobile、となりました。

ここで、私は嫌な空気を感じて、、お笑い向けにしては
会場が大きすぎるのと、平日だということもあり、
意外とエントリーが少ないんじゃないかという感じがしたので、
26日分をキャンセルしました。

結果はAKB48mobile枠で28日分が当選しました。

これは驚きました。

HKT48mobile枠じゃなかったっていうところに。

ていうことは、、

各枠には固定した席数が割り当てられているってことですね。

HKT48mobileの枠のみで席が埋まることは無いっていう。

抽選する回数が増えるだけっていう。

でも、HKTの枠が最優先で受付されたのは事実なので、
良席の確率は高めに設定されているんじゃないかという
気はします。

気分的にHKT48mobile枠で当選したかったな。

でも状況から察するに九州から遠征組が結構多そうな感じですね。

東京のイベントは東京の会員を優先して欲しいなあ。

九州のイベントは権利を放棄するからさあ。。

で入金期限は2日間という短さでしたので急いで入金しました。

これまでのHKTのバラエティスキルマスターレベルが試される企画です。2018.9.26-28 HKTBINGO!LIVE2018

標準

HKTBINGO!LIVE2018
2018.9.26〜9.28
昭和女子大学人見記念講堂

HKT48がここに至るまでの道のりについて。

これまでの経緯からHKTのお笑い系の企画は鉄板なので
コンサートはスルーしていますがこれには
珍しくエントリーしました。

経緯とは、まずHKTバラエティー48の面白さ、
たまに楽曲リリース時のボーナスDVDに収録されている
お笑い系コンテンツのクオリティの高さ、
指原氏のバラエティ能力に対する考え方、
そしてメンバーのバラエティ能力に対する考え方、
そこからこれまで培ってきたスキル向上度と、
それを証明する現在の姿です。

HKTBINGOは当初からお笑いに真摯に取り組む
姿勢を打ち出しており、それは指原氏の
「無駄な時間は一切なし!完璧。」
という言葉に集約されていると思います。

私は秋元康で育ち、若いころはクリエイター
を目指していた時期もありました。

そんな私がメディアに指原氏が出現した際に、
いままでの誰よりも自分の分身なんじゃないかぐらいの勢いで
熱くなってしまったのは当然だったんじゃないかと思います。

秋元さんがそんな指原氏の全体調整能力を見抜き、幸か不幸かHKTの支配人となり、
秋元さんを考えるなかで日々培われていったプロデューサー業に対する魅力を感じつつ、
その目標の為の試金石として、今回の企画内容にはこれまでにない
情熱を感じるきがします。

私は若い時の指原氏はHKTの番組が面白いとか
そういう感想しか言わなかったので、
その時に、この番組は実は業界では有名な
こういう有名な作家さんが担当してるんですよとか、
プロデューサーさんがやってるんですよとか、
私と似ているので指原氏ならその重要さを理解してくれることを信じて
語り掛けてきたのが、こういう形で実を結ぶことに
なったことにほんとに今回の番組は感慨深いところが
あるんですよね。

是非、これを成功させて、さらにプロデューサー
への道へ突き進んで欲しいと切に願っております。

指原氏には、

秋元康、とんねるず、アイドル、有吉弘行、ダチョウ倶楽部、

私が生きる糧として共にしてきた人たちを全て
統合したような新時代を切り開くような人物に
成長して欲しいですね。

内容と、傾向と対策について

やっと内容が公表されました。

ネタを披露してファンが愛ある厳しいダメ出しをするという内容みたいです。

ハロプロの研修生発表会みたいな、出演者とタイトルを記載したリスト
を渡されて、そこに面白かった人に〇をつけて、
あとは簡単なコメントも記入して、投票するんじゃないかと
いう気がします。

HKTBINGOLIVEメンバー表

あと表のとおり、出演者は綺麗にAとBに分かれておりますね。
また指原氏が出ないBには真のHKTファンにはグッとくるような
メンバーが組み込まれているていうねw

あとネタは3日間すべて異なるらしいんですよね。

さらに、私が以前から言っているように、
AKBのこういう見切り発車企画は初回が神イベントになる確率が高いので、
絶対盛り上がることは確実なんですよね。。

で最終日は当然競争率が高くなるので、
28日は外れてもともとでエントリーして、
その他に1日エントリーしたいところです。

指原推しとしては26と28なのでエントリーしましたが、
その後にこのリストを作って面白いメンバーが出る
ことがわかったので27日もエントリーするか悩んでおります。。

追記

でもアイドルの他に結局ゲームの特に今はベセスダも同じレベルで
好きなので3日間行くと交通費含めて25000円程度だから
そうするとベセスダと相性のいいxbox oneの本体が買えてしまう
ので、1日だけにしました。失礼しました。。

あと今日17日よりまだhkt48mobile枠の当落発表されてないのに
hkt48mobile以外の枠もエントリー開始されたので、
チケット完売しなかったんじゃないかと思います。

だからhkt48mobileの人は全員当選なんじゃないかと。
会場が少し遠くて平日で時間も早めなので
行く人が限られているんじゃないかと思います。

M1を楽しみにしときましょう。