カテゴリー別アーカイブ: 2018.02.25~05.27 KT48春のアリーナツアー2018 ~これが博多のやり方だ!~

2018年2月25日ワールド記念ホール「HKT48春のアリーナツアー2018 ~これが博多のやり方だ!~」で感じる指原氏が金正日体制に入ったことへの恐怖感と復活のために必要なこと。

標準

私は昨年のNHKホールの時の頭悪そうな楽曲を並べるだけのセトリ
を指原氏のHKTとしての方向性の最終判断材料として受け取り、
干すことにして、それ以降、とくにHKTのシングルやアルバムの
楽曲の方向性に変化が無く、従来通りの軽薄ユーロビート路線を
崩す気配を全く感じなかったので、今年は参加する意思がありません。

でこのAKBG不況の真っただ中、
2018年のコンサートをアリーナでやることにしたのに驚き、
心配して今一日目の神戸のチケットの相場を調べたら、
恐ろしいことになってました。。

20180225HKTチケット相場

AとBまでが出べそ脇で、Cは出べその前でDはその後ろのです。

チケット料金は7500円です。

結果、、

59件出てて20枚が定価割れ。

アリーナでも8000円。
プレミア価格はステージ前だけ。

現在のチケット横流し方法は2通りで付き添いか入場後交換です。

場所の悪いチケットと良いチケットを交換。
実質的な損失は無いですが、
今回はステージ前だとそんなこと関係なしに
どんな方法でもプレミア価格で取引成立していますが、
2列目以降だと定価以下ですから
価値が下がっているのは明らかです。

また取り上げられたメディアの数も
5社だけですよ。。

HKTツアーニュース数

さらに主要メディアに絞るとORICONと報知の2社のみ。

これねえ、、指原氏は場所選びを再考するべきだと思います。

現状に目を伏せて人気があるように見せかけて
赤字覚悟で虚構のタレントイメージを取り繕って
裸の王様の状態で北朝鮮のように情報操作で
トップアイドルという意識を作り上げて
身の丈に合わないアリーナで
こんなことやっててもちっとも若手の為になりません。

逆に自分たちの現在をしっかりと知って、
それをメンバーにわからせて向上心を
抱かせてプラチナ期の娘。のように活動させた方が
長い目で見たとき後々きっとHKTというグループの
為になると思います。

今のAKBはプラチナ期だと言いましたよね指原氏。

横山氏始めAKBの面々も今は大事な時期だと言っていましたが、
本当にわかってるとは思えない内容ですね。

逆転力という発想があるのなら、
この時期を逆手にとってチャンスと捉えて
最もファンが行きたがるライブハウスやホール
でやりまくればいいじゃないですか。

若手も良い経験になって将来のHKTのために
なると思いますよ。

具体的にAKBのプラチナ期とはどういう時期か説明すると、

AKBデビューの人が外に出始めて、ハロプロやももクロ、でんぱ組等
の楽曲やパフォーマンス内容のクオリティの高さを知って、
改めてAKBを外側から俯瞰したらその文化的芸術的センスの低さ
に気づき、握手会は別にして、以前のようにAKBのやることには
なんでも大枚をはたいて参戦するということのバカさ加減にようやく気づき、
戻って来れなくなってしまった時期だと思います。

そしてそんな状況を考えず、今のHKTのように向上心が無く芸術的進歩も感じない
幼稚な楽曲ばかり開けても暮れても展開し続けている現状を目の当たりにすれば
より悪化していくばかりなのは明らかですよね指原氏。。

モーニング娘。は楽曲やパフォーマンス内容を一から考え直しましたし、
お笑いに置き換えても、売れない時期は時間があるのでネタのクオリティの向上に
重点を置きます。

HKTはそろそろそういう時期に来ていると思います。

夢を見るのは秋元さんの作品の中だけにしてくださいね。